FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2017年春、日曜ドラマ『プレミアムドラマ クロスロード~声なきに聞き形なきに見よ~』

kage

2017/06/25 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★5月28日スタート 

NHK BSプレミアム  毎週日曜 午後10:00~午後11:00

 プレミアムドラマ クロスロード~声なきに聞き形なきに見よ~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:金子成人
脚本:高橋美幸、是安彌生
演出:藤井裕也、村田忍、初山恭洋
制作統括:篠原圭、藤田裕一

主題歌:ひとりの世界/Anna

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
尾関辰郎(舘ひろし)元警視庁捜査一課のエリート刑事
元警視庁捜査一課のエリート刑事。26年前、当時懇意にしていた記者の公平に情報をリークしたことをとがめられ前線から外される。以後は所轄を転々とすることに。定年を1年後に控えた今、大森臨港署の刑事課に異動となった。

片山明日子(栗山千明)…三葉出版「週刊レポ」のライター。
三葉出版『週刊レポ』のライター。大衆に迎合するようなゴシップ記事を書き続けているが、公平と出会い、自分の記者としての在り方に疑問を持つようになる。

津山浩太郎(勝野洋)…大森臨湾署に新しく赴任してきた署長。
尾関のいる大森臨港署に新しく赴任してきた署長。慎重な性格で、チームワークを乱す恐れのある尾関に目をつけている。

田中啓介(神田穣)…尾関とバディを組む若手刑事。
大森臨港署の刑事。尾関とバディを組むことが多い。時に生意気な口を聞きながらも、尾関の刑事としての在り方に感化されていく。

近衛滋(竹中直人)…管理官。
君塚瞳が殺された風俗嬢殺人事件を担当する管理官。過去に尾関と面識がある。一見温和だが、底が見えない人物。

板垣公平(神田正輝)
元大手新聞社社会部のエース。26年前、辰郎のリークした情報から冤罪事件を暴くなど、その強引ともいえる取材方法が周囲の反感を買い、次第に表舞台から姿を消すことになる。西多摩の地方紙「たま多摩新聞」の廃刊に伴い、フリーのジャーナリストとして新たな歩みを始める。

畠山秀行(神保悟志)
大森臨港署刑事課課長。年上の部下である“新入り”尾関への当たりが厳しい。

石山のぞみ(飯沼千恵子)
喫茶店「カフェ・ド・ボタニーク」の店員。元々西多摩で花屋を営んでおり、公平の息子・智とともに働いていた。

遠藤翼(ルウト)
無戸籍の女性。無戸籍者支援団体「ライフ・リレー」の世話になっている。

板垣恭子(高島礼子)
公平の妻。青梅の病院で看護師として働いている。元々仕事人間だった夫が、フリーで活動することで更に家族を省みなくなるのではと不安を抱えている。現在は倒れた自分の父親の世話をするため築地の実家で暮らしている。

木戸昭吾(平泉成)
辰郎の義父。元交番警察官。娘の幸子が亡くなってからも、時折訪ねてくる辰郎と交流している。料理が好きで二人で食事をする時は昭吾の手料理が多い。

野々山徳枝(中村玉緒)
元「たま多摩新聞」のオーナー。現在は野々山ビルを手放し、自由気ままな生活を送っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
舘ひろしと神田正輝の共演でおくる、刑事とジャーナリストの骨太な人間ドラマ! 
2016年に放送されて話題となった前作に続き、舘ひろしと神田正輝の共演でおくる、男たちの骨太な人間ドラマ第2弾。定年を1年後に控えた元エリート刑事の尾関辰郎を舘が、尾関と反目しながらも絆を深めるフリージャーナリスト・板垣公平を神田が演じる。
今作では「無戸籍」をテーマに、“真実を暴く”という共通した目的を持つ尾関と板垣が、くしくも事件現場で再び対面。己の信念のもと、うそがつけない不器用な定年世代の二人と、社会の片隅で必死に生きる人々の心情を重厚なストーリーで描き出す。
栗山千明、竹中直人、勝野洋、神田穣ら新たな出演陣も加わり、社会派のテーマに挑む。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月21日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
定年を1年後に控えた尾関辰郎(舘ひろし)は、大森臨港警察署の刑事課に異動が決まる。捜査現場を離れた警務課でやりがいを見いだした後の人事は、決して素直に喜べるものではなかったが、尾関は淡々と受け入れ、日夜事件の解決に当たっている。
一方、板垣公平(神田正輝)はフリーのライターとして活動を再開。妻に心配をかけながらも、ジャーナリストとしての新たな道を模索していた。

そんな中、大田区の河川敷で女性の死体が発見され、その女性の連れ子が「無戸籍」の状態であることが分かる。尾関は連れ子の保護に当たるが、くしくも板垣も尾関と同じ事件を追っており、二人は事件現場で対面する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月‐日更新】
■ あらすじ(第1話「新人」  2017/5/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
警務課で働いていた尾関(舘ひろし)は、定年間際のある日、東京・大森臨港警察署の刑事課へ異動を命じられる。そんな中、多摩川の河川敷で風俗嬢・瞳(野村真美)の遺体が見つかる。瞳には連れ子がおり、その子は「無戸籍」の状態であることが分かる。一方、フリーライターとしての活動を再開していた板垣(神田正輝)は、ゴシップ誌を発行する出版社の記者・明日子(栗山千明)と組み、今回の事件について独自に調査を始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月30日更新】
■ あらすじ(第2話「運命」  2017/6/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
尾関(舘ひろし)は無戸籍児・雪乃(高松咲希)を案じ、同僚・夏音(松原夏海)と児童相談所を訪れる。一方、板垣(神田正輝)は明日子(栗山千明)の記事を批判。明日子は板垣からあることを指摘され、取材に飛び出す。そんな中、尾関は文書作成に追われる田中(神田穣)に、「声なきに聞き、形なきに見よ」という先輩刑事の言葉を伝え、現場に赴く大切さを説く。やがて、板垣らは瞳(野村真美)が生前に出産した病院を見つけるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月9日更新】
■ あらすじ(第3話「記憶」  2017/6/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
尾関(舘ひろし)は、先輩刑事・前川(若林豪)の墓参りに赴き、そこで会った前川の妻・静江(黒田福美)から夫が残した言葉の真意を問われる。板垣(神田正輝)は忠告を無視して記事を書いた明日子(栗山千明)を非難するが、明日子は板垣の10年前の記事を持ち出して反論する。そんな中、尾関は前川の自白強要の噂を調査するため、前川と組んでいた刑事に会いに行く。そんな中、雪乃(高松咲希)が行方不明になったと連絡が入る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月15日更新】
■ あらすじ(第4話「決意」  2017/6/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
尾関(舘ひろし)のいる大森臨港署と隣接する羽田港南署の管内で新たな遺体が見つかる。尾関らは管理官・近衛(竹中直人)から、隣の署の事件に関わらないよう指示される。そんな中、瞳殺害事件の重要参考人が出頭してくる。一方、板垣(神田正輝)と明日子(栗山千明)は山梨を訪れ、死刑囚・立石(金児憲史)が起こした10年前の事件について再調査を始める。その過程で、板垣は自分が取材した人物と立石の意外な関係に気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月20日更新】
■ あらすじ(第5話「罪」  2017/6/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
10年前の事件で決定的な証言をした真由美(楠見薫)が、立石(金児憲史)に恨みを持っていたことが判明。証言の一つが曖昧になり、板垣(神田正輝)はがくぜんとする。一方、大森臨港署と羽田港南署の合同捜査に参加している尾関(舘ひろし)は、羽田港南署の管理官・金田(高橋聡生)が10年前の事件に関わっていたと知る。そんな中、捜査線上に遠藤(ルウト)の名前が。さらに、10年前のもう一人の証言者の存在が浮上する。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック