2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

今すぐ書店へGO!”夏の文庫フェア”2017…集英社文庫フェア『青春するならよまにゃ』×19(❷/4)「2.43 清陰高校男子バレー部 1/ひゃくはち/エースナンバー 雲は湧き、光あふれて/桐島、部活やめるってよ/反乱のボヤージュ 」

kage

2017/07/02 (Sun)

夏イチ

★6月28日(水)~8月31日(木)
文庫フェア

集英社文庫40th

英社文庫『ナツイチ2017』。

2017年のテーマは、「ひとりの時間を、ひとりじめ。」

ひとはときどき、繋がりすぎる、と思う。

誰かと一緒もいいけれど、ひとりを楽しむぜいたくだってある。

この夏は、ふらりとどこかで読書涼み。

好きな世界を、好きなだけ楽しもう。

わくわくするままに、想像の広がるままに。

最初の1ページから最後の1ページまで、めくれば、誰もが自由になれるから。

さあ、よまにゃ。

今回もナツイチ側が分かりやすく用意してくれた目的ジャンル別に本を紹介していきますね。

今年は7ジャンル全99作品です。

いろんなひとりじめの時間を、ナツイチ作品でお楽しみください。

■今年の特典


マスコットキャラクターを一新。
フェア参加書店で1冊買うと、その場でひとつプレゼント!
【ナツイチ限定】よまにゃ”リバーシブルブックカバー”(全4種類)

水にも強いストーンペーパー

和風で大人のエレガントペーパー



2017/05/18 に公開
読書が大好きな、集英社文庫の新しいキャラクター。
どこかの町の本屋さんで、まいにち本を読んで暮らしている。
口癖は「よまにゃ」

😻新マスコットキャラクター、「よまにゃ」とは?
集英社文庫は今年、創刊40周年。キャラクターが交代し、登場するのは、本屋さんでくらす本好きのねこ、「よまにゃ」。
人気イラストレーター、Noritake氏デザインの愛くるしいポーズがたまりませんにゃん♪

ナツイチ特設サイト:http://bunko.shueisha.co.jp/natsuichi/
※なくなり次第終了になります。

■フェアのジャンル項目


青春するならよまにゃ
笑いたいならよまにゃ
泣きたいならよまにゃ
人気の本こそよまにゃ
勇気がほしいならよまにゃ
ゾクゾクしたいならよまにゃ
ヒントがほしいならよまにゃ

・・・・の7ジャンル。



2017/06/21 に公開
海辺の本屋さんを舞台にした、ひと夏の物語。

■アイコンの説明


😻迷ったら、これを見てね。
どんな本かわかるよう、マークをつけたよ。

(笑)思わずクスクス。
(泣)感動しても、悲しくても。
(爽)読後感がさわやか!
(恋)トキメキも、切なさも。
(怖)ゾっとしつつやめられない。
(謎)ミステリー好きにはたまらない。
(温)心あたたまる。
(驚)どんでん返し!
(短)短篇小説集。
(仕)人気のお仕事小説。
(名)不朽の名作、一度は読んでみたい。
(ベ)大人気ベストセラー。
(ノ)ノンフィクション。
(実)読んで納得の実用書。
(エ)エッセイ。
(映)映像化された大人気作!


『青春』『恋愛』
『青春するならよまにゃ』×19/4)

本棚の隙間を歩いていたら、「恋」とすれちがった。

なんだかちょっと、ドキドキした。


(爽)(泣)(笑)
 2.43 清陰高校男子バレー部 1/壁井ユカコ(著)

2.43 清陰高校男子バレー部 1 (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

誰よりも高く跳べ!
弱小チーム“春高バレー”へGO! 


田舎町の弱小バレー部に突如現れた天才セッター。
めざすは全国大会! 
バレーボールに青春・恋愛のすべてを懸ける個性派部員たちの熱い青春・恋愛の日々を描く、人気シリーズ第1巻。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1田舎の弱小バレーボール部に、東京の強豪校出身のワケあり選手がやってきた。全国を目指す熱い日々が始まるが…。迷い、傷つき、立ち上がる等身大の青春スポーツ小説、第1弾。ちなみに、2.43って春高バレーのネットの高さらしい。バレーボールが大好きな子達がそれぞれに悩みを抱えながら前に進もうと足掻いている様子が、歯がゆくもあり甘酸っぱくもあり、まさに青春。ルールも何となく知っていることもあり読みやすく、1日で読了。が、軽すぎることもなく十分楽しめた。学生時代のチームはその限られた時間、偶然が生んだ奇跡みたいなものだ。その時期のメンバーによっては、今まで弱小チームだった学校が急激に強豪校に引けを取らないものになることだってありうる。本書は、各話で部員それぞれに焦点を当てていくのだが、灰島の中学時代からユニチカのエピソードの流れには引き込まれた。少年漫画のようには上手くいかないけれど、彼らがどうなるのか目が離せないし、そんなお決まり展開に期待が膨らむ。いーのだ、青春はベタで!どんなスポーツであっても全力でやってる人はみんなみんなかっこいいなと思った。今にもコートでシューズがキュッと鳴る音や、声援が聞こえてきそうなこれぞ青春という感じの本。中盤はモヤモヤとした展開が続きますが、終盤から2巻への希望のスタートが切られてスカッとしました。 夏にぴったりな一冊。ヽ(´ー`)ノ2巻に続きます。次の巻では春高を目指すことになるのだろうか…。

壁井 ユカコ(かべい ゆかこ)
┣長野県出身。東京都在住。女性。
┣学習院大学経済学部経営学科卒業。
┣小説家
┣主なジャンル:ライトノベル・ファンタジー・SF・ミステリ・少女小説・学園小説・TSF(主題は、性や性など)
┣デビュー作:『子供たちは深淵を見た』 第二回ソノラマ文庫大賞最終選考(1998)





(泣)(爽)(映)
 ひゃくはち/早見和真(著)

ひゃくはち (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

高校野球と友情。
苦しかった日々、切なかった過去と今だから向き合える。


雅人は、恋人に打ち明けられた言葉で、甲子園の常連校で野球ばかりしていた頃の封印していた記憶が甦る――。
映画にも漫画にもなった、切なくてリアルな青春・恋愛小説ベストセラー!

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1夢の甲子園。名門校補欠球児たちの熱き物語。「あの頃の友達はどうしてる?」恋人の言葉で甦る、封印した高校時代の記憶。甲子園の名門校、補欠野球部員として、夢にすがり、破れ、一番大事なものを知った。映画化もされた青春小説。好物の高校野球もの。だけど、決して純粋とは言えない高校球児達の物語。タバコ、体罰に合コン、それでもひたすらに聖地・甲子園を目指す。かつての高校球児のかけがえのない青春時代、野球に遊びにすべて全力投球だった彼らに起きた事件。野球を優先するのか、仲間を優先するのか、青臭くて泥臭くても全部が数年後に笑いあって泣きあえるのだから素敵よね。彼女との駆け引きは、男じゃなくてもドキドキモノ。そんな気持ちにさせられました。なにかに一生懸命に打ち込んでいるときは、人は輝いているなあと感じました。また違った感じの野球小説です。

これが早見和真さんのデビュー作だったらしく、上手さや巧さよりもパワーとか情熱とか、そんなものを直球勝負で感じられました。そしてデビュー作で映画化もされている。笑った泣いた。結末も中々に。野球のボールの縫い目は人間の煩悩と同じ108つ。そこに青臭い球児達の全てが込められているのが本当に良く分かった。甲子園常連校の補欠部員、雅人のノブの野球に対する熱い思いと友情に感動!雅人のお父さんなかなかいい働きでした。誰かの身になってあげられる人間の方が、野球だけの人間よりよほど価値がある。帯にもあったが本書は野球小説で家族小説で友情小説で初恋小説でした。

早見 和真(はやみ かずまさ)
┣1977年神奈川県横浜市出身。
┣小説家
┣デビュー作:『ひゃくはち』(2008)
┣執筆活動に専念するために都会から離れ、2010年1月からは静岡県河津町で妻と娘と暮らしている。

Arikaシネマ2014b5

ジャンル:学園ドラマ
 ひゃくはち  2008年8月9日公開

高校野球の”補欠”2人が主役の映画

ひゃくはち プレミアム・エディション [DVD]/ジェネオン エンタテインメント

¥4,935
Amazon.co.jp

■映画ストーリー
野球の名門校、京浜高校の補欠部員の雅人(斎藤嘉樹)とノブ(中村蒼)は甲子園出場を夢見ていた。親友同士の2人はお互いに励まし合いながら猛練習に励むが、上級生が夏の大会で引退してもなかなか彼らにレギュラーの座は回って来ない。雅人は監督(竹内力)に何とか認めてもらおうと、寮長に立候補したりして自分をアピールするが……。

★映画チェック★
万年補欠の野球部員たちにスポットを当て、彼らの汗と涙と友情をリアルに映し出す青春ドラマ。レギュラーにはなれなくても、夢中で夢を追い続ける青年の真っすぐな野球への情熱を余すところなくみせる。今回映画初主演に挑んだのは、斎藤嘉樹と『恋空』の中村蒼。実際にクラスメートだった2人の演技と、これがデビュー作となる森義隆監督による部活並みの訓練が生かされた野球シーンは必見。

■スタッフ
製作年:2008年
製作国:日本
日本公開:2008年8月9日 (テアトル新宿 ほか)
上映時間:2時間6分
監督・脚本・編集: 森義隆
製作: 波多野保弘 / 長谷川安弘 / 小曽根太 / 竹内力 / 小西啓介 / 気賀純夫 / 川村英己
企画・プロデュース: 永井拓郎
原作: 早見和真
プロデューサー: 木滝和幸
音楽: 和泉剛
撮影: 上野彰吾
照明: 赤津淳一
美術: 松葉明子
録音: 宮田泰司
配給:ファントム・フィルム

■キャスト(役柄:俳優)
青野雅人:斎藤嘉樹
小林伸広(ノブ):中村蒼
相馬佐和子:市川由衣
佐々木純平:高良健吾
星野健太郎:北条隆博
コーチ:桐谷健太
女子大生・アキ:三津谷葉子
島千渚:有末麻祐子
横浜スカウト・木場:小松政夫
香川遼太郎:二階堂智
雅人の父:光石研
サンダー監督:竹内力
立花:山田健太
桜井:平田貴之
内田修二:阿部亮平
岡西里奈
RED RICE(湘南乃風) - 特別出演
VERBAL(m-flo) - 特別出演

■主なロケ地
横浜スタジアム
県立相模原球場







オレンジ文庫 (短)(泣)(爽)
 エースナンバー 雲は湧き、光あふれて/須賀しのぶ(著) 河原和音(装画)

エースナンバー 雲は湧き、光あふれて (集英社オレンジ文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

装画:河原 和音

高校野球を題材にしたシリーズ第二弾。
弱小チームとド素人青年監督の挑戦が始まる…!!
少年たちの熱い夏を描いた涙と感動の高校野球小説集。


万年初戦敗退の弱小チームに、野球経験のない素人監督。
しかし甲子園への夢を抱くエース・月谷と共に、野球部は熱く生まれ変わっていく! 
青春・恋愛きらめく高校野球小説。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1生物教師の若杉は、三ツ木高校に異動した途端、野球部の監督をおしつけられた。地方予選万年初戦敗退の野球部と野球経験のない若杉が、勝利を目指してとった策は!? 涙と感動の高校野球小説集、続編!今回は純粋に高校野球。 新任で公立校の野球部監督を命じられた若手教師の葛藤を描く。 二作目は高校野球をルポする新聞記者。そして、一作目の高校のその後…。 なんか繋がっていて嬉しかった。彼らの成長を見た気がした。短編集だけど前巻やこの本の短編が繋がっていたりで、人の縁や絆を感じる巻です。野球を通して自分、相手と向き合い、ときにぶつかり。まさに青春!盗塁はタッチプレーだとかいう野暮なツッコミはしないでおこう(笑)。チームによって物語があるんだなって思った。どの話も良いけど、野球経験がないからか、新聞記者の泉さん目線の話が一番グッときた⁉

須賀しのぶ(すが しのぶ)
┣1972年埼玉県出身。
┣小説家。
┣主なジャンル:ライトノベルを中心に活躍。2007年『スイート・ダイアリーズ』より一般文芸に移行。
┣デビュー作:『惑星童話』1994年上期コバルト・ノベル大賞の読者大賞受賞(1995)





(泣)(ベ)(映)
 桐島、部活やめるってよ/朝井リョウ(著)

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

第22回小説すばる新人賞受賞作。

バレー部のキャプテン桐島が部活を辞めた。
周囲が感じた違和感は、やがて全く立場の異なる5人の高校生に、それぞれの変化をもたらしてゆく。
人気作家、19歳のデビュー作。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1映画化大ヒット青春小説!バレー部のキャプテン・桐島の突然の退部が、5人の高校生達に波紋を起こして……。至るところでリンクする、17歳の青春群像小説。第22回小説すばる新人賞受賞作。色んな立場の高校生から描かれる日常。桐島が部活を辞めたことで、直接的だったり、間接的だったりみんなの日常に変化を生む。タイトルの桐島がどこかにでてくるのかと思ったら、出てこず、なのに桐島がどういう存在だったのかよくわかる。「上」「下」学校ではどうしても発生する現象。上にいながらも、客観的に自分を見ていて、それが全てじゃない。あいつらかっこいい。17歳の等身大の心情に共感しました。自分の高校時代はこいつだったな、っていう人が必ず出てくると思う。 それだけ色んな人の気持ちを想像して、正確に汲み取れる朝井リョウはやっぱりすごいな。登場人物みんなが青くて、ちょっと羨ましくなりました(笑)。朝井リュウが19歳で書いた作品。19歳で書いたとは思えない展開。19歳だから書けたリアルな高校生たちの会話でした。もう10年も前の作品なのだが、題名が、あんまりない感じで、すごく印象に残っている、今更レビューすら書く必要もない青春の名作。

朝井 リョウ(あさい リョウ)
┣1989年岐阜県垂井町出身。 男性。
┣小説家。
┣デビュー作:『桐島、部活やめるってよ』第22回小説すばる新人賞受賞(2009年)
2013年、『何者』で第148回直木三十五賞受賞。
直木賞史上初の平成生まれの受賞者であり、男性受賞者としては最年少となる。


📚代表作
『桐島、部活やめるってよ』(2009年)
『何者』(2012年)

Arikaシネマ2014b5

ジャンル:青春
 桐島、部活やめるってよ   【2008年8月11日公開】

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]/バップ

¥5,184
Amazon.co.jp

■映画ストーリー
とある田舎町の県立高校映画部に所属する前田涼也(神木隆之介)は、クラスの中では地味で目立たないものの、映画に対する情熱が人一倍強い人物だった。そんな彼の学校の生徒たちは、金曜日の放課後、いつもと変わらず部活に励み、一方暇を持て余す帰宅部がバスケに興じるなど、それぞれの日常を過ごしていた。ある日、学校で一番人気があるバレー部のキャプテン桐島が退部。それをきっかけに、各部やクラスの人間関係に動揺が広がり始めていく。

★映画チェック★
早稲田大学在学中に第22回小説すばる新人賞を受賞した朝井リョウのデビュー作を映画化した青春群像劇。学校一の人気者である男子生徒・桐島が部活をやめたことから、少しずつ校内の微妙な人間関係に波紋が広がっていくさまを描く。学校生活に潜む不穏な空気感を巧みにあぶり出したのは、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八監督。クラスでは目立たず地味な存在の主人公に神木隆之介がふんするほか、『告白』の橋本愛、『SAYURI』の大後寿々花らが共演する。


■スタッフ
監督: 吉田大八
原作: 朝井リョウ
脚本: 喜安浩平
主題歌: 高橋優
製作年:2012年
製作国:日本
日本公開:2012年8月11日
上映時間:1時間43分
配給:ショウゲート

■キャスト(役柄:俳優)
前田涼也(映画部):神木隆之介
東原かすみ(バドミントン部):橋本愛
菊池宏樹(野球部):東出昌大
宮部 実果(バドミントン部):清水くるみ
飯田梨紗:山本美月
野崎沙奈:松岡茉優
寺島竜汰:落合モトキ
友弘:浅香航大
武文(映画部):前野朋哉
キャプテン(野球部):高橋周平
久保 孝介(バレー部):鈴木伸之
日野(バレー部):榎本功
詩織(吹奏楽部):藤井武美
片山(映画部顧問):岩井秀人
奥村知史
小泉 風助(バレー部):太賀
沢島 亜矢(吹奏楽部):大後寿々花








D01-c008.gif(泣)(爽)(温)
 反乱のボヤージュ /野沢尚(著)

反乱のボヤージュ (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

廃寮反対! 僕らの「闘争」が、今はじまる。
学生寮を廃寮しようとする学校と、寮に暮らす学生たちとの戦い⁉︎


個性的な寮の仲間たちと青春・恋愛を謳歌していた僕。
だが大学側が寮の取り壊しを打ち出し、ついに闘いの日々が―。
若者たちの成長と旅立ちを描いた伸びやかな青春・恋愛小説。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1廃寮反対! 僕らの「闘争」が、今はじまる。薫平19歳、首都大学の寮生。大学側が打ち出した廃寮政策に反発し、自由と自治を守るため、仲間と共に立ち上がる――。今を生きる、普通の若者達の姿を描く、青春長編小説。突然学校側から送り込まれた管理人、そこまでに起こる数々のエピソード…。最初からいい予感しかしなかった管理人の名倉さん、親でも友達でもないからこそ言える言葉の数々!行動まで男前!全共闘世代を父に持つ学生や浅間山荘に出動した元機動隊員の舎監とかいるせいで妙にあの時代の空気を感じるが現代の物語。不変の物語ももちろんあって恋や父親との確執やストーカー問題なども絡んでくる。からっと明るく楽しい学生の戦いを期待したら外れだけど読みごたえのある一冊。少し前に京都大学で事件が起こったときに今でも左翼的な活動している学生がいることに驚いたことを思い出した。最初はただの良い子だった主人公も、就職に親離れに恋愛に そしてラストは廃寮に抗う若者達、多岐に渡るテーマで成長を重ねていきます。最後は名倉さんを目指したいと思うほどに!青春ものながら、このニ人の男同士の絆のお話として読めました。

野沢 尚(のざわ ひさし)
┣1960年5月7日 - 2004年6月28日(没)
┣愛知県名古屋市出身。
┣脚本家・推理小説家
┣デビュー作: 『V・マドンナ大戦争』で第9回城戸賞準入賞(1983)
┣ジャンル:テレビドラマの脚本で高い評価を受ける一方、ミステリー小説にも幅を広げた。
┣北野武の映画監督デビュー作の脚本を手掛けたことでも知られている。
1998年、『眠れる森』『結婚前夜』で第17回向田邦子賞を最年少(当時)で受賞。

📺代表的な連続ドラマの脚本
┣親愛なる者へ(フジテレビ、1992年)
┣素晴らしきかな人生(フジテレビ、1993年)
┣この愛に生きて(フジテレビ、1994年)
┣恋人よ(フジテレビ、1995年)
┣青い鳥(TBS、1997年)
┣結婚前夜(NHK、1998年)
┣眠れる森(フジテレビ、1998年)
┣氷の世界(フジテレビ、1999年)
etc.

🎬映画の脚本
┣V.マドンナ大戦争(松竹富士/ジョイパックフィルム/キャニオンレコード/三船プロダクション、1985年)
┣マリリンに逢いたい(松竹富士、1988年)
┣STAY GOLD(バンダイ、1988年)
┣その男、凶暴につき(松竹富士、1989年)
┣ラッフルズホテル(松竹富士、1989年)
┣さらば愛しのやくざ(東映、1990年)
┣殺人がいっぱい(アルゴ、1991年)
┣ジェームス山の李蘭(東映、1992年)
┣赤と黒の熱情(東映、1992年) - 監督:工藤栄一
┣課長島耕作(東宝、1992年) - 原作:弘兼憲史、監督:根岸吉太郎
┣ラストソング(フジテレビ/東宝、1994年)
┣集団左遷(東映、1994年) - 原作:江波戸哲夫、監督:梶間俊一
┣私たちが好きだったこと(東映、1997年) - 原作:宮本輝、監督:松岡錠司
┣不夜城 SLEEPLESS TOWN(「不夜城」製作委員会、1998年) - 原作:馳星周、監督:李志毅
┣破線のマリス(「破線のマリス」製作委員会、2000年)
┣名探偵コナン ベイカー街の亡霊(東宝、2002年) - 原作:青山剛昌、監督:こだま兼嗣
┣深紅(2005年)
etc.


関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック