2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

(2017年メディアミックス作品)7月15日に映画公開される原作&コミック

kage

2017/07/15 (Sat)

とり

2017年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(7月15日全国公開)

7月15日(土)公開
・カーズ/クロスロード
・彼女の人生は間違いじゃない
・劇場版 ポケットモンスター キミにきめた!
・ノーゲーム・ノーライフ ゼロ


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!








ジャンル:キッズ
 カーズ/クロスロード   【7月15日公開】

カーズ/クロスロード (ディズニーアニメ小説版)/スーザン・フランシス

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
今やベテランとなった天才レーサー、マックィーン。順風満帆の彼を待ち受けていたのは、最新ハイテクカーの台頭と、レース人生をゆるがす大クラッシュだった。このまま終わってしまうのか? それともーー? マックィーンは新しい相棒クルーズとともに人生の岐路(クロスロード)に立ち、運命の決断をせまられる。ディズニー/ピクサーによる、大人気シリーズ第3弾。




■映画ストーリー
迷い込んだ田舎町ラジエーター・スプリングスで、ドック・ハドソンをはじめとする心優しい仲間との触れ合いを経て、自分勝手だった性格を改めたスポーツカーのライトニング・マックィーン。目覚ましい活躍を見せてきたマックィーンだったが、最新型レーサーが次々と台頭してきて苦戦を強いられる。いつまでも第一線にいたいという焦りに駆られたマックィーンは、ある日レース中にクラッシュ事故に遭遇。運にも世間にも見放され、頭の中に引退という文字がちらつき……。

★映画チェック★
自動車たちの世界を舞台に、スポーツカーのライトニング・マックィーンの活躍を描いた人気シリーズの第3弾。最新型のレーサーに勝てなくなった上に、事故でクラッシュしてしまった彼が引退を考えて苦悩する姿を、仲間たちとの絆を絡めながら追う。監督を務めるのは、『カーズ』シリーズなどに携わってきたブライアン・フィー。シリーズ前2作の監督でもあるジョン・ラセターが製作総指揮を務める。


■スタッフ
監督:ブライアン・フィー
製作総指揮:ジョン・ラセター
製作:ケヴィン・レハー
共同製作:アンドレア・ウォーレン
脚本:ボブ・ピーターソン
英題:CARS 3
製作年:2017年
製作国:アメリカ
日本公開:2017年7月15日
上映時間:1時間49分
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

■オリジナルキャスト(役柄:声の出演)
ライトニング・マックィーン:オーウェン・ウィルソン
クルーズ・ラミレス:クリステラ・アロンツォ
ジャクソン・ストーム:アーミー・ハマー
スターリング:ネイサン・フィリオン
スモーキー:クリス・クーパー
ナタリー・サートゥン:ケリー・ワシントン
ミス・フリッター:リー・デラリア


■日本版キャスト(役柄:声の出演)
ライトニング・マックィーン:土田大
クルーズ・ラミレス:松岡茉優
ジャクソン・ストーム:藤森慎吾
サリー:戸田恵子
ボブ・カトラス:赤坂泰彦
ダレル・カートリップ:福澤朗
***
メーター:山口智充





ジャンル:ドラマ
 彼女の人生は間違いじゃない   【7月15日公開】

彼女の人生は間違いじゃない (河出文庫)/河出書房新社

¥価格不明
Amazon.co.jp

彼女の人生は間違いじゃない/河出書房新社

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
震災後、恋人とうまく付き合えなくなったみゆき。父と二人で、仮設住宅に暮らす彼女は、週末、高速バスで上京し、デリヘルのバイトを始める。福島と東京、市役所職員とデリヘル嬢―二つの間を往き来する彼女の、生きるための闘いを描く感動作。話題の映画監督が、自身の故郷を舞台に書いた初小説を、映画化!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 フィクションではあるが、痛切。
フクシマの今を描く、映画監督・廣木隆一の初小説。 

仮設住宅に住む役所勤めのみゆき。震災後、恋人とぎくしゃくする彼女は、週末になると深夜バスで東京に行く。遊びにではない。彼女はデリヘルで働く。しかし生活にものすごく困窮しているわけではない。決してラクではないが、いわきで暮らしていける。なのにデリヘル。しかも東京。みゆきは、フクシマではない場所で生活していたら、人生は違っていたと、考える。だから東京に行くのである。津波と原発……彼女はその思いを消し去りたいとさえ思う。震災が奪ったものは、形あるものばかりじゃなくて、心ももっていってしまった。自分を変えたいけど、変えられないもどかしさは誰にでもある。ましてや、周りが震災など同じ境遇であれば、なおさら抜け出しにくい。登場する其々が立ち止まった時間はムダではなかった。決してハッピーエンドなどではないが…。みゆき以外の登場人物にも、おそらく暗い未来が待っていることさえ暗示させる。巻末…其々が前に進みはじめる姿で少しは救われた気持ちがした。文章は淡々としているが、伝わってくるものが大きい。廣木監督の映画が好きなので、この作品の映画化もとても楽しみである。




■映画ストーリー
東日本大震災からおよそ5年がたった福島県いわき市。市役所に勤めている金沢みゆき(瀧内公美)は、週末になると仮設住宅で一緒に暮らす父親・修(光石研)に英会話教室に通うとうそをつき、高速バスで東京へ行き渋谷でデリヘル嬢として働いていた。ある日、元恋人の山本(篠原篤)からやり直したいと迫られるが、別れる原因にもなった震災で死んだ母をめぐる彼の言葉を思い出してしまう。さらに、震災で妻を亡くし、仕事を失ったことから立ち直れずにいる父親にいら立ちを募らせる。

★映画チェック★
福島県と東京を舞台にしたヒューマンドラマ。週末ごとに東京で風俗嬢として働く女性とその周囲の人々の姿を描く。『やわらかい生活』『PとJK』などの廣木隆一が執筆した小説を、自らがメガホンを取って映画化。『グレイトフルデッド』などの瀧内公美、テレビドラマ「バイプレイヤーズ ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」などの光石研、『横道世之介』などの高良健吾、『俺たちに明日はないッス』などの柄本時生らが顔をそろえる。


■スタッフ
監督・原作: 廣木隆一
主題歌: meg
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年7月15日 (ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか)
上映時間:1時間59分
提供:ギャンビット
提供・配給:ギャガ

■キャスト(役柄:俳優)
金沢みゆき: 瀧内公美
金沢修: 光石研
三浦秀明: 高良健吾
新田勇人: 柄本時生
山本健太: 篠原篤
山崎沙緒里: 蓮佛美沙子





ジャンル:キッズ
 劇場版 ポケットモンスター キミにきめた!   【7月15日公開】

劇場版ポケットモンスター キミにきめた! Remix (てんとう虫コミックススペシャル)/河本 けもん

¥価格不明
Amazon.co.jp

劇場版ポケットモンスター キミにきめた! (小学館ジュニア文庫)/首藤 剛志

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
サトシとピカチュウ、ふたりの絆の物語!

マサラタウンに暮らす少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得る10歳の誕生日を迎える。オーキド研究所でパートナーになるポケモンをもらうはずが、寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしないピカチュウだけで・・・!?
「キミはオレがキライ? オレはキミが好きだよ!」ぶつかり合いながらも友情を深めていくふたりは、旅立ちの日に見た伝説のポケモン・ホウオウに再び会いに行くことを誓うが、そこに強敵が。ふたりはホウオウにたどり着くことができるのか―!?

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1サトシとピカチュウの「出会い」と「約束」の物語。
「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」を丁寧にコミカライズ!  

あたり前のようにいつも一緒なサトシとピカチュウですが、意外にその原点は知られていません。サトシとピカチュウという名コンビのはじまりが本作で明らかに!人間に懐かないピカチュウに手を焼きつつも、しだいに絆を次第に深めていくコンビの旅模様が描かれます。その道中ではライバルや仲間といった多くの人との出会いはもちろん、ホウオウをはじめとした伝説のポケモンたちとの邂逅も描かれます。誰もが知っている名コンビの原点に迫る本作は全ポケモンファン必読の書です。こんなはじまりだったのか! と改めて知るとよりこのコンビの冒険が楽しく見られますよ。単に懐かしいだけではなく、最新のポケモンとのバトルも満載ですのでお楽しみに!!




■映画ストーリー
ポケモントレーナーになる資格が得られる10歳の誕生日を迎えたサトシは、ポケモンのピカチュウに出会う。人間に懐かなかったピカチュウと友情を育み、世界一のポケモンマスターになるべく旅立つことになったサトシ。出発の日、サトシとピカチュウはいつか伝説のポケモン、ホウオウに会いにいくことを誓う。そして、旅の途中でホウオウについての言い伝えを聞いたサトシとピカチュウは、ホウオウが住むテンセイ山へ向かう。

★映画チェック★
テレビシリーズ放送開始20周年を記念し、第1回放送のラストシーンでサトシとピカチュウが誓ったホウオウ捜しの冒険を完全オリジナルで描く劇場版アニメ。伝説のポケモン、ホウオウに会いにいこうと約束したサトシとピカチュウが、世界一のポケモンマスターになるべく旅をしながら、ホウオウの住む山を目指す姿を活写する。監督の湯山邦彦、松本梨香や大谷育江といったおなじみのスタッフ・キャストのほか、本郷奏多、佐藤栞里、山寺宏一、中川翔子、古田新太が声優として特別出演している。


■スタッフ
原案: 田尻智
監督: 湯山邦彦
エグゼクティブプロデューサー: 岡本順哉 / 宮原俊雄
プロデューサー: 下平聡士 / 松山進 / 知久敦 / 片上秀長
脚本: 米村正二
アニメーションプロデューサー: 加藤浩幸
キャラクターデザイン・総作画監督: 一石小百合
キャラクターデザイン: 松原徳弘
音響監督: 三間雅文
音楽: 宮崎慎二
主題歌: 松本梨香
ナレーション: 石塚運昇
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年7月15日
製作:ピカチュウプロジェクト
配給:東宝

■キャスト(役柄:声の出演)
サトシ: 松本梨香
ピカチュウ: 大谷育江
ムサシ: 林原めぐみ
コジロウ: 三木眞一郎
ニャース: 犬山イヌコ
ソウジ: 本郷奏多
マコト: 佐藤栞里
ボンジイ: 古田新太
ジョーイ: 中川翔子
マーシャドー: 山寺宏一






ジャンル:家族/兄妹
 ノーゲーム・ノーライフ ゼロ   【7月15日公開】

ノーゲーム・ノーライフ1ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです (MF文庫J)/KADOKAWA/メディアファクトリー

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
ニートでヒキコモリ、だがネット上では都市伝説とまで囁かれる天才ゲーマー兄妹・空と白。世界を「クソゲー」と呼ぶそんな二人は、ある日“神”を名乗る少年に異世界へと召喚される。そこは神により戦争が禁じられ、“全てがゲームで決まる”世界だった―そう、国境線さえも。他種族に追い詰められ、最後の都市を残すのみの『人類種』。空と白、二人のダメ人間兄妹は、異世界では『人類の救世主』となりえるのか?―“さぁ、ゲームをはじめよう”。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1二人のダメ人間は、異世界で人類の救世主となりえるのか?  
ゲームで全てを手にすることができる異世界に召喚された、常勝無敗のゲーマー兄妹が主人公ですが、いわゆるライアーゲーム的な内容にはなく、むしろ雰囲気ごり押しのバトル漫画に近いです。6巻までを読みましたが、内容は巻を重ねるごとに面白くなっていく感じです。作者は現イラストレーター・漫画家・小説家と、一人で創作活動を完結できる力量を持つ、という点にまず驚きました。独特の色遣いによる今風で可愛いイラスト(挿絵)、読みやすい文章により綴られた物語の両方が高いレベルにあると思います。創作を志す者にとっては一種の理想形なんじゃないかなと思ってしまいました。設定も面白く、文体も個性ですから、これはこれでありだと思います。








■映画ストーリー
全てゲームで決着をつける「盤上の世界(ディス・ボード)」が創造されるよりはるか昔、世界では唯一神の座をめぐる争いが続いていた。あらゆる種族に追いやられた人間たちを率いる若きリーダーのリクは、ある日、機械の少女シュヴィと出会う。心に興味を持ったことでエラーを起こしたシュヴィは、リクに人間の心を教えてほしいと頼み込む。

★映画チェック★
榎宮祐のライトノベルを基にしたテレビアニメの前日譚(たん)となる、大戦の時代を描いた劇場版。争いが禁じられた代わりに全てがゲームで決まる「盤上の世界(ディス・ボード)」ができるずっと以前、大戦が続く世界で存亡が危ぶまれた人間の若きリーダーと、人間の心を知りたいと願う機械でできた少女を中心とした物語が描かれる。松岡禎丞や茅野愛衣らが、テレビアニメ版に続いてキャラクターの声を担当している。


■スタッフ
原作・キャラクター原案: 榎宮祐
監督: いしづかあつこ
脚本: 花田十輝
キャラクターデザイン: 田崎聡
コンセプトアート: ホッチカズヒロ
美術監督: 岩瀬栄治
美術設定: 大平司
色彩設計: 大野春恵
3D監督: 鈴木正史
撮影監督: 川下裕樹 / 伏原あかね
編集: 木村佳史子
音楽: 藤澤慶昌
音響監督: 明田川仁
音響効果: 小山恭正
音響制作: マジックカプセル
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年7月15日
上映時間:1時間48分
アニメーション制作:MADHOUSE
音楽制作:KADOKAWA
配給:角川ANIMATION
製作:ノーゲーム・ノーライフ ゼロ製作委員会

■キャスト(役柄:声の出演)
リク: 松岡禎丞
シュヴィ: 茅野愛衣
コローネ・ドーラ: 日笠陽子
ジブリール: 田村ゆかり
ノンナ・ツェル: 井口裕香
シンク・ニルヴァレン: 能登麻美子
初瀬いづな: 沢城みゆき
テト: 釘宮理恵



関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック