2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

2017年秋、土曜ドラマ『アシガール』

kage

2017/11/18 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★9月23日スタート 

NHK総合 毎週土曜18:05~18:43

 アシガール

Arika注目1h愛と脚力で戦場を掛け巡る!

人気コミックをドラマ化。

現代から戦国時代へタイムスリップした女子高生が、一目ぼれした若君のため奮闘するファンタジー時代劇。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:森本梢子「アシガール」(集英社)
脚本:宮村優子
演出:中島由貴/伊勢田雅也/鹿島悠
制作統括:内田ゆき/土屋勝裕

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
速川唯/唯之助(黒島結菜)
足が速いことだけが取りえの女子高生。ひょんなことから戦国時代にタイムスリップしてしまい、そこで出会った羽木家の若君・忠清に一目ぼれする。

羽木九八郎忠清(健太郎)
戦国の小大名・羽木家の跡取り。弱冠18歳ながら大人びており、冷静で聡明。父を助け、戦いに赴く。

羽木成之(松下優也)
忠清の兄。母の身分が低いため、跡取りではない。武道を好まず花を生けるなど穏やかに見えるが、心の内は見せない。

吉乃(ともさかりえ)
梅谷村の農民の寡婦。ひょんなことから唯を“息子”として引き取る。りんとした美しさを持つ賢い女性。

松丸阿湖(川栄李奈)
松丸家の姫。かわいくて、おっとりした性格。忠清との縁談が進んでいる。

羽木忠高(石黒賢)
羽木家の当主。周囲の戦国大名との争いが続く中、跡取りの忠清を厳しく育てる。

天野信茂(イッセー尾形)
羽木家の重臣・天野家の隠居。忠清を幼い頃から見守り、絶対の忠誠を誓っている。唯の並々ならぬ足の速さを見いだす。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
黒島結菜が戦国時代にタイムスリップする女子高生に! 足軽となって荒野を駆け抜ける! 
森本梢子の同名漫画を原作に、戦国時代にタイムスリップした女子高生の奮闘を描くエンターテインメント時代劇。脚力だけが取りえの主人公・速川唯を黒島結菜が演じる。愛する人を守るため、唯が“アシガール”となって荒野を駆け巡り、やがて戦国時代を揺るがせていく。

唯が戦国時代で出会い、一目ぼれする羽木(はぎ)家の若君・九八郎忠清には、俳優・モデルとして活躍中の健太郎が扮するほか、松下優也、ともさかりえ、川栄李奈、石黒賢、イッセー尾形らが共演。脚本は、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」などを手掛けた宮村優子が担当する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月20日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
足が速いことだけが取りえのマイペースな女子高生・速川唯(黒島結菜)は、ひょんなことから、引きこもりの弟・尊(下田翔大)が発明したタイムマシンで戦国時代にタイムスリップしてしまう。
そこで、戦国の小大名・羽木家の若君・九八郎忠清(健太郎)と出会い、一目ぼれした唯。その並々ならぬ足の速さを、忠清を幼い頃から見守ってきた重臣・天野信茂(イッセー尾形)に見いだされ、羽木家の足軽・唯之助となる。唯は一途に追い求めるものを見つけ、忠清を守り抜こうと決心。類いまれなる脚力を生かして、戦国の荒野を駆け抜けていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月20日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/9/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
走ることだけが得意な16歳の唯(黒島結菜)は、明るい高校生活を何となく送っている。ある満月の夜、発明好きの弟・尊(下田翔大)が造ったタイムマシンで、唯は戦国時代にタイムスリップ。合戦の野原に放り出されて混乱するが、見よう見まねで足軽隊に紛れ込み、「唯之助」と名乗る。そんな中、眼前に現れたりりしい若武者に一目ぼれした唯。若武者は、戦国大名である羽木家の嫡男・羽木九八郎忠清(健太郎)だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月26日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/9/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
足軽・唯之助として戦国時代を過ごす唯(黒島結菜)の耳に、家老の天野家と千原家の家来同士の「かけくらべ」の話が入る。忠清(健太郎)に近づくため天野の家来になろうとする唯は、隠居・信茂(イッセー尾形)に足の速さを見せて直訴し、かけくらべに出場。勝利を収めたものの、天野に取り立ててもらうことはできず、吉乃(ともさかりえ)の元に戻る。諦めきれない唯はある日、偶然、忠清の腹違いの兄・成之(松下優也)に出会う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月2日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/10/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
戦国時代から現代に戻った唯(黒島結菜)は、忠清(健太郎)が間もなく合戦で命を落とす運命だと知り、再びタイムスリップして彼を救おうと決意。その熱意に根負けした尊(下田翔大)は、新たに発明した「秘剣・でんでん丸」を持たせる。次の満月の夜、戦国に戻った唯は、吉乃(ともさかりえ)の元で農民の暮らしになじんでいく。一方、羽木家では高山家との争いが続いていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月12日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/10/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
合戦を体験し、唯(黒島結菜)は大きなショックを受ける。戦勝の宴で芝居一座の女形・あやめ(森優作)と知り合った唯は、その夜、地元の豪士の娘・鐘ヶ江のふき(中村静香)が忠清(健太郎)に一晩仕えることを聞いて驚く。あやめの手を借りて女性の姿になった唯は、ふきに代わって忠清のねやに忍び込むことに成功。忠清が見せる寂しげな表情に胸をつかれる。「ふく」と名乗る唯の精いっぱいの振る舞いに忠清は笑顔になる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月20日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/10/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
羽木軍を救おうと現代に戻った唯(黒島結菜)は、尊(下田翔大)に作ってもらった発明品「まぼ兵くん」を持ち再び戦国へ。足軽の唯之助として、忠清(健太郎)の馬に付いて合戦の野を駆け奮闘する。活躍を買われた唯は、信茂(イッセー尾形)の計らいで忠清の「御馬番」に。そばにいられると喜ぶが、馬の世話に明け暮れる羽目になる。そんな折、忠清から遠出に誘われ馬を引いた唯は、この‘初デート’で忠清の思いに触れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月21日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/10/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
タイムマシンで現代へ送られた瀕死(ひんし)の忠清(健太郎)に唯(黒島結菜)の家族は驚くが、母・美香子(中島ひろ子)の尽力で一命を取り留める。戦国にいる唯は3分もすれば忠清は戻ると気楽に構えていた。だが忠清は戻らず、大騒ぎに。しかも成之(松下優也)の策略で、唯は忠清の失踪に関わったと疑われる。城から逃げた唯は忠清のいいなずけ・阿湖(川栄李奈)に出会う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月31日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/11/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
現代でけがの治療を受けた忠清(健太郎)は高熱を出してしまい、戦国に戻ってこられなくなった。唯(黒島結菜)は1カ月後の機会を信じて待ち続けるが、若君失踪への関わりを疑われ、追われる身に。そんな唯を、信茂(イッセー尾形)は天野家にかくまう。だが、追っ手は吉乃(ともさかりえ)を捕らえて脅す。唯は吉乃を救おうと自ら姿を現し、捕らわれてしまう。牢(ろう)の中で忠清が戻るはずの満月の夜に望みを託す唯だが…。

※11月11日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月17 日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/11/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
唯(黒島ユイカ)は忠清(健太郎)の警固役として天野家で武者修行することに。一方、忠清は松丸家の姫・阿湖(川栄李奈)と対面する。阿湖のほか、忠清にはふき(中村静香)もいて、唯はやきもきする。敵の高山方とつながりがある成之(松下優也)を探りに赴いた唯は、逆に策略に陥り、成之の部屋に連れ込まれてしまう。駆け付けてきた忠清は激怒する。吉乃(ともさかりえ)に背中を押され、忠清に会いに行った唯は、自らの思いをぶつける。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック