2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

2017年夏、日曜ドラマ『プレミアムドラマ 定年女子』

kage

2017/08/20 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★7月9日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 22:00~22:50≪連続8回≫

 プレミアムドラマ 定年女子

Arika注目1h会社の定年は本当の定年ではない!女には定年はないのだ!

突然、CSR部の部長から、食品事業部のアドバイザーに配置転換を言い渡され、意を決して辞職をしたアラフィフ女性のセカンドライフを描く。

現代の女性のセカンドライフをリアルな視点とユーモアで描く、恋あり笑いあり涙ありのハートウォーミングドラマ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:岸本裕紀子「定年女子 これからの仕事、生活、やりたいこと」(集英社)
脚本:田渕久美子
演出:塚本連平、猪原達三
制作統括:出水有三、中尾幸男
プロデューサー:水野督世、村上研一郎、近見哲平

楽曲:竹内まりや「もう一度」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
★=角倉商事

深山麻子(南果歩)…大手商社「角倉商事」に勤務するキャリアウーマン
角倉商事CSR部・部長。離婚した後、女手一つで娘の葵を育ててきた。葵の結婚を控えたある日、仕事は順調だったが、突然“役職定年”を言い渡され、CSR部の部長から、食品事業部のアドバイザーに。しかし実質は平社員で邪魔者扱いの麻子。意を決して会社を辞めることにした。しかし根っからの仕事人間でもある麻子は、退屈でたまらず、腰を上げて仕事探しを始める。ハローワーク、葬儀社など、人の人生に関わる仕事に就き、プライベートでは娘の結婚・出産を経て、誰かの「助け」になりたいと思い、介護・育児の新規事業を立ち上げる!?明るいが、キッパリした性格。頭が固いと娘に言われる。大学時代からの女友達とたびたび集まっては、近況報告や愚痴を言い合っている。53歳。

藤原丈太郎 (山口祐一郎)…大手広告代理店「新光エージェンシー」に勤務。
大手広告代理店「新光エージェンシー」勤務。ドラマ中盤で妻が突然亡くなり、仕事も失う。居酒屋で麻子たちと知り合う。麻子とは、会うと口げんかになるものの、妙に気が合うところもあり、いつしか互いを支え合う関係に。58歳。

黒田時子(草刈民代)…麻子の大学時代の友人
クールな毒舌家で、仕事もできるが、恋愛は数知れず。航空会社のキャビンアテンダントをしていたが、「目の下のクマが消えない」という理由で突然退職を決める。53歳。

小川多江(清水ミチコ)…麻子の大学時代の友人
独身。子供なし。生真面目な性格。小学校の教頭先生をしていて、現在、校長になる試験の真っ最中。実母の介護をしながら仕事を続けているが、その大変さを外には漏らさない。53歳。

寺内真紀(.石野真子)…麻子の大学時代の友人
建設会社で経理の仕事をしていて、お金には厳しい。社会人2年目と、大学3年生の息子を持つ。夫とはとりあえずはうまくいっているが、やがて定年を迎えてジタバタする夫にへきえきする。53歳。

深山聡(寺脇康文)…麻子の元夫
麻子の元夫。浮気が原因で麻子に離婚されるが、その後も何かと顔を出す。海外に行って家具の買い付けをする仕事をしている。離婚の際、慰謝料・養育費を払おうとしたが麻子にはねつけられる。会うと小言ばかり言われるつらい立場だが、なぜかちょくちょく麻子の家にやって来る。娘・葵への愛情はひとしお。55歳。

深山登美子(草笛光子)…聡の母
麻子の元義母(聡の母)。夫とは20年前に死別。麻子と聡が離婚した後も、何かと麻子たちの世話を焼く。根っからのお姫様体質でやたらと明るく、それに押され麻子は言いたい事が中々言えない。ドラマの中盤以降、老人性骨折をし、麻子に面倒をみてもらうことに。

溝口洋介(.町田啓太)…角倉商事・食品事業部係長
年の差を超えて、麻子にひかれる。その若さとまっすぐさから、「女としては終わった」と思っている麻子を大きく揺さぶる存在に。30歳。

星野千鶴(.高野志穂)
冷静沈着な性格。麻子が役職定年となり、後任としてCSR部部長に抜てきされる。初めは麻子と対立していたが、自分がいざ仕事を引き継いだ時に麻子のすごさを知ることになる。38歳。

深山葵(山下リオ)…麻子の娘
できちゃった婚で結婚するも、夫に浮気される。母と同じ道は歩かないと宣言していたが、まるでその通りに。結婚し、出産を経て「育児ノイローゼ」に陥るも、必死に踏ん張る。27歳。

竹下由美(菊池桃子)
専業主婦。葵の親友の母親。つきあいは長く、夫に寄りかかる生き方に、麻子は「甘い」とバカにしていたが、やがて、その情報量の豊かさに、麻子の友人たちからも頼られる存在に!?50歳。

林田克子(藤真利子)
麻子のかつての上司。現在は再雇用制度にのっとって、総務部で週3日のみ働いている。なにかを始めるには遅いと感じていて、来たるべき定年に向けて準備不足であったことを悔やんでいる。61歳。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
南果歩主演で現代女性のセカンドライフを描くハートウォーミングドラマ! 
大手商社の部長にまで上り詰めたキャリアウーマンが、”役職定年”を言い渡されたことから始まる、恋あり笑いあり涙ありのハートウォーミングドラマ。岸本裕紀子のエッセーを原案に、NHK大河ドラマ「篤姫」「江~姫たちの戦国~」、「美女と男子」(NHK)の田渕久美子が脚本を手掛け、現代女性のセカンドライフを描く。

シングルマザーとして娘を育てながら仕事にまい進してきたが、再就職、介護などに直面し人生を見詰め直す主人公・深山麻子を、南果歩が演じる。そのほか、山口祐一郎、草刈民代、清水ミチコ、石野真子、町田啓太、山下リオ、寺脇康文、草笛光子らが共演する。



----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月7日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
53歳の深山麻子(南果歩)は、大手商社「角倉商事」の部長で、結婚を控えた娘の葵(山下リオ)と二人暮らし。新しいプロジェクトに向けて張り切っていた麻子だったが、突然、会社の合併話の余波で“役職定年”を言い渡され、食品事業部に配置転換となってしまう。アドバイザーという名目だが、実質は平社員で邪魔者扱いの麻子は、愚痴を聞いてもらうため大学時代からの友人たちと居酒屋で飲むことに。すると、隣の席から「女の仕事なんて」と話す男性の声が聞こえ、黙っていられなくなる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月7日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/7/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
麻子(南果歩)は大手商社の部長を務める53歳。結婚したばかりの娘・葵(山下リオ)は妊娠中だ。ところがある日、会社が役職定年制度を取り入れたことで麻子も異動に。部長という肩書をなくしショックの麻子は、友人の時子(草刈民代)らを呼び居酒屋で泥酔。居合わせた客の丈太郎(山口祐一郎)に食ってかかる。心機一転、頑張ろうと新しい部署・食品事業部に出勤した麻子は、現場の応援を頼まれ、そこで同僚の洋介(町田啓太)に出会う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月10日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/7/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
食品事業部アドバイザーとなった麻子(南果歩)は、自分の存在意義を見つけようと新たな仕事に挑むが失敗続きだ。そして社内の企画公募に名乗りを上げるも落選。同僚がその空回りぶりを陰でからかっているのを聞いてしまう。そんな中、麻子は大学時代の友人で客室乗務員の時子(草刈民代)が自ら退職届を出したと知る。自分を見つめ直した麻子は、会社を辞める決意をする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月17日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/7/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
会社を辞めた麻子(南果歩)は、娘・葵(山下リオ)の結婚式に出席。浮気で別れた元夫・聡(寺脇康文)からバージンロードを葵と歩きたいと懇願されるが、認める気にはなれない。そんな折、麻子は新しい仕事を探すため、ハローワークに通い始める。これまでの実績から、簡単に次の仕事が見つかると考えていた麻子だが、職員の芳恵(ふせえり)から「年齢の数だけ履歴書を書くこと」を要求され、現実の厳しさに気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年7月26日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/7/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
麻子(南果歩)は葬儀屋に就職する。毎日黒いスーツを着て、人の死に目に会う仕事に、麻子の気分は沈む。何とか故人や遺族のためにその人に合った別れの式を模索するものの、葬儀屋の常識通りに進めるべきだという先輩職員・奈美恵(南野陽子)は手厳しい。そんな中、丈太郎(山口祐一郎)の妻が突然亡くなり、その葬儀を麻子が担当することになる。妻の好きだった花をどうしても飾りたいという丈太郎の願いが、麻子を動かす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月2日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/8/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
再びハローワークに通い始めた麻子(南果歩)は、妻を亡くした丈太郎(山口祐一郎)を訪ねるが、気落ちした彼には慰めの言葉も響かない。そんな中、丈太郎は妻が生前書いた離婚届の存在を知る。一方、麻子はかつての部下・洋介(町田啓太)から告白されたことに戸惑うばかり。「23歳も年下の男性との恋はありなのか」と自信が持てないが、友人たちの後押しもあり、まずは一歩踏み出してみることに。そんな麻子にある仕事が舞い込む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月8日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/8/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 ハローワークに就業した麻子(南果歩)。葵(山下リオ)に子どもが生まれる中、仕事では若者支援の担当となり、3人の問題児を抱えて忙しい日々を送っていた。さらに、付き合う上での3カ月の‘お試し期間’も終わりを迎え、洋介(町田啓太)との関係に結論を出さなければならず、悩みは尽きない。そんな時、洋介がキスをしてきた。何十年ぶりかの感覚に心が揺さぶられる麻子だったが、どうしてもその気になれずにいて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月15日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/8/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
葵(山下リオ)の夫・雅人(長田成哉)に浮気疑惑が浮上。葵は娘を連れて実家に出戻る。麻子(南果歩)は自分のことを棚に上げて怒り狂う元夫・聡(寺脇康文)をたしなめ、葵に雅人と話し合うよう諭す。そんな中、聡の母・登美子(草笛光子)が骨折し、麻子が面倒を見ることに。ところが麻子は、「国の世話にはならない」と介護保険を断固拒否する登美子と対立。売り言葉に買い言葉で、ひどい言葉を浴びせてしまう。落ち込む麻子のもとに丈太郎がやって来る。

関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック