2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

(野球を読む)完全保存版 高校野球100年:蘇る名勝負 永遠のヒーロー/週間朝日編集部、朝日新聞出版 (編)

kage

2017/07/30 (Sun)

2017年7月の特集本
野球を読む

熱闘!高校野球のシーズンももうすぐだ!!

良い試合は、いつまでも人々の記憶に残っている。

野球ファンなら、感動し、震えた試合が心に刻まれているだろう。

青春のすべてを掛けて甲子園を目指す球児から、野球を職業に選んだプロ野球選手の葛藤まで。

ルールがわからなくても熱くになれる、もとから好きな人はもっと激アツ!になれる、

熱い、アツイ!、”読む野球本”をご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

あの激闘、あの感動を思い出す
読んで眺めて、高校野球100年

高校野球は、”終わりがあるから美しい”と、言われている。

だがそれは終わりではない。

書物を読んで、眺めて、ふれるだけで、記憶の片隅に眠っていた”あの感動”が蘇ってくるはず…・・・・。

ここではそんな新書とムックを紹介!

 完全保存版 高校野球100年:蘇る名勝負 永遠のヒーロー
 /週間朝日編集部、朝日新聞出版 (編)


完全保存版 高校野球100年/朝日新聞出版

¥価格不明
Amazon.co.jp


Arikaアイコン(小)1あの名勝負がよみがえる――
1915年に高校野球がはじまって2015年で100年。

全国の球児が白球を追い、甲子園を目指し、数えきれないドラマがあった。1969年、松山商(愛媛)対三沢(青森)が死闘を繰り広げた2日にわたる決勝戦、超攻撃型野球の代表格、名将蔦文也監督率いる池田(徳島)の「やまびこ打線」、 PL学園(大阪)・桑田真澄、清原和博「KKコンビ」最後の夏、駒大苫小牧(南北海道)・田中将大と早稲田実業(西東京)・斎藤佑樹の鬼気迫る投手戦――。今なお色あせない名勝負、名シーン、球場を沸かせたヒーロー列伝。

松坂大輔、ダルビッシュ、松井秀喜などの高校野球で活躍したヒーローたちをグラビアで掲載するほか、横浜対PL学園(80回)、、駒大苫小牧対早実(88回)などの名勝負、名監督や名選手、グラダッグアウトでの出来事などを、球場に刻まれたナインたちの歴史を、選りすぐりの写真と文章、データーで紹介するA4変形のムック本。大会記録、都道府県別出場校の記録などデータも充実。高校球児たちの熱い思い、息遣い、迫力、闘志が、誌面からあふれている。汗と涙にまみれた青春、100年の物語。




関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック