2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

第157回直木賞受賞作品特集!

kage

2017/08/01 (Tue)

直木賞157
平成29年/2017年上半期
└[ 対象期間 ]─平成28年/2016年12月1日~平成29年/2017年5月31日
平成29年/2017年7月19日決定発表

直木三十五の名を記念して、芥川賞と同時に昭和10年に制定された。

直木賞…”大衆文芸”を対象とした作品。
各新聞・雑誌(同人雑誌を含む)あるいは単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品中最も優秀なるものに呈する賞(応募方式ではない)。

大衆文芸とは?…「娯楽性」「商業性」を重視!
大衆小説(たいしゅうしょうせつ)、大衆文学(-ぶんがく)とは、純文学に対して、芸術性よりも娯楽性・商業性を重んじる小説の総称である。「娯楽小説」「娯楽文学」も同義語。「通俗小説」「通俗文学」とも呼ばれた。


■直木賞選考委員
浅田 次郎、伊集院静、北方謙三、桐野夏生、高村薫、林真理子、東野圭吾、宮城谷昌光、宮部 みゆき(敬称略)

Arikaメダル1第157回直木賞受賞

 月の満ち欠け/佐藤正午(著)

月の満ち欠け 第157回直木賞受賞

----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
あたしは、月のように死んで、生まれ変わる――

目の前にいる、この七歳の娘が、いまは亡き我が子だというのか?

三人の男と一人の少女の、三十余年におよぶ人生、その過ぎし日々が交錯し、幾重にも織り込まれてゆく。

この数奇なる愛の軌跡よ!

新たな代表作の誕生は、円熟の境に達した畢竟の書き下ろし。

さまよえる魂の物語は戦慄と落涙、衝撃のラストへ。

第157回直木賞受賞。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■
Arikaアイコン(小)1生死超えて遂げる、前世の思い
欠けていた月が満ちるとき、喪われた愛が甦る。

死に方には二種類ある。樹木のように子孫を残す死に方と月のように何度でも生まれ変わる死に方。これは何度でも生まれ変わって出会いと別れを繰り返す男女の愛の物語。月が欠けて新月になったとしても、実体は見えないだけで消滅しておらず、人と人との出逢いも必然的で、何処かで繋がってやがて姿を現すと考えると、人の命が一回性のものだという読者にはSFに見え、彼女の転生の理由が気になる読者にはホラーに見えてくる。生まれ変わりを一途と取るか執着と取るか、奇跡と取るか呪いと取るか…どちらにしろ、したたかで真っ直ぐで傍若無人な根深い想いだろうと痛感させられる。もしかしなくても純愛とホラーって紙一重かもね。純愛と言えばそうなのだろうけれど、ここまで来るともはやホラーとも言える。

瑠璃はまさにファム・ファタルで。振り回される周りがお気の毒なくらい空恐ろしい愛の側面。愛であり残酷であり立場によって違うけれど、瑠璃は自分の望みを叶えた結果になったけど、もし三角が死んでたら瑠璃と同じように生まれ変われてたのかなと考えると、一時の想いで済んでたような気がします。執着心だけで言えば正木のほうが上な気がします。たとえば不慮の事故で亡くなり、でも生まれ変わって愛する人を探す。一見美談のようだけど、生まれ変わった7歳の少女の親の気持ちになるとちょっとな・・・。自分の娘が7歳の時、今50代になった男性と前世で恋人で、再会するために生まれ変わった、会いたい。とか言われたらなんか嫌だぁ‼ 生まれ変わって巡り会うのが親や祖父母やペットなら良いけど、恋人や妻となると幸せかどうかちょっと…。巡りあっても年齢差はきっと壁になる気がするなぁ。それにしても転生をこんなにも業の深いものとして描いた小説というのは初めて出会ったかも。

二つの死に方、私なら樹木のように子孫を残す方を選びたい。万が一私が生まれ変わって配偶者の前にそんな風に現れたらどうなんだろう?きっと信じてもらえないし拒絶されるんだろうな。だから、あの世で待っていてもらって再会できれば私は良いかな。直木賞受賞作ということは別にしても、実に巧みに構築されている小説だと思う。説明的でも無く感動ものでも無い、ただ語られるだけという清々しさは、ここ数回ハズレだと思っていた直木賞に久しぶりに興味を呼び起こさせる受賞作でした。物語の構成が複雑に入り組んでいるため、途中で誰が誰の生まれ変わりだったっけなと分からなくなるのので、もう少し余裕があるときに時間をかけて読んでみたい。



■著者略歴■
佐藤正午(さとう・しょうご)
1955年長崎県佐世保市生まれ。
北海道大学文学部国文科中退。
アルバイト生活をしながら小説を書き、昭和58年/1983年にすばる文学賞を受賞して作家デビュー。

受賞歴・候補歴
第7回すばる文学賞(昭和58年/1983年)「永遠の1/2」
|候補| 第2回山本周五郎賞(昭和63年/1988年度)『個人教授』
|候補| 第63回日本推理作家協会賞[長編及び連作短編集部門](平成22年/2010年)『身の上話』
第6回山田風太郎賞(平成27年/2015年)『鳩の撃退法』
第157回直木賞(平成29年/2017年上期)『月の満ち欠け』

1983年のビュー作『永遠の1/2』ですばる文学賞受賞作家
岩波書店、初めての直木賞受賞作品になりました。なお、芥川賞は未受賞です。
岩波書店では買い切り制度を取っているため、書店にどれだけ並べられるか楽しみでもありますね。





第157回直木賞 候補作品

 会津執権の栄誉/佐藤巖太郎(著)

会津執権の栄誉/文藝春秋

¥価格不明
Amazon.co.jp

(2011年『夢幻の扉』でオール読物新人賞受賞)

----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
相次ぐ当主の早世により、男系の嫡流が途絶えた会津守護、芦名家。

近隣の大名から婿養子として当主を迎えることになったが、それをきっかけに家中に軋轢が生じる。

一触即発の家臣たちをなんとかまとめていたのは家臣筆頭であり「会津の執権」の異名を持つ金上盛備。

しかし彼も老齢にさしかかり、領土の外からは伊達政宗の脅威が迫っていた。

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Arikaアイコン(小)1東北の名家の滅亡を描いた連作短編集。
マイナーな武将で地味っちゃ地味だが全体的な印象として、とてもクールだ‼

「会津の執権」と呼ばれた家臣筆頭の金上盛備と彼を取り巻く家臣ら、仕える者の様々な「武士の苦悩」を、緊迫する戦乱の場面から鮮やかに切り取って見せる連作短編集。会津の戦国大名の芦名家は四百年続く名家だが、当主の血筋が絶えた為に常陸の大名・佐竹家から当主を養子として迎えた事から家臣団に綻びが生じ始める。家臣五人と伊達政宗の六人がそれぞれの章の主人公となって時系列に物語は進む。最後は伊達に破れると分かっていても芦名家に感情移入して読んでしまう。そして最終章で秀吉の軍門に下る政宗にも義と悲哀を感じる。

各編それぞれ味わいがあり余韻が残る物語。登場人物たちの生き様や葛藤が伝わってきた。歯切れ良い文章と、美しく小気味、よい締め方。著者の筆力を感じる。削ぎ落とされた文体で感動の押し売りもないが、武士の一分的良さはある。敗者の苦悩が描ききっている。非常に武骨なタッチの、これぞ時代小説という読み応え。それぞれ独立した短編なのがまたジワジワと効いてくる。直木賞は残念でしたが、今後に大期待です。

会津と言うと歴史的に色々あるけど、知られているのは断然、幕末の京都守護職から戊辰戦争のところ。安土桃山時代の会津といえば伊達政宗の牽制として蒲生氏郷を移封。さらに氏郷死去後の混乱で上杉景勝の越後からの移封が有名だが、その以前となると断片的に薄~くしか知られていない。歴史小説って誰を主人公にするのかって大きいよねぇ。有名人は大体抑えられるてし、無名すぎると資料も無いし。会津執権と芦名氏、私は知りませんでしたが、いい素材。マイナーな武将で地味っちゃ地味だが全体的な印象として、とてもクールだ‼


■著者略歴■
佐藤巖太郎(さとう・がんたろう)
1962年福島県生まれ。
中央大学法学部法律学科卒。
会社員を経て、平成23年/2011年にオール讀物新人賞を受賞して作家デビュー。

受賞歴・候補歴
第91回オール讀物新人賞(平成23年/2011年)「夢幻の扉」
第1回決戦!小説大賞(平成28年/2016年)「啄木鳥」
|候補| 第157回直木賞(平成29年/2017年上期)『月の満ち欠け』




 敵の名は、宮本武蔵/木下昌輝 (著)

敵の名は、宮本武蔵/KADOKAWA

¥価格不明
Amazon.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
自らの命と引き替えに、その強さを知った―剣聖と呼ばれた男の真の姿とは―。

7人の敗者たちから描く、著者渾身の最新歴史小説。

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Arikaアイコン(小)1敗者の視点からの宮本武蔵像‼
「宮本武蔵」と戦った剣豪たちの「死に行く様」を綴った連作短編。

宮本武蔵の敵として闘った人物たちの目を通して描かれた宮本武蔵の物語。淡々と綴られるだけかと思いきや、後半は武蔵の出生の秘密や登場人物達の関係性など込み入ったストーリー展開がかなり面白くなってくる。剣豪宮本武蔵と闘った相手の視点で書かれた全く新しい武蔵像の小説。

映画もドラマもバガボンドも吉川英治の宮本武蔵がベースであるが、この武蔵はそれとは違う。そもそも武蔵の資料は少ないので80年前の吉川英治作はほぼフィクションで創られた「求道者」「孤高の哲学者」「武士道」のイメージに対し、こちらは緻密に資料にあたって新たに再創造した武蔵像諸説として愉しめる連作短篇集。とはいえ、これだけイメージが定着したキャラクターを再構築するのは大変で勇敢なチャレンジだと思います。特に1話、2話は著者らしい哀切な語り口が良く、全話通して文書が上手いなぁという印象。「宇喜田の捨て嫁」や「人魚の肉」のときに使った短編をつないでいく手法も見事だった。

有馬喜兵衛、シシド&千春、吉岡憲法、本位田外記&於青、辻風&大瀬戸。そして育ての親、無二。それぞれが闘わなければならない理由。そして情。 多少血生臭い描写もあるけど随所に優しさも感じられ楽しめた。自分が思っているのとは違う新たな武蔵像がそこに立っていた。それぞれに業が深いが、極めつけは父親の無二。途中「無二むかつくわー」とか思ってたが、この作品の生い立ちが本当なら育てた無二の心境は辛すぎる…。最終章の無二の姿が哀れを通り越した虚無を体現してる。心に残る力作。 因縁ある者を通して、少しずつ客観的に立ち上がっていく「武蔵像」という構成も、カッコ良くて好きだった。

「宮本武蔵」に挑み、天命であるかのごとく散っていった七人の男たち。武蔵自身の心情が語られることは決してないが、剣客達の目に映るこの男は決して満たされない寂寥たる荒野に立っている。男気溢れる武蔵が、とにかくカッコいい!! 私があまり得意ではない決闘シーンや血生臭い描写も多いけど、不思議と読後感も良く、非常に楽しめた作品だった。バガボンドファンですが、こっちの武蔵も悪くないです(笑)。 とにかく読後の余韻が心地よい。お見事!!


■著者略歴■
木下昌輝(きのした・まさき)
1974年大阪府大阪市生まれ、奈良県出身。
近畿大学理工学部建築学科卒。
ハウスメーカー勤務を経て、フリーライターとなる。
大阪文学学校で小説執筆を学び、平成24年/2012年にオール讀物新人賞を受賞して、作家デビュー。

受賞歴・候補歴
第92回オール讀物新人賞(平成24年/2012年)「宇喜多の捨て嫁」
|候補| 第152回直木賞(平成26年/2014年下期)『宇喜多の捨て嫁』
第2回高校生直木賞(平成26年/2014年度)『宇喜多の捨て嫁』
第4回歴史時代作家クラブ賞[新人賞](平成27年/2015年)『宇喜多の捨て嫁』
|候補| 第6回山田風太郎賞(平成27年/2015年)『人魚ノ肉』
第9回舟橋聖一文学賞(平成27年/2015年)『宇喜多の捨て嫁』
|候補| 本屋が選ぶ時代小説大賞2015(平成27年/2015年)『人魚ノ肉』
第33回咲くやこの花賞[文芸その他部門・小説](平成27年/2015年度)
|候補| 本屋が選ぶ時代小説大賞2016(平成28年/2016年)『戦国24時 さいごの刻』
|候補| 第38回吉川英治文学新人賞(平成28年/2016年度)『天下一の軽口男』
|候補| 第6回歴史時代作家クラブ賞[作品賞](平成29年/2017年)『戦国24時 さいごの刻』
|候補| 第30回山本周五郎賞(平成28年/2016年度)『敵の名は、宮本武蔵』
|候補| 第157回直木賞(平成29年/2017年上期)『敵の名は、宮本武蔵』

デビュー作『宇喜多の捨て嫁』以来の直木賞ノミネートです。
2作目である『宇喜多の捨て嫁』でオール読物新人賞を受賞されています。






 あとは野となれ大和撫子/宮内悠介 (著)

あとは野となれ大和撫子/KADOKAWA

¥価格不明
Amazon.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
中央アジアのアラルスタン。ソビエト時代の末期に建てられた沙漠の小国だ。この国では、初代大統領が側室を囲っていた後宮を将来有望な女性たちの高等教育の場に変え、様々な理由で居場所を無くした少女たちが、政治家や外交官を目指して日夜勉学に励んでいた。日本人少女ナツキは両親を紛争で失い、ここに身を寄せる者の一人。後宮の若い衆のリーダーであるアイシャ、姉と慕う面倒見の良いジャミラとともに気楽な日々を送っていたが、現大統領が暗殺され、事態は一変する。国の危機にもかかわらず中枢を担っていた男たちは逃亡し、残されたのは後宮の少女のみ。彼女たちはこの国を―自分たちの居場所を守るため、自ら臨時政府を立ち上げ、「国家をやってみる」べく奮闘するが…!?内紛、外交、宗教対立、テロに陰謀、環境破壊と問題は山積み。それでも、つらい今日を笑い飛ばして明日へ進み続ける彼女たちが最後に掴み取るものとは―?

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Arikaアイコン(小)1国家運営は大変!
史上最強のガールズ活劇、アラル海に爆誕!

軽い球ながら、直球ど真ん中のエンタメ小説。しかし、軽さの陰には中央アジアの複雑な政治情勢が隠れていて硬派な面もある。これまでの作風とは異なった味付けの作品。中央アジアの架空国家アラルスタンが舞台。紛争で両親を亡くした日本人ナツキ、チェチェン難民のアイシャ、ケニア出身のジャミラ。出自の違う後宮3人娘が大統領暗殺後、混乱している国家を統治すべく奮闘する物語。架空の国物は結構好きで、その中でも現在起こりうる「建国」やクーデターや紛争をうまく描いていると思った。少女たちもそれ以外の登場人物もそれぞれ魅力的。イスラムの雰囲気もいい。少女たちのキャラと、国をやってみる、という軽やかな感触で壮大なスケールを描く著者のセンスも新鮮。そしてなにより、もともとは地位も何も与えられていなかった少女たちが活き活きと動き回る姿がなんとも痛快。実に宮内らしい政治的娯楽作品に仕上がっている。ダジャレのように見えるこのタイトルに、読み終わった時、きっと膝を打つにちがいないだろう。まさかナジャフがあのときの青年とは…。スジャニに秘められたエピソードが好きでした。


■著者略歴■
宮内悠介 (みやうち・ゆうすけ)
1979年東京生まれ。
早稲田大学第一文学部卒。
海外放浪などを経て、プログラマー職に就く。
平成22年/2010年「盤上の夜」で第1回創元SF短編賞の選考委員特別賞である山田正紀賞を受賞。

受賞歴・候補歴
第1回創元SF短編賞[山田正紀賞](平成22年/2010年)「盤上の夜」
|候補| 第7回ミステリーズ!新人賞(平成22年/2010年)「ホテルアースポート」
|候補| 第147回直木賞(平成24年/2012年上期)『盤上の夜』
第33回日本SF大賞(平成24年/2012年)『盤上の夜』
第6回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞(平成25年/2013年)
|候補| 第66回日本推理作家協会賞[短編部門](平成25年/2013年)「青葉の盤」
|候補| 第149回直木賞(平成25年/2013年上期)『ヨハネスブルグの天使たち』
第34回日本SF大賞[特別賞](平成25年/2013年)『ヨハネスブルグの天使たち』
|候補| 第29回山本周五郎賞(平成27年/2015年度)『アメリカ最後の実験』
|候補| 第156回芥川賞(平成28年/2016年下期)「カブールの園」
第38回吉川英治文学新人賞(平成28年/2016年度)『彼女がエスパーだったころ』
第30回三島由紀夫賞(平成28年/2016年度)『カブールの園』
|候補| 第157回直木賞(平成29年/2017年上期)『あとは野となれ大和撫子』

3回目のノミネートです。
2016年度の三島由紀夫賞を『カブールの園』で受賞されています。





 BUTTER/柚木麻子(著)

BUTTER/新潮社

¥価格不明
Amazon.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
結婚詐欺の末、男性3人を殺害したとされる容疑者・梶井真奈子。
世間を騒がせたのは、彼女の決して若くも美しくもない容姿と、女性としての自信に満ち溢れた言動だった。
週刊誌で働く30代の女性記者・里佳は、親友の伶子からのアドバイスでカジマナとの面会を取り付ける。
だが、取材を重ねるうち、欲望と快楽に忠実な彼女の言動に、翻弄されるようになっていく―。
読み進むほどに濃厚な、圧倒的長編小説

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Arikaアイコン(小)1自分らしく生きることは罪か甘露か・・・・
あの木嶋佳苗死刑囚の実事件を題材にした社会派小説

梶井真奈子。太っていて美しくもない女が男達を手玉に取り殺した。過剰なほどに自己評価が高く、法廷でも自分の肉体の特別感を主張。対価を受け取るのは当然だという理論を悪びれることなく展開する。欲望と自己愛のモンスターに、世間はおののき、非難した。言わずと知れた死刑囚・木嶋佳苗の事件が下敷きになっているが、そうしたノンフィクションノベル的な先入観は持たない方がいい。本書の到達点はまるで別のところにあるので――。

実際に起きた殺人事件の被告をモチーフに「食」という観点から繙いたような一作。柚木としては珍しく社会派な作品で、重くドロドロでいかにもBUTTERなお話。結婚詐欺殺人の疑いで捕まってるカジマナに接触を試みる記者の里香。カジマナに翻弄され、記者生命すら危ぶまれる事態になる。しかし、カジマナと出会ったことで里香の人生観、食生活、人間関係が変化し、里佳のみならず、思いがけない人物までが感化されていく。自らの欲望のためだけに人生を捧げたカジマナ。だが、里佳はカジマナの美食生活をなぞり、料理教室にまで通ううちに、大切なのは”自分のためのレシピ”だと気づく。前半は「羊たちの沈黙」をも連想させる被疑者と記者の面会でのやりとり。後段は料理を重要なキーとして、主人公や周囲の人物の家族、相互の人間関係を背景に展開される女性たちの葛藤や決断。自我と他者評価に翻弄される女性群像劇という印象で終盤へ。カジマナが自分の過去を良いように盛っていた事が判明するシーンにはゾワっとしました。だってこういう人居るもの。もちろん人を殺したりはしないけど、話を盛っている内に心の中や記憶まで盛ってしまう人って…。

 「料理好きだ」というと、『家庭的だね』と言われますが、実際はそうとは限らない。料理は時間をかけないとだめ、ママの味を知らない子は不幸、男は胃袋をつかめ。どれもふわっとした言葉でのろいをかける。料理と愛情は別物。コンビニのご飯でもいいし、冷蔵庫にあるものでぱぱっと作ってもいい。日本の社会は女性への要求が高い。被害者の男性らは「家庭の味」「家庭的な女性」を求めて婚活サイトに登録したがゆえに、金を奪われ、殺害されるという悲劇に遭う。とにかく出てくる料理がどれもこれも美味しそうでたまらない!最後の七面鳥なんて、壮絶なレシピ本を読んでいる気分。炊きたての白米に、冷たいバター、醤油を数滴……(@ ̄¬ ̄@)ジュル。やっぱりこの食の描写のうまさ、さすが柚木麻子!! 料理本で「塩適量」と書くと「適量ではわからない」とクレームが入るそうだ。確かに適量が難しい時代。人はそれぞれ自分なりの適量があり、失敗しないとそれはわからない。でもみんな失敗したくないから適量が見つけられない。人生も料理も適量って難しい。正直なところ、カジマナ自身にも、彼女にのめり込んでいく里佳にも、怜子にも、登場人物の誰にも共感しにくかったが、最後は里佳の柔軟さに、救われた気持ちになれたので、私はこの終わり方、嫌いじゃない!!

  
■著者略歴■
柚木麻子(ゆずき・あさこ)
1981年 東京都生まれ。
立教大学文学部フランス文学科卒。
洋菓子メーカー勤務などを経て、平成20年/2008年にオール讀物新人賞を受賞して、作家デビュー。

受賞歴・候補歴
第88回オール讀物新人賞(平成20年/2008年)「フォーゲットミー、ノットブルー」
|候補| 第150回直木賞(平成25年/2013年下期)『伊藤くんA to E』
|第7位| 第11回2014年本屋大賞(平成26年/2014年)『ランチのアッコちゃん』
|候補| 第151回直木賞(平成26年/2014年上期)『本屋さんのダイアナ』
第3回静岡書店大賞[小説部門](平成26年/2014年)『本屋さんのダイアナ』
|第4位| 第12回2015年本屋大賞(平成27年/2015年)『本屋さんのダイアナ』
第28回山本周五郎賞(平成26年/2014年度)『ナイルパーチの女子会』
|候補| 第153回直木賞(平成27年/2015年上期)『ナイルパーチの女子会』
第3回高校生直木賞(平成27年/2015年度)『ナイルパーチの女子会』
|候補| 第157回直木賞(平成29年/2017年上期)『BUTTER』

柚木麻子さんは4回目のノミネート。
2015年には『ナイルパーチの女子』で山本周五郎賞を受賞されています。





関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック