2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

(『古典』古くて良いもの)柳家三三、春風亭一之輔、桃月庵白酒、三遊亭兼好、三遊亭白鳥「落語家」という生き方/広瀬和生(著)

kage

2017/05/11 (Thu)

2017年4~5月(前半)の特集本
古典1a

堅苦しくて難しいという印象でも、

奥が深くて知れば知るほど面白くなってくるのが「古典の魅力」です。

現代向けに編集された本を案内役に、歴史をさかのぼってみませんか?



アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


 柳家三三、春風亭一之輔、桃月庵白酒、三遊亭兼好、三遊亭白鳥
 「落語家」という生き方/広瀬和生(著)


柳家三三、春風亭一之輔、桃月庵白酒、三遊亭兼好、三遊亭白鳥 「落語家」という生き方/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp


Arikaアイコン(小)1ほぼ毎日、ナマの落語に接し続ける著者が、
2010年代の落語界を代表する人気落語家5人をロング・インタビュー

下積み時代のこと、師匠の話、ブレイクのきっかけや落語家としての苦しみ、楽しみ……。この時代に、はたして「落語」はどんな意味をもつのか? 次世代の名人候補たちにとって落語とは何か? 彼らは何を考えながら高座に臨んでいるのか? 日々、高座で体感する「落語の力」とは? 人気落語会「この落語家を聴け!」の貴重な本音トーク! 大の落語愛好家として知られるヘヴィメタル専門誌『BURRN!』編集長が、落語好きならぜひとも知りたい人気演者たちの芸談を深く掘り下げたロング・インタビュー集。




関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック