2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年夏、水曜ドラマ『刑事7人』

kage

2017/09/13 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★7月12日スタート 

テレビ朝日系 毎週水曜 21:00~21:54

 刑事7人

Arika注目1h【第3シリーズ】おなじみのメンバー7人が再集結!!

東山紀之演じる刑事・天樹悠ら7人のスペシャリストたちが帰ってくる!

天樹の妻子の死に隠された“衝撃の真相”もついに明らかに…

“最強の敵”を打ち砕く!!

東山紀之演じる刑事・天樹悠を中心に、個性的なスペシャリストたち7人が難解な刑事事件に挑む姿を描いた『刑事7人』が第3シリーズに突入!

今回は目まぐるしい進化を日々遂げる<東京臨海エリア>を舞台に、7人のスペシャリストたちが超凶悪犯罪に挑みます。

そんな彼らの前に、闇でうごめく“最強の敵”が出現!

さらに今シーズンは、事故だと思われていた、天樹の妻子の死の真相も明らかに!!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:真野勝成 ほか
音楽:吉川清之
ゼネラルプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)、井元隆佑(東映)
監督:及川拓郎 ほか
制作:テレビ朝日、東映

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
第11方面本部準備室のエキスパート7人
…警視庁捜査一課12係
…未来犯罪予測センター
…東都大学医学部

天樹 悠(東山 紀之)ズバ抜けた洞察力と捜査能力を誇る!
警視庁遺失物センター、警視庁捜査一課12係を経て、警視庁機動捜査隊に配属。このたび「第11方面本部準備室」のメンバーに選ばれる。捜査能力が非常に高く、容疑者に同情することなくひたすら真実を追究する捜査官。12年前に妻と子を事故で亡くしており、その時に深い傷を負っている。
一見朗らかだが、ふと人を食ったような態度を見せる男。捜査能力は非常に高い。ひたすら証拠を積み上げ、真実が分かる瞬間までは、物事を決めつけないのが天樹流。普段は覆面パトカーで街を走り続け、誰よりも早く事件現場に駆けつけては、的確な初動捜査を指示し、最後まで鋭く被疑者を追い詰める。
12年前に妻・清と娘・聖が事故死しており、心に深い傷を負っている。今シーズンはその事故現場がある臨海エリアを捜査。運命に導かれるように過去と向き合い、妻子の死の真相と直面。その奥にある“闇の存在”と対決することになる。


沙村康介(高嶋政宏)強烈なリーダーシップを発揮する12係長!
警視庁捜査一課12係に引き続き、新設された第11方面本部準備室の捜査の指揮を務める。個性の強く暴走しがちなメンバーに葛藤しつつも、最終的には自分が責任を取るという気概でギリギリの捜査にも力を貸す正義感の持ち主。
「警視庁捜査一課12係」の長として、「第11方面本部準備室」の捜査を指揮する。「第11方面本部準備室」の面々が各々の正義を暴走させる中、その狭間で葛藤しながらも、強力なリーダーシップを発揮していく。健全な正義感の持ち主だが、仲間を信頼し、その気持ちを尊重することから、ギリギリの捜査にも力を貸す。その裏には「最終的には自分が全責任を取る」という責任感がある。そんな中、任務に疲れた彼は、淡い恋に癒しを求めていくが…。

山下巧(片岡愛之助)警視庁随一のサイバー能力を誇る天才!
第11方面本部準備室のメンバー。サイバーセキュリティー対策に関しては警視庁随一の能力の持ち主。その実力故に、傲慢な性格が災いして、閑職に左遷されていた。正義感が強いが、己の実力が正しく評価されないことを不満にも思っている。
サイバーセキュリティー対策に関して警視庁内随一の能力を持ちながら、天才ゆえの傲慢、社会性の低さゆえに、「未来犯罪予測センター」という窓際部署に左遷されている。いつもひとりで警視庁のシステムの脆弱性と向き合っている。天樹悠たちにとってその能力は大きな武器だが、山下は単なる変人の枠に収まらない危うさの持ち主。己の不遇を嘆くことで、根底にある強い正義感が人知れず、暴走していく――。

水田環(倉科カナ)過度の正義感から、やがて天樹らと対立!
警視庁捜査一課12係の刑事で、第11方面本部準備室のメンバー。帰国子女。潔癖な正義感を持ち、臨海エリアに巣食う巨悪に対する天樹たちの捜査方法が一線を越え始め、仲間たちと対立していく。
帰国子女。捜査官としては、天樹悠とはまた違うタイプの洞察力・推理力を持つ。その言動は感情を敢えて抑制し、冷静そのもの。臨海エリアに巣食う巨悪の登場で、天樹悠らの捜査が一線を超え始める中、潔癖な正義感をもつ環は仲間たちと対立していくことになる。そんな中、ある人物から、“スパイ”として仲間たちの動向を内偵し、報告するよう要請され…!?

青山新(塚本高史) ワル時代の情報網を使い、捜査する刑事!
警視庁捜査一課12係の刑事で第11方面本部準備室のメンバー。かつてはかなりのワルで、警察官にならなければ犯罪者になっていたかもしれない男。臨海エリアにはワル時代の仲間がおり、その情報が天樹たちの捜査に大きな力となっていく。
警察官にならなければ、犯罪者になっていたかもしれない男。臨海エリアでは、ワル時代に親交があった仲間たちが一定の力を持っており、青山にとっては貴重な情報源となる。一見ダーティーに見える捜査スタイルだが、彼なりの信念、法に縛られない正義がある。それが、天樹悠や片桐正敏が巨悪と戦う際に必要な“毒”となる。青山自身もそれを自任し、一線を超えていくが…!?

片桐正敏(吉田鋼太郎) 巨悪を倒すため逸脱した捜査も辞さない!
第11方面本部準備室室長。臨海エリアに戦後より巣食う巨悪を倒すため、かつての部下であった天樹らを再び招集し、最強の別働隊を設立した。警察内部での権力闘争や犯罪者との司法取引など、目的の完遂のためには手段を選ばない。
「刑事総務課」の課長から一転、臨海エリアの捜査に特化した「第11方面本部」の設立を推進。自らその準備室長となり、指揮を執ることに。「警視庁捜査一課12係」時代の部下である天樹悠らを集め、“最強の別動隊”を結成する。その目的は、臨海エリアに戦後期から根を張り、政財界にも影響を及ぼす馬久根恒義と対峙すること。ある理由から宿敵とみなす馬久根を倒すため、警察内部での権力闘争、犯罪者との司法取引など、逸脱した正義を執行する。

堂本俊太郎(北大路欣也) 法医学の世界的権威。ある秘密を抱える!
東都大学医学部の法医学教室教授で第11方面本部準備室のメンバー。12年前に事故死した天樹の妻・清の父でもある。清の司法解剖を担当し、その時にある重大な秘密が残っていたが、それを天樹に言えずにいる。
生涯現役を誓い、世界的権威として法医学界を牽引する。12年前に事故死した天樹の妻・清の父で、我が娘の司法解剖も担当した。だが、その遺体には天樹にはずっと言えずにいた、漆黒の闇につながる“ある秘密”が残っていて…!? 「捜査の領域には決して踏み込まない」という強い矜持がありつつも、娘の死の真相が明らかになっていくにつれ、自らも捜査の領域に足を踏み入れていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
7人の刑事が集結! 東山紀之演じる主人公・天樹の妻子の死の真相もついに明らかに! 
2015年、16年の7月に第1、第2シリーズが放送され、好評を博した刑事ドラマの第3弾。東山紀之演じる主人公・天樹悠をはじめとした7人の刑事が、目まぐるしく進化を遂げる“東京臨海エリア”を舞台に、より難解な事件に立ち向かっていく。

天樹は東京臨海エリアを専門に捜査する新たな別働隊「第11方面本部準備室」に所属し、複雑化、多様化、そして国際化する凶悪犯罪に挑むことになる。

また、12年前に事故死したとされていた天樹の妻子の死の真相も、今シリーズでついに明かされることに。一筋縄ではいかない最強の敵を前にして、天樹らは仕事としての正義を超えた領域にまで足を踏み入れ、暴走していく。

「お前らにはまだ、やってもらわなければならない“でかい仕事”が残っている」

――第2シリーズのラストで謎の言葉を漏らし、「別動捜査隊」を解体した「刑事総務課」課長・片桐正敏(吉田鋼太郎)。


最新シリーズでは彼が自ら室長となり、犯罪が激増する東京臨海エリアを専従捜査する“最強の別動隊”=「第11方面本部準備室」を発足することに!

・・・第2シーズンで残した言葉は、再結集への伏線でした。

吉田鋼太郎が室長になり立ち上げた準備室。

どんな活躍を見せてくれるのでしょうか。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月4日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁で政治的手腕を発揮する片桐正敏(吉田鋼太郎)が室長となり、犯罪が激増する東京臨海エリアを専従捜査する最強の別動隊「第11方面本部準備室」が発足。

警視庁機動捜査隊の刑事・天樹悠(東山紀之)をはじめ、警視庁捜査一課12係に所属する沙村康介(高嶋政宏)、水田環(倉科カナ)、青山新(塚本高史)、未来犯罪予測センターの山下巧(片岡愛之助)、法医学教室教授・堂本俊太郎(北大路欣也)が集められ、有能な精鋭7人が再び一つになる。

そんな中、臨海エリアの倉庫で銃声が聞こえた後、4人の遺体が見つかり…。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月‐日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/7/12放送 15分拡大SP:21:00~)
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁では片桐(吉田鋼太郎)の主導で、臨海エリアを担当する新たな方面本部の準備室が設置されることになり、12係の沙村(高嶋政宏)や元12係で機動捜査隊の天樹(東山紀之)らが再結集。そんな中、臨海部の倉庫で4人の他殺体が見つかる。現場に駆け付けた天樹はバイクで逃走した人物を追うが、逃げられてしまう。被害者は化学工業会社社員2人と清掃会社社員、自営の弁当業者と判明するが4人の接点は分からない。やがて、容疑者として天樹の以前の相棒で元機動捜査隊員の桜田(横田栄司)が浮上する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月13日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/7/19放送 15分拡大SP:21:00~)
----------------------------------------------------------------------------------------
介護センターに住む小野田(一本気伸吾)ら老人4人が、法務大臣の仙波(小須田康人)の自邸を占拠。仙波夫妻と介護センター所長・貴子(筒井真理子)を人質にして、東京拘置所の死刑囚69人の死刑執行の中止と再捜査、再審を要求する。捜査に乗り出した天樹(東山紀之)らは、風俗店で働いていた貴子の常連・五頭(内野智)が死刑囚の中にいると突き止める。貴子の関与を疑った天樹たちは、五頭の事件を改めて調べる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月22日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/7/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
首の傷から血を抜かれる傷害事件が連続発生し、4人目の被害者で中学校教師の真由美(辻本瑞貴)が死亡する。堂本(北大路欣也)によると、首の傷口はスタンガンの痕で、そこから注射器で血が抜かれたという。被害者4人に接点は見つからないが、天樹(東山紀之)は被害者の一人で高校生の紗絵(小林里乃)が真由美の写真を見て動揺したことに気付く。そんな中、定年間近の警察官・大友(梨本謙次郎)が容疑者として浮かぶ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月26日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/8/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ロボットの研究者・川上(沖田裕樹)が公園で殺された。第一発見者の吉原(尾美としのり)は、天樹(東山紀之)に犯人らしき男を見たと話す。吉原は、知人の川上から助けを求める電話があり、現場に駆け付けたという。捜査が進む中、川上の上司・入川(新井康弘)が容疑者として浮上。一方、川上の遺体にあった小さな刺し傷が気になる天樹が調べると、同じような傷がある変死体事件が過去に4件もあったことが分かる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月2日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/8/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
臨海エリアの再開発に取り残された一角で男性が刺殺される。堂本(北大路欣也)によると、被害者は末期がんを患っていて、顔を整形した痕跡があるという。復元した整形前の顔を顔認証システムにかけると、12年前の火災事故で死亡した男性と一致。天樹(東山紀之)らは、12年前の火災現場の近くに住む盲目の節子(草村礼子)に話を聞く。そんな中、沙村(高嶋政宏)らの捜査で不動産会社部長・福田(石橋保)が容疑者として浮かぶ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月11日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/8/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
建設現場で作業員の牛島(やべけんじ)が転落死した。天樹(東山紀之)は、牛島が自分の妻と娘が死んだ12年前の事故の証言者だと気付き不審を抱く。堂本(北大路欣也)の検視で、牛島の遺体から毒物が検出され、他殺と判明。調べると、12年前、牛島は口座に大金を入れていた。一方、沙村(高嶋政宏)らは、12年前から臨海エリアで同じ特徴のある女性9人が失踪していると知る。所轄署はなぜか動いておらず、沙村らは捜査を始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月20日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/8/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
天樹(東山紀之)は、地中から女性の白骨遺体が見つかった建設現場に駆け付ける。被害者は、7年前に失踪した女優志望の弘美と判明。7年前、遺書を残して姿を消した弘美は、自殺したとみなされていた。しかし、弘美が失踪の1週間前に大きな舞台のオーディションで主役を射止めていたことが分かる。弘美の代役には、無名だった女優・千穂が抜てきされていた。一方、天樹らは当時の弘美の交際相手の行方を捜すが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月24日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/8/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
天樹(東山紀之)らはパーティー会場で起きた毒殺事件を捜査。会社員の井村(斉藤佑介)が死亡、井村の会社の社長・真理子(山口香織里)と婚約者の投資家・咲希(矢田亜希子)は一命を取り留める。パーティーは井村の昇進を祝うもので、参加者はインターネットのSNSで募ったという。天樹と青山(塚本高史)はSNSから人間関係をたどる中で、事件直後に天樹が擦れ違った女性(佐藤康恵)を発見。彼女は井村の同僚で…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月4日更新】
■ あらすじ(第9話  2017/9/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
依然として山下(片岡愛之助)の行方が分からない中、天樹(東山紀之)らは臨海エリアの薬物カルテルの摘発に着手。摘発は、山下の失踪にも関与していると思われる臨海エリアの大地主・馬久根(山本學)に対する片桐(吉田鋼太郎)からの宣戦布告だ。そんな中、天樹はMと名乗る人物からURLとパスワードが記された手紙を受け取る。さらに、青山(塚本高史)の情報源だった久喜(米村亮太朗)と彼の身重の妻が惨殺体で見つかる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月10日更新】
■ あらすじ(第10話  2017/9/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
室長・片桐(吉田鋼太郎)の独断による指揮の下、馬久根(山本學)を追い詰める天樹(東山紀之)ら「第11方面本部準備室」。監察官・島村(久世星佳)は、その片桐の不透明な動きを暴こうとしていた。そんな中、拉致されて行方不明となっていた山下(片岡愛之助)の監禁場所が明らかになる。一方、馬久根の利権を狙う新勢力として「御厨」という男の存在が浮上する中、天樹や沙村(高嶋政宏)らの眼前で、馬久根が襲われる事件が発生する。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック