2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

今すぐ書店へGO!”夏の文庫フェア”2017…集英社文庫フェア『人気の本こそよまにゃ』×14(❷/4)「終末のフール/七つの会議/第三の時効/ホテルローヤル/地下街の雨」

kage

2017/07/11 (Tue)

夏イチ

★6月28日(水)~8月31日(木)
文庫フェア

集英社文庫40th

英社文庫『ナツイチ2017』。

2017年のテーマは、「ひとりの時間を、ひとりじめ。」

ひとはときどき、繋がりすぎる、と思う。

誰かと一緒もいいけれど、ひとりを楽しむぜいたくだってある。

この夏は、ふらりとどこかで読書涼み。

好きな世界を、好きなだけ楽しもう。

わくわくするままに、想像の広がるままに。

最初の1ページから最後の1ページまで、めくれば、誰もが自由になれるから。

さあ、よまにゃ。

今回もナツイチ側が分かりやすく用意してくれた目的ジャンル別に本を紹介していきますね。

今年は7ジャンル全99作品です。

いろんなひとりじめの時間を、ナツイチ作品でお楽しみください。

■今年の特典


マスコットキャラクターを一新。
フェア参加書店で1冊買うと、その場でひとつプレゼント!
【ナツイチ限定】よまにゃ”リバーシブルブックカバー”(全4種類)

水にも強いストーンペーパー

和風で大人のエレガントペーパー



2017/05/18 に公開
読書が大好きな、集英社文庫の新しいキャラクター。
どこかの町の本屋さんで、まいにち本を読んで暮らしている。
口癖は「よまにゃ」

😻新マスコットキャラクター、「よまにゃ」とは?
集英社文庫は今年、創刊40周年。キャラクターが交代し、登場するのは、本屋さんでくらす本好きのねこ、「よまにゃ」。
人気イラストレーター、Noritake氏デザインの愛くるしいポーズがたまりませんにゃん♪

ナツイチ特設サイト:http://bunko.shueisha.co.jp/natsuichi/
※なくなり次第終了になります。

■フェアのジャンル項目


青春するならよまにゃ
笑いたいならよまにゃ
泣きたいならよまにゃ
人気の本こそよまにゃ
勇気がほしいならよまにゃ
ゾクゾクしたいならよまにゃ
ヒントがほしいならよまにゃ

・・・・の7ジャンル。



2017/06/21 に公開
海辺の本屋さんを舞台にした、ひと夏の物語。

■アイコンの説明


😻迷ったら、これを見てね。
どんな本かわかるよう、マークをつけたよ。

(笑)思わずクスクス。
(泣)感動しても、悲しくても。
(爽)読後感がさわやか!
(恋)トキメキも、切なさも。
(怖)ゾっとしつつやめられない。
(謎)ミステリー好きにはたまらない。
(温)心あたたまる。
(驚)どんでん返し!
(短)短篇小説集。
(仕)人気のお仕事小説。
(名)不朽の名作、一度は読んでみたい。
(ベ)大人気ベストセラー。
(ノ)ノンフィクション。
(実)読んで納得の実用書。
(エ)エッセイ。
(映)映像化された大人気作!



ベストセラー
人気の本こそよまにゃ×14/4)

みんなが読んでるってことは、
みんなが同じ話で盛り上がれるってこと。

仲良くなりたいあの人も
気むずかしいあの人も
読んでるかもしれないよ。


(短)(ベ)(泣)
 終末のフール /伊坂幸太郎(著)

終末のフール (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

もし地球の余命が3年しかなかったら……。

小惑星の衝突で地球が滅亡する!? 
終末を前にしたとき、人は限られた時間の中で何を思うのか。
真の幸福とは、今を生きるとは何かを問いかける8つの物語。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1限りある生を、人はどう生きるのか。「8年後に地球が滅亡する」と発表されてから5年。世界中が大混乱に陥る中で、人々はどう生きるのか? 仙台の団地に住む人々を主人公に、愛や家族、人間の本質を見つめる傑作連作集。小惑星の衝突によって3年後に地球が滅亡する世界が舞台。7つの短編から成ってます。それぞれの短編が絶妙にリンクしていて、登場人物に愛着が湧いてきます。 終わりが迫ってきて、それぞれが取る行動には人間らしさを感じます。 終末の時をむかえるまでのそれぞれの過ごし方が、どこか淡々と描かれつつ、ある夫婦の会話での「許しませんよ」の一言がなんだかガツーンときた。緊迫した状況のはずなのに好きな人のいない世界なんてオサラバだっていえる人も惑星がぶつかる瞬間を死ぬ直前まで見続けたいといえる人も全てがいとしいと思える、なんだかんだで私は泥臭くても今を生きてる人間好きみたいです(笑)

特に『冬眠のガール』の章が好きです。 『冬眠のガール』の小松崎さんの言葉が印象的です。「小惑星が落ちてきたら大変だろうけど、まあ、そこから冬眠するつもりでさ。きっと春が来たら目が覚めるんじゃないかって、そう思えば楽だろ」 パニックになると思うけど、この言葉で少し恐怖が薄れるんじゃないかなと思いました。まぁ、決して明るい話ではないのですが、8年後小惑星が地球に落ちるという、救いのない、終末の中で、登場人物がみなどこかホッコリさせる、生きる事に少しでも前向きにさせてくれる内容でした。一つ一つの話の主人公は異なるけど、読み進めれば読み進める程、人間の面白味が増していく。やっぱり伊坂幸太郎はこうでなくっちゃ!と思わせてくれるような作品でした。・・・・で、残りの3年を自分ならどう生きるか考えました。 まず自殺はしたくない。最後まで生きたい。でも出来たら、その瞬間は誰かに隣にいてくれてらベストかな、きっとその答えは変わらないと思う…。と、書いたところで少なくとも60年後には確実に私は死んでる確率が高いことに気づいて焦った。今をどう生きるのか?なんて難しいことは考えられないけど、まずは毎日を精一杯がむしゃらに。その中で生きる意味を日々見出だしていけたら…と感じた。

伊坂幸太郎(いさか こうたろう)
┣1971年千葉県松戸市出身。
┣ジャンル:推理小説
┣デビュー作:『オーデュボンの祈り』新潮ミステリー倶楽部賞受賞(2000)

📚代表作
『重力ピエロ』(2003)
『ゴールデンスランバー』(2007)





(ベ)(驚)(映)
 七つの会議/池井戸潤 (著)

七つの会議 (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

パワハラ、不可解な人事……。

その会社には、秘密があった。
ゆがんだ保身や利益優先が生んだ企業の闇が次々と明らかになり―。
日本の今をあぶり出す、衝撃のクライム・ノベル。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1きっかけはパワハラだった! エリート課長を社内委員会に訴えたのは、歳上の部下。だが会社からは不可解な人事が下る。ふたりの間に何があったのか。会社で何が起きているのか。ありふれた中堅メーカーでパワハラ事件の不可解な人事をきっかけに、次々と明らかになる会社の秘密。会社とは何か、働くとは何かに迫る全国民必読の傑作クライム・ノベル。

池井戸さんらしい社会人バトルもの。社会人同士のバトルを繰り広げ、登場人物の会社内の政治・立ち振る舞いをリアルに描写している。皆それぞれに立場があって責任があって、その時の選択がどんな結果を招くか、モラルの範囲内であればそれはどんな形であれ正解になるのかもしれない。しかし一線を超えたとき、その選択は泥沼の中に自らを陥れる。登場人物たちが親兄弟にどんな影響を受けどんな環境で育ってきたか、それぞれの生い立ちは少なからず誰にも共感できる人物がいるのではないだろうか。だからこそ、会社にとっての自分の存在とは? 自分にとっての会社とは? 働く事の意味とは? 1章1章読み終える度に自問自答している自分がいる。でも最後はスカッとする結末です。主要人物の原島課長、八角係長と個性的なキャラクターは池井戸作品ならではある。読み始めには絶対に想像もしなかった人のことを最後には「すげえ人だな」と思うようになるそんな一冊。

池井戸潤(いけいど じゅん)
┣1963年岐阜県出身。
┣職業:小説家。
┣ジャンル:エンタテインメント、ミステリー
┣デビュー作:『果つる底なき』 (1998)

📚代表作
『空飛ぶタイヤ』(2006)
『下町ロケット』(2010)

主な受賞・候補歴
1998年 - 『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞受賞
2000年 - 『M1』で吉川英治文学新人賞候補
2006年 - 『空飛ぶタイヤ』で第136回直木三十五賞候補、第28回吉川英治文学新人賞候補
2008年 - 『オレたち花のバブル組』で第22回山本周五郎賞候補
2010年 - 『鉄の骨』で第142回直木三十五賞候補、第31回吉川英治文学新人賞受賞
2011年 - 『下町ロケット』で第145回直木三十五賞受賞、第24回山本周五郎賞候補





(謎)(ベ)(映)
 第三の時効/横山秀夫(著)

第三の時効 (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

F県警捜査第一課。

青鬼・冷血・天才の異名を持つ3人の班長がせめぎ合いながら、犯罪者を狡猾に、泥臭く追い詰めていく。
犯人の噓を暴き、時効成立を覆せるか!?

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)12004年「このミス」第4位の名作!時効の発生は事件発生から15年。しかし容疑者が事件後海外に滞在したため、7日間のタイムラグがある。F県警はこの間に容疑者を追いつめようと…。サスペンスとドラマ、警察小説の傑作連作集。

時効が迫りつつある事件を追っていくF班を舞台に、真相などを突き止め、事件の真意を問うていく物語。短編集であるが、どの話も事件が起こった背景には様々な感情や人間模様がうずまき、人間関係もちょっとしたことでもつれて事件に発展してしまった悲しさを感じる。真相がどうなのかの意見の相違によって衝突したり、真相究明のためのアリバイなどの着眼点と、捜査班の執念から見えた事件の真実解明への展開は見事についていると感じる。操作する中で猜疑心や疑り深さ、ライバル心に火をつけたという所もあるが、捜査班の一致団結さも感じられた。各話ごとに焦点の当たる班が変わる、だけど同じF県警の人たちがメインのオムニバスのような作品たち。やはりタイトルの「第三の時効」が1番やられた!と感じたし、ペルソナの微笑の明るさに隠れた狂気と最後の盛り上がりが好き。短編だけど警察の内情に詳しいと思わせる文章力。警察官同士の意地とか、新聞社のしつこさ、犯人に対する憤り、が丁寧に描かれているから読み応えがある。人間感が豊かで物語に入り込めた。短編は苦手意識があるのだが横山秀夫のそれはどの作品も真相は意表をつくもので、無駄のない文章とその完成度に秀逸な長編を読んだ気分です。敏腕刑事の朽木、楠見、村瀬。彼らが対峙する事件の真相。捜査一課で鬩ぎ合う個性的な男たち、その凄すぎる着眼点からの展開に圧倒された。強行犯係の三人の班長に共通する、アクの強さと「絶対に逃がさねぇ」魂がステキすぎ。そこに描かれていたのは、警察ものにありがちな派手な事件描写や巧妙なトリックではなく、ただひたすらに逮捕への執念、男達の矜持、プライドでした。痺れます。安積班シリーズとは真逆に、仲間同士の敵愾心やらギスギス感がハンパないんですが、根底に流れる絆のチラ見せ感が渋いです。短編ひとつひとつに読み応えあり。個性的な刑事の活躍、面白い。

横山秀夫(よこやま ひでお)
┣1957年東京都生まれ。
┣職業:小説家、推理作家、漫画原作者。
┣ジャンル:ミステリ
┣デビュー作:『ルパンの消息』 (1991)

📚代表作
「半落ち」第128回直木三十五賞候補作(2002)
「クライマーズ・ハイ」(2003)
「64(ロクヨン)」 (2012)

主な受賞・候補歴
1991年 - 『ルパンの消息』で第9回サントリーミステリー大賞佳作。
1998年 - 『陰の季節』で第5回松本清張賞受賞、第120回直木三十五賞候補。
2000年 - 『動機』で第53回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞、第124回直木三十五賞候補。
2002年 - 『第三の時効』で第16回山本周五郎賞候補。
2003年 - 『半落ち』で第128回直木三十五賞候補。『クライマーズ・ハイ』で第17回山本周五郎賞候補。
2004年 - 『クライマーズ・ハイ』で第1回本屋大賞第2位。
2005年 - 『臨場』で第5回本格ミステリ大賞(小説部門)候補。
2013年 - 『64(ロクヨン)』で第10回本屋大賞第2位。
2016年 - 『64』で英国推理作家協会賞(CWA賞)翻訳部門(インターナショナル・ダガー賞)の第1次候補作。





(短)(恋)(ベ)
 ホテルローヤル/桜木紫乃(著)

ホテルローヤル (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

北国の寂れゆく街の
小さなラブホテルで交錯する孤独な男と女の“性”と“生”。


北国の寂れゆく街の小さなラブホテル。
ひとときの非日常に身をゆだねた後の男女に漂う白々とした気配。
人生の一瞬のきらめきとはかなさが交錯する全7編。
第149回直木賞受賞作。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1北国の寂れたラブホテルの一室で、心をも裸にして生々しく抱き合う7組の男と女。心に鬱屈を抱えた男と女は、“非日常”を求めてその門をくぐる。互いの孤独を重ねる中に見えてくるそれぞれの人生の大切な断片を切り取る。ささやかな昂揚が過ぎ去った後、また離れ離れになってゆく二人。その虚しさ、寂しさ、人生の哀歓をみずみずしく描いた第149回直木賞受賞作。

釧路湿原を臨む高台にある「ホテルローヤル」。今では廃墟となったホテルを舞台に、時間軸を遡りながら語られる7つの連作短編集でそれぞれの物語が微妙に関わりがあり、時間軸が現在から過去に遡るのが面白かった。暗さやもの悲しさはありますがただそれだけではなくその中で暖かい部分もある話でそういうのが新鮮だった。ラブホテルが舞台のためか、全体的に後ろめたい雰囲気が漂う。色々な人の思いが様々な形で残っているのが段々と分かってくる人間の関係性の変化がおもしろい。ラブホテルと人間くさく生きていく人達がすごくマッチング。とてもいい小説だと思う。ただ、何がいいのか説明しようとするとうーんとなる。性描写のあまりの赤裸々さに言葉を失う。読後は、人間なんてこんなもんだ、という感傷と同時に、だからこそ他人にやさしくできるんだろうな、という達観もある。読みやすく、考えさせられる内容もあり面白かったが、共感できる、というよりも物語として興味深く読んだ感じ。景色の描写が美しく、1本の映画を観ているようでした。

桜木紫乃(さくらぎ しの)
┣1965年北海道釧路市生まれ。江別市在住。
┣職業:小説家、詩人。
┣金澤 伊代名義で詩人としても活動しており、詩集も刊行している。
┣ジャンル:小説
┣デビュー作:『氷平線』(2007)

📚代表作
『ラブレス』第146回直木三十五賞候補、第14回大藪春彦賞候補、第33回吉川英治文学新人賞候補、第41回釧新郷土芸術賞受賞(2012)。第19回島清恋愛文学賞受賞(2013)
『ホテルローヤル』 第149回直木三十五賞受賞(2013)

・‥…━━━☆
作品のほとんどは北海道、特に釧路市近辺を舞台としている。「新官能派」のキャッチコピーでデビューした性愛文学の代表的作家であるが、人間の本能的な行為としての悲哀という描き方であり、過激さは低い。実家は理容室であったが、15歳のときに父親が釧路町に「ホテルローヤル」というラブホテルを開業し、部屋の掃除などで家業を手伝っていたという経験が性愛への冷めた視点を形成したという。代表作『ホテルローヤル』をはじめ、いくつかの作品に同名のラブホテルが登場する。





(短)(謎)(ベ)
 地下街の雨/宮部みゆき(著)

地下街の雨 (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

地下街の店で働く麻子に近づいてきた、ある女―。

毎晩、いたずら電話をかけ続ける男に降りかかった恐怖の結末―。
人の恐さ、現実のせつなさが心に迫る7つの物語。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1都会の孤独。通り過ぎてしまう愛。でも希望は捨てない。きっとまた輝きの季節はくるのだから…。大都会の片隅で夢を信じて生きる人びとを描く、愛と幻想の7編からなる作品集。

宮部みゆきの初期短編集。長年書いている作家さんだから、最近の作品と比べると荒さが目立つが、それでも色褪せない魅力を持っている作品ばかり。特に今回は、SFちっくなもの、証言のみを集めた特殊系、怪談ものなど、バラエティに富んだ構成になっております。どれも 其々私達の生活にもあるのでは.........と思わせる怖さが表現されています。表題作「地下街の雨」というタイトルの意味が読み終わって深いと感じる展開が好き。「ムクロバラ」はラストのシーンのインパクトが強烈。娘が「おとうさんっ」って声掛けるところ。私が 1番ズシリときたのは「さよなら、キリハラさん」。家族の在り方をとても良く表現できていたことと、どういう方向に進むのかと思っていたら、思いもよらぬオチだった意外性。その他全7篇どれも短いのに中身が濃くてしっかりしてて、最近の宮部作品より”直球!”と感じるところがあると思いました。1994年発行なので懐かしめの描写も多数。喫茶店での喫煙が普通だったり、ワープロ、固定電話、三高…と死語のオンパレード(笑)、時代錯誤な設定ながら、こんなにも面白いなんてさすが宮部みゆき、さらりと読めせて時々ゾクッとさせるところ上手いな。特に「混線」や「決して見えない」はホラー要素が強くて今の季節にピッタリだと思いました。また室井滋さんの解説もまた素敵、確かに映像化したら面白そうな作品ばかり。それぐらい文章から想像出来る作品ばかりでした。主題にもなってる”雨”という響きに私は、微かな優しさを連想するのですが、この本のタイトルの”雨”は、怪しい響きがします。読み終わってタイトルを見返して思い出したのは、江戸時代の怪奇物「雨月物語」。もしかしたら、そこからインスピレーションを得たのかも・・・なーんてね(笑)。ミステリと思ったらホラーだったり、ファンタジーと思ったら現実的なオチがついたり、とにかく色んなジャンルがごちゃ混ぜで振り回されました短編集だったけど、丁寧な語り口とさり気ない誘導で、いつの間にか物語に引き込まれてた。いずれにしても、どの作品もオススメの一冊です。

宮部みゆき(みやべ みゆき)
┣1960年東京都[江東区生まれ。
┣職業:小説家。
┣日本推理作家協会会員。
┣日本SF作家クラブ会員。
┣雑誌幻影城ファンクラブ「怪の会」元会員。
┣ジャンル:推理小説・時代小説・ファンタジー
┣デビュー作:「我らが隣人の犯罪」(1987)

📚代表作
『龍は眠る』第45回日本推理作家協会賞(長編部門)受賞(1991)
『火車』第6回山本周五郎賞受賞、第108回直木三十五賞候補(1992)
『理由』第120回直木三十五賞受賞、第17回日本冒険小説協会大賞国内部門大賞受賞(1998)
『模倣犯』第55回毎日出版文化賞特別賞受賞(2001)
『名もなき毒』第41回吉川英治文学賞受賞、第4回本屋大賞第10位(2006)

・‥…━━━☆
OL、法律事務所、東京ガス集金課勤務の後、小説家になる。1987年、「我らが隣人の犯罪」でデビューする。以後、『龍は眠る』(日本推理作家協会賞受賞)『火車』(山本周五郎賞受賞)『理由』(直木賞受賞)『模倣犯』(毎日出版文化賞特別賞受賞)などのミステリー小説や、『本所深川ふしぎ草紙』(吉川英治文学新人賞受賞)『ぼんくら』などの時代小説で人気作家となる。ほかに、ファンタジーやジュブナイルものの作品がある。



関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック