2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

今すぐ書店へGO!”夏の文庫フェア”2017…集英社文庫フェア『青春するならよまにゃ』×19(➊/4)「桜のような僕の恋人/雨の降る日は学校に行かない/ネバーランド/寮生 ― 一九七一年、函館。―」

kage

2017/07/01 (Sat)

夏イチ

★6月28日(水)~8月31日(木)
文庫フェア

集英社文庫40th

英社文庫『ナツイチ2017』。

2017年のテーマは、「ひとりの時間を、ひとりじめ。」

ひとはときどき、繋がりすぎる、と思う。

誰かと一緒もいいけれど、ひとりを楽しむぜいたくだってある。

この夏は、ふらりとどこかで読書涼み。

好きな世界を、好きなだけ楽しもう。

わくわくするままに、想像の広がるままに。

最初の1ページから最後の1ページまで、めくれば、誰もが自由になれるから。

さあ、よまにゃ。

今回もナツイチ側が分かりやすく用意してくれた目的ジャンル別に本を紹介していきますね。

今年は7ジャンル全99作品です。

いろんなひとりじめの時間を、ナツイチ作品でお楽しみください。

■今年の特典


マスコットキャラクターを一新。
フェア参加書店で1冊買うと、その場でひとつプレゼント!
【ナツイチ限定】よまにゃ”リバーシブルブックカバー”(全4種類)

水にも強いストーンペーパー

和風で大人のエレガントペーパー



2017/05/18 に公開
読書が大好きな、集英社文庫の新しいキャラクター。
どこかの町の本屋さんで、まいにち本を読んで暮らしている。
口癖は「よまにゃ」

😻新マスコットキャラクター、「よまにゃ」とは?
集英社文庫は今年、創刊40周年。キャラクターが交代し、登場するのは、本屋さんでくらす本好きのねこ、「よまにゃ」。
人気イラストレーター、Noritake氏デザインの愛くるしいポーズがたまりませんにゃん♪

ナツイチ特設サイト:http://bunko.shueisha.co.jp/natsuichi/
※なくなり次第終了になります。

■フェアのジャンル項目


青春するならよまにゃ
笑いたいならよまにゃ
泣きたいならよまにゃ
人気の本こそよまにゃ
勇気がほしいならよまにゃ
ゾクゾクしたいならよまにゃ
ヒントがほしいならよまにゃ

・・・・の7ジャンル。



2017/06/21 に公開
海辺の本屋さんを舞台にした、ひと夏の物語。

■アイコンの説明


😻迷ったら、これを見てね。
どんな本かわかるよう、マークをつけたよ。

(笑)思わずクスクス。
(泣)感動しても、悲しくても。
(爽)読後感がさわやか!
(恋)トキメキも、切なさも。
(怖)ゾっとしつつやめられない。
(謎)ミステリー好きにはたまらない。
(温)心あたたまる。
(驚)どんでん返し!
(短)短篇小説集。
(仕)人気のお仕事小説。
(名)不朽の名作、一度は読んでみたい。
(ベ)大人気ベストセラー。
(ノ)ノンフィクション。
(実)読んで納得の実用書。
(エ)エッセイ。
(映)映像化された大人気作!



『青春』『恋愛』
『青春するならよまにゃ』×19/4)

本棚の隙間を歩いていたら、「恋」とすれちがった。

なんだかちょっと、ドキドキした。

(恋)(泣)(温)
 桜のような僕の恋人/宇山佳佑(著)

桜のような僕の恋人 (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

きっと涙が止まらない。
美しく儚い、恋の物語。


カメラマンを夢見る晴人と、美容師の美咲は恋人同士に。
だが美咲は、人の何十倍もの早さで年老いる難病を患ってしまう。
老婆になっていく姿を晴人に見せたくない美咲は・・・・。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1カメラマン見習いの晴人と、新米美容師の美咲。恋に落ちた二人だが、美咲は人の何十倍もの早さで年をとる難病を発症する。しかも、治療法はないと告げられ……。切なく哀しいラブストーリー。よくある話だけどそれぞれの登場人物に共感できた。 短い期間ではあったけれど晴人と美咲の可愛くて、 でも深い愛情がよく描かれていたと思う。 最後はお互いに逢って言葉を交わして欲しいとも思ったが、美咲が晴人に「ありがとう」と言えて、これで良かったんだと思いたい。 切ない物語だけど晴人の成長と美咲の女の子しての可愛さが伝わってきた。そして何事にも真剣に前を向いて生きて行こうという気持ちにもさせてくれる物語。

宇山佳佑(うやま けいすけ)
┣脚本家

📚小説
┣ガールズ・ステップ(2015)
┣桜のような僕の恋人(2017)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
📝脚本
┣スイッチガール!! (2011)
┣主に泣いてます (2012)
┣タガーリン (2013)
┣信長協奏曲 (2014)
┣サマー・ストーカーズ・ブルース (2015)
┣それでも僕は君が好き (2015)
┣世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP(2015)
 ┣ 「ががばば」
 ┣「幸せを運ぶ眼鏡」
 ┣「嘘が生まれた日」
┣世にも奇妙な物語 '16春の特別編(2016年) 「クイズのおっさん」
┣世にも奇妙な物語 '16秋の特別編(2016年) 「貼られる!」[1]
…etc.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





(短)(恋)(泣)
 雨の降る日は学校に行かない /相沢沙呼(著)

雨の降る日は学校に行かない (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

学校生活になじめない女子中学生を描いた、心温まる連作短編集。

1回の既読スルーから始まったいじめ。
担任は生徒の闇を見破れず、サエは取り残されて―(表題作)。
孤独の中でもがく若者たちに、希望の光をかざす6つの物語。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1学校生活になじめない女子中学生を描いた、心温まる連作短編集。どの話も息詰まるような学校生活の描写が続いて、じわじわ心が侵食されてつらくなってくる。スマホやネットがあったりして世界は広がったと思いきや、返信が遅れただけで即標的にされる窮屈さ。家でも部活でも保健室でもいいから、皆息継ぎができるような場所がどこかにありますように…と、祈らずにはいられない。いつの時代もイジメは、なくならない。表題作で保健の先生の「あの狭い場所に、無理矢理閉じ込めてしまったから」と言うセリフ、教室を狭い場所とは今まで思いもしなかった。ちょっと枠から外れてしまった子たちには教室は狭くて怖い場所で、個性を殺して閉じ込めらている箱なのかもな…。とってもリアルで苦しい気持ちも共感出来たが、中高生の時に読みたかった。

※余談ですが、
文中のフィルムカメラに対する中学生たちの「この骨董品」扱いの反応に吃驚…(゚д゚A)えっ骨董品⁉


相沢 沙呼(あいざわ さこ)
┣1983年埼玉県生まれ。男性。
┣小説家・推理作家・ライトノベル作家・漫画原作者。
┣主なジャンル:ミステリ・日常の謎・ライトノベル。
┣聖学院大学人文学部日本文化学科中退。
┣デビュー作:『午前零時のサンドリヨン』第19回鮎川哲也賞を受賞(2009)
┣日本推理作家協会会員。





(泣)(温)(謎)
 ネバーランド/恩田陸(著)

ネバーランド (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

誰もがみんな〝秘密〟を告白したがっていた。

高校の寮で冬休みを過ごす4人の少年たちの身に、ある事件がふりかかる。
深まる謎。彼らが抱える事情とは? 
著者自身「二度と書けない」と語るみずみずしい青春・恋愛の日々。
語り継がれる恐ろしい伝説とは。青春・恋愛と恋とミステリー。
1971年函館。男子校の寮で生徒の転落死事件が起きる。
自殺か事故か殺人か? 
事件の謎と真相を追うために結成された1年生探偵団。初めての恋も絡み合い……。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1冬休みに帰省せず寮に残った3人と通学生1人のミステリー&ホラーな雰囲気のある青春小説。 想像以上にダークな内容でした。日数を重ねていくうちにそれぞれの人が抱えていることが明らかになっていく。自分の秘密をさらけ出す時、目の前にいるのは前から信頼してる親友とは限らない。でも、それをきっかけに人生が心底楽になることも、一生の友達が出来ることもある。その時、その場、すべては運命なのかも。年末年始に寮に残った少年4人のほろ苦い共同生活。またしてもラストにぐわぁ!となって、少し泣いちゃった…!否応なく秘密を共有したことで、煩わしくも本音を言い合える友達になれたんだろうなあ。 大人になった4人が見てみたいですね。歳をとると表面だけの関係が増えていくけど、久しぶりに高校の友人の声が聞きたくなりました。

恩田 陸(おんだ りく)
┣1964年青森県青森市生まれ、宮城県仙台市出身。
┣小説家
┣主なジャンル:推理小説・ファンタジー
┣デビュー作:『六番目の小夜子』第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作(1992年)

📚代表作
『夜のピクニック』(2004)
『ユージニア』(2005)
『蜜蜂と遠雷』(2016)





(謎)(怖)(温)
 寮生: ―一九七一年、函館。― /今野敏(著)

寮生 ―一九七一年、函館。― (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

語り継がれる恐ろしい伝説とは。
青春と恋とミステリー。


1971年函館。男子校の寮で生徒の転落死事件が起きる。
自殺か事故か殺人か? 
事件の謎と真相を追うために結成された1年生探偵団。
初めての恋も絡み合い……。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1今野作品としては、異色…と思われる 「青春学園ミステリー」。時代は高度成長期。寮生活を送る高校生に突然起きた飛び降り事件。自殺か事故か、真実に迫ろうとする1年生たち。北海道で寮生活を始めた主人公が仲間たちとともに寮内で不審死をした先輩の事件解明に頑張る話。上級生の死。一応、事故か事件か!?って、その死に疑問を抱いた寮生の1年生が自分たちで捜査開始するけど。そっちより男子校、寮生活のもろもろ青春話の方がメインみたいな…。連絡手段が黒電話や公衆電話、手紙、そんな時代ですね。高校生のもどかしさは確かにこうなんだけど、辛気臭かったのが正直なところ。ご自身の高校時代を思い出してお書きになったのかなぁと想像しつつ、本筋の事件はと言えば最後の犯人と対峙するところもあっさりしていて、予想以上にあっけなかったという印象です。もう少し登場人物たちについて深みのある展開があると面白かったかなと感じましたが、偉そうなこといえませんが・・・。スラスラ読めたけど、この展開はなぁ… バンカラの時代とはいえ高1の子が余りにも大人すぎる。美しい風景と若人は映像化に適しているのでは? ミステリーの要素が入った青春小説もいいけど、私はいつもの警察物とかバイオレンス物が恋しくなっちゃった次第です(笑)

今野 敏(こんの びん)
┣1955年北海道三笠市生まれ。血液型はO型。
┣小説家、漫画原作者
┣主なジャンル:警察小説
┣デビュー作:『怪物が街にやってくる』第4回問題小説新人賞を受賞(1978)

📚代表作
安積班シリーズ
『隠蔽捜査』
など

関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック