2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

(2017年メディアミックス作品)6月17日に映画公開される原作&コミック

kage

2017/06/17 (Sat)

とり

2017年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(6月17日全国公開)

6月17日(土)公開
・教科書にないッ!4
・霊眼探偵カルテット
・メサイア外伝 極夜 Polar night
・劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!







ジャンル:青春コメディ
 教科書にないッ!4  【6月17日~23日 (渋谷HUMAXシネマ)公開】

教科書にないッ! 1 (ヤングチャンピオン・コミックス)/岡田和人

¥価格不明
Amazon.co.jp

教科書にないッ! 2 (ヤングチャンピオン・コミックス)/岡田和人

¥価格不明
Amazon.co.jp

教科書にないッ! 3 (ヤングチャンピオン・コミックス)/岡田和人

¥価格不明
Amazon.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1高校教師・大楽はやくざの娘に惚れられて、押しかけ同棲生活に突入!! 
ヤクザの娘と一緒に共同生活をすることになった教師のちょいエロコメディ。公立乙女高校教師の大楽有彦は、学校帰りに同僚で密かに想いを寄せる同僚教師の五月弥生とニ人で飲んだ帰り、街中で喫煙する一人の少女を見つけ、注意する。ところがその少女・白樺綾に好かれてキスされてしまう。その翌日、学校で校長呼び出しで校長室に出向くと何と昨夜の少女・綾がおり、乙女高校に転校し、大楽のクラスに編入することになる。更にその夜、帰宅すると何故か綾が自宅にいて、何故か一緒に住む事になってしまう。好かれ同居生活。親のヤクザに脅され断れずと、懐かしいというか単純で楽しい。天使な小生意気思い出す。普通に面白いですね。大楽先生は少し教師として欠落してる感はありますが…(笑)



■映画ストーリー
一緒に住んでいる公立乙女高校の生徒の白樺綾(森川彩香)と国語教師の大楽有彦(馬場良馬)。大楽にラブレターが届いたころから、綾の周りで事件が起こりだす。大楽は怪しい人物を注意するが、思わぬ事態に発展する。一方、英語教師の五月(本郷杏奈)は、教育実習生の七海(安枝瞳)に怪しい教団「エデンの泉」に勧誘され……。

★映画チェック★
漫画家・岡田和人の人気コミックを、森川彩香と馬場良馬出演で映画化したラブコメの第4弾。教師の大楽有彦にラブレターが届いたことをきっかけに、ヒロインの白樺綾の周りで事件が発生する。共演に本郷杏奈、百合沙、柳瀬早紀らグラビアアイドルが名を連ねる。監督は『神様ヘルプ!』や、前3作を手掛けた佐々木詳太。


■スタッフ
原作: 岡田和人
監督・脚本: 佐々木詳太
製作: 安井邦好
製作・プロデューサー: 森原俊朗
プロデューサー: 片山武志 / 菊池浩二
脚本: 竹岡常吉
撮影・照明: 飯岡聖英
録音: 山口勉
イメージ監督: 米澤拓志
助監督: 菱沼康介
美術プロデューサー: 津留啓亮
美術装飾: KEN ASA
持道具: 坂田幸穂
衣装: 袴田知世枝
スタイリスト: 望月詩穂
ヘアメイクプロデュース: 小沼いづ美
ヘアメイク: 原田みなみ / 宮嶋由季
編集: 夏目大一朗
音効MA: 吉方淳二
ダンス振付: 増田赤カブト
スチール: 清水貴志 / 盛満侑斗
デザイン: 菊池仁
主題歌: エドガー・サリヴァン
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年6月17日~23日 (渋谷HUMAXシネマ)
上映時間:1時間15分
製作・配給:日本出版販売
製作:オデッサ・エンタテイン メント
企画協力:秋田書店 制作:アフロディーテ

■キャスト(役柄:俳優)
白樺綾:森川彩香
大楽有彦:馬場良馬
五月先生:本郷杏奈
百合沙
一ノ瀬ワタル
竹岡常吉
安枝瞳
原あや香
サイショモンドダスト★
野口オリジナル
松田彩希
石原佑里子
つぐみ
増田赤カブト
菊池梨沙
柳瀬早紀
小田島渚





ジャンル:サスペンス
 霊眼探偵カルテット   【6月17日公開】

霊眼/宝島社

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
柳川享子は、大学時代の友人・真弓が失踪したことを知る。フリーライターだった真弓は、山梨で起きた死体損壊遺棄事件に関心を示し、取材に出かけたまま行方がわからなくなったという。真弓の行方を探し始めた享子だったが、次々と不審な現象に遭遇する。やがて幽霊や、前世の因縁が渦巻く怪奇の世界に足を踏み入れることに。そして、霊的な知覚を可能にする“第三の眼”をめぐる大きな企みに巻き込まれていく。『このミステリーがすごい!』大賞2009年第7回優秀賞受賞作。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1霊能力を持つ4人の女子高生が謎の惨殺事件の解決に挑むホラー  
柳川享子は、大学時代の友人・真弓が失踪したことを知る。真弓の行方を探し始めた享子は…。未来を見通す“第三の眼”が彼女を導く、衝撃のホラーサスペンス。カテゴリ分けが難しい作品。ホラーであり、ミステリーであり、SFでもある。最初はただただ、気持ち悪いだけだったのだが、段々と面白くなってきた。「第三の目(シックス・センス)」、興味をそそる内容でした。昔から存在する第三の目の伝説。「第三の目」というオカルトと、「遺伝子操作」という科学をうまくミックスしている。第三の眼とは、進化した眼なのか進化の名残なのか?どっちなんでしょうね。松果体の謎も興味深かったです。物理的にもスピリチュアル的にも興味をそそられた。それに現代科学を組み合わせるとこうなるのか。スリラー、ホラーという枠を超え、終盤からは面白く読めた作品でした。






■映画ストーリー
放課後の音楽室で、女子高校生が無残にも殺される。時を同じくして、これまでに殺害された生徒たちの怨念が宿る“呪いのリップ”を探す殺人鬼が、恋敵を手に掛けるという都市伝説が生徒たちの間で流行していた。霊能力を持つ森川アイカ(三秋里歩)ら4人の女子生徒によって結成された「霊眼探偵カルテット」は、普段から学生の悩みを聞き相談に乗っていた。彼女たちは事件の解決に乗り出す。

★映画チェック★
第7回「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞を受賞した中村啓が脚本に名を連ねたホラー。高校生4人が結成した「霊眼探偵カルテット」が、校内で起きた殺人事件と“呪いのリップ”という都市伝説の関係を解き明かす。元NMB48の三秋里歩が主演を務め、元乙女新党の高橋優里花、元アイドリング!!!の石田佳蓮、『暗殺教室』シリーズなどの大熊杏実と共に霊能力を持つメンバーを演じる。フレッシュな魅力にあふれる彼女たちの演技に注目。


■スタッフ
監督: 旭正嗣
原作・脚本: 中村啓
エグゼクティブプロデューサー: 大勝ミサ
チーフプロデューサー: 大河原大助
プロデューサー: 片岡稔
共同プロデューサー: 木原伸幸 / 田中一男
アソシエイトプロデューサー: 石井雅教
ポストプロダクションプロデューサー: 田巻源太
撮影: 山崎肇
照明: 平井達也
録音: 西岡正巳
効果整音: 村上崇
編集: 目見田健
ロケ地・キャスティング協力: 伊佐友一
音楽監修: Shinya
主題歌・オープニングテーマ: SERAPH
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年6月17日
上映時間:1時間24分
配給・製作・著作:霊眼探偵カルテット製作委員会

■キャスト(役柄:俳優)
森川アイカ: 三秋里歩
高根ナオミ: 高橋優里花
菊池ショウコ: 石田佳蓮
田口レナ: 大熊杏実
西野キョウヘイ: 辻諒
前田ツトム: 藤谷慶太郎
松田アキナ: 竹内玲音
唐沢サトコ: 溝口恵
桐原ユキオ: 川上将太
杉田英二: 井上正大
増岡文之: ビートきよし
志村英明: 小堀裕之
五味明: 青木伸輔
安藤悠太: 天宮良
松田恵美: あすか美生
鈴木圭子: 秋川百合
椎名弥生: 小原春香
酒井一穂: 鯉迫ちほ
日浦優造: 諏訪太朗





ジャンル:ハードボイルド
 メサイア外伝 極夜 Polar night   【6月17日公開】

メサイア 警備局特別公安五係 (講談社文庫)/高殿 円

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
散れ、サクラのごとく。--それがこの国のスパイの流儀。
「戸籍も失い、過去も失った俺の唯一の光。それはお前なんだよ、珀」。

世界から軍隊が消えた時代。しかし戦争は諜報戦への姿を変えていた。家族を惨殺され一人生き残った海棠鋭利、兄と生き別れた御津見珀は、戸籍を剥奪されたスパイ集団、警備局特別公安五係、通称「サクラ」にスカウトされる。桜のように潔く散る、それが彼等の流儀。舞台・映画化の人気シリーズ原作。

書き下ろし短編小説「哲学者より愛を込めて」収録!
舞台版「メサイア」演出家の西森英行氏による作品解説収録!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1明けない夜にも、お前がいた―――  
世界から軍隊が消えて10年。しかし戦争は武力から諜報戦に形を変えていた。両親を惨殺され一人生き残った海棠鋭利、幼い頃兄と生き別れた御津見珀は、戸籍を剥奪されたスパイ集団、特別公安五係・通称“サクラ”にスカウトされる。桜のように潔く散る、それが彼らの流儀。舞台・映画化の人気シリーズ原作。 読んでて少し世界観に浸るのが厳しかったから中々進まず苦戦してしまった。日常や設定の描写が多く。スパイものとして駆け引きや頭脳戦を期待して読むと物足りないが、もともとメディアミックスありきで作られた作品ということで納得した。設定を楽しむものだと割り切れば思いっきり酔える世界観がよい。アメコミのカバーアートも描かれている白浜鴎さんの表紙が格好いい。スパイの割に感情バリバリだったけどそれはそれで人間らしいのかな?




■映画ストーリー
し烈な情報戦を繰り広げる公安スパイ、通称サクラたちと対立しながらも、手を組むこともあった三栖公俊(中村龍介)と周康哉(玉城裕規)。以前は反政府組織「評議会」でテロ行為に関与してきた二人は、評議会壊滅後も究極の平等という理想を追求してきた。実父を殺害したことで心に傷を負った周は三栖のもとに身を寄せ、周を気遣う三栖は生活のためにある決断を下す。

★映画チェック★
高殿円の小説を基に、ドラマCDやコミック、舞台などメディアミックス展開を行う「メサイア・プロジェクト」の劇場版第4弾。周康哉と三栖公俊の関係を主軸に、究極の平等を実現させるため数々のテロ行為に関与してきた二人の苦悩や戦いを描く。主演は『血まみれスケバンチェーンソー』などの玉城裕規と『インターン!』などの中村龍介。そのほか赤澤燈、井澤勇貴、大澄賢也らが前作から続投する。


■スタッフ
原作・ストーリー構成: 高殿円
監督・脚本・編集: 山口ヒロキ
脚本: 横山あゆみ
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年6月17日
上映時間:1時間53分
配給:トリプルアップ

■キャスト(役柄:俳優)
周康哉: 玉城裕規
三栖公俊: 中村龍介
御池万夜: 長江崚行
柚木小太郎: 山沖勇輝
小暮洵: 橋本真一
周グエン衝吾: 伊藤孝太郎
サリュート: 山田ジェームス武
白崎護: 赤澤燈
有賀涼: 井澤勇貴
間宮星廉: 染谷俊之
加々美いつき: 杉江大志
諏訪部不比人: 中村誠治郎
Dr.TEN: 安里勇哉
Dr.THREE: 大塚公祐
ハングドマン: 村田充
周晃三郎: 和興
林王芳: ボブ鈴木
八重樫馨: 漆崎敬介
黒子(百瀬多々良): 小谷嘉一
海棠鋭利: 松田凌
御津見珀: 小野健斗
一嶋晴海: 中原裕也
志倉一仁: 大澄賢也




ジャンル:SF/魔法
 劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女   【6月1日公開】

魔法科高校の劣等生(1) 入学編〈上〉【期間限定 無料お試し版】 魔法科高校の劣等生【期間限定.../佐島 勤

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
魔法が現実の技術となって、一世紀 ──。新入生の季節。この 『魔法科高校』 にも、一組の血の繋がった兄妹が入学した。兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウィード)。妹は、全てが完全無欠な優等生(ブルーム)。どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを抱える優等生の妹。二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 主人公とその妹の関係にニヤニヤ出来る方におすすめ 
近未来的なアイデアを敷き詰めた物語舞台や複雑極まりない魔法理論からは、SF好きならではの強いこだわりの様なものを感じます。何度も繰り返し理解しようとしなければ面白くない)本だと思います。魔法についてとかエイドスとか説明しろといわれてもできませんが、何回も読むうちに長い説明が苦とは感じなくなった。理解できると「たしかにその通りだな」と共感でき楽しめます。個人的に主人公とその妹の関係にニヤニヤ出来ドストライクで妹の兄大好き関係のシーンを楽しみに読み進めました。人によって合う合わないがはっきりする作品ですが、ストーリー自体は面白いので普通のラノベだと思わず読んでみてください。






■映画ストーリー
魔法が技術として確立し、社会に広く浸透している世界。魔法科高校と呼ばれる国立魔法大学付属第一高校に通っている劣等生の兄・司波達也とその妹で優等生の深雪は初めての春休みを迎え、仲間と共に小笠原諸島にある別荘でバカンスを過ごすことに。豊かな自然に囲まれる中で羽を伸ばす達也たちの前に、九亜という国防海軍基地から脱走してきた少女が現れる。そして彼女からある願いを告げられ……。

★映画チェック★
佐島勤(イラスト・石田可奈)の小説を基にしたテレビアニメの劇場版。魔法科高校に通うきょうだいの達也と深雪が、バカンスに訪れた小笠原諸島で1人の少女と出会ったのを機に思わぬ事態にのみ込まれる。キャラクターデザインの石田をはじめ、ボイスキャストの中村悠一、早見沙織、内山夕実、寺島拓篤らテレビアニメ版のメンバーが結集。佐島によるオリジナルのストーリーが見どころ。


■スタッフ
監督: 吉田りさこ
原作イラスト・キャラクターデザイン・総作画監督: 石田可奈
脚本: 佐島勤 / 中本宗応
音楽: 岩崎琢
美術: 小倉宏昌
美術デザイン: 谷内優穂 / 藤井一志
メカニックデザイン: 出雲重機
CAD・サブキャラクターデザイン: ジミー・ストーン
3D監督: 田中康隆
撮影監督: 川下裕樹
編集: 木村佳史子
色彩設計: 野口幸恵
音響監督: 本山哲
音響効果: 古谷友二
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年6月17日
音響制作:STUDIO MAUSU
アニメーション制作:エイトビット
製作:劇場版魔法科高校製作委員会
配給:アニプレックス

■キャスト(役柄:声の出演)
司波達也: 中村悠一
司波深雪: 早見沙織
千葉エリカ: 内山夕実
西城レオンハルト: 寺島拓篤
柴田美月: 佐藤聡美
吉田幹比古: 田丸篤志
光井ほのか: 雨宮天
北山雫: 巽悠衣子
七草真由美: 花澤香菜
渡辺摩利: 井上麻里奈
十文字克人: 諏訪部順一
アンジェリーナ=クドウ=シールズ: 日笠陽子
九亜: 小原好美



関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック