2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

2017年秋、連続ドラマW『沈黙法廷』

kage

2017/10/22 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★9月24日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 22:00~23:00

 連続ドラマW 沈黙法廷

Arika注目1h捜査と法廷の両側から物語が展開!

高齢者の連続不審死事件の容疑者・山本美紀は、心清き家政婦なのか、それとも高齢者の財産を狙う悪女なのか。

直木賞作家・佐々木譲の同名小説のドラマ化したリーガルミステリー。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:佐々木譲「沈黙法廷」(新潮社)
脚本:尾崎将也/三浦駿斗
監督:村上牧人/東田陽介

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
山本美紀(永作博美)
連続不審死事件の捜査線上に浮上する、家事代行業の女性。事件の容疑者として逮捕されるが、裁判で無罪を主張し、突然黙秘する。

高見沢弘志(市原隼人)
美紀の恋人。パイプ工場の契約社員。突然自分の前から消えた美紀の行方を捜す中で、連続不審死事件の容疑者として連行される美紀を目撃。しかし、その後も美紀の無実を信じて愛し続ける。

伊室真治(杉本哲太)
警視庁赤羽署刑事課のたたき上げの刑事。都内で一人暮らしをする資産家老人の不審死事件を担当し、容疑者として美紀にたどり着く。

矢田部完(田中哲司)
弁護士。うだつの上がらない男で、世間の注目を集める美紀の裁判で弁護人に名乗りを上げ、名声を手にしたいと考えている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
永作博美、直木賞作家の法廷ミステリーで主演。彼女は悪女か? 淑女か? ! 
「廃墟に乞う」「警官の血」など、多くの警察小説を生み出してきた直木賞作家・佐々木譲の同名小説を映像化。緻密な法廷劇だけでなく、過熱報道するマスコミや、貧困が生み出す現代社会の実態なども盛り込まれたリーガルサスペンスで、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」などを手掛けた尾崎将也らが脚本を担当する。

主演の永作博美扮する家事代行業の山本美紀は、連続不審死事件の容疑者。しかし、関係者から語られる美紀の姿はさまざまで、周囲は翻弄される。果たして美紀は悪女なのか、淑女なのか。そんな中で美紀は裁判中に突然黙秘をし、事件は迷走していく。共演は、市原隼人、杉本哲太、田中哲司ら実力派キャストが集結する。



----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月20日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
都内で一人暮らしをする資産家の老人・馬場幸太郎(北村総一朗)が、絞殺体で発見される。赤羽署の刑事・伊室真治(杉本哲太)と西村敦子(臼田あさ美)は、隣人の証言などから、家事代行業を行っていた山本美紀(永作博美)に行き着くが、一足違いで埼玉県警に身柄を拘束されてしまう。
突然消えた恋人・美紀が忘れられず、ずっと行方を捜していた高見沢弘志(市原隼人)は、その現場に居合わせたが、やっと見つけた美紀が警察に連行されてしまう。弘志は、弁護士の矢田部完(田中哲司)と共に、美紀の真実を探るため奔走する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月20日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/9/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
東京・赤羽で1人暮らしの資産家老人・馬場(北村総一朗)が、変死体で発見された。所轄署の刑事・伊室(杉本哲太)と西村(臼田あさ美)は、隣人の証言や携帯電話の履歴記録から、馬場宅に出入りしていた家事代行業の女性・美紀(永作博美)をマンションに訪ね、事情聴取する。その後、伊室は警視庁の鳥飼(大倉孝二)と組んで、捜査を進める。一方、工場で働く弘志(市原隼人)は、1年前に突然、姿を消した恋人を捜し続けていたが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年9月26日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/10/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
目の前で埼玉県警に美紀(永作博美)を連行されてしまった東京・赤羽署の伊室(杉本哲太)らは焦りを覚える。埼玉県警の北島(菅原大吉)は2年半前の独居老人焼死事件について追及するが、美紀は罪を認めない。一方、テレビ局のディレクター・高井(甲本雅裕)は赤羽と埼玉の事件に関連があるとの情報を入手。そんな中、弘志(市原隼人)は警察署で出会った弁護士・矢田部(田中哲司)に、すがるような思いで美紀との関係を話し始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月2日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/10/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁に逮捕された美紀(永作博美)は、鳥飼(大倉孝二)の取り調べでも否認を続け、逮捕時に居合わせて弁護人となった矢田部(田中哲司)に対しても心を開かない。一方、テレビ局ディレクター・高井(甲本雅裕)と後輩・立花(藤本泉)の取材で、第三の事件の被害者が浮上する。その報道を見た弘志(市原隼人)は、美紀がかつて看護師として勤務していた栃木の病院へと向かう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月12日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/10/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美紀(永作博美)は馬場(北村総一朗)に対する強盗殺人容疑で起訴される。弁護士の矢田部(田中哲司)は、犯行を否認する以外は何も語らない美紀の真意を、いまだにつかめずにいた。一方、自分たちの報道の在り方に葛藤する亮子(藤本泉)は、弘志(市原隼人)の元へ。亮子から裁判の傍聴に行かないのかと問われた弘志は、ある決断をする。そして、ついに美紀の裁判が始まる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月20日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/10/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
馬場(北村総一朗)の息子・昌樹(尾上寛之)が遺品の中に見つけた馬場と美紀(永作博美)との仲むつまじい写真を、検事・奥野(波岡一喜)が採用する。しかし、美紀は矢田部(田中哲司)に促されても、馬場との関係について一切、口を開こうとしない。弘志(市原隼人)は美紀が黙秘する理由が、傍聴席にいた自分のせいだと思い知る。矢田部はそんな弘志に証言台に立たないかと提案する。一方、伊室(杉本哲太)らは地道に捜査を続け…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック