FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

今すぐ書店へGO!”夏の文庫フェア”2017…角川文庫フェア『宮部みゆき、人気のロングセラー2』×15(➍/5)「あやし/今夜は眠れない」

kage

2017/08/15 (Tue)

夏イチ

★6月17日よりスタート!
文庫フェア


川文庫『カドフェス2017』。

2017年のテーマ「運命を変える一冊」を探そう。

今年の「カドフェス」は、5月から実施中の“角川文庫×『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』”タイアップ企画に引き続き、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(8月18日公開)とのスペシャルタイアップを実施します。

その「カドフェス 2017」タイアップビジュアルが解禁となりました。

豪華プレゼントキャンペーンも!

■今年の特典


カドフェスブックカバー

カドフェス ブックカバー全6種
打ち上げ花火、下からみるか?横からみるか?(1種類)
メアリと魔女の花(1種類)
かまわぬ(2種類)
ハッケンくん(1種類)

カドフェス対象本を1冊ご購入につき、店頭にてその場でプレゼント! イラストは定番のハッケンくんに加えて、この夏話題の映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』や『メアリと魔女の花』、そして人気てぬぐい専門店「かまわぬ」の和柄と全6種類。遊び心にあふれたブックカバーです。

※2017/6/17よりなくなり次第終了。
※対象店舗は、全国のカドフェス展開中の書店さまで、カドフェスの帯がついている文庫が対象です(店舗、一部ネット書店によっては取扱いのない場合がございます)。
※恐れ入りますが、ブックカバーのデザインはおまかせいただくことをご了承ください。

©2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会
©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
※かまわぬのスペシャルコラボブックカバーは、(株)かまわぬのてぬぐい柄を使用しています。

■フェアのジャンル項目


「感動する!」
「名作」×「…」³
「夏が好き!」
「頭の栄養」
「青春いっぱい!」
「手に汗にぎる!」
「人気のロングセラー」
角川つばさ文庫・夏まつり×角川フェア・発見!角川文庫「米林宏昌監督の原作小説2作」
岩井俊二×「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」

■アイコンの説明


・・・・受賞作
・・・・映像化



「人気のロングセラー」×15/5)

ペンギンアイコン3  宮部みゆき 、人気ロングセラー 2


 あやし/宮部みゆき(著) イラスト:方緒 良

あやし (角川文庫)/KADOKAWA/角川書店

¥価格不明
Amazon.co.jp

その話が、どういうふうに終わるのか、おまえは、ちゃんと聞いたのか?

木綿問屋の大黒屋の跡取り、藤一郎に縁談が持ち上がったが、女中のおはるのお腹にその子供がいることが判明する。

店を出されたおはるを、藤一郎の遣いで訪ねた小僧が見たものは……

江戸のふしぎ噺9編。

収録作品:居眠り心中 / 影牢 / 布団部屋 / 梅の雨降る / 安達家の鬼 / 女の首 / 時雨鬼 / 灰神楽 / 蜆塚

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1本当に美しいのは人の心、本当に恐ろしいのも人の心
古参の女中に手をつけて、妊娠させてしまった若旦那の顛末。一家七人が怪死を遂げた大店の人間模様。代々の主人が短命である酒屋の、布団部屋の怪、おみくじによって心の底から引き出される欲望――。怖く悲しく、ちょっぴり切ない九つの奇談怪談集。人の怨念が化けたものだったりこの世のものではない何かが近づいてきたり、ホラーというよりは怪異、怪奇小説と言える。怪異よりも人の心が成す恐ろしさが中心の話だった。「影牢」「安達家の鬼」「時雨鬼」が面白い。真夏にピッタリな怪談もの。ホラーに時代物が合わさった、暑さで火照っている体をクールダウンさせるような感じかなと思う。日本の昔のお化けって本当に怖い!




 今夜は眠れない/宮部みゆき(著) デザイン: FISCO

今夜は眠れない (角川文庫)/角川書店

¥価格不明
Amazon.co.jp

家族の絆を僕が取り戻す!

中学一年でサッカー部の僕、両親は結婚15年目、ごく普通の平和な我が家に、謎の人物が5億もの財産を母さんに遺贈したことで、生活が一変。家族の絆を取り戻すため、僕は親友の島崎と、真相究明に乗り出す。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1大人は、何もわかってない!家族の絆を取り戻せるのは、僕だ!
中学一年生の僕と両親、ごく普通の平和な我が家。ある日、“放浪の相場師”とよばれた謎の人物が突然、母さんに五億円もの財産を遺贈してきた。お隣さんや同級生は態度がかわり、見ず知らずのおかしな人たちからは脅迫電話があり、おまけに母さんの過去を疑う父さんは家出をし…。おかげでうちの生活は一変、一家はバラバラに。母さんに何があったのか? 相場師はなぜ母さんに大金を遺したのか? こわれかけた家族の絆を取り戻すため、僕は親友で将棋部のエースの島崎と、真相究明の調査に乗りだした。突然大金を得た一家に襲いかかる困難という感じだけど、ここまで仕組まれたものだったとは……という感じ。子どもの雅男にしてみたら、父母のことを信じていいのかわからなくなったり、離婚騒動がおきたりって、とてつもなくきついことだろうなぁ。少し大人びた中学生の推理もあり、島崎君魅力的!スラスラっと読めました。地の文がとても読みやすいのはさすが宮部みゆきだと思う。物語を読んでいてところどころあれ?と思う部分はあったが全く話の展開を予想できず、後半の急展開にひたすら驚いてた。結果的にハッピーエンドで良かったが、澤村は死んでもなおお騒がせする男だなって思った。憎めないけど…。トラブルの中でであっても、家族の絆を再確認できたのは良かったが、父の浮気性は直るのだろうか…?

宮部みゆき(みやべ みゆき)
┣1960年東京都[江東区生まれ。
┣職業:小説家。
┣日本推理作家協会会員。
┣日本SF作家クラブ会員。
┣雑誌幻影城ファンクラブ「怪の会」元会員。
┣ジャンル:推理小説・時代小説・ファンタジー
┣デビュー作:「我らが隣人の犯罪」(1987)
┣無類のテレビゲーム好きとしても知られている。

📚代表作
『龍は眠る』第45回日本推理作家協会賞(長編部門)受賞(1991)
『火車』第6回山本周五郎賞受賞、第108回直木三十五賞候補(1992)
『理由』第120回直木三十五賞受賞、第17回日本冒険小説協会大賞国内部門大賞受賞(1998)
『模倣犯』第55回毎日出版文化賞特別賞受賞(2001)
『名もなき毒』第41回吉川英治文学賞受賞、第4回本屋大賞第10位(2006)

文学賞受賞歴・候補歴
1986年 - 「祝・殺人」で第25回オール讀物推理小説新人賞候補。
1986年 - 「騒ぐ刀」で第11回歴史文学賞候補。
1986年 - 「デッド・ドロップ」で第47回小説現代新人賞候補。
1987年 - 「我らが隣人の犯罪」で第26回オール讀物推理小説新人賞受賞。
1988年 - 『かまいたち』で第12回歴史文学賞佳作入選。
1989年 - 『魔術はささやく』で第2回日本推理サスペンス大賞受賞。
1990年 - 「サボテンの花」で第43回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)候補。
1991年- 『本所深川ふしぎ草紙』で第13回吉川英治文学新人賞受賞。
1991年- 『レベル7』で第44回日本推理作家協会賞(長編部門)候補。
1991年- 『龍は眠る』で第105回直木三十五賞候補。
1992年- 『返事はいらない』で第106回直木三十五賞候補。
1992年- 『龍は眠る』で第45回日本推理作家協会賞(長編部門)受賞。
1992年- 「六月は名ばかりの月」」で第45回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)候補。
1993年 - 『火車』で第6回山本周五郎賞受賞、第108回直木三十五賞候補。
1996年 - 『人質カノン』で第115回直木三十五賞候補。
1997年 - 『蒲生邸事件』で第18回日本SF大賞受賞、第116回直木三十五賞候補。
1999年 - 『理由』で第120回直木三十五賞受賞、第17回日本冒険小説協会大賞国内部門大賞受賞。
2001年 - 『模倣犯』で第55回毎日出版文化賞特別賞受賞。
2002年 - 『模倣犯』で第5回司馬遼太郎賞受賞、第52回芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
2007年 - 『名もなき毒』で第41回吉川英治文学賞受賞、第4回本屋大賞第10位。
2008年 - 『BRAVE STORY』(『ブレイブ・ストーリー』英訳版)でThe Batchelder Award受賞。
2013年 - 『ソロモンの偽証』で第10回本屋大賞第7位。

・‥…━━━☆
OL、法律事務所、東京ガス集金課勤務の後、小説家になる。1987年、「我らが隣人の犯罪」でデビューする。以後、『龍は眠る』(日本推理作家協会賞受賞)『火車』(山本周五郎賞受賞)『理由』(直木賞受賞)『模倣犯』(毎日出版文化賞特別賞受賞)などのミステリー小説や、『本所深川ふしぎ草紙』(吉川英治文学新人賞受賞)『ぼんくら』などの時代小説で人気作家となる。ほかに、ファンタジーやジュブナイルものの作品がある


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック