2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

2017年秋、金曜ドラマ『この声をきみに』

kage

2017/11/17 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★9月8日スタート 

NHK総合 毎週金曜 22:00~22:50

 この声をきみに

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:大森美香
演出:笠浦友愛/樹下直美/上田明子
制作統括:磯智明

主題歌:いいわけ/JUJU

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
穂波孝(竹野内豊)
大学で数学を教える准教授。偏屈な性格で話すことも苦手なため学生からの人気もなく、講義はいつも空席が目立つ。学生時代に「声はいいのに話が最高に面白くない」と女子になじられたことがある。

江崎京子(麻生久美子)
「話し方教室」の講師。いつもニコニコしているように見えるが、実は悲観主義者のリアリスト。恋愛恐怖症で、恋愛至上主義の世の中を嫌悪している。佐久良だけが過去を知っている。

穂波奈緒(ミムラ)
孝の妻。大学生の時に孝と出会い、年下ながら積極的にアプローチ。卒業後に交際し結婚。長女が生まれて、孝を「夫としても父親としても決定的にダメな人種」だと感じ始める。

佐久良宗親(柴田恭兵)
朗読教室の主宰者。ラジオの人気アナウンサーだったが、妻の病気を機にフリーに転身。自宅で朗読教室を始める。

稲葉実鈴(大原櫻子)
声優志望の学生。声優になりたいと思い立ち、とりあえず朗読教室に通う。幼少の頃、母親に朗読を褒められたことをずっと覚えている。

福島雅夫(杉本哲太)
海運会社に勤務する商船の船長。航海に出ると半年は戻ってこない。せめて日本にいる時は日本語に浸りたいと思い、朗読教室に通う。誰とでも打ち解ける明るい性格。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
竹野内豊が偏屈でさえない大学准教授に。朗読教室を舞台に描くヒューマンコメディー! 
偏屈でさえない大学准教授が、人生を変えるために朗読教室を訪れて新たな自分を見つけようとする、楽しくも切ないヒューマンコメディー。主人公の穂波孝を、NHKのドラマは初主演となる竹野内豊が演じる。竹野内は「変わりたいと願う全ての方たちが新しい一歩を踏み出せるよう、背中をそっと押せる存在になれたら」と作品への意気込みを語り、自身も「この作品を乗り越えて、新しい一歩を踏み出したい」と期待を寄せる。

孝が出会う「話し方教室」の講師を麻生久美子が、孝の妻をミムラが演じるほか、柴田恭兵、大原櫻子、杉本哲太など多彩な顔ぶれも魅力。脚本は、連続テレビ小説「あさが来た」などを手掛けた大森美香が担当する。



----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
大学で数学を教える准教授・穂波孝(竹野内豊)は、偏屈でさえないばかりか、話すことが苦手で学生の人気もない。そんな孝に愛想を尽かした妻・奈緒(ミムラ)が、子どもと一緒に家を出ていってしまったばかりか、高校生向けの公開授業でもサービス精神のかけらもない講義をして、ついに学部長から「話し方教室」へ行くよう命じられる。

そこでも、講師の江崎京子(麻生久美子)と思わぬことで口論となり、京子の上司・佐久良宗親(柴田恭兵)になだめられる。険悪な雰囲気で別れた二人だったが、数日後、孝は京子と意外な場所で再会する。それは、町はずれにある小さな朗読教室だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月1日更新】
■ あらすじ(第1話「つまらない男」  2017/9/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大学で数学を教える准教授の孝(竹野内豊)は偏屈でさえない男。話すことが苦手で学生からの人気もない。愛想を尽かした妻・奈緒(ミムラ)は子どもと一緒に出て行った。高校生向けの公開授業でもサービス精神のない講義をした孝は、話し方教室へ行くよう命じられる。孝は渋々参加するが、そこで、講師の京子(麻生久美子)と口論になり、彼女の上司・佐久良(柴田恭兵)になだめられる。数日後、孝は京子と思わぬ場所で再会する。

今回の朗読作品
「生きる」作:谷川俊太郎
「くじらぐも」作:中川李枝子/絵:柿本幸造
「恋のわらべ唄」作:寺山修司

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月20日更新】
■ あらすじ(第2話「友だちはカエルくん」  2017/9/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
京子(麻生久美子)の朗読を聞いて、心に血が通うような感動を覚えた孝(竹野内豊)は、自分を変えるために朗読教室を訪れる。主宰者の佐久良(柴田恭兵)に温かく迎え入れられた孝は、船乗りの邦夫(杉本哲太)や無口な会社員・泰代(片桐はいり)、声優志望の実鈴(大原櫻子)ら個性豊かな生徒たちに出会う。教室では、2匹のカエルの友情を描いた童話を読むことになる。ところが、頭が固い孝は童話の内容をなかなか理解することができない。

今回の朗読作品
「旅上」作:萩原朔太郎
「五十音」作:北原白秋
「ふたりはともだち」作:絵 アーノルド・ローベル/訳:三木卓
「はだかの王さま」作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン/絵:吉岡紗希

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月26日更新】
■ あらすじ(第3話「雨にも負けぬ男」  2017/9/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
孝(竹野内豊)と奈緒(ミムラ)の離婚協議が始まった。孝の前で、奈緒は初めて離婚を決心した理由を語る。その怒りは孝の想像をはるかに超える激しさだった。孝は打ちのめされるが、子どもたちの機嫌を取るため、息子が大好きな物語「くじらぐも」を読み聞かせることを思い付き、朗読教室に向かう。しかし、プライドが高い孝は、京子(麻生久美子)に子ども向けの話の朗読を教えてほしいとなかなか切り出すことができない。

今回の朗読作品
「氷菓」作:室生犀星
「雨ニモマケズ」作:宮澤賢治
「くじらぐも」作:中川李枝子/絵:柿本幸造
「津軽」作:太宰治
「月夜の浜辺」作:中原中也

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月2日更新】
■ あらすじ(第4話「飛べ!くじらぐも」  2017/10/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
孝(竹野内豊)は息子に「くじらぐも」を読み聞かせるため、京子(麻生久美子)と猛レッスンを始める。だが、数学者の孝は、鯨が空を飛ぶ姿を想像できない。一方、教室では邦夫(杉本哲太)らが京子の噂話に花を咲かせていて、孝は何となく気になる。その数日後、孝と奈緒(ミムラ)の離婚調停が始まった。孝が改めて奈緒の不満を聞くと、今回は彼女の悲しみを自然と理解することができた。孝の心の中で、何かが変わり始めていた。

今回の朗読作品
「くじらぐも」作:中川李枝子/絵:柿本幸造
「山椒大夫」作:森鴎外

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月7日更新】
■ あらすじ(第5話「キスはどうですか?」  2017/10/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
孝(竹野内豊)はついに奈緒(ミムラ)と離婚することを決意した。朗読教室もやめようとするが、同じクラスを受講する邦夫(杉本哲太)らに引き留められる。一方、京子(麻生久美子)は理由を明かさないまま、教室を休み続けていた。ある日、孝は謎の車に連れ去られそうになる京子の姿を偶然、見掛ける。声を掛けるものの、京子は車のことを何も説明しようとしない。そして、ただ孝に朗読だけは嫌いにならないでほしいと告げる。

今回の朗読作品
「今日」訳:伊藤比呂美/絵:下田昌克
「回転ドアは、順番に」作:穂村弘 東直子/装画:三嶋典東
「祈るように願う」作:銀色夏生
「心に太陽を持て」作:ツェーザル・フライシュレン/訳:山本有三
「サーカス」作:中原中也

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月23日更新】
■ あらすじ(第6話「もつれる2人」  2017/10/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
孝(竹野内豊)と一晩、一緒に過ごした京子(麻生久美子)。しかし、彼女は何事もなかったかのように朗読教室にやって来る。そうした京子の複雑な心理を孝は解き明かそうとするが、なかなか答えが出せない。そして、彼女の魅力にますます取りつかれていく。一方、実鈴(大原櫻子)は、同じ生徒の雄一(戸塚祥太)のことが気になっていた。その雄一はある日、一緒に朗読をしませんかと孝を誘う。そして彼は思わぬことを告白する。

今回の朗読作品
「数学的媚薬」 作:アレックス・ゴールト/訳:畔柳和代/装画:祖田雅弘
「おじさんのかさ」作・絵:佐野洋子

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月31日更新】
■ あらすじ(第7話「ヒーローになる時」  2017/11/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
孝(竹野内豊)は京子(麻生久美子)から過去を聞かされ、衝撃を受ける。そこへ、佐久良(柴田恭兵)から京子を救えるヒーローになれるのは君しかいないと言われ、孝は戸惑いを隠せない。一方、朗読教室では年に一度の発表会を控え、生徒たちは題材選びで盛り上がっていた。そんな中、孝は邦夫(杉本哲太)に誘われ、泰代(片桐はいり)らとある会合に潜入する。それは男性だらけの朗読会で、読まれているものはグルメ本ばかりだった。

今回の朗読作品
「注文の多い料理店」作:宮沢賢治
「天ぷらそばのツライとこ」作・絵:東海林さだお
「HERO」作詞:桜井和寿

※最終話は1週あけて17日(金)の放送となります。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月3日更新】
■ あらすじ(第8話「美しくひびきよく」  2017/11/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
孝(竹野内豊)の恋の告白も届かず、京子先生(麻生久美子)が朗読教室をやめる決意は固かった。発表会が近づく中、孝たちは京子の引止め作戦を思いつく。そんなある日、息子の龍太郎から手紙が届き、孝は大喜び。そして妻・奈緒(ミムラ)と久しぶりの再会を果たす。一方、教室では泰代(片桐はいり)が発表会に読む本について悩んでいた。片思いのヨガ教室の先生を会場に誘ってしまったのだ。そんな泰代に京子はある本を薦める。

今回の朗読作品
「チョウの数」著:日高敏隆
「おじさんのかさ」作・絵:佐野洋子
「ほぐす」作:吉野弘
「アエイウエオア王物語」作:菅井建
「ハート型の思い出:作 寺山修司
「手袋を買いに」作:新見南吉
「ふたりはともだち」作・絵:アーノルド・ローベル/訳:三木卓
「おおきなかぶ」ロシアの昔話・再話:A.トルストイ/訳:内田莉莎子/絵:佐藤忠良
「あいたくて」作:工藤直子
「世にも美しい数学入門」著:藤原正彦
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック