FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

今すぐ書店へGO!”夏の文庫フェア”2017…角川文庫フェア『東野圭吾、人気のロングセラー3』×15(❶/5)「ナミヤ雑貨店の奇蹟/鳥人計画/殺人の門」

kage

2017/08/12 (Sat)

夏イチ

★6月17日よりスタート!
文庫フェア


川文庫『カドフェス2017』。

2017年のテーマ「運命を変える一冊」を探そう。

今年の「カドフェス」は、5月から実施中の“角川文庫×『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』”タイアップ企画に引き続き、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(8月18日公開)とのスペシャルタイアップを実施します。

その「カドフェス 2017」タイアップビジュアルが解禁となりました。

豪華プレゼントキャンペーンも!

■今年の特典


カドフェスブックカバー

カドフェス ブックカバー全6種
打ち上げ花火、下からみるか?横からみるか?(1種類)
メアリと魔女の花(1種類)
かまわぬ(2種類)
ハッケンくん(1種類)

カドフェス対象本を1冊ご購入につき、店頭にてその場でプレゼント! イラストは定番のハッケンくんに加えて、この夏話題の映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』や『メアリと魔女の花』、そして人気てぬぐい専門店「かまわぬ」の和柄と全6種類。遊び心にあふれたブックカバーです。

※2017/6/17よりなくなり次第終了。
※対象店舗は、全国のカドフェス展開中の書店さまで、カドフェスの帯がついている文庫が対象です(店舗、一部ネット書店によっては取扱いのない場合がございます)。
※恐れ入りますが、ブックカバーのデザインはおまかせいただくことをご了承ください。

©2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会
©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
※かまわぬのスペシャルコラボブックカバーは、(株)かまわぬのてぬぐい柄を使用しています。

■フェアのジャンル項目


「感動する!」
「名作」×「…」³
「夏が好き!」
「頭の栄養」
「青春いっぱい!」
「手に汗にぎる!」
「人気のロングセラー」
角川つばさ文庫・夏まつり×角川フェア・発見!角川文庫「米林宏昌監督の原作小説2作」
岩井俊二×「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」

■アイコンの説明


・・・・受賞作
・・・・映像化






「人気のロングセラー」×15/5)

ペンギンアイコン3  東野圭吾、人気ロングセラー 3

映画化作品|舞台化作品
第7回中央公論文芸賞
 ナミヤ雑貨店の奇蹟/東野圭吾(著)

ナミヤ雑貨店の奇蹟

東野作品史上、もっとも泣ける感動作!

あらゆる悩み相談に乗る不思議な雑貨店。

そこに集う、人生最大の岐路に立った人たち。

過去と現在を超えて温かな手紙交換がはじまる……

張り巡らされた伏線が奇跡のように繋がり合う、心ふるわす物語。


悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた。時空を超えて過去から投函されたのか? 3人は戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くが……。次第に明らかになる雑貨店の秘密と、ある児童養護施設との関係。悩める人々を救ってきた雑貨店は、最後に再び奇蹟を起こせるか!?

■登場人物・人物相関図━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
敦也(あつや)
┣三人の中でリーダー的存在。

翔太(しょうた)
┣小柄で、顔にまだ少年っぽさが残っている。

幸平(こうへい)
┣大柄で、気が弱い。

月のウサギ
┣第一章に出てくる相談者。
┣ある競技でオリンピック代表候補になっているが恋人が癌になってしまい、如何すれば良いのかと相談してきた。

松岡 克郎(まつおか かつろう)
┣第二章に出てくる相談者。
┣ミュージシャンを目指しているが芽が出ず、夢を追い続けるか実家の魚屋を継ぐかで迷い「魚屋ミュージシャン」と言う名でナミヤ雑貨店に手紙を出す。

和久 浩介(わく こうすけ)
┣第四章に出てくる相談者。
┣ビートルズのファンで、ある悩みを相談する為「ポール・レノン」と言う名でナミヤ雑貨店に手紙を出す。

武藤 晴美(むとう はるみ)
┣第五章に出てくる相談者。
┣昼は腰掛けOL・夜は水商売をしている。
┣自立した生活を目指しており、穏健な形で会社を辞める方法がないかと「迷える子犬」と言う名でナミヤ雑貨店に手紙を出す。

浪矢 雄治(なみや ゆうじ)
┣ナミヤ雑貨店店主。
┣妻が亡くなった事で元気を無くしていたが、冗談がキッカケで始まった悩み相談に答える事を生きがいにしている。

浪矢 貴之(なみや たかゆき)
┣浪矢雄治の息子。店の運営を心配し、雄治に同居を提案する。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1すべての伏線が繋がった時、予想だにしなかった感動が訪れる。
悩み相談、未来を知ってる私にお任せください。少年3人が忍び込んだ廃屋。そこは過去と未来が手紙でつながる不思議な雑貨店だった。ナミヤ雑貨店と丸光園を通して、色んな人たちが色んなところで繋がっているのが面白かった。時間も空間も超えての悩み相談で、みんなが感謝しているのは、必死に答えを書いたからに他ならない。そして、幸せになれるかどうかは、その答えを本人がどう解釈し、どう活かしていくかにかかっているのだと思った。ナミヤさんの言葉が心に響きます。 私は心揺さぶる一文に出会えた時、本を好きで良かったと思えます。 本作品を読み、一文どころか多くの心揺さぶられる文章と出会えました。 シーンがどんどんリンクされて行き、良い意味で何度も鳥肌立ちました。私もナミヤ雑貨店に相談をしている気分になれました。 私の心は今、多幸感でいっぱいです。何だか少し悲しくて、でもほっこり暖かくて…さすが東野圭吾、素晴らしい作品だと思います。

Arikaシネマ2014b5

ジャンル:家族/ファンタジー
 ナミヤ雑貨店の奇蹟   【2017年9月23日全国公開】



■映画ストーリー
2012年、古くからの友人たちと悪事をした敦也(山田涼介)は、かつて悩み相談を請け負っていた「ナミヤ雑貨店」に身を隠す。敦也は廃業しているはずの店の郵便受けからした音に気付き調べてみると、32年前に書かれた悩み相談の手紙があり、さらに郵便受けは1980年につながっていた。三人は困惑しつつも店主に代わり返事を書くと、また手紙が投函され……。

★映画チェック★
人気作家・東野圭吾の小説を、『やわらかい生活』などの廣木隆一監督が映画化。現在と過去が手紙でつながる不思議な雑貨店を舞台に、養護施設育ちの若者と、町の人の悩み相談を聞く店主の時を超えた交流を描く。32年前から届く悩み相談の手紙に触れるうちに、人を思いやる気持ちを抱く主人公を『暗殺教室』シリーズやテレビドラマ「カインとアベル」などの山田涼介、雑貨店店主を数多くの作品で独特の存在感を見せてきたベテラン西田敏行が演じる。

■スタッフ
原作: 東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
監督: 廣木隆一
脚本: 斉藤ひろし
主題歌:山下達郎「REBORN」
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年9月23日
上映時間:2時間9分
配給:KADOKAWA / 松竹

■キャスト(役柄:俳優)
敦也: 山田涼介(Hey! Say! JUMP)
浪矢雄治: 西田敏行
田村晴美:尾野真千子
翔太:村上虹郎
松岡克郎:林遣都
皆月暁子:成海璃子
セリ:門脇麦 / 鈴木梨央(少女時代役)
貴之:萩原聖人
松岡健夫:小林薫
映子:山下リオ
刈谷 :手塚とおる
皆月良和 :PANTA(頭脳警察)
田村秀代:吉行和子







 鳥人計画/東野圭吾(著) デザイン:角川書店装丁室

鳥人計画 (角川文庫)/東野 圭吾

¥価格不明
Amazon.co.jp

拘留中の犯人が密告者を推理する、緻密極まる本格スポーツ・ミステリー!

日本ジャンプ界期待のホープが殺された。ほどなく犯人は彼のコーチであることが判明。

一体、彼がどうして? 

一見単純に見えた殺人事件の背後に隠された、驚くべき「計画」 とは!?

■登場人物・人物相関図━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
峰岸貞男
┣ジャンプ競技のコーチ・原工業勤務。

楡井明和製
┣ニッカネンの異名を取る天才ジャンパー・原工業労務課勤務。

杉江夕子
┣幌南スポーツセンター勤務・楡井明の恋人三好靖之全日本チームの総監督。

杉江泰介
┣日星自動車スキー部監督・杉江夕子の父親。

杉江翔
┣ジャンパー・日星自動車スキー部所属・杉江泰介の息子。

深町和雄
┣元ジャンパー・日星自動車勤務。

島野悟郎
┣故人・元ジャンパー・元日星自動車従業員。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1トップ選手が殺された理由・・・・スポーツの複雑な一面に驚愕!
「鳥人」として名を馳せ、日本ジャンプ界を担うエース・楡井が毒殺された。捜査が難航する中、警察に一通の手紙がが届き、犯人は楡井のコーチ・峰岸が犯人であることを告げる「密告状」だった。警察に逮捕された峰岸は留置場の中で、誰かが密告したのか推理を始める。「計画は完璧だった。警察は完全に欺いたつもりだったのに。俺を密告したのは誰なんだ?」警察の捜査と峰岸の推理が進むうち、恐るべき「計画」の存在が浮かび上がってくる――。スキージャンプの話。読み始めてしばらくしたら「え?あなたが犯人ですか?」とあっさりわかる。いったん解決。しかし新たな謎が出る。それも解決。でもまた謎が出る、という謎を追いかけるミステリの醍醐味と意外な展開だったー!! 犯人の気持ちは分かる気がしただけに、続きがあってビックリしました。 機械的トリックに頭を悩ませるのでなくこういう悩まされ方。東野圭吾らしい。

天才は孤独。己の胸の痛みや大事に思う人の苦しみを取り除くためには、望まぬ暴力も辞せないのが人間なのか?環境は人を十二分に苦しめる。しかし誰かにただただ懐き信頼を寄せる人は浮かばれないな。謎が謎を呼び各方面が推理する構成が面白い。被害者は一人なんだけど、犯人探し、トリック、動機、など目的を絞って順番に一個ずつ解決していくので、多くの謎を最後に一気に解決するよくあるスタイルのミステリーとは構成が全然違う。密告者=探偵役探し、なんていうのも新鮮で良かった。さすが東野圭吾だと思った!! 予想だにしない結末だからこそ やっぱり読んで良かったーって思う。でもちょっと切ない終わりだったな。あと、杉江泰介監督の恐ろしさ。精緻極まる伏線、二転三転する物語。犯人が「密告者=探偵」を推理する、東野ミステリの傑作。東野圭吾初期の名作としてよく挙がる一冊。



 殺人の門/東野圭吾(著)
 デザイン:角川書店装丁室・高柳雅人 デザイン:角川書店装丁室


殺人の門 (角川文庫)/KADOKAWA

¥価格不明
Amazon.co.jp

新直木賞作家が紡ぐ、衝撃の問題作!

あいつを殺したい。奴のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。

でも、私には殺すことができない。

殺人者になるために、私には一体何が欠けているのだろうか。

心の闇に潜む殺人願望を描く、衝撃の問題作!

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1あいつを殺したい。でも、殺せない誰しもが心に抱く「殺人願望」
「倉持修を殺そう」と思ったのはいつからだろう。悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。そして数多くの人が不幸になった。あいつだけは生かしておいてはならない。でも、私には殺すことができない。殺人者になるために、私に欠けているものはいったい何なのだろうか?人が人を殺すという行為は如何なることか。心の闇に潜む殺人願望を描く。

最初から最後まで、これでもか!ってくらい気分の悪いお話でした。後味が悪いどころじゃない‼️裕福な家庭に生まれた主人公の田島和幸が、小学生の頃からの友人、倉持修にひたすら騙され続けるストーリー。その原因が金持ちへの嫉妬。それにしても倉持の手口は凄まじい。インチキ五目並べから始まり、初恋の相手を自殺に追い込む。更にマルチ商法、豊田商事を彷彿させるペーパー商法、インチキ株取引。終始坂道を転げ落ちる転落人生。殺してもおかしくない動機がわんさかあるのに、ヘタレな性格からそれすらできなく只々騙され続ける。田島がなかなか倉持を殺さないからまだかなまだかやと思いながら読んだ。 あと一歩のところで殺害まで至らない田島がもどかしい。もう、読んでいてイライラの連発でした。さっさと殺すか、そもそもそんな奴に関わらなきゃいいのにバカだなぁ。…。田島はなぜ倉持との関係を切れなかったんだろうか?最初に鯛焼きを食べさせなかった時点で勝負あり!って感じだった。だから最後も結局は成し遂げられなかっただろう。倉持の高笑いが聞こえてきそうだ。面白かったですが、最後まで救われない話に気が滅入りました。直木賞作家が描く、「憎悪」と「殺意」の一大叙事詩。

東野圭吾(ひがしの けいご)
┣1958年大阪府大阪市生野区生まれ(本籍は東区玉造・現中央区)
┣職業:小説家。
┣ジャンル:ミステリー、サスペンス
┣デビュー作:『放課後』(1985)

📚代表作
『秘密』第120回直木三十五賞候補・第20回吉川英治文学新人賞候補・第52回日本推理作家協会賞(長編部門)受賞(1998)
『白夜行』第122回直木三十五賞候補(1999年)
『容疑者Xの献身』第134回直木三十五賞受賞・第3回本屋大賞4位・第6回本格ミステリ大賞(小説部門)受賞(2006)
『流星の絆』第43回新風賞受賞(2008年)

‥…━━━☆・‥…━━━☆
1985年、『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞を受賞。12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、13年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、14年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞。その他の著書に『殺人の門』『探偵倶楽部』『さまよう刃』『夜明けの街で』『虚ろな十字架』『マスカレード・ホテル』『マスカレード・イブ』など多数。海外においても『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が中国国内でベストセラー50万部を突破するなど、アジア圏を中心に支持を受け、韓国では国内作家を抑えて<2014ゴールデンブックアワード>に選出された。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック