2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

(2017年メディアミックス作品)5月19日に映画公開される原作&コミック

kage

2017/05/19 (Fri)

とり

2017年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(5月19日全国公開)

5月19日(金)公開
・夜明け告げるルーのうた
・メッセージ


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!







ジャンル:ライフ
  夜明け告げるルーのうた  【5月19日公開】

小説 夜明け告げるルーのうた/KADOKAWA

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
“××だ”その二文字を口にするのが、どれほど難しいことか―。ポップで躍動感あふれる、湯浅ワールド全開のアニメーションを小説で紡ぎだす。さらにアニメでは描ききれなかった、父・照夫たちの目線からの物語も交えた、もうひとつの「ルー」の作品世界がここに。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 ポップで躍動感あふれる、湯浅ワールド全開のアニメーションを小説で紡ぎだす
『マインド・ゲーム』、『ピンポン THE ANIMATION』、『夜は短し歩けよ乙女』など、国内外で高く評価されている、湯浅政明監督初のオリジナル劇場作品『夜明け告げるルーのうた』のノベライズ。“心から好きなものを、口に出して「好き」といえているか?”をテーマにした本作は、さびれた田舎町に住む内向的な少年・カイが人魚の少女ルーと出会い、自分の「好き」と向き合い、ちいさな世界を変えていく物語です。監督自身による完全監修のもと、ポップで、ビビッドな色彩感覚、疾走感あふれる“湯浅節”全開のアニメーションを、小説ならではのアプローチで丁寧に掘り下げていきます。さらに、アニメでは描ききれなかった、父・照夫たちの目線からの物語も交え、「ルー」の作品世界をさらに楽しめる一冊に。書き手は、これまで思春期のボーイミーツガールをみずみずしく描いてきた、三萩せんや。カバーイラストは、湯浅政明監督とサイエンスSARUによる描き下ろし!





■映画ストーリー
両親が離婚して東京から寂れた港町・日無町に越してきた中学生の少年カイは、父親と祖父の三人で暮らしている。両親に対する複雑な思いを胸に日々を過ごす彼にとって、自ら作曲した音楽をインターネットにアップロードすることが唯一の楽しみだった。そんな中、人魚の少女ルーと出会い交流を深めていくうちに、カイは少しずつ周囲に心を開いていくが……。

★映画チェック★
テレビアニメ「四畳半神話大系」などで高い評価を受ける湯浅政明監督作。複雑な気持ちを胸に秘める少年と、純真な人魚の少女との出会いと別れを描く。声優として子役の谷花音、『くちびるに歌を』などの下田翔大、柔道家でタレントの篠原信一ら多彩な面々が集結。脚本は『映画「聲の形」』などの吉田玲子、キャラクターデザイン原案を漫画家ねむようこ、キャラクターデザインと作画監督を「四畳半神話大系」でも湯浅監督と組んだ伊東伸高が手掛ける。


■スタッフ
監督・脚本・製作: 湯浅政明
脚本: 吉田玲子
音楽: 村松崇継
主題歌: 斉藤和義
キャラクターデザイン原案: ねむようこ
キャラクターデザイン・作画監督: 伊東伸高
美術監督: 大野広司
フラッシュアニメーション: アベル・ゴンゴラ / ホアンマヌエル・ラグナ
撮影監督: バテイスト・ペロン
劇中曲・編曲: 櫻井真一
音響監督: 木村絵理子
制作プロデューサー: チェ・ウニョン
製作: 清水賢治 / 大田圭二 / 荒井昭博
チーフプロデューサー: 山本幸治
プロデューサー: 岡安由夏 / 伊藤隼之介
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年5月19日
上映時間:1時間47分
アニメーション制作・制作:サイエンスSARU
企画協力:ツインエンジン
制作:フジテレビジョン / 東宝 / BSフジ
配給:東宝映像事業部

■キャスト(役柄:声の出演)
ルー: 谷花音
カイ: 下田翔大
ルーのパパ: 篠原信一
じいさん: 柄本明
国夫: 斉藤壮馬
遊歩: 寿美菜子
江曽島: 大悟
髭の漁師: ノブ






ジャンル:SF
 メッセージ   【5月19日公開】

あなたの人生の物語/早川書房

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
地球を訪れたエイリアンとのコンタクトを担当した言語学者ルイーズは、まったく異なる言語を理解するにつれ、驚くべき運命にまきこまれていく…ネビュラ賞を受賞した感動の表題作はじめ、天使の降臨とともにもたらされる災厄と奇跡を描くヒューゴー賞受賞作「地獄とは神の不在なり」、天まで届く塔を建設する驚天動地の物語―ネビュラ賞を受賞したデビュー作「バビロンの塔」ほか、本邦初訳を含む八篇を収録する傑作集。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 〈受賞情報〉星雲賞海外短編部門(第33回) 
地球を訪れたエイリアンとのコンタクトを担当した言語学者ルイーズは、まったく異なる言語を理解するにつれて、驚くべき運命にまきこまれていく…。デビュー作「バビロンの塔」など8篇を収録する傑作集。読み終わった直後はぐわんぐわん脳みそが揺れた……。宗教的でもあるし、人間の内面を語っている感じもするし、タイトルの話より「地獄とは神の不在なり」「顔の美醜について」がよかったかな。でも、どれも冒頭から読みやすい上に次のページが気になるような引き込まれる話がしっかりあって楽しかった。SFっぽい想像力以上に、それを魅力的なストーリーを用意して語るという部分に惹かれた。




■映画ストーリー
巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は宇宙船に乗ってきた者たちの言語を解読するよう軍から依頼される。彼らが使う文字を懸命に読み解いていくと、彼女は時間をさかのぼるような不思議な感覚に陥る。やがて言語をめぐるさまざまな謎が解け、彼らが地球を訪れた思いも寄らない理由と、人類に向けられたメッセージが判明し……。

★映画チェック★
テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基にしたSFドラマ。球体型宇宙船で地球に飛来した知的生命体との対話に挑む、女性言語学者の姿を見つめる。メガホンを取るのは、『ボーダーライン』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ。『ザ・マスター』などのエイミー・アダムス、『アベンジャーズ』シリーズなどのジェレミー・レナー、『ラストキング・オブ・スコットランド』などのフォレスト・ウィテカーらが結集する。


■スタッフ
監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本: エリック・ハイセラー
原作: テッド・チャン
撮影監督: ブラッドフォード・ヤング
プロダクションデザイン: パトリス・ヴァーメット
音楽: ヨハン・ヨハンソン
英題:ARRIVAL
製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2017年5月19日 (TOHOシネマズ新宿ほか)
上映時間:1時間56分
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

■キャスト(役柄:俳優)
ルイーズ・バンクス: エイミー・アダムス
イアン・ドネリー: ジェレミー・レナー
ウェバー大佐: フォレスト・ウィテカー
ハルペーン: マイケル・スタールバーグ







関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック