2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年夏、木曜ドラマ『黒革の手帖』

kage

2017/09/14 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★7月20日スタート 

テレビ朝日系24局ネット 毎週木曜 21:00~21:54

 黒革の手帖

Arika注目1h武井咲が夜の銀座でのし上がる女を熱演!

「武井咲、“銀座の女王”になる」

不朽の名作『黒革の手帖』で松本清張作品に初挑戦で話題を呼んでいます!

武井版・最強悪女が愛と欲望渦巻く夜の世界で孤高の戦いを挑んでいく…。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:松本清張『黒革の手帖』(新潮文庫刊)
脚本:羽原大介
監督:本橋圭太・片山修
ゼネラルプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:中川慎子(テレビ朝日)・菊池誠(アズバーズ)・岡美鶴(アズバーズ)
制作協力:アズバーズ
制作著作:テレビ朝日

主題歌:聖域/福山雅治

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
原口元子 (武井咲)派遣銀行員。夜はクラブ「燭台」で働いていたが、独立・開店
父の死後に母が背負った借金を相続。東林銀行世田谷北支店で派遣社員として働く傍ら、借金返済のため銀座のクラブ『燭台』でホステスとしても働いている。莫大な預金の顧客や違法な借名口座の預金者たちと自分の人生を比較し、そのあまりの違いに現実を痛感する日々であったが、親の借金を完済した折に発生した銀行での事件をきっかけに、秘密裏に進めていた計画を実行に移すことを決意。銀座の一等地にクラブ『カルネ』をオープンさせる。勉強熱心なママとして客の心をつかむ。

安島富夫 (江口洋介)…衆議院議員秘書
衆議院議員秘書。政財界のフィクサーである長谷川の口利きで政治家の秘書となった男。政治家になるという夢を実現させるため、汚れ仕事にも懸命に奔走し、現在の立場を築く。女は道具で、利用するものと割り切っていたが、元子と出会い、優先順位も価値観も狂い始める。

山田波子 (仲里依紗)…銀行勤めからホステスへ
元子とともに東林銀行世田谷北支店で派遣社員として勤務。派遣切りで仕事を失いそうになり、元子に誘われてホステスになると、男を手玉に取って儲ける術を覚え、豹変。一気に人気ホステスへと成長し、やがて元子のライバルとなっていく。

岩村叡子 (真矢ミキ)…クラブ「燭台」のママ。元子の独立を援助
元子が最初に夜の世界に足を踏み入れ、働いたクラブ『燭台』のママ。銀座のルールとモラルを守る古き良き昭和の正統派のホステス。元子を育てて客を紹介し、開店まで面倒を見る。

橋田常雄 (高嶋政伸)…医科系大学専門の予備校『上星ゼミナール』の理事長
大手予備校「橋田メディカルゼミナール」の理事長。子息を医師にしたい親と新興大学病院の間で暗躍する。裏口入学の斡旋で巨額の利益を得ている。

楢林クリニック
┣楢林謙治 (奥田瑛二)…楢林クリニック院長
楢林クリニック院長。コツコツと勉強して医師になり、裏金を貯めて小さな皮膚科から市子と二人三脚で病院を大きくした。大学病院から内科医を招き、小さな総合病院を経営している。

┣中岡市子(高畑淳子)…楢林クリニックの婦長
楢林クリニックの婦長で、楢林の愛人。クリニックがイチ町医者であった頃から楢林を支え、今の地位にまで押し上げた影の立役者。

長谷川庄治 (伊東四朗)…政財界のフィクサー。安島の父親代わりの後援者。
元は金融業者で、現在は政財界のフィクサー。安島の父親代わりの後援者で、楢林の病院建設予定地購入の口利き役でもある。

村井 亨(滝藤賢一)…元子が働く東林銀行世田谷北支店の次長。

牧野(和田正人)…元子が通う銀座の美容室の“オネエ”店長。

島崎すみ江(内藤理沙)…料亭『梅村』の仲居。のちにホステスになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
武井咲が希代の悪女に! 真面目な派遣社員から、夜の世界の蝶へと華麗に転身! 
これまで何度も映像化され、その度に高視聴率を獲得してきた松本清張の不朽の名作が、武井咲主演で再びよみがえる。「Wの悲劇」「瀬戸内少年野球団」(ともに同系)など、さまざまな名作で主演を務めてきた武井が、地味な派遣社員から一転、銀座のママへと華麗に変身する主人公・原口元子を演じる。

武井は「皆さんが抱く私のイメージも変わっていくかもしれませんが、その変化も怖くない。むしろそうならなくてはいけない」と意欲十分。骨太の原作に加え、“富の格差”や“男社会”など、現代が抱えるタブーにも鋭く切り込み、社会に一石を投じていく。


【黒革の手帖】武井咲が“稀代の悪女”・原口元子を熱演!

今回の【黒革の手帖】で“稀代の悪女”・原口元子を演じるのは、松本清張作品初挑戦となる武井咲!『Wの悲劇』、『瀬戸内少年野球団』など、さまざまな名作で主演を務めてきた武井が、地味な派遣社員から一転、夜の世界の蝶へと華麗に変身する主人公を演じます。武井自身初となる清張作品。しかも史上最年少の原口元子となる今作。武井は“稀代の悪女”を、まさに体当たりで演じてくれることでしょう!

危険と知りながらも、『黒革の手帖』を武器に魑魅魍魎の“怪物”たちと渡り合っていく元子。政財界でトップを目指す人々――それぞれの欲望が息苦しいほど交錯する夜の街・銀座で、“派遣のオンナ”から銀座のママへと華麗な転身を遂げた元子の、孤高の戦いが華やかに幕を開けます。

いつの時代も色褪せない骨太の原作に加え、昨今広がる一方の“富の格差”、ガラスの天井を突きつける“男社会”など、現代が抱えるタブーにも鋭く切り込み、一石を投じていくであろう今作。武井咲による、2017年版『黒革の手帖』は、この困難な時代を生きる視聴者の日常に、大きな風穴を開けるに違いありません!

今回で5度目のドラマ化の『黒革の手帖』主演は、浅野ゆう子さんや米倉涼子さんといった大人の雰囲気や色気がある女優が演じてきましたが、今回シリーズ最年少の武井咲さんはどのような演技や雰囲気で銀座の女を演じるのか気になる所です。

前作は、事務所の先輩の米倉涼子が演じた役柄を、武井咲はプレッシャーを乗り越えて演じきることができるのか!?期待と注目が集まります!




----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月5日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
父の死後に母が背負った、謂れのない借金を相続。東林銀行で派遣社員として真面目に働いているが、莫大な金を預けにくる顧客や違法な“借名口座”に金を預ける預金者たちと自分の人生を比較し、そのあまりの違いに現実を痛感する日々。借金返済のため、銀座のクラブ『燭台』でホステスとしても働いている。

ふたつの派遣業務をこなしながら、ついに親の借金を完済。そんな折、東林銀行で派遣切りの話が浮上し、それを契機にこれまで秘密裏に進めていた“ある計画”を実行に移すことを決意する。違法の借名口座から次々と自分の口座に送金。総額1億8千万円を横領した上、借名口座のリストを記した『黒革の手帖』を盾に銀行の支店長らと渡り合い、その金で銀座の一等地にクラブ『カルネ』をオープンさせる。

『燭台』時代にママ・叡子の一挙手一投足を研究し、買い物やアフター、顧客とのお付き合いにも同行しながら密かに“ママ修業のお勉強”に励んでいた元子は、ママになってからも「お勉強させていただきます」を決めゼリフに、腰が低く身持ちの固い勉強熱心なママとして上客を掴み、夜の世界で更にのし上がっていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月19日更新】
■ あらすじ(第1話「1億8千万横領!?銀座の女帝誕生へ」  2017/7/20放送:15分拡大)
----------------------------------------------------------------------------------------
東林銀行世田谷北支店の派遣行員・元子(武井咲)は、亡き母親が残した借金返済のため、夜は銀座でホステスとして働いている。ある夜、上客のクリニック院長・楢林(奥田瑛二)の目に止まった元子は、ママの叡子(真矢みき)と共に楢林とのゴルフに出掛け、予備校理事長・橋田(高嶋政伸)、衆議院議員秘書・安島(江口洋介)と出会う。そんな中、銀行から不本意な形で契約の打ち切りを告げられた元子は、‘ある計画’を実行に移す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月22日更新】
■ あらすじ(第2話「愛より金2億円を賭けて…銀座の女仁義なき戦い!!」  2017/7/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
元子(武井咲)が銀座にクラブ「カルネ」をオープンして1カ月、安島(江口洋介)が久々に顔を出す。そんな中、元子は同時期に銀行から契約を打ち切られた波子(仲里依紗)をホステスとしてスカウトした。ところが、クリニック院長・楢林(奥田瑛二)という後ろ盾を得た波子は、同僚の客に手を出すなど‘銀座のおきて’を無視し、元子の忠告にも耳を貸さない。一方、楢林は看護師長・市子(高畑淳子)と愛人関係にあったが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月29日更新】
■ あらすじ(第3話「悪女炎上次の獲物は3億円!!」  2017/8/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
元子(武井咲)の店に、楢林(奥田瑛二)という金づるを失った波子(仲里依紗)が怒鳴り込んでくる。後日、来店した安島(江口洋介)が元子に政治家を目指すきっかけを話してると、銀行時代の元上司・村井(滝藤賢一)が突如、現れた。波子が元子の秘密を探るべく、村井と接触したからだった。子会社に左遷された村井は、元支店長が単身赴任先で入院中だと言い、例の件を公にすると脅した揚げ句、元子に100万円を貸せと迫る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月5日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/8/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
銀座で一番大きなクラブが売りに出されたと聞き、触手を伸ばす元子(武井咲)だが、今の店が売れても2億円足りない。一方、元子は大手予備校理事長・橋田(高嶋政伸)からしつこく迫られていた。ある夜、選挙を控えた安島(江口洋介)が来店。元子は遅れて現れた長谷川(伊東四朗)が、居合わせた橋田に神楽坂の料亭を買うよう促していると知る。二の足を踏む橋田に対し、長谷川は橋田がひそかに行っている裏口入学の件を持ち出す。

数日後、『梅村』の仲居、島崎すみ江(内藤理沙)が『カルネ』で働きたい、とやってくる。
一方、橋田から大金を奪い、その金で『ルダン』を買い取ろうと考えていた元子は、ある計画を実行に移す!

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月11日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/8/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
元子(武井咲)は銀座一のクラブ「ルダン」を買うための準備を着々と進める。一方、安島(江口洋介)は長谷川(伊東四朗)も予想外の方法で党の公認を取り付けた。そんな中、元子は美容師の牧野(和田正人)から、料亭「梅村」の売り主についての情報を得る。さらに、橋田(高嶋政伸)が梅村と売買契約書を交わしたと知った元子は、自身の持つ‘黒革の手帖’と、すみ江(内藤理沙)を使って入手したある証拠を手に、橋田の元へ乗り込む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月20日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/8/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
元子(武井咲)は長谷川(伊東四朗)に手付金を渡し、「ルダン」の売買契約書を交わす。残金2億5千万円は2週間以内に支払うという元子に対し、長谷川は契約破棄なら違約金1億円に加え、「カルネ」の譲渡という条件に関しても念を押す。そんな中、「梅村」の名義が元子ではなく梅村の女将に戻っていることが判明。橋田(高嶋政伸)に説明を求めた元子は、名義の件ばかりか、‘裏口入学’のデータもダミーだと聞かされ…。

※8月31日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月2日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/9/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
元子(武井咲)の店「カルネ」に、元上司の村井(滝藤賢一)、続いて波子(仲里依紗)が勝ち誇った表情で現れる。長谷川(伊東四朗)との契約が白紙に戻っていないと知らされた元子は、慌てて叡子(真矢ミキ)に相談するが、銀座には居場所はもうないと突き放されてしまう。その言葉で逆に闘争心に火がついた元子は、安島(江口洋介)を頼り、後日、安島の紹介だという弁護士から連絡を受ける。その一方で、元子は体調に異変を感じて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月10日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/9/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
元子(武井咲)は安島(江口洋介)から、「黒革の手帖」に代わる切り札を入手した。それは、長谷川(伊東四朗)が都知事の政治団体に献金した1億円の領収書。この献金により、長谷川は羽田空港の滑走路の拡張工事を自分の息のかかった建設会社に請け負わせていた。長谷川と相対した元子は、これが表に出れば逮捕は免れないと切り出す。長谷川は、領収書と引き換えに「カルネ」と手帖を返すと応じるが、元子はさらなる要求を…。


関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック