2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年夏、土曜ドラマ24『居酒屋ふじ』

kage

2017/09/23 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★7月8日スタート 

テレビ東京系 毎週土曜 24:20~24:50

 土曜ドラマ24「居酒屋ふじ」

Arika注目1h実在する居酒屋を舞台に、毎回著名人が本人役で登場する人情劇


「ふじ」の亡き”おやじ”の半生を描いた同名小説のドラマ化。

東京・中目黒に実在する「居酒屋ふじ」が舞台の、フィクションと現実が融合した人情ドラマ。

永山絢斗さんと大森南朋さんのW主演し、店に感銘した著名人が毎回本人役で登場する。

大森は実際に店の常連客だった。

店内や料理も本物そっくりに再現。

随所に鉄拳のイラストが!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:栗山圭介「居酒屋ふじ」(講談社)
脚本:根本ノンジ、山田あかね
脚本:粟島瑞丸、今西祐子
監督:長崎俊一、国本雅広、瀬野尾一
プロデューサー:浅野太、倉地雄大、平体雄二

主題歌:I’m a Dreamer/斉藤和義
エンディング:夜の雲/月に吠える。

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
西尾栄一(永山絢斗)…死体の役しかまわってこない、売れない若手俳優。
東京・中目黒に実在する居酒屋「ふじ」に引き寄せられた、今イチ人生がパッとしない売れない若手俳優。「居酒屋ふじ」で出会った人々に刺激を受け、大切なことに気付かされる。

大森南朋 (大森南朋)…実力派俳優
「居酒屋ふじ」の常連。数多くの映画、ドラマに出演している実力派俳優。

鯨井麻衣 (飯豊まりえ)…小さな印刷会社で働くOL
小さな印刷会社で働いている。インスタグラムで、気になるお店として「居酒屋ふじ」の外観をアップしたことがきっかけで西尾(永山絢斗)と出会う。やがて、2人はお互い惹かれあう存在に。

高橋光子(立石涼子)…「ふじ」のおかあさん。彼女の料理は多くの人々を惹きつける

小林翔次/通称:翔ちゃん(諏訪太朗)…「ふじ」の常連、土建屋の社長。昔はヤンチャをしていた。

真山玲子/通称・玲子さん(平田敦子)…「ふじ」の常連、ブティック魔原蛇の店長。

西尾たま美(余貴美子)…西尾の母

秋山賢治(中村元気)…西尾のバイト先の主任

工藤俊介(村上淳)…西尾のバイト先の社員


◆ゲスト
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1話】本人役 (篠原涼子)…「居酒屋ふじ」の常連。
女優・歌手として代表作多数。幅広い年齢層から人気を得ている。

【2話】本人役(大杉漣)

【3話】本人役(水川あさみ)

【5話】本人役(椎名桔平)

【6話】本人役(長山洋子)
【6話】本人役(手塚とおる)

【7話】本人役(前田敦子)
【7話】本人役(おのののか)

【8話】本人役(立浪和義(元中日ドラゴンズ))
【8話】本人役(手塚とおる)

【9話】西尾の演劇サークルの先輩(音尾琢真)

【10話】本人役(岸谷五朗)

【11話】山城真由美(山本未來)
【11話】本人役(篠原涼子)
【11話】五十嵐監督(松尾貴史)

【12話ゲスト】山城真由美(山本未來)
【12話ゲスト】本人役(篠原涼子)
【12話ゲスト】西尾たま美(余貴美子)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



●語り:木梨憲武

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
永山絢斗と大森南朋がダブル主演。東京・中目黒に実在する居酒屋が舞台の人情劇! 
最も旬の若手俳優・永山絢斗と、数多くの映画やドラマに出演している実力派俳優・大森南朋がダブル主演。2014年に他界した東京・中目黒の「居酒屋ふじ」の店主である“おやじ”の半生を描いた同名小説を原作に、フィクションとリアリティーを融合した人情ドラマをおくる。

ドラマのセットは、実際の店内をそっくりに再現し、ドラマに出てくる料理の数々も、実際のお店の名物メニュー。この店を舞台に、売れない俳優の西尾栄一(永山)が、大森や実名で登場する常連の著名人、さらに“おやじ”が残した豪快な逸話に刺激を受けながら、泣き、笑い、挫折を感じながらも、再び夢を追い始めるさまを描く。





----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月7日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
若手俳優の西尾栄一(永山絢斗)は、死体役しかまわってこない現状に苦しんでいた。うさ晴らしに飲んで帰ろうと、東京・中目黒をさまよっていると、最近気になっている“kujira”という女の子のインスタグラムに、見覚えのある「居酒屋ふじ」の写真がアップされる。

店に向かってみると、昭和風情の渋い佇まいの外観。しかし、店内に足を踏み入れると、有名人のサイン色紙で壁と天井が埋め尽くされており、客の中には俳優の大森南朋の姿が。役者の夢に向かいつつも立ち止まりそうだった西尾は、昭和が息づく小さな居酒屋「ふじ」で、大森をはじめとする先輩俳優らと触れ合いながら、大切なことに気付かされていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月7日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/7/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
若手俳優の西尾栄一(永山絢斗)は、未だ死体役しかまわって来ない現状に苦しんでいた。うさ晴らしに飲んで帰ろうと中目黒をさまよっていると、最近お気に入りの“kujira”という女の子(飯豊まりえ)のインスタグラムに、見覚えのある『居酒屋ふじ』の写真がアップされる。向かってみると昭和風情の渋い佇まい。だが店内に入ると、外観からは想像つかないほど有名人のサイン色紙が並んでいた。しかも常連客の中に、俳優の大森南朋(本人)の姿が。なぜ有名人が集うのか西尾は不思議に思うが、「名物は店主のおやじ」と口々に言う常連たち。しかしおやじは2年前に亡くなっていた。

翌日、西尾は戦隊モノの主演の最終オーディションに参加。この役をきっかけに有名になりたい!と勝負を賭けていたが、監督から「役者に向いていない」と一蹴されてしまい、西尾は落ち込んでしまう。一方、大森が1人飲んでいる『居酒屋ふじ』には、お店の店主・光子(立石涼子)が出かけている隙に、女優の篠原涼子(本人)が店に現れて…。

東京、中目黒。上京して一人、役者の夢に向かいつつも立ち止まりそうになっていた西尾は、昭和が息づく小さな『居酒屋ふじ』で、常連客・大森南朋や先輩俳優と触れ合いながら、大切なことに気付かされていく……。

【1話ゲスト出演】
┣本人役 (篠原涼子)
┣本人役(大杉漣)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月10日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/7/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
西尾栄一(永山絢斗)や俳優の大森南朋(本人)らが『居酒屋ふじ』で飲んでいると、俳優・大杉漣(本人)が美女を2人連れて現れる。突然のことに西尾は驚くが、大杉は『居酒屋ふじ』の常連だったことから、大森南朋らと挨拶を交わす。やがて大杉は、連れの美女2人を相手に、怪しげな占いを始め、西尾は呆気にとられる。

翌日、バイト先の配送センターで、社員の工藤俊介(村上淳)らにオーディションの結果を聞かれた西尾は、思わず「自分から降りた」と嘘をついてしまう。さらに、別の撮影現場では監督に怒られ落ち込むが、そんな中、西尾がひそかに好意を寄せている『kujira』(飯豊まりえ)から、「私も今度『居酒屋ふじ』に行こうかな」との連絡が……。ついに彼女と会えるかもと喜び勇んで店へ向かう西尾だが、それも束の間、『kujira』のインスタに男性との2ショット画像がアップされ、西尾はショックを受ける。

東京、中目黒。上京して一人、役者の夢に向かいつつも立ち止まりそうになっていた西尾は、昭和が息づく小さな『居酒屋ふじ』で、常連客・大森南朋や先輩俳優と触れ合いながら、大切なことに気付かされていく……。

【2話ゲスト】
┣本人役(大杉漣)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月17日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/7/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
熱愛疑惑で週刊誌の記者に追われていた女優・水川(水川あさみ)が「居酒屋ふじ」に逃げ込んでくる。本人はぬれぎぬだというが、記者に突き付けられた写真には、水川と密会している西尾(永山絢斗)の姿が写っていた。大森(大森南朋)は、週刊誌の記者から逃げるため、水川を外に連れ出す。その翌日、ドラマ撮影中の大森の元に記者が現れ、水川の熱愛の件を問い詰める。大森はそんな記者相手に激怒してしまい……。

一方、西尾はアルバイト先の工藤(村上淳)や、偶然会った麻衣(飯豊まりえ)に、見えを張って「連続ドラマが決まった」などとうそをついてしまう。

【3話ゲスト】
┣本人役(水川あさみ)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月26日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/7/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
西尾(永山絢斗)のアルバイト先の事務所で、3万円が紛失する。社長・豆崎(阿南健治)は、なぜか西尾が犯人だと思っている様子だ。西尾は麻衣(飯豊まりえ)とのデートのために靴を買ったせいで金がなく困っていたが、盗んでいないという。話を聞いた大森(大森南朋)ら「居酒屋ふじ」の常連たちは、アルバイト仲間の誰かが盗んだか、社長の狂言を疑う。困惑する西尾を見かねた大森は、西尾に3万円を差し出し、事務所にそっと戻して疑いを晴らすよう提案するが・・・・。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月2日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/8/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
西尾(永山絢斗)は、椎名(椎名桔平)主演の人気連続ドラマシリーズのオーディションを受ける。初めて手応えを感じた西尾は「居酒屋ふじ」でも喜びを隠すことができず、大森たちと一足早い祝杯を上げる。そこへ、宅配便が届く。中身は岐阜・飛騨高山の名産品の数々で、西尾の母・たま美(余貴美子)から、世話になっている礼にと送られたものだった。たま美は西尾のドラマ出演が決まったと聞き付け、突然上京してくる。

【5話ゲスト】
┣本人役(椎名桔平)
┣西尾たま美(余貴美子)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月7日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/8/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
俳優・手塚(手塚とおる)のワークショップを受けた西尾(永山絢斗)は、5日間ほぼダンスレッスンだと愚痴をこぼす。その3日目、ふじの常連たちは‘おやじ’が祭りを計画し、オリジナルの「番場音頭」で商店街が一つになった話をする。思い出に浸る光子(立石涼子)を見た玲子(平田敦子)は、内緒で開店記念日のパーティーを企画。大森は番場音頭をやろうと提案し、ゲストに歌手の長山(長山洋子)を呼ぼうと盛り上がる。

【6話ゲスト】
┣本人役(篠原涼子)
┣本人役(手塚とおる)
┣本人役(長山洋子)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月15日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/8/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
西尾(永山絢斗)が「居酒屋ふじ」で一人飲んでいると、前田(前田敦子)が入ってくる。彼女はデビューして間もない頃、ベテラン俳優から超能力を授けられ、水晶玉をもらったと話す。ただし、10年たったら水晶玉を次の人へ渡す約束で、今日がその日だという。前田から水晶玉を託された西尾はそれ以来、運が上向きに。大森(大森南朋)に頼まれ現場に同行すると、突然、役がもらえる。

【7話ゲスト】
┣本人役(前田敦子)
┣本人役(おのののか)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月20日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/8/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
西尾(永山絢斗)は手塚(手塚とおる)が演出する舞台の主役に抜てきされる。男性同士の恋愛を描いた作品で、相手役の手塚とのラブシーンもあるが、西尾は戸惑いを隠せないでいた。大森(大森南朋)はそんな西尾に、役になりきれていないからだと指摘。この舞台をやりきるという約束の下、練習相手を買って出る。ところがラブシーンの練習中、「居酒屋ふじ」に麻衣(飯豊まりえ)が、さらになぜか元プロ野球選手の立浪(立浪和義)が現れる。

【8話ゲスト】
┣本人役(立浪和義(元中日ドラゴンズ))
┣本人役(手塚とおる)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月29日更新】
■ あらすじ(第9話  2017/9/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
すっかり『ふじ』の常連になった鯨井麻衣(飯豊まりえ)の姿に、思わずニヤつく西尾栄一(永山絢斗)。そこに大学時代の演劇サークルの先輩・吉田(音尾琢真)から連絡が入る。吉田からキャバクラに誘われた西尾は、慣れないためおどおどしてばかり。そこに、吉田が指名したキャバ嬢・瑠璃ちゃんがやってくるが、瑠璃ちゃんは西尾が片想いする麻衣そっくりだった!モヤモヤを抱えたまま逃げる西尾だが、果たして恋の行方は…。

【9話ゲスト】
┣西尾の演劇サークルの先輩(音尾琢真)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月2日更新】
■ あらすじ(第10話  2017/9/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
西尾(永山絢斗)は1980年代の不良青春ドラマへの出演が決まる。番長の片腕といういい役どころだ。そんな西尾に大森は「現役の人が来るから教えてもらえ」と助言。現れたのはかつての不良少年・岸谷(岸谷五朗)だった。実は「居酒屋ふじ」のおやじも根っからの不良で、生きざまが格好よかったという。岸谷から「見たり聞いたりするだけでは駄目」と叱咤(しった)激励された西尾は、日常生活でも役を作り込もうとする。

【10話ゲスト】
┣本人役(岸谷五朗)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月12日更新】
■ あらすじ(第11話  2017/9/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
西尾栄一(永山絢斗)が『ふじ』にやって来ると酔っ払った女優・篠原涼子(本人)が横になっていた。久しぶりに『ふじ』にやってきた篠原は懐かしい雰囲気と料理に大盛り上がり。鯨井麻衣(飯豊まりえ)は、都知事の政治塾に合格し、総理大臣への第一歩を踏み出す。一方、西尾も映画の最終オーディションで持てる力を出し切る。夢に向かって突き進む2人は「夢を叶えて、いつか『ふじ』にサインを飾ってもらおう」と約束する。

【11話ゲスト】
┣山城真由美(山本未來)
┣本人役(篠原涼子)
┣五十嵐監督(松尾貴史)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月20日更新】
■ あらすじ(第12話  2017/9/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
篠原涼子(本人)とのW主演の映画が決まっ た西尾栄一(永山絢斗)だが、篠原との本読 みで自信を無くし、俳優を辞め、田舎に帰っ てしまう。皆が心配する中、大森は「これく らいのことで逃げ出すヤツはこの世界では生 きていけない」と突き放す。何とかして力に なりたい鯨井麻衣(飯豊まりえ)は、昭和的 なある方法で励まそうと思いつく…。東京・ 中目黒に実在する『居酒屋ふじ』を舞台にし たヒューマンドラマ、感動の最終回!

【12話ゲスト】
┣山城真由美(山本未來)
┣本人役(篠原涼子)
┣西尾たま美(余貴美子)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック