2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

(『古典』古くて良いもの)狂言のデザイン図典/木村正雄(文) 茂山千五郎 (監修) 岩田アキラ(写真)

kage

2017/05/04 (Thu)

2017年4~5月(前半)の特集本
古典1a

堅苦しくて難しいという印象でも、

奥が深くて知れば知るほど面白くなってくるのが「古典の魅力」です。

現代向けに編集された本を案内役に、歴史をさかのぼってみませんか?



アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


 狂言のデザイン図典
  /木村正雄(文) 茂山千五郎 (監修) 岩田アキラ(写真)


狂言のデザイン図典/東方出版

¥価格不明
Amazon.co.jp


Arikaアイコン(小)1 装束や小物の美しい文様、
手の込んだ意匠をパラパラ眺めるだけでも十分に愉しめる♪

狂言を見る上での大きな愉しみの一つが衣装や小道具である。京都・茂山千五郎家の大名狂言の長袴、着付け、肩衣などの装束や扇、鳥帽子、面、唐剣などの小道具をまとめた豪華絢爛な写真集。デザイン図典と謳うだけあって、装束や小物の美しい文様、手の込んだ意匠は眺めているだけで楽しく、心躍る。写真も多いがつまみ食い的な構成なので、狂言勉強の一冊目には向かないけれど、他の本を読んで前提知識がある上のサブとして愉しむ分には良い読本だと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック