2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

(『古典』古くて良いもの)まんがで楽しむ狂言ベスト七〇番/村尚也(文) 山口啓子(漫画)

kage

2017/05/05 (Fri)

2017年4~5月(前半)の特集本
古典1a

堅苦しくて難しいという印象でも、

奥が深くて知れば知るほど面白くなってくるのが「古典の魅力」です。

現代向けに編集された本を案内役に、歴史をさかのぼってみませんか?



アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


 まんがで楽しむ狂言ベスト七〇番/村尚也(文) 山口啓子(漫画)

まんがで楽しむ狂言ベスト七〇番/檜書店

¥価格不明
Amazon.co.jp



Arikaアイコン(小)1 まんがで楽しむ能楽シリーズ第三弾
エスプリ、ウィット、人生の悲哀に富んだ狂言の本質をまんがで読み直す。

よく上演される狂言を4ページのマンガにおさめて、70作品。一見、わかりにくいと敬遠されがちな狂言を、マンガでわかりやすく著した一冊。やっぱりマンガって偉大。ユーモアのあるマンガでいろいろな世界を味わえる。狂言が単純な笑いを題材にしていたことがわかって、親近感が湧いてくる。もっと狂言を深く知りたいと思わせてくれる。「盆山」という作品は、現代のコントで見たことがあるような内容だったし、なんだかんだで昔も今も笑いのツボってあまり変わらないのかも。まんがで楽しむ能楽シリーズ第三弾は「エスプリ」や「ウィット」、人生の「悲哀」に富んだ狂言の本質を、笑いに昇華させた日本の古典芸能である悪坊、清水などといった、ベスト70曲が楽しめる。歌による返しが秀逸だったのが印象的!
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック