2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年夏、連続ドラマW『アキラとあきら』

kage

2017/09/03 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★7月9日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 22:00~23:00≪全9回(初回は無料放送)≫

 連続ドラマW『アキラとあきら』

Arika注目1h池井戸潤・最新刊を向井理・斉藤工で実写化!
生まれも育ちも違う2人の人生が交差する男の宿命を描く


天才2人の“宿命”を描くヒューマンドラマ!向井理×斉藤工・W主演!

池井戸潤氏の最新刊は幻の長編小説。緊急出版(5月17日発売)の原作を最速で実写化!

池井戸作品の実写化は『下町ロケット』『半沢直樹』『花咲舞が黙ってない』『民王』などで有名。WOWWOWでは『空飛ぶタイヤ』『下町ロケット』『株価暴落』に次いで池井戸作品4作目!

エリート・階堂彬(かいどうあきら)×天才・山崎瑛(やまざきあきら)。

交差する2つの人生。バブル経済とその崩壊、激動の時代を背景に、「アキラとあきら」の“宿命”のドラマを描きます。

彬役には向井理。瑛役には斎藤工。

連続ドラマW初登場となる2人の共演、競演は見逃せません!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:池井戸潤「アキラとあきら」(徳間文庫)
脚本:前川洋一
監督:水谷俊之、鈴木浩介
プロデューサー:青木泰憲、内丸摂子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
★=産業中央銀行

🏠階堂家の人々
階堂彬(向井理)…「産業中央銀行本店・営業第4課勤務」
東京大学出身。日本有数の大企業「東海郵船」の御曹司として、約束された次期社長という“宿命”にあらがう。エリートの道を歩み、産業中央銀行に入行。龍馬という弟がいる。幼い頃から祖父や父・一磨に会社を継ぐよう言われてきたが、バンカーの道を選ぶ。同期の瑛に運命的なものを感じる。

┣階堂一磨 (石丸幹二)…彬(向井理)の父であり、東海郵船・社長
彬の父。自身も父から引き継いだ、日本有数の大企業「東海郵船」の社長。周りからの信頼も厚い。弟に晋(木下ほうか)と崇(堀部圭亮)。

┣階堂龍馬(賀来賢人)・・・彬(向井理)の弟。

階堂崇(堀部圭亮)・・・東海旭観光の社長で晋(木下ほうか)の弟。

階堂晋(木下ほうか)・・・一磨(石丸幹二)の弟であり、東海旭商会・社長。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🏠山崎家
山崎瑛(斎藤工)…「産業中央銀行日本橋支店・融資課勤務」
東京大学出身。小学生の時に、父・孝造の経営する工場が倒産し、夜逃げなど過酷な“運命”に翻弄されながらも、理想を育む。その後の苦労を目の当たりにしてきた。その経験から、同じ境遇の人たちを救いたいとの思いで銀行に就職し、順調にエリートコースを歩み始める。苦難の道を切り開いてきた天才。彬と同時期に産業中央銀行に入行。

┣山崎孝造 (松重豊)…瑛(斎藤工)の父
瑛の父。かつて、経営していた工場が倒産し、その後勤めた会社も危機に陥るが、家族を守るため奔走する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🏠北村家の人々
┣北村亜衣(田中麗奈)…瑛(斉藤工)の同級生
瑛の同級生。小・中学生の時、父の転勤で地方を転々としていた。社会人になり、瑛と再会する。

┣北村利夫(尾美としのり)・・・亜衣(田中麗奈)の父
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

安堂章二(小泉孝太郎)…「産業中央銀行の人事部所属」
産業中央銀行人事部勤務。彬と瑛の先輩で、兄貴分的存在。大学生の時に、彬の家庭教師をしていた。

羽根田一雄(永島敏行)・・・産業中央銀行・融資部長

水島カンナ(瀧本美織)・・・産業中央銀行の彬(向井理)の同僚

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
向井理と斎藤工のダブル主演で、池井戸潤の最新作を連続ドラマ化! 
ベストセラー作家・池井戸潤の最新作を、向井理と斎藤工のダブル主演で連続ドラマ化。自らの意志で人生を選んできたエリートと、自らの能力で人生を切り開いてきた天才との、不思議な縁で交差する宿命を描くヒューマンドラマ。幼少期から青年期にかけて誰もが経験する、別れ、肉親の死、初恋、就職、そして成功と挫折を、バブル経済とその崩壊という激動の時代を背景に描く。

大企業の御曹司として生まれ、次期社長という約束された“宿命”にあらがう階堂彬役を向井理、父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な運命に翻弄されながらも、理想を育む山崎瑛役を斎藤工が務める。そのほか、小泉孝太郎、田中麗奈、松重豊、石丸幹二らが脇を固める。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月7日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
昭和61年4月。メガバンク「産業中央銀行」の新人研修が行われていた。その最終行程は、成績優秀だった2チームが行う実践形式の融資戦略研修で、それぞれのチームの代表を務めるのは、東京大学出身同士の階堂彬(向井理)と山崎瑛(斎藤工)だ。
彬は、日本有数の大企業「東海郵船」の御曹司として生まれ王道を歩んできたエリート。一方の瑛は、父の会社の倒産、夜逃げなど苦難の道を歩んできた天才。それぞれの力で人生を切り開き、同期で入行した2人はその研修で、融資を申し込む会社側とそれを吟味する銀行側に分かれ、後代にも語り継がれる名勝負を繰り広げる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月7日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/7/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1986年4月、メガバンク・産業中央銀行の新人研修の最終段階。実戦形式の融資プロジェクトで、彬(向井理)と瑛(斎藤工)のそれぞれ率いるチームが後代に語り継がれる名勝負を繰り広げる。2人は共に東大卒だが、彬は日本有数の大企業・東海郵船の御曹司として生まれ、王道を歩んできた。一方の瑛は父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な体験をしていた。そんな2人はさかのぼること11年前、静岡・伊豆で出会って…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月10日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/7/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
入行3年目。本店勤務の彬(向井理)は、角田製薬への30億円の融資を取り付けた先輩・伴埜(松尾諭)にリスクを進言するが、相手にされない。その頃、日本橋支店の瑛(斎藤工)は、町工場を営む井口(宮川一朗太)から、運転資金の融資を頼まれていた。そんな中、瑛は静岡の中学時代の同級生・亜衣(田中麗奈)と再会する。一方、彬に弟・龍馬(賀来賢人)が会社を継ぐと話す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月17日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/7/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 瑛(斎藤工)は副支店長の不動(利重剛)に井口製作所の稟議(りんぎ)書を突き返される。心臓病を患う娘を持つ井口(宮川一朗太)のためにも何とかしたい瑛だが、壁は厚い。その頃、本店では角田製薬の追加融資5億円をどうすべきか、皆が頭を悩ませていた。先方の社長は訴訟も辞さない構えだ。そんな中、彬(向井理)が起死回生の打開策を見いだす。一方、井口製作所が不渡りを出すという時、瑛は不動の言葉に衝撃を受ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月26日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/7/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
瑛(斎藤工)が静岡支店に左遷になると知った彬(向井理)は「必ず戻ってこい」と声を掛ける。一方、東海郵船には三友商船による買収話が浮上。東海郵船社長で彬の父・一磨(石丸幹二)は事業拡大で対抗すべく、産業中央銀行の安堂(小泉孝太郎)と彬に500億円の融資を頼む。ためらう安堂に対し、彬は思いも寄らない提案をする。その頃、瑛は故郷の静岡で、銀行員になるきっかけをくれた工藤(長谷川朝晴)と再会していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月2日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/8/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
彬(向井理)は、叔父の晋(木下ほうか)と崇(堀部圭亮)がリゾート開発に着手するために、メインバンクを他行に乗り換えると知るが、阻止できない。一方、静岡支店の瑛(斎藤工)は、長島繊維商店社長・長島(小市慢太郎)から追加融資を頼まれるが、業績不振のため、稟議(りんぎ)を通せないでいた。そんな中、長島の息子にかつての自分を重ねた瑛は、同社が新規素材開発に投資していると知り、そこに光明を見いだす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月7日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/8/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
晋(木下ほうか)と崇(堀部圭亮)は、病床の一磨(石丸幹二)に代えて龍馬(賀来賢人)を東海郵船の社長に据え、意のままに操ろうと画策。その気になった龍馬は、彬(向井理)の忠告にも耳を貸さない。そんな中、一磨は彬にある強い思いを伝える。一方、静岡支店にいる瑛(斎藤工)は、父・孝造(松重豊)の工場の倒産以来、別れたままだった元従業員・保原(木下隆行)と再会して…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月15日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/8/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
彬(向井理)は父・一磨(石丸幹二)の遺言で東海郵船の大株主に。一方、社長になった龍馬(賀来賢人)は、晋(木下ほうか)と崇(堀部圭亮)に乗せられ、大赤字のリゾート事業に20億円を融資。危ぶむ彬の進言にも耳を貸さない。その頃、産業中央銀行で東海郵船を担当するカンナ(瀧本美織)と上司の瑛(斎藤工)は、龍馬が叔父2人と結んだとんでもない保証契約に気付いて…。瑛は彬に東海郵船は危機的状況にあり、それを救えるのは彬しかいないと伝える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月24日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/8/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
東海郵船の社長に就任した彬(向井理)は、負債の塊となった東海リゾートの処理に苦心していた。そんな状況でも、東海旭商会社長の晋(木下ほうか)は、リゾート事業に固執。彬は安堂(小泉孝太郎)やカンナ(瀧本美織)の助言から、東海リゾートではなく、一流の取引先を持つ東海旭商会を売りに出すことを思い付く。一方、瑛(斎藤工)はその売却先として、繊維事業の開拓を進めている大日ビールに白羽の矢を立てるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月29日更新】
■ あらすじ(第9話  2017/9/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
沢渡に門前払いされた山崎瑛。さらに、階堂彬のもとに続々と取引打ち切りの連絡が入ってくる。万事休すの状況の中、彬は比呂志の作成した東海旭商会を売却した際のシミュレーションを自ら作り直す。瑛はこの交渉をまとめるために必要な東海郵船への230億円の融資の稟議書を作成する。1000人を超える社員とその家族の人生を背負う社長として、誇り高き信念を持つ銀行員として、2人の“アキラ”は運命を懸けた最終戦に挑む。

関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック