2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年夏、木曜ドラマ『遺留捜査』

kage

2017/09/14 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★7月13日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 20:00~20:54(※初回2時間スペシャル)

 遺留捜査

Arika注目1h超KY人情刑事・糸村が京都で復活!

テレビ朝日の人気シリーズ【遺留捜査】の第4シーズンが、7月よりスタート!

上川隆也が、約2年ぶりに風変わり刑事・糸村を熱演します。

本当に空気が読めないのか、読めないふりをしているのか、わざと読まないのか?

すっとぼけ上手のポーカーフェイス・糸村聡。

マイペースでよくわからないものに執着し、独自調査にチャリで奔走。

「3分間だけ時間をください」って、3分ではいつも終わらない…。

でも憎めない。そんな特異なキャラクターですが、誰よりも事件と事件に関わる人々の繊細な気持ちを感じ取り、遺留品から読み取れる容疑者や被害者の心情に寄り添い、そこから事件を解決する。

今回は京都を舞台に移し、戸田恵子、栗山千明、段田安則、永井大という豪華新メンバーと一緒に捜査をすることに。

【遺留捜査】といえば、欠かせない糸村の相棒!? 科捜研係官・村木繁(甲本雅弘)も登場!

超マイペースで空気を読まない不思議キャラの糸村。

ふと見逃しがちな遺留品を糸口に独自の捜査を始めて…、新キャラの刑事たちから、文句を言われているところが想像できますね!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:大石哲也、森下直、ほか
ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)
チーフプロデューサー:佐藤凉一(テレビ朝日)
プロデューサー:藤崎絵三(テレビ朝日)、丸山真哉(東映)
演出:兼﨑涼介、長谷川康、濱龍也、ほか
音楽:川清之
制作:テレビ朝日、東映

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🌸京都府警
【捜査一課・特別捜査対策室】
桧山亘 (段田安則)…京都府警捜査一課特別捜査対策室室長。
京都府警捜査一課特別捜査対策室室長。京都出身。糸村の上司。常に冷静沈着で人心掌握術に長け、頑固な古参刑事からゆとり世代の若い刑事まで見事に使いこなしてきた。その実力とリーダーシップを認められ、特別捜査対策室室長に抜擢される。だが、新たに配属された糸村のマイペースぶりに翻弄され、思わず感情を爆発させることも…!?

糸村聡(上川隆也)遺留品に徹底的にこだわり、鋭い鑑識眼を持つ捜査。
警視庁月島中央署から異動してきた刑事。マイペースな性格で、単独行動が多いため、周囲から煙たがられている。鋭い鑑識眼と偏執的ともいえるこだわりを持ち、事件現場に残された“遺留品”や被害者が残した“被害品”をもとに事件を徹底的に追い詰める。“モノ”に対する思い入れが強過ぎて、上司の命令を無視して単独行動を取ることも多く、周囲から煙たがられてきた。
鋭い鑑識眼とこだわりから“遺留品”や被害者の持ち物“被害品”をもとに事件を捜査する刑事。今作より警視庁月島中央署から京都府警捜査一課特別捜査対策室に異動となった。KYで超マイペース。ポーカーフェイスで何を考えているかわからないが、モノを手がかりに人物を深く洞察して事件の真相を暴く。事件解決後に「3分だけ時間を下さい」といい、遺留品から見えた容疑者の動機や被害者の最期の想いを事件関係者に伝える。

神崎莉緒 (栗山千明)…鋭い勘を生かして事件を解決してきた刑事。曲がったことが嫌いで、上司や同僚と激突することも多い
京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事。糸村のバディを組む。警察という男社会の中で戦いながら凶悪犯罪と向き合い、天性の鋭い勘を捜査に反映させて多くの事件を解決してきた。曲がったことが大嫌いな性格から、上司や同僚とたびたび衝突している。
天性の鋭い勘を生かして凶悪犯罪に挑む。曲がったことが大嫌いな一本気で、上司や同僚と衝突することもしばしば。抜群のスタイルを持つ美女だが、見かけによらず大食い。幼い頃より転校を繰り返してきたため、親しくなれば別れが辛くなると、人と深く関わらないようにしている。バディの糸村の超マイペースぶりに呆れながらも、遺留品にこだわる信念を認めるように…。

佐倉路花 (戸田恵子)…処世術や人間観察力に優れた刑事。密かに婚活中!
京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事。京都生まれの京都育ち。父は太秦で有名な大部屋俳優で、幼い頃から大人たちにかわいがられてきた。その影響か、人の懐にスッと入り込むすべを持ち、処世術や人間観察力に長けている。糸村と神崎のコンビを楽しそうに見守っている。
生粋の京都人。太秦で有名な大部屋俳優を父に持つ。幼い頃から大人の中にいたせいか、処世術や人間観察力に長けている。警察に入ったのは、安定した職に就きたかったためで、刑事になりたかったわけではないが、秀でた人間観察力に注目され刑事課に引っ張られた。密かに婚活中。

雨宮宏 (永井大)…優れた資質を持つ刑事。糸村とは距離を保つ
京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事。糸村の上司。明朗快活で人当たりがよい上、極めて高い身体能力と捜査情報を論理的に整理する構成力を備えており、刑事として優れた資質を持っている。その能力を桧山に買われ、捜査一課からチームに引き抜かれた。
明朗快活、人当たりがよい性格のうえ、さらに極めて高い身体能力と捜査情報を論理的に整理する力を持つ優秀な刑事。少し遠目から糸村を観察するが、いつのまにか糸村のペースに巻き込まれることも。

高瀬信彦 (和泉崇司)…引っ込み思案な性格だが、情報解析のスキルの高さを認められチームに抜擢
京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事。前職は、府警の広報センター。子どもたちに“親しみやすい警察”をPRしていたが、引っ込み思案な性格のため仕事になじむことができなかった。だが、府警のホームページを一から作り直したことで、情報解析のスキルが極めて高いことが発覚。チームに抜てきされる。
ここに来る前は府警の広報センターにいて、子どもたちに“親しみやすい警察”をPRしていたが、引っ込み思案な性格のため失敗。しかし京都府警のHPのリニューアルで情報解析に長けていることがわかり、チームに抜擢された。

【科捜研】
滝沢綾子 (宮崎香蓮)…科捜研研究員。
京都府警の科捜研研究員。人材交流で派遣されてきた村木の科学捜査の手際に感心し、尊敬の念を抱き始めていたが、糸村に振り回される姿を見て疑念に変わっていく。
人材交流で派遣されてきた村木の仕事を見て、尊敬し始めていたが、糸村に振り回される姿を見てその評価は!?

村木繁 (甲本雅裕)…警視庁科学捜査研究所係官。
糸村とは、築地から腐れ縁の警視庁科学捜査研究所係官。どんなに仕事が立て込んでいても、平然と別の鑑定を依頼してくる糸村にあきれながらも応じてしまう。奇しくも、糸村と同時期に京都府警の科捜研に人材交流で派遣される。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
上川隆也が風変わりな刑事を2年ぶりに熱演! “遺留品”から事件の真相をひもとく! 
2011年4月の放送開始から最高視聴率17.0%を記録するなど、好評を博した刑事ドラマシリーズ。事件現場に残された“遺留品”がもつ意味を探り、遺体が伝えたかったメッセージを代弁して遺族の心情をも救う刑事・糸村聡の活躍を描く。

今作では舞台を京都に移し、超マイペースで空気を読まない不思議なキャラクターの糸村を上川隆也が演じ、コンビを組む女性刑事・神崎莉緒に栗山千明が扮するほか、段田安則、戸田恵子、永井大らが集結。甲本雅裕演じる、おなじみの科捜研係官・村木繁も引き続き登場し、糸村は個性豊かな仲間たちと凶悪事件に挑んでいく。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月5日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
神戸港を周遊する遊覧船で爆発が起き、乗員乗客を人質に取られる事件が発生。犯人は「犠牲者を出したくなければ1時間以内に2億円を用意しろ」と運航会社「黒沢興産」を脅迫する。

黒沢興産の本社が京都にあることから、特別捜査対策室も動きだし、メンバーの神崎莉緒(栗山千明)は神戸港に急行。双眼鏡で遊覧船を確認すると、謎の男がデッキから自分に向けて手旗信号を送っていることに気付く。
その男は、警視庁月島中央署刑事の糸村聡(上川隆也)だった。糸村は旅行中に偶然この事件に巻き込まれて、ある“不審点”を莉緒ら捜査員に伝えようとしていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月10日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/7/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
休暇で関西を旅行中の警視庁月島中央署の刑事・糸村(上川隆也)は、神戸で事件に遭遇する。乗船した遊覧船のエンジンルームが爆破されたのだ。立ち往生した船には、衆議院議員の長部(財前直見)と彼女の後援者らも乗船していた。乗客を人質にした犯人は、船の運航会社社長・黒沢(東根作寿英)から身代金2億円の強奪に成功。解放された糸村は、爆破現場で拾った紙片の鑑定を、捜査本部がある京都の科捜研に依頼する。

【ゲスト】
伊東四朗、財前直見、南沢奈央、升 毅、野村宏伸、東根作寿英、金剛地武志 ほか

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月17日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/7/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
放火殺人の容疑者・赤木(近藤公園)が所轄署から逃走。捜索が続く中、京都府警捜査一課特別捜査対策室の糸村(上川隆也)は別の殺人事件の現場で、銀の裏が角の将棋の駒を見つける。京都将棋で使うその駒からは赤木の指紋が検出された。殺されたのは、放火殺人事件の現場付近で赤木を見たと証言した坂田(山田アキラ)だった。糸村と莉緒(栗山千明)は、もう一人の目撃証人で、赤木の元同僚・みちる(酒井若菜)に会いに行く。

【ゲスト】
酒井若菜、近藤公園、寺田心 ほか

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月22日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/7/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大学准教授の梨田(袴田吉彦)が刺殺体で見つかる。状況から顔見知りの犯行と思われた。糸村(上川隆也)は現場にあった「やじろべえ人形」が気になる。恩師の富田(下條アトム)の話を基に梨田の交友関係を探ると、梨田には同級生でライバルだった栗原(平岳大)の妻・恵(陽月華)との不倫疑惑が。恵は10カ月前に爆破事件に巻き込まれ死亡していた。糸村は恵の遺留品の写真に焦げたやじろべえ人形が写っていると気付く。

【ゲスト】
平岳大、袴田吉彦、下條アトム、陽月 華 ほか

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月29日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/8/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
資産家の竹原(団時朗)が、家族の留守中に屋敷に押し入ってきた強盗を猟銃で射殺。竹原は正当防衛を主張するが、糸村(上川隆也)らは念のため過剰防衛がなかったか、捜査を進める。死んだのは空き巣の常習犯・石橋(辻本祐樹)だった。糸村は、石橋がうつ伏せで死んでいたことや、遺体の左手に握られていた金色のチェーンが気になる。調べると、チェーンはネックレスで、母親の形見のコインが付いていたことが分かる。だが、現場にはコインは落ちていなかった。いったい、コインはいつ消えたのか…!? 1枚のコインの謎から、糸村が秘められた衝撃の真実を暴いていく…!

【ゲスト】
辻󠄀本祐樹、団 時朗、立石涼子 ほか

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月5日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/8/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
不動産会社社長の志津子(多岐川裕美)が殺された。現場の森は、彼女の会社の所有地だった。糸村(上川隆也)は遺体の手元に落ちていた陶片が気になる。聞き込みにより、部下が進めていた森の売却話を志津子が契約寸前で白紙に戻したと判明。一方、糸村らは志津子と絶縁状態の息子・達也(山中崇)に会いに行く。達也が働く清水焼の工房は20年前に失踪した父親の一馬(伊庭剛)が志津子の支援で設立した工房だった。

【ゲスト】
多岐川裕美、山中 崇、伊庭 剛、河西健司、伊東孝明、升 毅 ほか

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月11日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/8/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
糸村(上川隆也)は、科捜研の村木(甲本雅裕)に頼まれ、所轄の会計課に勤務する警察官の西岡(岩松了)が殺された事件を独自に捜査。所持品から西岡が書いた離婚届が見つかり、捜査担当の八重樫(野村宏伸)らは妻の真由美(国生さゆり)を疑っていた。真由美の兄・矢口(奥深山新)は10年前の女子大生殺人事件で犯人と断定され、今も服役中。その影響で刑事だった西岡は左遷されたという。糸村は離婚届に付着した炭が気になる。

【ゲスト】
国生さゆり、岩松 了、野村宏伸 ほか

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月20日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/8/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
河川敷でホームレスの他殺体が見つかる。被害者は、5年前に断筆宣言をして文壇から消えた有名作家の尾上(小林隆)だった。尾上が寝泊まりしていた段ボールハウスを調べた糸村(上川隆也)は書きかけのノートを見つける。だが、あるはずの万年筆が見当たらない。糸村はノートの文字の一部がかすれていることに注目。状況から、インク切れとは考えられず、気になった糸村は村木(甲本雅裕)の元に持ち込み、鑑定を依頼する。

【ゲスト】
大和田獏、小林 隆、桜田 通、湯江タケユキ、大谷みつほ、渡辺 梓 ほか

※8月31日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月2日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/9/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
イベント制作会社の社長・亜弓(小沢真珠)が殺された。現場は森林公園につながる遊歩道で、3係が捜査中の連続通り魔事件と同じ手口と思われた。糸村(上川隆也)は、被害者が履いていた9センチのピンヒールが気になる。そもそも現場は坂道でピンヒールで歩くのには向いておらず、おまけに片足だけヒールが根元から折れていたのだ。社員の由希(大野いと)らによると、ピンヒールは亜弓のトレードマークだったという。

【ゲスト】
小沢真珠、大野いと、渋江譲二、伊藤正之、西村亜矢子、清水章吾 ほか

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月10日更新】
■ あらすじ(第9話  2017/9/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
結婚式場のトイレで、黒留袖を着た中年女性の絞殺死体が発見された。しかし、その日の結婚式の参列者ではないとわかる。

指紋から、遺体の身元は6年前、“ご祝儀泥棒”として逮捕された坂口真代(かとうかず子)と判明。式場の貸衣装室では“石井望美”と偽名を名乗り、保険証まで提示して黒留袖を借りていた。またもや、式場で窃盗を働こうとしていたのだろうか…!?
 
だが、糸村聡(上川隆也)は真代が所持していたポーチの中から、衣類から切りとった、素材表示のタグを発見。なぜ彼女がこんなものを保管していたのか、糸村は引っかかる。
 
そんな中、真代が貸衣装店で提示した保険証は、彼女がパートとして働いていたクリーニング工場経営者・石井望美(岡まゆみ)のものとわかる。望美によると、真代は従業員のロッカーから度々、貴重品を盗んでいたらしく、自分の保険証も真代に盗まれたに違いないと訴える。また、真代の娘・海老名史香(大路恵美)も母を嫌悪している様子で、真代の逮捕により、夫の海老名光輝(浜田学)と離婚の危機にあるようだったが…!?

【ゲスト】
かとうかず子、岡まゆみ、大路恵美、浜田学 ほか
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック