2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

(2017年メディアミックス作品)7月8日に映画公開される原作&コミック

kage

2017/07/08 (Sat)

とり

2017年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(7月8日全国公開)

7月8日(土)公開
・逆光の頃
・ヒトラーへの285枚の葉書
・メアリと魔女の花 
・結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 第3章 「やくそく」


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!







ジャンル:青春
  逆光の頃  【7月8日公開】

逆光の頃 新装版/太田出版

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
鬼才マンガ家・タナカカツキ、伝説の叙情派デビュー作ついに復刻。

思春期の少年と古都が擦過する、美しく儚きリリシズム!!

「日常と非日常、夢と現実、双方の世界を自在に行き来する少年時代のゆらめきときらめきを、京都の街を背景に少しでも伝えられたなら、どんなにいいだろうと思いました」(作者あとがきより)

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1ガロの王道を行く漫画の名作
京都を舞台に思春期の少年の不安定さや儚さを切り取った、叙情的ファンタジー

思春期の不安定な心情が「京都」という街と絶妙に絡み合って、この上なく素晴らしい仕上がりになっている。ガロの王道を行く漫画の名作。デビュー作がこれって…天才すぎて絶句!京都を舞台にした男子中学生ダイアリーなんですが、これがまた繊細でオシャレでリリカル。主人公の孝豊くんが、いい具合に素直でヘタレで勇敢なところが、またなんともずるい。そもそもこんなセンスのいい中学生の日常なんてないですやん。京都という幻想空間だからこそなんでしょうが、奇祭「牛祭り」の情景と幼少期に神に憑かれた記憶が入り混じる「摩吒羅神」の回とか、なかなかとんでもない表現で、心がぞわぞわする。パッと見はスッキリとした絵柄の植芝 理一のような感じです。お話的にも和風のリリカルでまとめられていて面白かった。こんなバックボーンがあるから、関西人の中でも京都人は他の関西人と違うと考えているのかも知れないと思った。



■映画ストーリー
伝統が息づき、国内外から大勢の観光客が訪れる京都で生まれ育った赤田孝豊(高杉真宙)は、どこにでもいそうな高校2年生。将来への漠然とした不安を抱きつつ、思春期真っ盛りの同級生たちとの日常や、幼なじみのみこと(葵わかな)へのひそかな恋などを経験しながら、少しずつ成長していく。

★映画チェック★
「コップのフチ子」の企画・原案や「バカドリル」などで知られる漫画家タナカカツキのコミックを実写映画化。京都の街を舞台に、高校2年生の少年の揺れ動く心や青春の輝きを描く。主人公を『仮面ライダー鎧武』シリーズなどの高杉真宙、彼が恋心を抱く幼なじみを『ホラーの天使』などの葵わかなが演じる。『ぼんとリンちゃん』で高杉と組んだ小林啓一がメガホンを取る。


■スタッフ
監督・脚本: 小林啓一
原作: タナカカツキ
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年7月8日 (新宿シネマカリテほか)
上映時間:1時間7分
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

■キャスト(役柄:俳優)
赤田孝豊: 高杉真宙
みこと: 葵わかな





ジャンル:戦争
  ヒトラーへの285枚の葉書 【7月8日公開】

ベルリンに一人死す/みすず書房

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
1940年、ベルリンの街はナチスの恐怖政治に凍りついていた。政治のごたごたに関わらないよう静かに暮らしていた職工長オットー。しかし一人息子の戦死の報せを受け取ったのち、彼と妻アンナは思いもかけぬ抵抗運動を開始する。ヒトラーを攻撃する匿名の葉書を公共の建物に置いて立ち去るのだ。この行為はたちまちゲシュタポの注意をひき、命懸けの追跡劇が始まる…。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1肺腑をえぐり、心胆を寒からしめる……ル・カレのようなサスペンス  
1940年、ベルリンの街はナチスの恐怖政治に凍りついていた。職工長オットーは、息子の戦死の報せを受け取った後思いもかけぬ抵抗運動を開始する…。60年以上を経て、今世界を震撼させるリアリズム小説の傑作。家具工場の職工長の男とその妻が起こしたナチスへの小さな抵抗の物語。重い主題だがテンポがよくスリル抜群でぐいぐい読める。人気作家のほぼ同時代小説ということで、勢いと生々しさを感じる。大作だけどそれを感じさせない読みやすさ。色々興味深く、考えさせられる。陰惨な展開の中にも時折漂うユーモアが好ましかった。全ての登場人物、特に寡黙なオットーが話す台詞はどれも心に残るものばかりで、自分のほんの近くしか見えていない生き方を思うと全く他人事ではありません。また、ゲシュタポの尋問や監房の描写は非常に真に迫っており、恐怖を覚えました。 クヴァンゲル夫妻の生き方は大きな問いを投げかける。命あっての物種。ひどい時代はじっと身を潜めて。そんな考え方は決して間違いではないけれど、勇気をもって違う選択を貫いた人々もいた。




■映画ストーリー
1940年6月、フランスがドイツに屈して間もなく、ベルリンで慎ましい生活を送るオットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)夫妻は一通の書状を受け取る。それは愛する一人息子ハンスの戦死の知らせで、二人は悲しみに暮れる。その後ペンを執ったオットーは、アドルフ・ヒトラー総統を非難する内容の文章をしたため……。

★映画チェック★
『天使の肌』で監督も務めた俳優のヴァンサン・ペレーズがメガホンを取り、ハンス・ファラダの小説を映画化。実話を基に、ペンと葉書でアドルフ・ヒトラー率いる政権にノーを突き付けたごく普通の労働者夫婦の勇気ある行動を描写する。『ハワーズ・エンド』などのエマ・トンプソンと『ヒットマンズ・レクイエム』などのブレンダン・グリーソンが妻と夫を熱演。強大な相手にもひるむことなく立ち向かった市井の人々の足跡に胸が締め付けられる。


■スタッフ
原作: ハンス・ファラダ
監督: ヴァンサン・ペレーズ
共同脚本: アヒム・フォン・ボリエス
製作: シュテファン・アルント / ウーヴェ・ショット / マルコ・パッキオーニ / ジェームズ・シェイマス / ポール・トライビッツ / クリスチャン・グラス / マイケル・シール
英題:ALONE IN BERLIN
製作年:2016年
製作国:ドイツ/フランス/イギリス
日本公開:2017年7月8日
上映時間:1時間43分
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
後援:ドイツ連邦共和国大使館

■キャスト(役柄:俳優)
アンナ・クヴァンゲル: エマ・トンプソン
オットー・クヴァンゲル: ブレンダン・グリーソン
エッシャリヒ警部: ダニエル・ブリュール
ミカエル・パーシュブラント
モニーク・ショーメット
ヨアヒム・ビスマイヤー
カトリン・ポリット
ラース・ルドルフ
ウーヴェ・プロイス





ジャンル:ファンタジー
 メアリと魔女の花   【7月8日公開】

新訳 メアリと魔女の花 (角川文庫)/KADOKAWA

¥価格不明
Amazon.co.jp

新訳 メアリと魔女の花/KADOKAWA

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
夏休みに親元を離れ、田舎で暮らすことになったメアリは、退屈な日々を過ごしていた。ある日、黒ネコのティブと出会い、七年に一度しか咲かない不思議な力をもつ花“夜間飛行”を見つける。庭にあったほうきに、夜間飛行の花の汁がつくと、突然ほうきは空高く舞いあがり、メアリは魔女の学校へと連れていかれ…。少女の成長と、ドキドキハラハラの大冒険を丁寧に描いた魔法ファンタジーの傑作!読みやすい新訳で登場。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1魔法の花の力で1日だけ魔女になった少女の物語。
一夜かぎりの魔法を使えるようになったメアリは、ほうきで飛び立つ! 
その先には、信じられないような冒険が待っていた──  

「借りぐらしのアリエッティ」、「思い出のマーニー」の米林宏昌監督最新作「メアリと魔女の花」原作を、新たに翻訳刊行。夏休み、ある事情から田舎に預けられることになった少女メアリ。退屈な毎日を嘆き、兄と姉を羨んでばかりいた彼女は、ある花を見つける・・・。少女が魔法を使えるのは、花が咲いているあいだだけ──!女の子、不思議な花、魔法、黒猫、呪文。薄い本の中に女の子が喜びそうな要素が詰まっている。平凡だった女の子が、勇気を出してもう一度飛び立つ場面はとっても素敵。こんな風に、自分のためじゃなく自分以外の誰かのために頑張ろうと思えた時に、人は成長していくのかも知れない。主人公のメアリが魔法の花の力で1日だけ魔女になってからの展開がけっこう早くて、あっという間に結末を迎えてしまった。空での夜の逃亡劇はなかなか迫力があったので、映像で観た方が楽しめるかも。展開も早く分かりやすいお話なのでメアリのワクワク・ドキドキ・ハラハラの大冒険に、大人も子どもも、夢中になれそう。猫が活躍する。




■映画ストーリー
無邪気で不器用な少女メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花“夜間飛行”を見つける。この花は、魔女の国から盗み出された禁断の花だった。一夜限りの不思議な力を得たメアリは、魔法大学“エンドア”への入学を許されるが、あるうそをついたことから大事件に発展してしまい……。

★映画チェック★
『借りぐらしのアリエッティ』などの米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後、プロデューサーの西村義明が設立したスタジオポノックで制作したアニメ。メアリー・スチュアートの児童文学を基に、魔女の国から盗み出された禁断の花を見つけた少女の冒険を描く。少女メアリの声を務めるのは、『湯を沸かすほどの熱い愛』やNHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などの杉咲花。脚本を『かぐや姫の物語』などの坂口理子、音楽を『思い出のマーニー』などの村松崇継が手掛ける。


■スタッフ
原作: メアリー・スチュアート
脚本: 坂口理子
脚本・監督: 米林宏昌
音楽: 村松崇継
プロデューサー: 西村義明
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年7月8日 (全国東宝系)
上映時間:1時間43分
制作:スタジオポノック
製作:「メアリと魔女の花」製作委員会
配給:東宝
主題歌: SEKAI NO OWARI

■キャスト(役柄:声の出演)
メアリ: 杉咲花
ピーター: 神木隆之介
マダム・マンブルチューク: 天海祐希
ドクター・デイ: 小日向文世
赤毛の魔女: 満島ひかり
フラナガン: 佐藤二朗
バンクス: 渡辺えり
シャーロット: 大竹しのぶ





ジャンル:ファンタジー
 結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 第3章 「やくそく」   【7月8日公開】

結城友奈は勇者である ビジュアルファンブック (電撃単行本)/著者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

結城友奈は勇者である (1) (電撃コミックスNEXT)/かんの糖子

¥価格不明
Amazon.co.jp

結城友奈は勇者である (2) (電撃コミックスNEXT)/かんの糖子

¥価格不明
Amazon.co.jp

結城友奈は勇者部所属 (3) (電撃コミックスEX)/娘太丸

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
これは、三人の勇者の物語。神に選ばれた少女達のおとぎ話。いつだって、神に見初められるのは無垢なる少女である。そして多くの場合、その結末は―。TVアニメ『結城友奈は勇者である』の2年前の世界―先代の勇者達の戦いを描くイラストノベル。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1小さな勇者たちの物語これは三人の勇者の物語
神に選ばれた少女たちの見てきた世界。結城友奈より2年前、東郷美森が鷲尾須美の名を借りて、勇者として戦った過去編。快活な少女三ノ輪銀、柔らかな淑女の園子、一途に真面目な主人公須美。残酷な現実を突きつけられて、尚戦い抜く彼女達の歩みには込み上げてくるモノがありますね。彼女達の救済を願わずにはいられません。しかし多くの場合、その結末は――。快活な少女三ノ輪銀、柔らかな淑女の園子、一途に真面目な主人公須美。残酷な現実を突きつけられて、尚戦い抜く彼女達の歩みには込み上げてくるモノがありますね。世界の状態やらバーテックスの正体やら散華システムの事やらについてはアニメでも園子が語っていたのでそこら辺の目新しい真実と言うのは無かった様に思えますが、文字通り命を張って時を稼いだ物語なので読んでいて辛い物がありました。、「結城友奈は勇者である」の最終話まで見届けてほしいなぁと思う――そんな内容となっています。




TVアニメ「結城友奈は勇者である」第2期10月放送スタート!
内容は「鷲尾須美は勇者である」と「結城友奈は勇者である」第1期の続編「結城友奈は勇者である -勇者の章-」。前半6話にあたる「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-」は放送に先駆けて2017年3月、4月、7月の全3章構成で先行劇場上映も決定!!


■「結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-」作品概要
結城友奈の章へと至る、小さな勇者たちの物語。
これは三人の勇者の物語。神に選ばれた少女たちのおとぎ話。
いつだって、神に見初められるのは無垢な少女である。
そして多くの場合、その結末は――。

TVアニメ『結城友奈は勇者である』の2年前、神世紀298年の世界を描いたイラストノベル『鷲尾須美は勇者である』をベースに、岸誠二、上江洲誠、タカヒロ、BUNBUN、スタジオ五組をはじめとするメインスタッフが再集結して贈る完全新作。先代の勇者たちに託された使命と勇気とそして秘密の物語を放送に先駆けてこの春、先行上映。

■映画ストーリー
小学6年生の鷲尾須美は、神樹によって同級生の乃木園子、三ノ輪銀と共に世界を守る勇者に選ばれる。彼女たちは、お役目と呼ばれる数々の戦いを経て結束を固めていった。一方で、次第にパワーを増していく敵に合わせて進化する“勇者システム”は、小学生の彼女たちにとって辛いものになっていく。

★映画チェック★
テレビアニメ「結城友奈は勇者である」の前日譚(たん)となるイラストノベル「鷲尾須美は勇者である」を基にしたシリーズ第3弾。神によって世界を守る勇者に抜てきされた3人の女子小学生が、強大な敵に立ち向かっていく姿を追う。シリーズ同様、総監督の岸誠二、ボイスキャストの三森すずこ、花澤香菜、花守ゆみり、佐藤利奈らが集結。激しくなる戦いに翻弄(ほんろう)される少女たちの運命に注目。


■スタッフ
企画原案・脚本: タカヒロ
総監督: 岸誠二
監督: 福岡大生
シリーズ構成・脚本: 上江洲誠
キャラクターデザイン原案: BUNBUN
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督: 酒井孝裕
コンセプトアート: D.K&JWWORKS
音楽: 岡部啓一 / MONACA
エンディングテーマ: 三森すずこ / 花澤香菜
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年7月8日
上映時間:58分
配給:ポニーキャニオン
アニメーション制作:Studio五組
原作: Project 2H

■キャスト(役柄:声の出演)
鷲尾須美: 三森すずこ
乃木園子: 花澤香菜
三ノ輪銀: 花守ゆみり
安芸先生: 佐藤利奈

関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック