2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年夏、水曜ドラマ『過保護のカホコ』

kage

2017/09/13 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★7月12日スタート 

日本テレビ系 毎週水曜22:00~23:00

 過保護のカホコ

Arika注目1h箱入り娘は家族を救えるか?

21歳まで純粋培養されて育った究極の箱入り娘が自分探しに奔走!


ストーリーとしては21歳にして「自分で服も選べない」「アルバイト経験もない」といった超過保護に育てられた主人公の根本加穂子が社会に出て自分探しを始めます。

そんな中、自分の中に眠っていた本当の力に目覚め家族の問題を解決するという痛快なホームドラマです。

主題歌を歌うのは、2016年10月のTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」で主題歌「恋」を歌って話題になった星野源さん。

今回の主題歌のタイトルは「Family Song」。今回は主人公のカホコが家族の問題を解決していくというストーリーなので「家族とは何ぞや」をテーマに書き下ろされた曲だそうです。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:遊川 和彦
音楽:平井 真美子
演出:南雲 聖一、日暮 謙、伊藤 彰記、明石 広人
チーフプロデューサー:西 憲彦
プロデューサー:大平 太、田上 リサ

主題歌:Family Song(歌:星野 源)

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠根本家
根本加穂子(高畑充希)世間知らずに育った超過保護の箱入り娘
就職活動中の女子大生。両親に溺愛されて過保護に育てられた根本家の一人娘。アルバイトもしたことがなく、一人で服も選べない、送迎付きのため駅まで歩いたことがない、純粋培養の“超ド天然キャラ”。「こんなの初めて!」が口癖。21歳。
超過保護に育てられ、何もかも母任せ。社会に出て一人の青年に「お前みたいな過保護が日本を駄目にするんだ」と言われる。自分探しをしている中で自分の中に眠る本当の力によって家族の問題を解決していく。

≪並木家の長女≫
根本泉(黒木瞳)加穂子の母
加穂子の母。娘にしてあげている全てのことが、娘の幸せのためだと信じて疑わず、世間のさまざまなことから加穂子を守ってきた。娘以外に関心がなく、何でも娘と一緒。無類の潔癖性。51歳。
音楽大学を卒業後、花嫁修業を経て結婚。世間が狭いことがコンプレックス。何でも娘と一緒にやりたがる娘Love💛のお母さん。掃除と洗濯好き。娘を溺愛し娘の全てを把握していないと気が済まない性格。

根本正高(時任三郎)加穂子の父
加穂子の父。大手生命保険会社に勤務。過保護に育った娘の将来を案じつつも、厳しくできない自分に後ろめたさを感じている。最近は母娘の会話に入っていけず、娘をお金やプレゼントで釣るしかない状況でいる。54歳。
思っていることを、なかなか口にできない性格のため過保護に育ったカホコを案じつつも厳しく接することが出来ない。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🏠並木家(泉の実家)
┣並木初代(三田佳子)…泉の母
何事も動じない性格で家族を密かに統率する大黒柱。加穂子の将来を危惧。72歳。

┣並木福士(西岡徳馬)…泉の父
初代とは逆に、機嫌がコロコロ変わる性格。加穂子を溺愛している。74歳。

≪並木家の次女≫
┣並木環(中島ひろ子)…泉の妹。48歳。

┣並木衛(佐藤ニ朗)…環の夫。47歳。

≪並木家の三女≫
┣並木節(西尾まり)…泉の妹。44歳。

┣並木厚司(夙川アトム)…節の夫。41歳。

┣並木糸(久保田紗友)…節の娘。18歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🏠根本家(正高の実家)
┣根本多枝(梅沢昌代)…正高の母
夫が頼りなく、正高を頼る。周囲の身内を甘やかす。74歳。

┣根本正興(平泉成)…正高の父
問題をいつも先延ばしにしてしまうのんびり屋。マイペースで怠け者。何を言っても反応がない。77歳。

┣根本教子(濱田マリ)…正高の妹
50歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

麦野初(竹内涼真)…カホコと同じ大学に通っている学生
加穂子と同じ学校に通う大学生。親に捨てられて養護施設で育ち、アルバイトを掛け持ちしながら学費を稼いでいる。本当は優しいが、ひねくれ者で常におどけて本性を見せない。24歳。
アルバイトを掛け持ちしながら学費を稼いで入学した。加穂子とは正反対の人生を歩んできており将来は画家を目指している。加穂子の言動にいら立つ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
高畑充希“純粋培養”の超天然箱入り娘に!? 新たな出会いで世の中を知る! 
現代の日本が抱える“過保護”の問題を浮き彫りにする、痛快エンターテインメント・ホームドラマ。両親に溺愛されて過保護に育てられた女子大生・カホコこと根本加穂子を高畑充希、娘を親友だと思っている母・泉を黒木瞳、娘に嫌われることが怖い“娘依存症”の父・正高を時任三郎が演じる。

平和な家族が抱えている問題が少しずつ露呈していく中で、新しい出会いによって加穂子の眠っている力が目覚めていく。高畑はNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」以来の連続ドラマ出演。

脚本は、「女王の教室」「家政婦のミタ」(ともに同系)を手掛けた遊川和彦が担当する。



----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月4日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
学校まで車で送り迎え、着る服を自分で選ぶこともできないほど、過保護に育てられた女子大生・根本加穂子(高畑充希)。世間知らずで、疑うことを知らない、何から何まで親の庇護の下でぬくぬくと生きてきた、超ド級天然キャラの加穂子は、母に言われるままに就職活動をしているが、当然のごとく失敗ばかりしていた。

そんなある日、大学で出会った一人の青年の言葉から「自分は他の人とは違う」と気付いた加穂子は、さまざまな「こんなの初めて!」な出来事と直面していく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月‐日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/7/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大学4年生のカホコ(高畑充希)は、娘以外に関心のない母・泉(黒木瞳)、娘に嫌われたくない父・正高(時任三郎)をはじめ親類縁者から超過保護に愛されて育ってきた。そして、現在は泉と二人三脚で就職活動中だが内定はゼロ。そんなカホコに同級生の初(竹内涼真)は「おまえみたいな過保護がいるから日本は駄目になるんだ」と言い放つ。後日、泉の実家で開かれたカホコの誕生パーティーに、宅配ピザの配達員として初が現れて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月13日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/7/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
カホコ(高畑充希)は、‘人を幸せにできる仕事’をしたいが、具体的な職種が浮かばない。泉(黒木瞳)は専業主婦を勧めるが、カホコは自ら正高(時任三郎)、叔父の衛(佐藤二朗)と厚司(夙川アトム)の職場を見学。祖母・多枝(梅沢昌代)や叔母・教子(濱田マリ)にも助言され、混乱するカホコに、初(竹内涼真)はある本を読むよう提案する。そんな中、チェロ奏者を目指すいとこ・イト(久保田紗友)の留学を懸けたコンクールが迫る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月22日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/7/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
カホコ(高畑充希)は泉(黒木瞳)に、初(竹内涼真)とはもう会うなと言われる。それでも、大学のアトリエを訪ね、初に彼女がいないことを確認して一安心するカホコ。だが、好みのタイプは自分とは正反対だった。一方、初はカホコに好きな人ができたと察するが、それが自分だとは気付かない。そんな初を、カホコはイト(久保田紗友)の見舞いに誘う。カホコの‘初恋’を知った叔母の環(中島ひろ子)は勇気を出して告白するよう促す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月27日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/8/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
カホコ(高畑充希)が生まれて初めて泉(黒木瞳)に逆らった結果、2人は冷戦状態に。しかし、正高(時任三郎)は右往左往するばかりで、役に立たない。その上、カホコは意を決して会いに行った初(竹内涼真)の言葉に大きなショックを受けてしまう。ふらふらと帰宅し、部屋に閉じこもったカホコとは対照的に、事情を知った泉は上機嫌だ。なかなか立ち直れないカホコは、正高の提案で、泉の実家へ行って気分転換をしようとするが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月3日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/8/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
自身の扱われ方にキレた正高(時任三郎)が突如、家を出て行く。翌朝、カホコ(高畑充希)は電話しようと提案するが、泉(黒木瞳)は受け付けない。その頃、正高は実家で妹・教子(濱田マリ)の嫌みに居心地の悪い思いをしていた。カホコは初(竹内涼真)にそんな家族の状況を話し、初の両親についても質問。悪気がないのは分かるが、初はいら立つ。そんな中、カホコはアルバイトを探そうとするが、泉が学生課まで付いてきて口を挟む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月11日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/8/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
今度は、泉(黒木瞳)が家を出て行ってしまう。母親が家にいないという初めての体験に戸惑うカホコ(高畑充希)は、初(竹内涼真)に相談する一方で、初に二つの‘お願い’をした。正高(時任三郎)は泉を実家に迎えに行き、カホコの気持ちを伝えようとするが、直接会話することもできない。そこに、イト(久保田紗友)とも厚司(夙川アトム)とも決裂した節(西尾まり)が家出をしてきて、正高は説得どころか、退散せざるを得なくなる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月20日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/8/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
祖母・初代(三田佳子)の秘密を偶然、知ってしまったカホコ(高畑充希)は、誰にも言わないでほしいと頼まれ、どうしていいか悩む。そこで、初(竹内涼真)にだけ話し、その後、初を初代に紹介する。そんな中、イト(久保田紗友)の誕生日が近づいた。節(西尾まり)はその荒れた生活を理由に、誕生日会を中止にしたいと言い、泉(黒木瞳)も同意。しかし、カホコは楽しみにしている初代のことを思い、イトを説得すると宣言する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月24日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/8/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
カホコ(高畑充希)は言い合いの末、初(竹内涼真)と別れた。その上、初代(三田佳子)が病気のことを皆に告白したと知って、一気に力が抜けてしまう。空元気のカホコは、初代にひ孫を見せるため、婚活に励むと宣言し、泉(黒木瞳)たちは戸惑う。一方、教子(濱田マリ)は旅で出会って付いてきた男の子(横山歩)を警察に連れて行くことにし、カホコに同行してほしいと依頼。その子が養護施設から逃げ出していたことが判明する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月4日更新】
■ あらすじ(第9話  2017/9/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
カホコ(高畑充希)が初(竹内涼真)と共に、泉(黒木瞳)と正高(時任三郎)に結婚の意思を伝えている最中、初代(三田佳子)が倒れたとの連絡が入る。病院の初代の枕元で、泉は環(中島ひろ子)や節(西尾まり)と口論になり、カホコは気が気でない。翌朝、病院から帰宅した泉は、初と結婚するなら「勘当」だと言い放つ。落ち込むカホコは初と話し、初代が意識を取り戻したとき、それぞれの家族が笑顔でいることが一番だと考えて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月10日更新】
■ あらすじ(第10話  2017/9/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
カホコ(高畑充希)は初代(三田佳子)に言われた通り、初(竹内涼真)との結婚は、泉(黒木瞳)と正高(時任三郎)に認めてもらってからにしようと決意する。そんな中、カホコが福士(西岡徳馬)に電話すると、初代との思い出の詰まった場所にいる、捜さないでくれと言って、切れてしまった。衛(佐藤二朗)に捜索を頼み、環(中島ひろ子)や節(西尾まり)も駆け付ける中、看病疲れでダウンして自宅にいる泉が、その場所を言い当てて…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック