2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

(2017年メディアミックス作品)8月4日に映画公開される原作&コミック

kage

2017/08/04 (Fri)

とり

2017年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(7月4日全国公開)

8月4日(金)公開
・ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章
・STAR SAND 星砂物語


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!







ジャンル:冒険
 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章  【7月4日公開】

ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない第一章ビジュアルブック (愛蔵版コミックス)/荒木 飛呂彦

¥価格不明
Amazon.co.jp

“スタンド”と呼ばれる特殊能力を持つ高校生、東方仗助。彼の住む杜王町では、最近、奇妙な変死事件が多発していた。仗助は同じスタンド使いで一連の事件にかかわる凶悪犯・アンジェロに目をつけられ、次の標的にされてしまう。仗助に危険を知らせに来た承太郎と共に、アンジェロに立ち向かうが…!?一方、アンジェロの背後では、謎の兄弟がある目的のために動いていた…。果たして、仗助と町の運命は―!?小学上級・中学から。

映画ノベライズ ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 (JUMP j BOOKS)/浜崎 達也

¥価格不明
Amazon.co.jp

美しい海沿いの町、杜王町で起こり始めた奇妙な事件…。高校生・東方仗助は町を守るために「スタンド」と呼ばれる特殊能力を使って、事件解決に立ち上がる!奇妙なサスペンス・エンターテインメントを小説化!!

ジョジョの奇妙な冒険 第4部 カラー版【期間限定無料】 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)/荒木飛呂彦

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
1999年の日本。平和な地方都市杜王町に空条承太郎がやって来た。この町に住む高校生、東方仗助はジョセフの浮気で産まれた息子だったのだ。そしてこの町に無気味なスタンドが迫っていた…。(「空条承太郎!東方仗助に会う その1」~「虹村兄弟 その1」までの9話分を収録)

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1世界的な人気を誇る荒木飛呂彦のコミック! !
最高に奇妙なサスペンス・エンターテインメント、公開に先駆けノベライズ!!

美しい海沿いの町・杜王町で次々に起こり始めた奇妙な変死事件が多発していた……。この町に住む高校生、東方仗助は町を守るため、「スタンド能力」を使って事件解決に立ち上がるッ!仗助は同じスタンド使いで一連の事件にかかわる凶悪犯・アンジェロに目をつけられ、次の標的にされてしまう。仗助に危険を知らせに来た承太郎と共に、アンジェロに立ち向かうが…!? 一方、アンジェロの背後では、謎の兄弟がある目的のために動いていた…。果たして、仗助と町の運命は―!? 今までのジョジョと真逆の杜王町という限定された地域で、サスペンス、オカルト要素も絡み、ジョジョが立ち向かうって感じが面白いですね。しかも歴代ジョジョも含めてジョジョが3人も登場っていう(実は一番豪華な章だったりして)。ジョースター家とディオの対決の後日談って感じもしますが、各キャラのケレンミ度も含めて、読みだすと止まらない面白さがありますね。殺人を重ねるアンジェロの凶行を彼の側からも描き、形兆が名も無き男性に弓と矢を使う場面もある。虹村兄弟の内面の描写量は形兆の方が多く、児童書の方よりハードなのでおすすめ。






■映画ストーリー
美しい海に臨む杜王町で暮らす東方仗助(山崎賢人)は、心優しい高校生だった。彼はスタンドという特殊能力の保持者で、触れただけで壊れたものを修復し、他人のけがを治すことができた。杜王町では変死事件をはじめとする奇怪な出来事が続発するようになる。やがてそれらが連続殺人犯アンジェロこと片桐安十郎(山田孝之)ら、ほかのスタンド保持者による犯行だと判明。町を守るため、スタンドを駆使して彼らとの戦いに挑む仗助だが……。

★映画チェック★
世界的な人気を誇る荒木飛呂彦のコミックを実写映画化。メガホンを取るのは、『ヤッターマン』『忍たま乱太郎』など数々のアニメ作品の実写化に携わった三池崇史。『orange−オレンジ−』などの山崎賢人、『3月のライオン』シリーズなどの神木隆之介をはじめ、小松菜奈、岡田将生、山田孝之、伊勢谷友介ら豪華俳優陣が出演。キャラクターの奇抜な風貌や、特殊能力がさく裂するバトルに注目。


■スタッフ
監督: 三池崇史
原作: 荒木飛呂彦
企画プロデュース: 平野隆
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年8月4日
上映時間:1時間59分
配給:東宝 / ワーナー・ブラザース映画

■キャスト(役柄:俳優)
東方仗助: 山崎賢人
広瀬康一: 神木隆之介
山岸由花子: 小松菜奈
虹村形兆: 岡田将生
虹村億泰: 新田真剣佑
東方朋子: 観月ありさ
東方良平: 國村隼
片桐安十郎: 山田孝之
空条承太郎: 伊勢谷友介





ジャンル:戦争と平和
  STAR SAND 星砂物語  【7月4日公開】

星砂物語/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
1945年、1958年、2008年の3つの物語をつなぐ、沖縄の小島で起きたある出来事。ありがちな甘い人間ドラマとも読めるパート1から、ものの見事に跳躍する物語の力と予想外の結末! あの日あの島の洞窟で本当は何が起きたのか? 13年後に発見された3体の遺骨はいったい誰のものなのか? そして、受け継がれる命脈ともいえる存在が目の前に現れる・・・。過去と現在をつなぐ戦後70年に登場した戦争小説の傑作!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1アメリカ人の女の子が描いた沖縄戦。
太平洋戦争末期、沖縄南方の小島で起きた悲劇と、その予想外の結末!  

アメリカで育った少女洋海は、わけあって八重山諸島の小島鳩間島で、星砂を集めながらひとり暮らす。海辺の洞窟で出会った日米それぞれの脱走兵。戦いを否定して潜み暮らす二人の手助けをする洋海の日記で物語は進むが、日本人脱走兵の兄が洞窟を訪れて反目しあうところで日記は中断。時は過ぎて、現代の女子大生が卒論のためこの日記を読み、ある疑問を持ったことから意外な真実が明らかにされる。日本兵とアメリカ兵二人の脱走兵と16才の女の子の物語。太平洋戦争末期、沖縄南方の小島で起きた悲劇と、その予想外の結末。『ヘイワなんてないんだ。あるのは、「戦後」と「今度の戦争」の間に挟まれている冷たい小康状態だ』の一文が痛い。 少女から少女へ託された、そのヘイワへの想い。星砂。1945年と現代をつなぐ平和への祈念を、ミステリー的手法で見事に小説化した、戦後70年にふさわしい隠れた傑作。著者は大島渚監督の『戦場のメリークリスマス』で助監督を勤め、その後、宮沢賢治の作品を翻訳。本作を自らメガホンを取り映画化、音楽を坂本龍一担当と坂本がラジオで伝えていた。







■映画ストーリー
1945年の沖縄。戦火を逃れ小さな島で生活している16歳の少女・洋海(織田梨沙)は、洞窟で暮らす脱走兵の隆康(満島真之介)、アメリカ人のボブ(ブランドン・マクレランド)と出会う。戦いに嫌気が差し軍を離れた兵士たちと洋海は少しずつ打ち解け、洋海は彼らが身を隠す洞窟へ通うようになり、三人の間に奇妙な友情が育まれていく。ある日、隆康の兄・一(三浦貴大)が洞窟に現れたことで……。

★映画チェック★
:『明日への遺言』などで脚本を担当してきたロジャー・パルヴァースがメガホンを取り、沖縄を舞台にした自身の小説を映画化。戦時下に戦うことを拒否した日本兵とアメリカ兵、彼らを見つめる少女の交流を描く。『秘密 THE TOP SECRET』などの織田梨沙が主演を務め、満島真之介、三浦貴大、吉岡里帆、寺島しのぶらが共演。主題曲を、『戦場のメリークリスマス』などの音楽を手掛けた坂本龍一が提供する。


■スタッフ
監督・脚本: ロジャー・パルヴァース
主題曲: 坂本龍一
製作年:2017年
製作国:日本/オーストラリア
日本公開:2017年8月4日
上映時間:1時間50分
製作会社:Hara Office / Soul Age

■キャスト(役柄:俳優)
梅野洋海: 織田梨沙
ボブ: ブランドン・マクレランド
岩淵隆康: 満島真之介
岩淵一: 三浦貴大
保坂志保: 吉岡里帆
儀間: 寺島しのぶ
吉上: 渡辺真起子
城間: 石橋蓮司
2016年の梅野洋海: 緑魔子
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック