2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

(2017年メディアミックス作品)6月23日に映画公開される原作&コミック

kage

2017/06/23 (Fri)

とり

2017年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(6月23日全国公開)

6月23日(金)公開
・フィフティ・シェイズ・ダーカー


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!







ジャンル:ラブストーリー
 フィフティ・シェイズ・ダーカー   【6月23日公開】

フィフティ・シェイズ・ダーカー (上) (ハヤカワ文庫NV)/E L ジェイムズ

¥価格不明
Amazon.co.jp

フィフティ・シェイズ・ダーカー (中) (ハヤカワ文庫NV)/E L ジェイムズ

¥価格不明
Amazon.co.jp

フィフティ・シェイズ・ダーカー (下) (ハヤカワ文庫NV)/E L ジェイムズ

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
『上』グレイの暗い秘密にたじろいだアナは、彼を心から愛しながらも別れを告げることに。念願の出版社に就職し、グレイのいない人生を築こうとはするものの、毎晩涙にくれ、考えられるのは彼のことだけ。そんなときグレイに「ルール」抜きの新たな関係を築こうと提案されるのだが…。世界的ベストセラー三部作第二弾、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の待望の続篇登場!

『中』グレイとふたりで新たな未来を築こうとするアナ。しかし、その彼女の前にグレイの過去の女性たちが影を落とす。わたしが必要だと言ってくれる彼を信じたいのだけど、やっぱり、グレイにはルールのある関係がいいのだろうか…。不安になりつつも、アナはグレイが“フィフティ・シェイズ”にならざるをえなかった悲惨な過去を理解し、彼の心の光になろうと奮闘するが…。

『下』ふつうの関係でいい、ずっと一緒にいてくれと、グレイにプロポーズされるアナ。彼女はもう逃げ出すつもりはなかった。コントロール・フリークで、グローバル企業CEOの大金持ち、わたしの“フィフティ・シェイズ”。彼と人生を歩むのだ…。しかし、そんなふたりの身に思いがけない危険が迫ることに!第一部に引き続き、大型映画化決定!感動と官能のラブ・ストーリー。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 第2章、あなたの “本能の扉“ を開く!
二人を取り巻く男性、女性が次々現れて、ごっちゃになってくる。ついにミセス・ロビンソン登場。明かされそうで明かされない過去がじわじわと気になる。前作よりは二人の世界が少なくサスペンス要素があり楽しめる。金と美貌を持つ男に強引に見初められ、周りから羨望嫉妬の目で見られるシンデレラ展開が好きなのは世界共通か…?グレイの殺し文句は素敵な台詞がけっこう多くてキャってなる。主人公がよく表現につかう「内なる女神」がイマイチよくわからない…が、出来る男がキッチンなどで見せる不器用な姿とかはキュンとくる。グレイ氏の異常性愛やトラウマが前編では障害だったのが魅力に変わったと思う。こんな素敵な人を魅了できたら…最高の気分だろうな。手に余るけど…。ご馳走様!王子様像も含め、これは寓話だなと思った。



■映画ストーリー
恋愛初心者の女子大生だったアナスタシア(ダコタ・ジョンソン)は、大企業CEOのグレイ(ジェイミー・ドーナン)に恋するが、その倒錯した愛に応じることができずに彼の前から去っていく。その後、大学を卒業したアナは出版社で働き始め、グレイは別れた後に今まで誰にも抱いたことのないアナへの感情に気付くのだった。復縁を求める彼に、アナはある条件を提示する。

★映画チェック★
若いCEOと女子大生の特殊な恋愛を大胆に描いた『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の続編。前作に引き続きダコタ・ジョンソンとジェイミー・ドーナンが出演し、再会した二人を新たに待ち受ける数々の衝撃の出来事を映す。『L.A.コンフィデンシャル』などのキム・ベイシンガーが主人公をSMの世界にいざなう女性を熱演。テイラー・スウィフトらの音楽に乗せて、官能と驚がくのストーリーが展開する。


■スタッフ
監督: ジェームズ・フォーリー
脚本: ナイアル・レオナルド
原作・製作: E・L・ジェイムズ
製作: マイケル・デ・ルカ / デイナ・ブルネッティ / マーカス・ヴィシディ
撮影監督: ジョン・シュワルツマン
プロダクションデザイン: ネルソン・コーツ
編集: リチャード・フランシス=ブルース
衣装デザイン: シェイ・カンリフ
音楽監修: デイナ・サノ
音楽: ダニー・エルフマン
英題:FIFTY SHADES DARKER
製作年:2017年
製作国:アメリカ
日本公開:2017年6月23日
上映時間:1時間58分
配給:東宝東和

■キャスト(役柄:俳優)
アナスタシア・スティール: ダコタ・ジョンソン
クリスチャン・グレイ: ジェイミー・ドーナン
ジャック・ハイド: エリック・ジョンソン
ケイト・キャヴァナー: エロイーズ・マンフォード
レイラ: ベラ・ヒースコート
ミア・グレイ: リタ・オラ
エリオット・グレイ: ルーク・グライムス
ホセ: ヴィクター・ラサック
テイラー: マックス・マーティーニ
エレナ・リンカーン: キム・ベイシンガー
グレース・トレヴェリアン・グレイ: マーシャ・ゲイ・ハーデン





関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック