2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年夏、金曜ドラマ『BS時代劇 伝七捕物帳2』

kage

2017/09/22 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★8月4日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週金曜 20:00~20:43

 BS時代劇 伝七捕物帳2

Arika注目1h中村梅雀版「伝七捕物帳」の続編が登場。

中村梅雀が演じる新たな「伝七捕物帳」(2016年放送)のシリーズ第2弾。

北町奉行・遠山左衛門尉から特別に紫房の十手を授かる奉行直属の岡っ引き・黒門町の伝七が、人情に厚いところを見せながら難事件を鮮やかに解決して行きます。

今シリーズのテーマは「命の大切さ」と「人が自由に生きることの素晴らしさ」。

天保の時代を背景に、「どんなことがあっても人は生きていなくてはならない」と願う伝七の思いを、何かいわくがありそうな新レギュラーの男女との関わりも交えて描きます。

情に厚い伝七親分が〝命の大切さ〟と〝生きることの素晴らしさを〟胸に、紫房の十手を引っさげて庶民を苦しめる悪と闘う!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:陣出達朗「伝七捕物帳」
脚本:森脇京子、山本むつみ、森下直、伊藤崇
演出:吉田啓一郎、宇喜田尚、清水一彦
制作統括:陸田元一、内堀雄三、山本敏彦

主題歌:七変化/一青窈

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
黒門町の伝七(中村梅雀)
北町奉行・遠山左衛門尉から特別に紫房の十手を授かった、奉行直属の岡っ引き。武術の腕にも秀でており、愛する江戸と庶民の暮らしを守るために事件に立ち向かう。

お俊(田中美佐子)
伝七の恋女房。伝七のことを誰よりも深く理解している。その分、大のヤキモチ焼き。産婆として、長屋に住む人々から頼りにされている。

がってんの勘太(徳重聡)
伝七の下っ引き。早合点が多くけんかっぱやいが、女性や弱い者には優しい憎めない男。ほれっぽいが、恋が実ることはない。

かんざしの文治(上遠野太洸)
伝七の下っ引きで、勘太の弟分。勘太と違って冷静沈着な性格で、女性にもてる。かんざしを飛び道具にする。

小夏(小芝風花)
伝七たちが通う食事処「菊乃屋」の主人・藤助のめい。遠慮会釈のない物言いで一同を翻弄する。

正助(風見しんご)
伝七が捜査のために侵入した吉原で出会った幇間(ほうかん)。女房だというお咲と共に、伝七の長屋に転がり込む。

お咲(大塚千弘)
ただの町民ではなさそうな謎の女性。妊娠していることがわかるが、何か秘密を抱えているらしい。

遠山左衛門尉(松平健)
江戸北町奉行。弱い者の立場を思いやり、人情味あふれた裁きを下す名奉行。伝七を、庶民を守る直属の岡っ引きに取りたてた。伝七とは深い信頼関係で結ばれている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
中村梅雀版の名作人情時代劇「伝七捕物帳」待望の続編! 
父・中村梅之助の当たり役を引き継いだ、中村梅雀版「伝七捕物帳」の第2弾。前作から1年ぶりに、梅雀演じる黒門町の伝七が、鋭い推理と鮮やかな十手さばきで、下町にはびこる悪を成敗していくさまを描く。今シリーズでは、新登場となる訳ありな男女との関わりも交えて、「命の大切さ」や「生きることの素晴らしさ」をテーマに、伝七の思いを交えて物語が展開。

伝七を岡っ引きへと引き立てた名奉行・遠山左衛門尉に松平健が、伝七の恋女房・お俊に田中美佐子が扮するほか、徳重聡、上遠野太洸らおなじみのキャストが続投。新たなキャストとして、風見しんご、大塚千弘、小芝風花が加わる。



----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月2日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
伝七は、一軒だけ値上げせずに米を売り続ける俵屋の女将・お梅(藤原紀香)が、同業者からの嫌がらせを見事に退けるのを目撃する。数日後、吉原の文使いが殺されて文が奪われるという事件が発生。文使いは、事件の直前に俵屋へ行っていたらしいが、お梅は、文使いが店に来るいわれがないと関わりを否定する。
伝七は、自らの身分を隠して吉原に潜入し真相を探ろうとするが、周りから怪しまれてしまう。そんな危機を救ったのが、幇間(ほうかん)の正助(風見しんご)だった。彼の助けで聞き込みをした伝七は、事件にとある花魁が関わっていることを突き止める。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月2日更新】
■ あらすじ(第1話「女将(おかみ)の意地、 涙のにぎり飯」  2017/8/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
岡っ引きの伝七(中村梅雀)は、1軒だけ値上げをせずに米を売る俵屋の女将・お梅(藤原紀香)が、同業者の嫌がらせを見事に退ける様子を見掛ける。数日後、吉原の文使いが殺され、彼が俵屋に立ち寄ったと分かるが、お梅は関わりを否定。身分を隠して吉原に潜入した伝七は怪しまれつつも、たいこ持ち・正助(風見しんご)の助けを借りて調べ始める。そして事件においらんの清花(中島亜梨沙)や札差が関わっているとにらむ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月5日更新】
■ あらすじ(第2話「めぐり逢(あ)い、悲しき草笛」  2017/8/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
奉公人の女を引き込み役に仕立てて商家を襲い、用が済むと殺害する残虐な手口の一味が犯行を重ねていた。一味を追う伝七(中村梅雀)は、遠山(松平健)の配下で隠密同心・辻村(寺島進)と知り合う。姿を見せない盗賊の頭の正体を暴くため、一味に潜入している辻村は、伝七に手を引くよう求める。だが、伝七は新たな被害者が出るのを見過ごせないと言って断る。一方、次の標的・お幸(瀬戸さおり)と辻村には因縁があり…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月15日更新】
■ あらすじ(第3話「謎の仇(あだ)討ち、瓦版騒動始末」  2017/8/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
姉と弟が白昼、父の敵の浪人にあだ討ちを遂げる事件が起き、江戸中の話題に。その場に居合わせて話を瓦版に書いた朝吉(中村靖日)が、手鎖の刑に処せられる。一方、伝七(中村梅雀)は、朝吉の相棒・直太郎(渡辺大)らの証言で、このあだ討ちは討った方も討たれた方も偽物だと知る。吟味した与力が一枚かんでいるらしい。伝七は瓦版を使い、犯人をおびき出す作戦に出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月20日更新】
■ あらすじ(第4話「伝七、狐に化かされる」  2017/8/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
何にでも化ける美人盗賊・白狐のお仙(野々すみ花)が、武家の奥女中を装って秘密の賭場に入り込み、掛け金を巻き上げる事件を起こす。また、お仙は面識のない伝七(中村梅雀)にちょっかいを出し、伝七を困らせる。お仙は、かつて岡っ引きに両親をはめられた過去があり、岡っ引きを恨んでいたのだ。そんな時、お仙はかつてたもとを分かった盗賊の頭・縄手の十蔵(六角精児)の一味に囲まれ、仲間に戻れと脅される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年8月26日更新】
■ あらすじ(第5話「鬼か仏か、屋台騒がす手拭い侍」  2017/9/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
屋台を狙った辻斬りが連続して発生する。下手人の手掛かりは、朝顔の手拭いとごま油の残り香。伝七(中村梅雀)は最近、うまい屋台に現れると評判の「手拭い侍」の捜査に乗り出すが、その侍は勘定組頭を務める大身の旗本・兵右衛門(平泉成)だった。伝七は、下手人が兵右衛門を陥れようとしているとにらみ、兵右衛門と不仲の息子・兵庫(青山草太)から城内の情報を聞き出すとともに、親子を仲直りさせようと奔走する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月2日更新】
■ あらすじ(第6話「駆け比べ、女飛脚走る」  2017/9/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
伝七(中村梅雀)とお俊(田中美佐子)が勘太(徳重聡)の思い人の家である飛脚問屋を訪ねると、店に借金取りが押し掛ける。前年の飛脚問屋の駆け比べで最下位になったことで、店は傾きかけていた。飛脚の仕事を愛する娘のお文(松浦雅)は自ら飛脚として店を立て直そうとする。そんな彼女に、太物問屋の鳴海屋(東根作寿英)が定期的な仕事を依頼。だが、それは彼女を利用するためで…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月12日更新】
■ あらすじ(第7話「引き裂かれた絆、夫婦(めおと)湯のみの契り」  2017/9/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
廻船問屋の千歳屋が殺された。現場に居合わせた大工見習・太一(西井幸人)に容疑が掛かるが、太一は否定する。疑問を感じた伝七(中村梅雀)の調べで、太一の母・お駒(床嶋佳子)がかつて千歳屋と関係があり、子どものいない千歳屋は太一を跡継ぎにしようとしてもめていたことが分かる。一方その頃、出奔したお咲(大塚千弘)の行方を捜していた伯父・相沢(柴俊夫)が長屋を訪れ、お咲を小田原に連れて帰ると言い渡す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月20日更新】
■ あらすじ(第8話「新たなる命、旅立ちの時」  2017/9/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
お咲(大塚千弘)は長屋暮らしを許される。一方、元小田原藩の武士だった正助(風見しんご)はお咲の持ち物から、亡き弟・勝之進(津村知与支)が忍ばせた偽の小田原藩勘定奉行印を発見する。正助は勝之進のたくらみを教えてくれた親友・波佐間(宇梶剛士)にこのことを相談。その帰途、賊に襲われるが、伝七(中村梅雀)らに救われる。陰謀の黒幕は小田原で偽証文を使って流通を独占した相模屋忠左衛門(小野武彦)だったが、帰り道、賊に襲われる。間一髪で危機を救ったのは伝七(中村梅雀)だった。そして証文を取戻すための人質として、今度はお咲が拉致されてしまう。

関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック