2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年夏、土曜ドラマ『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』

kage

2017/09/16 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★7月15日スタート 

NHK総合系 毎週土曜 18:05~18:43<連続8回>

 土曜時代ドラマ『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』

Arika注目1h冴えない作詞家の中年男に突然訪れた、人生最大の「モテ期」。
・・実はそれは、亡き妻の忘れ形見、10歳のお転婆娘が仕組んだことだった!


主演はユースケ・サンタマリア。

共演には門脇麦、石田二コル、平尾奈々花。

制作統括・落合将(とと姉ちゃん)×脚本・櫻井剛(マルモのおきて)×原作・獅子文六(コーヒーと恋愛)

原作は昭和の大衆小説家・獅子文六の代表作。

現代風に映像化し、昭和モダニズムあふれる作品に。

…豪華スタッフで、新設されたNHK土曜時代ドラマ、期待の第二弾!

音楽に橋本由香利さん、語りに片岡愛之助さんが追加発表!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:獅子文六「悦ちゃん」(ちくま文庫)
脚本:櫻井剛
演出:大原拓
演出:清水拓哉
プロデューサー:家富未央
制作統括:落合将

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠柳家の人々
柳碌太郎 (ユースケ・サンタマリア)…売れない作詞家
妻に先立たれた作詞家の愛称「碌さん」。この物語の主人公。うだつのあがらない作詞家。3年前に妻と死別し、娘の悦子、女中のウメとともに暮している。妻と死別後、荒れた生活をしていたが、悦子のおかげで一年発起、再婚相手を探し始める。開業医の息子で大学出。

柳悦子(平尾菜々花)…碌太郎の娘
歌が大好きでおてんばな10歳。快活でおしゃまな女の子。母・秋子の死後、元気のない父にもとに戻ってもらおうと、再婚相手を探し始める。

婆や/ウメ(大島蓉子)・・・柳家の通い女中
死別した妻秋子がいた時代から柳家の女中として働く。


🏠大林家の人々
大林鶴代(峯村リエ)・・・碌太郎の実姉
東邦商事の社長・大林信吾の妻。 碌太郎に何とか後添えをと思っている。悦子とはそりが合わない。

大林信吾(相島一之)・・・鶴代の夫
東邦商事社長。株主である日下部銀行の令嬢・カオルと碌太郎との縁談を成立させ、ビジネスのパイプにしたいと願っている。


🏠池辺家の人々
池辺鏡子(門脇麦)…性格の地味なデパートガール
銀座にあるデパート「大松」の紳士服売り場に勤める。地味な性格だが、外国の恋愛映画に憧れ、恋をしたいと内心では思っているが、父久蔵の決めた縁談を断れず、与えられた相手と結婚するのが自分の道だと思っている。

池辺久蔵(西村まさ彦)・・・小石川の貧乏長屋に暮らす指物職人。
酒好きで頑固な性格の典型的な江戸っ子。娘の将来を憂い、自分の決めた理想的な相手と結婚するのが鏡子にとって最大の幸福だと思い込んでいる。

池辺藤子(堀内敬子)・・・久蔵の妻。
実は後妻であり、鏡子とは血がつながっていない。


🏠日下部家の人々
日下部カオル(石田ニコル)…碌太郎のお見合い相手
日下部銀行頭取の娘(父はすでに他界)。結婚相手に理想が高い令嬢。真実の愛を求め、結婚相手への高い理想を持つ。すでに数十回もお見合いの話を断っている。真実の愛を求めるなかで、碌太郎と出会う。文学・音楽・絵画など芸術全般に精通する美女。

日下部絹(紺野美沙子)・・・カオルの母
何十回も見合いを断る娘の身を案じている。

日下部一郎(矢野聖人)・・・カオルの弟
日下部銀行の跡取り。

《スイートレコードの人々》
細野夢月(岡本健一)・・・碌太郎の出入りするレコード会社、スイートレコード専属作曲家。
何曲ものヒット曲を持つ。スイートレコード内での発言権を多大に持ち、大松のデパートガール鏡子にちょっかいを出す。

春奴(安藤玉恵)・・・スイートレコードに出入りする芸者にして歌手のうぐいす芸者。
が、人気はいまひとつ。夢月や碌太郎とつきあいが長い。

《その他の人々》
村川絵梨(村川絵梨)…悦子の小学校の担任教師で、碌太郎が最初に再婚相手として意識する相手
悦子の策略で碌太郎とデートをすることになる。碌太郎と同様、病気の夫と死別していて、幼い息子がいる。

次作(橋本淳)・・・米屋の次男で、鏡子の見合い相手

語り:片岡愛之助

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
ユースケ・サンタマリア主演、10歳の娘が父親の嫁探しに奮闘するラブコメディー! 
活気あふれる昭和10年の東京・銀座を舞台にした、笑って泣けるラブコメディー。妻を失い荒れた生活を送っていた柳碌太郎を、NHK連続ドラマ初主演となるユースケ・サンタマリアが演じる。

父親の嫁探しに奮闘する娘・悦子を平尾菜々花、銀座のデパートガール・池辺鏡子を門脇麦、碌太郎をめぐって恋のバトルを繰り広げる令嬢・日下部カオルを同局ドラマ初出演の石田ニコルが演じるほか、多彩な出演者が脇を固め、片岡愛之助が語りを務める。

大衆小説家・獅子文六の同名小説を原作に、脚本はドラマ「マルモのおきて」(フジテレビ系)、「表参道高校合唱部!」(TBS系)などで知られる櫻井剛が担当する。


----------------------------------------------------------------------------------------
原作・獅子文六とは?
----------------------------------------------------------------------------------------
原作の獅子文六を知っていますか? 昭和時代に一世を風靡した大衆小説家です。略歴はというと…


獅子/文六
1893‐1969年。横浜生まれ。小説家・劇作家・演出家。本名・岩田豊雄。慶應義塾大学文科予科中退。フランスで演劇理論を学び日本の演劇振興に尽力、岸田國士、久保田万太郎らと文学座を結成した。一方、庶民生活の日常をとらえ、ウィットとユーモアに富んだ小説は人気を博し、昭和を代表する作家となり、その多数が映像化された。芸術院賞受賞、文化勲章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出典:アマゾン著者略歴

有名らしいです…。

と、言いつつ、筆者がその名を知ったのは、国語の時間でもなく、ふつうに本屋さんで、でした。

ちくま文庫から2013年に復刊され、書店で平積みされていまして…、

恋愛ユーモア小説「コーヒーと恋愛」!

コーヒーと恋愛 (ちくま文庫)/筑摩書房

¥価格不明
Amazon.co.jp

ちなみに、「悦ちゃん」も映画化1回、ドラマ化3回と実写化多数の名作です!


悦ちゃん (ちくま文庫)/筑摩書房

¥価格不明
Amazon.co.jp




----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月7日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
昭和10年東京。歌が好きでおてんばな10歳の女の子・柳悦子(平尾菜々花)は、妻と死別して荒れた生活を送っている売れない作詞家の父・碌太郎(ユースケ・サンタマリア)を見かねて、父のパートナーであり、自分のママとなる“第2の嫁探し”を開始する。
自分の担任教師の村岡政子(村川絵梨)をたきつけて、父とのデートにこぎつけるが、なかなかうまくいかず、デパートで出会った売り子の池辺鏡子(門脇麦)に目をつける。
悦子は地味で飾り気のない鏡子の人柄にひかれていくが、一方、碌太郎の姉・大林鶴代(峯村リエ)も、夫の会社の株主である銀行の頭取令嬢で絶世の美女・日下部カオル(石田ニコル)との見合い話を進めていた。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月10日更新】
■ あらすじ(第1回「求む!パパのお嫁さん」  2017/7/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1935(昭和10)年、東京。うだつのあがらない作詞家の碌太郎(ユースケ・サンタマリア)は、10歳の一人娘・悦子(平尾菜々花)と暮らしている。3年前に妻が病死して以来、碌太郎の生活は荒れていた。そんな碌太郎に突然、悦子の小学校の担任教師・村岡(村川絵梨)が接近してくる。戸惑う碌太郎だが、夫を亡くし、幼い息子を育てる彼女に次第に引かれていく。ある日、アプローチの仕掛け人が悦子だと知った碌太郎は、真意を問いただす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月17日更新】
■ あらすじ(第2回「お見合い相手はご令嬢」  2017/7/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
新たな嫁探しを始めた碌太郎(ユースケ・サンタマリア)に、姉の鶴代(峯村リエ)が銀行頭取の娘・カオル(石田ニコル)との見合い話を持ち込む。‘真実の愛’を求めるあまりえり好みが激しいカオルは、自分にふさわしい相手との出会いを夢見ていた。彼女は文芸雑誌に掲載された碌太郎の詩が気に入り、相手に名乗り出たという。カオルの美しさに碌太郎と悦子(平尾菜々花)は盛り上がる。だが芸者で歌手の春奴(安藤玉恵)が碌太郎を陥れる。

※7月29日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月5日更新】
■ あらすじ(第3回「避暑地のできごと」  2017/8/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
春奴の妨害を乗り越え、カオルと見合いした碌太郎は、何故かご令嬢に気に入られ、付き合いが始まる。手始めにカオルは碌太郎と悦子を避暑地である千葉の勝山の別荘に招待。碌太郎をもてなすが、海水浴が出来るとはしゃいできた悦子の思惑は外れ、家庭教師と勉強させられる破目になる。がっかりした悦子を前に碌太郎がとった行動とは・・。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月7日更新】
■ あらすじ(第4回「誕生!パパママソング」  2017/8/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
銀行頭取の令嬢・カオル(石田ニコル)との縁談をふいにした碌太郎(ユースケ・サンタマリア)は、元の貧乏生活に。カオルの寄宿舎話に傷つき、高熱のまま家を飛び出した悦子(平尾菜々花)は、倒れたところをデパートガールの鏡子(門脇麦)に助けられ、彼女の長屋に保護されていた。鏡子に看病されながら一夜を過ごした悦子は、もうろうとする中で、鏡子に母親の影を見る。翌朝、悦子を家まで送り届けた鏡子は、碌太郎を初めて意識する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月15日更新】
■ あらすじ(第5回「専属作詞家・碌太郎」  2017/8/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
見合いを壊した作曲家・夢月(岡本健一)とふしだらな付き合いをしていたと父・久蔵(西村まさ彦)に勘違いされた鏡子(門脇麦)は、家にも帰れず、柳家へ。一方、カオル(石田ニコル)は碌太郎(ユースケ・サンタマリア)に断られたことで、自分の中に生まれた感情に戸惑っていた。そんな中、碌太郎が作詞をし、春奴(安藤玉恵)が預かっていた「パパママソング」がライバル会社・ポリムビアのディレクターの目に留まり、採用が決まる。その件がきっかけで碌太郎は晴れてポリムビアの専属作詞家となる。だが、それには裏があった・・

※8月26日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月29日更新】
■ あらすじ(第6回「変えられた歌詞」  2017/9/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ポリムビアレコードの専属作詞家になった碌太郎(ユースケ・サンタマリア)は、大量の作詞を命じられて四苦八苦。そんなある日、「パパママソング」がレコーディングされると聞いた碌太郎は悦子(平尾菜々花)を連れ、ポリムビアレコードを訪れる。ところが、子ども歌手の節子(林歩美)がリハーサルで歌ったのは「チチハハソング」。「パパママソング」を原型としながらも、全てが変えられた別物だった。悦子は傷つき、その場を飛び出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月3日更新】
■ あらすじ(第7回「悦子からの手紙」  2017/9/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
鏡子(門脇麦)が柳家の手伝いを始めて1カ月が過ぎた。その間、碌太郎(ユースケ・サンタマリア)と鏡子は次第に心を通わせる。ある日、鏡子が小石川の家に戻ると、見合いは壊れたものの鏡子を諦めきれない次作(橋本淳)が、久蔵(西村まさ彦)に呼ばれ、訪ねてきていた。追い詰められた鏡子は、柳家にはもう来られないと碌太郎に告白。鏡子が出て行ったことを知った悦子(平尾菜々花)は、鏡子にママになってほしかったと碌太郎に告げる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月14日更新】
■ あらすじ(第8回「パパに贈るラブソング」  2017/9/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
鶴代(峯村リエ)が仕組んだダンスパーティーで碌太郎(ユースケ・サンタマリア)とカオル(石田ニコル)は再び心を通わせ始める。だが、そこに悦子(平尾菜々花)に連れられた鏡子(門脇麦)が飛び込んでくる。場は混乱し、鶴代に連れ出された鏡子を追った碌太郎は、事故に遭ってしまう。碌太郎はそのまま日下部家御用達の病院に連れて行かれ、悦子や鏡子と離れ離れに。そんな時、悦子は夢月(岡本健一)からラジオ番組で歌うよう言われ…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック