FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

2017年春、日曜ドラマ『連続ドラマW 社長室の冬‐巨大新聞社を獲る男‐』

kage

2017/05/28 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★4月30日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 22:00~23:00〈全5話〉

 連続ドラマW 社長室の冬‐巨大新聞社を獲る男‐

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:堂場瞬一「社長室の冬」(集英社)
脚本:田中眞一/三浦駿斗
演出:村上牧人/山内宗信
プロデューサー:東康之/黒沢淳/渋谷未来/近見哲平
音楽:沢田完

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
青井聡太(三上博史)
外資系インターネットショッピング会社「AMCジャパン」の社長。身売り交渉を打診してきた、日本最大の新聞社「日本新報」に、無理難題を突き付けて翻弄(ほんろう)していく。


🏢日本新報
南 康祐(福士誠治)
日本新報・社長室所属。元社会部記者で、ある事件をきっかけに社長室への異動を命じられた。新里のもとで身売り交渉に携わるなかで青井に翻弄される。



北乃きい
シャーロット・ケイト・フォックス
小市慢太郎
渡辺いっけい
中村敦夫

南沢奈央
原 日出子

笹野高史
田中 泯
岸部一徳

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
三上博史が外資を率いる“暴君”に。巨大新聞社の身売りをめぐる社会派ドラマ! 
堂場瞬一の「警察回りの夏」「蛮政の秋」に続く“メディア三部作”の完結編となる「社長室の冬」を連続ドラマ化。伝統ある巨大新聞社「日本新報」が、発行部数と広告収入の低迷から外資へ身売りを画策するという衝撃的なストーリー展開はそのままに、身売りの交渉相手となる外資系インターネットショッピング会社「AMCジャパン」の社長・青井聡太を主人公に変更しておくる社会派ドラマ。

「連続ドラマW 下町ロケット」で、夢を追う中小企業の社長に扮した三上博史が、今回は日本最大の新聞社を翻弄(ほんろう)する外資系企業の日本法人社長として、ドナルド・トランプ米大統領を彷彿とさせる“暴君”となる青井を演じる。



----------------------------------------------------------------------------------------
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
日本最大の新聞社「日本新報」は、発行部数の激減や広告収入の低迷から外資系企業へ身売りすることを画策するが、社長の小寺政夫(中村敦夫)が急逝したため、後任の新里明(笹野高史)が交渉を引き継ぐことに。交渉先は、外資系インターネットショッピング会社「AMCジャパン」の社長・青井聡太(三上博史)だが、実は青井は元日本新報の記者で、新里と浅からぬ因縁があった。

ある事件をきっかけに社長室への移動を命じられた「日本新報」の元記者・南康祐(福士誠治)は、この交渉の補佐を命じられる。そんな中、青井が最終的な買収条件を提示してきたが、それは新里や南も震え上がらせる衝撃の内容だった。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月28日更新】
■ あらすじ(第1話「黒船襲来 」  2017/4/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
発行部数の減少で経営危機に陥った日本最大の新聞社「日本新報」の社長・小寺(中村敦夫)は業界初となる身売りを決断。交渉相手は外資系インターネット通販会社「AMCジャパン」の社長である青井(三上博史)だ。ところが、小寺が急逝。交渉を引き継いだ新社長・新里(笹野高史)は若手社員・南(福士誠治)と共に、トランプ米大統領をほうふつさせる青井と向き合う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月28日更新】
■ あらすじ(第2話「革命の狼煙」  2017/5/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
青井(三上博史)が、身売りを引き受ける条件として突き付けたのは「紙の新聞の全面停止」だった。あまりに過激な要求に、日本新報経営陣は反発。新里(笹野高史)から青井の真意を探るよう命じられた南(福士誠治)は、秘書の亜都子(北乃きい)に接近する。一方、日本新報創業者一族の長澤(田中泯)は、民自党政調会長の三池(岸部一徳)に働き掛け、身売り阻止に動きだす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月10日更新】
■ あらすじ(第3話「既得権益の崩壊」  2017/5/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
長澤(田中泯)の画策により身売り話が社内に知れ渡り、新里(笹野高史)は苦境に立たされる。だが、青井(三上博史)は手を緩めることなく、新里に決断を迫る。一方、南(福士誠治)は青井からのオファーに揺れつつも、青井が20年前、日本新報を去る際に行った不正を調べ始める。そんな中、長澤は南をスパイとして利用するつもりだと政治家の三池(岸部一徳)に提案するが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月15日更新】
■ あらすじ(第4話「全面戦争」  2017/5/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
身売り話をつぶすべく、三池(岸部一徳)がAMCジャパンと日本新報への圧力を強める。反発する青井(三上博史)は、三池の醜聞を暴いて反撃しようと決意。三池に因縁がある南(福士誠治)は青井から共闘を持ち掛けられる。そんな中、三池が裏金を受け取ったとの情報と映像がAMCジャパンに寄せられた。青井は投稿者と連絡が取れていない状況で、記事をアップする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月25日更新】
■ あらすじ(第5話「新聞の未来 」  2017/5/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
日本新報のAMCジャパンへの身売りに反対する長澤は、日新テレビとの連帯を発表。さらに実の娘である亜都子に裏切られた青井は告発強要を糾弾され、一転して窮地に追い込まれる。新里も労働組合から退任を要求され、日本新報の身売りは絶望的な状況に陥る。さまざまな想いが交錯する中、身売り交渉の行く末はどうなるのか!?果たして青井はジャーナリズムを守るための闘いに勝つことができるのか……?
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック