2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年夏、日曜ドラマ『警視庁いきもの係』

kage

2017/09/10 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★7月9日スタート 

フジテレビ系 毎週日曜 21:00~21:54(初回:21:00~22:09)

 警視庁いきもの係

Arika注目1h渡部篤郎×橋本環奈の初共演

動物から事件の謎を解くコミカル・アニマルミステリー!!


警視庁総務部、総務課の動植物管理係(架空の部署)、通称「いきもの係」の鬼警部補と新米巡査のコンビが、動物の生態をもとに事件を解決します。

捜査一課で“鬼の須藤”と恐れられた敏腕刑事の須藤友三(渡部篤郎)は、ある事件で銃弾を頭部に食らい負傷。

捜査一課管理官の鬼頭勉(寺島進)から辞令書を渡され失望する須藤。「総務課・動植物管理係」に配属に。

そこは、逮捕・拘留された容疑者のペットを一定期間、保護・世話をする通称“警視庁いきもの係!!そこにいたのは――

•巡査の薄圭子(橋本環奈)。
•事務員として田丸弘子(浅野温子)。
•受付に三笠弥生(石川恋)。
•元刑事の二出川昭吉(でんでん)。

原作は、映画「名探偵コナン から紅の恋歌」の脚本なども手がける大倉崇裕氏です。

『マルモのおきて』(フジテレビ系/2011年4月クール)以来、6年ぶりに、この日9枠に動物が活躍することも注目!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:大倉崇裕
「小鳥を愛した容疑者」「蜂に魅かれた容疑者 警察いきもの係」」「ペンギンを愛した容疑者 警察いきもの係」(いずれも講談社文庫)、「クジャクを愛した容疑者 警察いきもの係」(いずれも講談社文芸ピース)
脚本:田中眞一、三浦駿斗
演出:木下高男、松木創、石川淳一、菊川誠
プロデューサー:貸川聡子

主題歌:My Buddy/超特急

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
😾警視庁総務部総務課 
動植物管理係

須藤友三(渡部篤郎)…「元捜査一課の鬼刑事」(48歳)
警視庁総務課動植物管理係(通称:警視庁いきもの係)の課長代理心得。階級は警部補。
半年前まで警視庁捜査一課に所属の鬼刑事だったが、とある事件で頭部を撃たれ休職し、復職後に窓際部署の総務部総務課動植物管理係(通称・警視庁いきもの係)へ異動となった。前述の事件の弾丸がまだ摘出されずに残っており、そのために事件以前の記憶がない。また撃たれた際手にたい焼きを持っていたため、それを見ると拒絶反応を示してしまい、食べることができない。
“いきもの係”としての初仕事で圭子と出会い、圭子の動物に関する知識に助けられ事件を解決したことがきっかけで、再び仕事への情熱を持ち始める。

薄圭子(橋本環奈)…「動物マニアの新米巡査」(22歳)
動植物管理係に所属する女性警察官。階級は巡査(“いきもの係”所属の新米巡査)。
幼ない頃から動物への異常な興味と天才的な記憶・考察力を発揮。大学では獣医学を専攻した動物飼育の専門家(獣医学部卒の動物マニア)。係創設の際に一般から採用された。動物についての広く深い知識はもとより、飼育法や治療法にも詳しく、生物学やアニマルセラピーなどにも精通している。その深い愛情は動物にのみ注がれ、基本的に人や事件そのものにはあまり興味がない。事件捜査の際には何よりも動物のことを優先しようとする。

┣田丸弘子(浅野温子)…「いきもの係」所属の唯一の事務職員(52歳)
動植物管理係の事務員。警視庁総務部総務課・事務担当職員。
「警視庁いきもの係」で唯一の事務担当職員として働き、かつて捜査一課に在籍していたことがあり、捜査一課時代の須藤のことを知っており、何かと気遣う。
・息子(読み:いきこ)という名前の娘がいる。

┣ナオミ(ティティ:猫〈スコティッシュフォールド〉)
第1話で排水管に挟まり、薄巡査に救出され、その後総務課の飼い猫となる。
・メス猫のような名だが、オスである。
・沼袋の飼い猫。
・好物はプロセスチーズ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

警視庁捜査第一課
┣鬼頭勉(寺島進)…警視庁捜査一課管理官で、須藤の元上司(55歳)
警視庁捜査一課管理官。階級は警視。須藤の元上司であり、ある考えのもと須藤を「警視庁いきもの係」に異動させた人物。ひそかに期待を寄せている。
石松巡査部長に須藤警部補を監視するよう指示する。

┣石松和夫 (三浦翔平)…「警視庁捜査一課所属の巡査部長」(38歳)
警視庁捜査一課所属の刑事。階級は巡査部長。
須藤のことを尊敬している後輩で、捜査一課時代の相棒だった。
鬼頭警視の指示で須藤を監視している。

┣桜井薫(清原翔)・・・「警視庁捜査一課所属の巡査」(28歳)
捜査一課の刑事。階級は巡査。
日塔、石松のもとで働く。石松の現・相棒。

┣日塔 始(長谷川朝晴)・・・「警視庁捜査一課所属の係長にして警部」(42歳)
捜査一課の係長。階級は警部。
かつての須藤の元同僚であるが、現在は須藤警部補が捜査に関わることをよく思っていない。
・上昇志向が強く、窓際部署に左遷された須藤を軽んじている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┣二出川昭吉(でんでん)…定年退職した元刑事(68歳)
警察博物館によく出入りする警察OB。
・博物館職員の三笠によく刑事時代の武勇伝を語って聞かせている。
・現場経験のない圭子に事件捜査に関するアドバイスを送る。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┣四十万拓郎(横山だいすけ)…所轄の巡査(35歳)
所轄の警官(巡査)。
幼いころから警察官に憧れて努力を積み重ねてきた人物。
・須藤警部補を大変尊敬している。
・使命感に燃える、ピュアすぎる青年。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

警察博物館
┣三笠弥生(石川恋)・・・「警察博物館の受付嬢」(23歳)
動植物管理係が入居する警察博物館を管理する外郭団体の職員で受付担当。
・一見、ギャル風ながら、意外な鋭い洞察力を持ち合わせている。
・好きな生き物はヘビ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
渡部篤郎と橋本環奈が初共演!動物を手掛かりに事件の謎を解くコメディーミステリー! 
警視庁総務部総務課動植物管理係(通称・警視庁いきもの係)という架空の部署を舞台に、鬼警部補と新米巡査のコンビが、動物の生態を基に事件解決に奔走する異色のコメディーミステリー。大倉崇裕の原作を連続ドラマ化した本作で、主人公・須藤友三に扮するのは渡部篤郎。相棒となる動物マニアの新米刑事・薄圭子役を、橋本環奈が熱演する。

犬や猫だけでなく、バラエティーに富んだ動物たちが数多く出演し、須藤と圭子が事件の謎解きをしていく様子から、自然と動物たちに関する蘊蓄(うんちく)を学ぶこともできる。共演者には、三浦翔平、寺島進、浅野温子らが顔をそろえる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月7日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁捜査一課で“鬼の須藤”と恐れられた敏腕刑事の須藤友三(渡部篤郎)は、ある事件で銃弾を頭部に受けて負傷し、総務課動植物管理係に異動。そこは、逮捕・拘留された容疑者のペットを、一定期間保護する、通称“警視庁いきもの係”と呼ばれる部署で、動物飼育の専門家でもある新米巡査の薄圭子(橋本環奈)が、動物たちの世話をしていた。
そんな時、ある死体遺棄事件の容疑者が飼っているペットの保護の依頼があった。事件の概要を聞き、容疑者が住むタワーマンションへ向かった須藤と圭子だったが、室内を見ていた須藤が、ある違和感を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月7日更新】
■ あらすじ(第1話「動物愛で謎を解け!十姉妹と秘密の鳥カゴ痛快刑事ミステリー」  2017/7/9放送:15分拡大
脚本:田中眞一 演出:木下高男 視聴率…8.9%
---------------------------------------------------------------------------------------- 
ある事件で負傷し、復帰した警視庁の鬼刑事・須藤(渡部篤郎)は捜査一課から総務課への異動を告げられる。事務員・弘子(浅野温子)に促され、立てこもり事件の現場へ向かうと、元相棒の石松(三浦翔平)ら一課の面々が犯人に投降を呼び掛けていたそして、近くで配水管に挟まった猫を救出しようとしている巡査の圭子(橋本環奈)が、須藤の新相棒だった。須藤は異動先が、容疑者や行方不明者などのペットを保護する部署だと知る。

●第1話ゲスト
沼袋 ヒロシ(蝶野正洋)
┣ 妻を人質にとってアパートの自室に籠城していた男で、ナオミの飼い主。
┣薄巡査に後事を託し、連行された。

沼袋 アケミ(真中乃亜)
┣沼袋の妻。

星川 咲希(星名桜子)
┣警視庁の受付係。

戸所 松之〈45歳〉(鮫島満博)
┣事故により、死亡した。警察の捜査で、窒息死だと判明した。
┣2年前に飲酒運転で運送会社を解雇された。その後、個人で運送業を続けていた。

八木 良和〈38歳〉(奥野正明)
┣戸所の遺体を遺棄した容疑者。
┣ウェブデザイナー。
┣たくさんの十姉妹を飼っている。

井上(小野了)
┣八木が住むマンションの守衛。

園田 鶴夫( 廣川三憲)
┣3年前に閉店した園田小鳥店の店主。

小鳥を愛した容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

【書籍名】小鳥を愛した容疑者

収録作品:小鳥を愛した容疑者(『メフィスト』2009 VOL.1)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月10日更新】
■ あらすじ(第2話「部屋とペンギンと私 愛した容疑者は誰!」  2017/7/16放送:10分繰り下げ
脚本:田中眞一 演出:木下高男 視聴率…7.2%
---------------------------------------------------------------------------------------- 
食品会社会長・藤原が、自宅のペンギン飼育室で溺死しているのを、妻・亜紀子(幸田尚子)が発見。所轄も捜査一課も事故と見なす中、須藤(渡部篤郎)と共にペンギンの世話に出向いた圭子(橋本環奈)が殺人の可能性を指摘した。藤原の腕には餌やりの際に付くはずの傷がなく、飼育室で死んだのは不自然だというのだ。容疑者として自宅にいた亜紀子と彼女の兄・青木(勝矢)、藤原の秘書・久慈(小柳友)が浮上する。

●第2話ゲスト
藤原 慶二郎(河野洋一郎)
┣藤原食品グループ会長。
┣溺死事故により、死亡したと判断されたが、後に殺害されたことが分かった。
┣ペンギンを飼っている。

藤原 亜紀子(幸田尚子)
┣藤原会長の妻。
┣多田弁護士と不倫していた。

青木 益男(勝矢藤原)
┣会長の妻の兄。
┣犯行がばれたとき、須藤警部補と薄巡査をナイフで殺害しようとした。

久慈 達夫(小柳友)
┣藤原会長の秘書。
┣藤原会長のペンギンのエサやりを手伝っていた。
┣藤原会長ともめていたことで、殺人事件の容疑者となる。
┣青木が逮捕された後、水族館に雇われた。

多田(宇賀神亮介)
┣藤原会長の顧問弁護士。

若宮 恵美子(深谷由梨香)
┣株式会社大島不動産販売総務部総務課の社員。
┣青木とは、土地活用の相談で会っていた。

森本(金時むすこ)
┣下馬水族館の職員。

ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

【書籍名】ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係

収録作品:ペンギンを愛した容疑者(『メフィスト』2014 VOL.3)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月17日更新】
■ あらすじ(第3話「知られざるヘビ愛の世界!驚きの逆転劇」  2017/7/23放送)
脚本:田中眞一 演出:松木創 視聴率…6.0%
---------------------------------------------------------------------------------------- 
須藤(渡部篤郎)と圭子(橋本環奈)は、千葉の海岸で投身自殺した山脇(日下部千太郎)のペットのヘビの世話を依頼される。室温29度に設定された部屋には2匹の蛇がいて、須藤は圭子から大きい方は飼育の申請が必要だと教えられる。山脇が蛇を残して自殺したことに疑問を抱く圭子は、飼育日誌の写真から‘蛇友’の存在を指摘。2人は、山脇が亡くなり発見されるまでの間に、部屋に入る男を隣人が目撃していたことを知る。

●第3話
菅野 大作( 酒井和哉)
┣10年前の強盗傷害罪の容疑者。
┣指名手配中だったが、時効の2日前に逮捕された。
┣指名手配中に、整形手術をし、山本 勝という偽名を利用して身を隠していた。

山脇 伸一〈39歳〉(日下部千太郎)
┣投身自殺により、死亡したと判断されたが、後に事故死だと分かった。
┣千葉東海岸にて、遺体が発見された。
┣ヘビを飼っている。
┣昭和53年11月13日生まれ。

河田 トオル(原金太郎)
┣ヘビ愛好家。

山本 勝(村上新悟)
┣ヘビ愛好家。
┣山脇からの遺言書を所持していた。
┣氏名は偽名で、本名は菅野 大作である。

男性(橋本じゅん)
┣ヘビ専門店「よしず」の店主。

小鳥を愛した容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

【書籍名】小鳥を愛した容疑者

収録作品:ヘビを愛した容疑者(『メフィスト』2009 VOL.2)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月26日更新】
■ あらすじ(第4話「ヤギが食べた真相!?息子からの手紙、夏」  2017/7/30放送)
脚本:三浦駿斗、田中眞一 演出:石川淳一 視聴率…5.7%
---------------------------------------------------------------------------------------- 
ある夜、小学校で教頭・三好(高松克弥)が殺され、階段の下に倒れていた意識不明の津浜(志賀圭二郎)に容疑が掛かった。須藤(渡部篤郎)と圭子(橋本環奈)は、津浜が飼っている2匹のヤギの世話に赴く。ヤギたちは月に数回、校内で行われる課外授業「ふれあい教室」の主役だったが、三好は中止を検討し、2人はもめていたという。須藤らが津浜家のヤギ小屋にいると、小学生の健二(田中奏生)が現れ、津浜の無実を訴える。

●第4話
三好 輝也(高松克弥)
怨恨により、殺害された。
┣小学校教頭。
┣昭和36年6月19日生まれ。

出倉 信司(小松和重)
┣三好教頭を殺害した容疑者。

出倉 健二(田中奏生)…出倉の息子。
┣小学校のふれあい教室でヤギとふれあっていた。
┣父親に虐待され答案ばらまき事件を起こした。

津浜 寿弘(志賀圭二郎)
┣元学習塾経営で、現在は無職の男性。
┣小学校のふれあい教室でヤギのふれあいを行っていた。
┣昭和23年4月26日生まれ。

園部(林和義)
┣小学校の校長。

男性(橋沢進一)
┣津浜がブルーシートを購入したホーセンターの店員。

男性(友松栄)
┣スカンクを引き取った農業大学職員。

警備員(高野漁)
┣死体の第一発見者。

ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

【書籍名】ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係

収録作品:ヤギを愛した容疑者(『メフィスト』2015 VOL.1)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月2日更新】
■ あらすじ(第5話「サルを愛した容疑者 起こるはずない殺人!悲劇の真相」  2017/8/6放送)
脚本:田中眞一 演出:木下高男 視聴率…6.6%
----------------------------------------------------------------------------------------
圭子(橋本環奈)がペットショップの常連仲間・五反田(鈴之助)から、リスザルについて相談され、マンションに同行すると、寝室で彼の恋人・名子(渡辺瞳子)が殺されていた。一報を受け、須藤(渡部篤郎)も現場に急行。その後、凶器の鉄亜鈴の指紋と、別れ話でもめていた事実から、五反田が逮捕されてしまう。リスザルの面倒を見ることになった須藤と圭子は、五反田が渡米中の叔父から、その世話を任されていたことを知る。

●第5話
車島 名子:29歳(渡辺瞳子)
┣寝室で死体で発見され、リスザルが落とした鈍器が、頭にぶつかったことによる事故死だと判断されたが、実際は五反田に殺害されたことが判明した。五反田の家に通っているうちに、彼の飼っているリスザルに愛情を持つようになり、彼の気を引くためにリスザルを奪おうとした。

五反田 徹也(鈴之助)
┣自販機メーカー職員。
┣剣道2段の段位を持っている。
┣ペットショップ「チンペ」の常連客。
┣薄巡査と共に、車島の遺体を発見した。
┣警視庁五反田署で事情聴取を受け、一旦釈放されたが、後に車島を殺害した容疑で逮捕された。
┣リスザルを飼っているが、叔父に世話を頼まれただけで、リスザルに愛情を持っていなかった。

葛田 楠文(小松利昌)
┣株式会社「ごはんだ 五反田」グループの社長室長。
┣居酒屋「鳥麻呂」を経営。

宇津美 みえ(早織)
┣車島の親友。
┣五反田と交際していた。

矢吹(本多力)
┣ペットショップ「チンペ」のオーナー。
┣車島から、五反田がサルを虐待していると相談を受けた。
┣五反田や薄巡査よりも先に車島の遺体を発見しており、遺体発見後に偽装工作(※彼の飼っているリスザルが殺処分されるのを恐れたため)をした。

ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

【書籍名】ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係

収録作品:サルを愛した容疑者(書き下ろし)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月7日更新】
■ あらすじ(第6話「記憶の真実話します 事件のカギは花言葉!?最も賢い鳥」  2017/8/13放送)
脚本:田中眞一 演出:石川淳一 視聴率…5.3%
----------------------------------------------------------------------------------------
フリーライター・梶田(斉藤佑介)が自宅で殺され、須藤(渡部篤郎)と圭子(橋本環奈)は大型のインコ‘ヨウム’を世話することに。圭子によるとヨウムは4歳児並みの知能を持つ賢い鳥だという。そんな中、工場経営者・伊勢(土平ドンペイ)が浮上。伊勢はヨウムの元の飼い主で、最近、梶田に返してほしいと申し入れ、もめていたらしい。一方、石松(三浦翔平)は、梶田が仕事をしていた出版社の編集者・野間(桜田通)らに話を聞く。

●第6話
フリーライター・梶田(斉藤佑介)
┣自宅で殺される。

工場経営者・伊勢(土平ドンペイ)
┣伊勢はヨウムの元の飼い主で、最近、梶田に返してほしいと申し入れ、もめていたらしい。

アニータ(IKKO)
┣自宅で殺害されたフリーライター・梶田(斉藤佑介)行きつけのゲーバーのママ・アニータ。

野間夏夫(桜田通)
┣自宅で殺害されたフリーライター・梶田(斉藤佑介)が仕事をしていた出版社の編集者・野間夏夫。
┣野間は梶田の担当で、事件の手がかりを追う石松から情報を求められる。

ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

【書籍名】ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係

収録作品:最も賢い鳥(『近藤史恵リクエスト! ペットのアンソロジー』)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月15日更新】
■ あらすじ(第7話「恐怖のピラニア殺人 孤独な刑事とコイする動物オタク」  2017/8/20放送)
脚本:田中眞一/三浦駿斗 演出:菊川誠 視聴率…5.9%%
----------------------------------------------------------------------------------------
「公園の子どもの声がうるさい」と区役所に苦情が寄せられた後、公園の池にピラニアが放流される騒動が起きる。しかし、通り掛かったペットショップのオーナー・草野(夕輝壽太)が回収し、事なきを得た。2週間後、公園近くの自宅で一人暮らしの川田(秋間登)が殺され、須藤(渡部篤郎)と圭子(橋本環奈)は彼のピラニアの世話をすることに。容疑者は川田の友人・戸村(坪谷隆寛)で、水槽の底には戸村の会社の社章があり…。

●第7話
高齢男性・川田道明(秋間登)
┣職業は無職
┣首を絞めて殺された(窒息により、死亡)
┣発見したのは、友人・戸村
┣検視の結果、現時点で未解決だった30年前の強盗殺人事件の容疑者だと判明した
┣ピラニアを飼っている
┣昭和25年5月28日生まれ。

容疑者・戸村滋之(坪谷隆寛)…川田の友人
┣運送会社を営業している
┣川田とは友人関係だった
┣昭和54年9月9日生まれ。
┣川田が飼っていたピラニアを見せてもらうため自宅を訪ねた、と証言。
┣川田を殺害した容疑者だと疑われたが、後に真犯人が分かり、釈放された

草野 大(夕輝壽太)…ペットショップ「アクア」の店員
┣薄巡査が行った居酒屋のテレビに映っていたイケメンペットショップ「アクア」の店員
┣趣味はサイクリング
┣薄巡査と仲良くなり、動植物管理係の見学や食事を共に行った。しかし、後に川田を殺害した容疑者だと判明した。

男性(佐藤蛾次郎)
┣川田の住む町内の自治会長
┣町内の公園に詳しい
┣言葉の語尾が「アル」である。

クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

【書籍名】クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係

収録作品:ピラニアを愛した容疑者(『メフィスト』2016 VOL.2)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月24日更新】
■ あらすじ(第8話「フクロウが来たりて謎を解く!凹凸コンビ解散の危機」  2017/8/27放送)
脚本:田中眞一 演出:木下高男 視聴率…5.7%
----------------------------------------------------------------------------------------
渋谷(岡慶悟)という男性が自宅で殺され、帰宅した妻・敦子(青山倫子)が通報。容疑者は隣人の藤田(千葉ペイトン)で、藤田の飼うフクロウの騒音を巡りトラブルがあった。藤田の友人・友塚(佐伯新)も交えて話し合いが持たれたが、決裂したという。須藤(渡部篤郎)とフクロウの世話をしていた圭子(橋本環奈)は、ある状況から真犯人がいる可能性を指摘。殺害現場に落ちていた羽根も、藤田のフクロウのものではないと分かる。

●第8話
渋谷 孝( 岡慶悟)…会計士
┣渋谷 敦子( 青山倫子)…孝の妻
┣藤田 道典(千葉ペイトン)…翻訳家・孝の隣人・モリフクロウの飼い主
┣友塚 公平(佐伯新)…藤田の友人・ベンガルワシミミズクの飼い主


小鳥を愛した容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

【書籍名】小鳥を愛した容疑者

収録作品:フクロウを愛した容疑者(『メフィスト』2010 VOL.1)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月29日更新】
■ あらすじ(第9話「湯けむりハリネズミ雀蜂パニック動き出す最後の事件」  2017/9/3放送)
脚本:田中眞一 演出:石川淳一 視聴率…5・7%
----------------------------------------------------------------------------------------
須藤(渡部篤郎)、圭子(橋本環奈)たち総務部総務課の面々は、石松(三浦翔平)らも誘い、慰安旅行で温泉へ。旅館の女将・雅子(ぼくもとさきこ)の娘・弓子(西畑澪花)は下校中に強盗被害に遭い、入院中だった。ペットのハリネズミの世話を買って出た圭子はある疑問を抱き、須藤と共に弓子を訪問。そして、普段、生き餌を与えているのが旅館の従業員・アッサークラ(林和義)だと知る。彼にはハリネズミ友達・栗原(檜尾健太)がいて…。

●第9話
┣庄野 一樹(元養蜂家) - 利重剛
┣大谷 雅子(猿蟹旅館の女将) - ぼくもとさきこ(第9話のみ)
┣大谷 弓子(雅子の娘・ヨツユビハリネズミの飼い主) - 西畑澪花(第9話のみ)
┣アッサークラ(猿蟹旅館の従業員) - 林和義(第9話のみ)
┣栗原 貞巳(アッサークラのハリネズミ友達) - 檜尾健太
┣栗原 亜紀子(スナック店員・貞巳の妻) - 高橋美津子
┣今尾 正貴(フリーライター) - 高橋洋


クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

【書籍名】クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係

収録作品:ハリネズミを愛した容疑者(書き下ろし)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月2日更新】
■ あらすじ(第10話「蜂に魅かれた容疑者テロ計画を阻止せよ!動物集合」  2017/9/10放送)
脚本:田中眞一 演出:木下高男 視聴率…7・7%
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
須藤(渡部篤郎)と圭子(橋本環奈)は、何者かに撃たれたはずの鬼頭(寺島進)が、重体だと偽ってひそかに詐欺集団「ギヤマンの鐘」を捜査していると知る。そして、ギヤマンの鐘と手を組んだ元養蜂家の庄野(利重剛)がスズメバチを使った無差別テロの主導者だと教えられる。背景には、5年前の殺人事件が関係していた。そんな中、石松(三浦翔平)を見舞った須藤らは、慰安旅行先で出会った蜂騒動の被害者・今尾(高橋洋)と再会する。

●最終話
┣庄野 一樹(元養蜂家) - 利重剛
┣栗原 貞巳(アッサークラのハリネズミ友達) - 檜尾健太
┣栗原 亜紀子(スナック店員・貞巳の妻) - 高橋美津子
┣今尾 正貴(フリーライター) - 高橋洋

蜂に魅かれた容疑者 警視庁総務部動植物管理係/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

【書籍名】蜂に魅かれた容疑者 警視庁総務部動植物管理係

収録作品:蜂に魅かれた容疑者(『メフィスト』2013 VOL.1 - 2014 VOL.1)

関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック