2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年夏、木曜ドラマ『セシルのもくろみ』

kage

2017/09/07 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★7月13日スタート 

フジテレビ系 毎週木曜 22:00~22:54

 木曜劇場「セシルのもくろみ」

Arika注目1h読者モデルになった主婦の女の生き様。
嫉妬、野心、友情…女性たちの”もくろみ”がうどめく群像劇


読モの真木よう子が虚栄の業界に殴り込み!

ファッション雑誌業界を舞台に、さまざまな職業や立場の女性の生き方を描く。

原作は、人気ファッション誌「STORY」で2008〜2010年に連載されていた、唯川恵作「セシルのもくろみ」。

主役は、同枠の木曜劇場で「最高の離婚」「問題のあるレストラン」に出演した真木よう子さんです。

生活に追われるだけの飾り気のない主婦が、ある日ファッション雑誌の読者モデルにスカウトされたことから人生が一変!

自分とは無縁と思っていた世界で生きる、トップモデルや編集デスク、ライターなどと接するうちに、嫉妬、見栄、生存競争、経済格差、禁断の男女関係が渦巻くオンナの世界”でもがきながら、新しい価値観を見出していくという大人のオンナのドラマ。

板谷由夏、吉瀬美智子、伊藤歩、長谷川京子という、5人の美女が集結! 演技派のみなさんが繰り広げるバトルもかなりおもしろいのではないかと期待します!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:唯川恵「セシルのもくろみ」(光文社文庫 刊)※雑誌「STORY」2008~2010年連載
脚本:ひかわかよ
プロデュース:太田大、金城綾香、浅野澄美
演出:澤田鎌作、並木道子、高野舞
制作:フジテレビ第一制作センター

主題歌:TAKE MY HAND/夜の本気ダンス

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
女性ファッション誌「ヴァニティ」

宮地奈央(真木よう子)主婦。金型仕上げ工の夫と中学1年生の息子と暮らす
34歳の主婦。総菜屋でパート勤務している。金型仕上げ工の夫と中学1年生の息子との3人暮らし。ズボラで抜けたところもあるが、体育会系出身で威勢がよい。自分を着飾ることに興味がなかったが、ある日、偶然に人気女性ファッション誌「ヴァニティ」の読者モデルとしてスカウトされたことから、生活が一変し、内面も外見も変身を遂げていく。34歳。

浜口由華子(吉瀬美智子)ファッション誌「ヴァニティ」のカバーモデル
奈央の憧れにして最大のライバルとなる「ヴァニティ」のカバーモデル。雑誌業界やモデル業界の象徴ともいえる存在。既婚で息子が1人いる。美しさ、色気など女性らしさをすべて持っており、カリスマモデル“ハマユカ”として読者の憧れの的。、読者に対しても、社会に対しても、幸せに見え続けることが自らの使命だと考えている。42歳。

ヴァニティ編集部
沖田江里(伊藤歩)崖っぷちで奮闘するファッションライター
「ヴァニティ」のファッションライター。かつてファッションブランドのPRとして働いていたが、職を失い、現職に転身した。ライターとして1日も早く大成しようと必死だが、理想と現実のはざまでもがいている最中、半信半疑で奈央とバディを組むことになる。36歳。

黒沢洵子 (板谷由夏)「ヴァニティ」の編集部デスク。冷静沈着かつ策略的な性格。
「ヴァニティ」の編集部デスク。偶然出会った奈央をスカウトし、読者モデルに抜擢し、ファッション業界へと引き込む。冷静沈着な性格で策略家。結婚していて、子どもはいない。42歳。

┣山上航平(金子ノブアキ)…『ヴァニティ』の専属カメラマン。
イケメンで乗せ上手なモテ男。仕事に対するプロ意識は高い。

┣安原トモ(徳井義実)…ジェンダーレスのカリスマヘアメーク。
奈央の絶対的な味方でのよき理解者。冷静沈着な性格。

┣南城彰(リリー・フランキー)…『ヴァニティ』の編集長。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

安永舞子 (長谷川京子)「ヴァニティ」の元No.2モデル
元・一流モデル。「ヴァニティ」の元・ナンバー2モデルで、個性が強く、現在はテレビコメンテーターとして活躍中。物言いはきついが、自分なりの正義と仁義を持ち、バイタリティーにあふれている。38歳。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
真木よう子が、読者モデルになって新たな扉を開く主婦を熱演!! 
30代から50代の主婦層に絶大な人気を誇るファッション誌「STORY」で、2008年から10年にかけて連載された、直木賞作家・唯川恵による同名小説の連続ドラマ化。ファッション雑誌業界を舞台に、専業主婦・独身・共働き・シングルマザーなど、さまざまな立場の女性たちがぶつかり合いながらも幸せを探していく群像劇。

真木よう子が、ひょんなことから興味のなかった世界に足を踏み入れることになる主婦・宮地奈央を演じる。そのほか、吉瀬美智子、伊藤歩、板谷由夏、長谷川京子らが、奈央に影響をおよぼしていく個性的な面々に扮する。



----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月5日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
人気女性ファッション誌「ヴァニティ」の編集デスク・黒沢洵子(板谷由夏)に、読者モデルとしてスカウトされた主婦の宮地奈央(真木よう子)。それまで着飾ることに興味がなく、日々の小さな幸せが自分の幸せだと満足していた奈央だったが、読んだこともなかったファッション雑誌の業界に足を踏み入れることになり、さまざまな人々と出会うことになる。その中で奈央は、嫉妬、見栄、生存競争、経済格差、禁断の男女関係など、かつては真っ向から否定していた“オンナの世界”でもがきながらも、読者モデルとして、内面も外見も変身を遂げていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月10日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/7/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
着飾ることに興味がなく日々の幸せに満足する主婦・奈央(真木よう子)は、ファッション誌「ヴァニティ」の編集デスク・洵子(板谷由夏)から読者モデルにスカウトされる。一度は断ったものの、ライターの江里(伊藤歩)から金を稼げると言われた奈央は、息子を無理して私立学校に進学させたこともあり、江里と組んで‘読モ’デビュー。ところが、ヴァニティを読んだこともない上、華やかな世界になじむこともできず…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月17日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/7/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
江里(伊藤歩)と組んで読者モデルを頑張ると決めた奈央(真木よう子)はある日、トップモデル・由華子(吉瀬美智子)の自宅に招待され、おしゃれな暮らしぶりに魅了される。さらに、由華子からもらった洋服を着て出掛けた奈央は、由華子に心酔して彼女のようになりたいと言い出し、江里をあきれさせる。そんな中、洵子(板谷由夏)から読者モデルを1人専属に推薦すると言われた江里は発奮。奈央にも好機を生かすよう考えろと促す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月22日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/7/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
編集長・南城(リリー・フランキー)から由華子(吉瀬美智子)にものもらいができたと報告があり、明後日の撮影が急きょ延期になる。編集部では緊急会議が開かれ、由華子が代替撮影日の1週間後までに治らなかった場合、洵子(板谷由夏)の提案で読者モデルの特集ページを組むことに。江里(伊藤歩)らライターたちは、増ページに備えて奔走する。一方、由華子を心配して自宅に駆け付けた奈央(真木よう子)は、一晩彼女に付き添う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月29日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/8/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
洵子(板谷由夏)は江里(伊藤歩)ら担当ライターの前で、読者モデルから専属モデルに昇格するのが葵(佐藤江梨子)だと発表する。ところがその夜、江里は副編集長・石田(眞島秀和)と葵が抱き合っているのを目撃。葵が女を武器に専属になったのではと思った江里は、このネタを利用しようと奈央(真木よう子)に話すが、やり方が気にくわないと拒否される。一方、洵子の携帯電話には石田と葵がホテルに入る写真が匿名で届く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月5日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/8/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
奈央(真木よう子)が11月号で読者モデルを卒業することになった。ところが、奈央は江里(伊藤歩)の仕事がなくなることを心配し、洵子(板谷由夏)からモデルを続けたいのかと問われても答えられない。一方、江里は「改造計画最終回」として奈央が寺修行で女を磨くという企画を考え、ロケに出発する。江里と山上(金子ノブアキ)の3人で寺へ行った奈央は、文句を言いながらも元気よく山登りや雑巾がけなどをこなしていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月11日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/8/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
売り上げが落ちた「ヴァニティ」のてこ入れのため、洵子(板谷由夏)の提案で奈央(真木よう子)が専属モデルとして起用されることに。江里(伊藤歩)から早速、撮影に参加するよう言われた奈央は、プロのモデルとしてカメラの前に立てるよう江里やメークのトモ(徳井義実)の特訓を受ける。撮影当日、緊張した奈央はうまくポーズを取ることができず、担当のカメラマンにあきれられる。そんな中、奈央に大きな仕事が舞い込む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月20日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/8/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
専属モデルとしての最初の仕事をなんとか乗り切った奈央(真木よう子)。一方で、由華子(吉瀬美智子)が「ヴァニティ」を卒業し、一つ上の世代向けの新雑誌のカバーモデルを務めることに。由華子の意思を継ごうと努力を重ねる奈央は、徐々に洗練されていく中で、いつかはカバーを務めたいと願うようになる。現状、カバーモデルの本命候補はレイナ(芦名星)。ところが、実際に起用されたのは元ナンバー2の舞子(長谷川京子)で…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月26日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/8/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
カバーモデルは自分だと思っていたレイナ(芦名星)は、怒りが収まらず、そのはけ口として奈央(真木よう子)に当たる。一方、そのカバーモデルの座を射止めた舞子(長谷川京子)は、自分の意のままにスタッフを解雇したり、企画を勝手に決めたりと、横暴な振る舞いが目立つようになる。そんな中、奈央と舞子、レイナが出演するトークショーの開催が決定。モデルとしての格の違いが明確な3人の間には不穏な空気が漂い…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月2日更新】
■ あらすじ(第9話  2017/9/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
食事会で主張をぶつけ合った由華子(吉瀬美智子)、舞子(長谷川京子)、洵子(板谷由夏)、江里(伊藤歩)、そして奈央(真木よう子)。立場の違う5人はそこで、互いの本音と思わぬ意見の一致を見いだす。その後、洵子が退社。新雑誌を立ち上げる由華子は、奈央にカバーモデルを依頼する。「ヴァニティ」に残るのか新雑誌に行くのか、奈央は決断を迫られる。また、「ヴァニティ」自体も、生き残ることができるかどうかの瀬戸際で…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック