2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

(恋する小説・マンガ)ハチ公の最後の恋人/吉本バナナ(著)

kage

2017/06/03 (Sat)

2017年6月の特集本
恋する小説マンガ1

もうすぐ夏・・・

今年こそは!と、思うあなたも、

ドキドキする気持ちを思い出したい!というあなたも、

小説で、マンガで、何度もおさらいしちゃってください。

なるほど~💛と、思うことがたっくさんの恋するシリーズを、どさっとご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

ゆっくりじっくり
少しずつ恋という病にかかっていく小説



 ハチ公の最後の恋人/吉本バナナ(著)

ハチ公の最後の恋人 (中公文庫)/中央公論新社

¥価格不明
Amazon.co.jp


Arikaアイコン(小)1求め合う魂の邂逅を描く愛の物語
よしもとばなな、いつも運命の女の子と男の子がであってる 

心霊者の祖母が死ぬ間際に残した予言通り、15歳の夜、インドから来た青年”ハチ”と出会い、最後の恋人となったマオ。運命に導かれるようにして出会い、限られた時を貪るように濃密な時間を過ごす二人。人を、世界を、目で見て、耳で聞いて、肌で感じることのかけがえのなさ。きちんと自分のことを知っているということの強さ。ばなな作品に触れるといつも、そういった本当に大切にしなければいけないものに気付かられると思うのに、いつの間にか忘れてしまっている。自分の感情にためらいがない。自分が、自分らしくということを、強く求めている。期限がある方が自由なんて知らなかった。切なくて儚い、本当の恋愛小説。古風で新しい不思議な恋物語。

関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック