2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

≪2017年10月号≫映画化・ドラマ化・アニメ化作品ピックアップ!

kage

2017/10/31 (Tue)

≪2017年10月号≫
メディアミックス酉

 10月に映画ドラマアニメ化された作品の中からピックアップ!

10月に公開された、

映画ドラマアニメ化されたメディアミックス作品の中からピックアップしました。

話題作と合わせて原作本・コミックを今一度お楽しんでください!

映画
・あゝ、荒野/ 寺山修司(著)
・先生! 、、、好きになってもいいですか?/河原和音(著)

ドラマ
・陸王/池井戸潤(著)
・今からあなたを脅迫します/藤石波矢(著)
・コウノドリ/鈴ノ木ユウ(著)
・重要参考人探偵/絹田村子(著)

アニメ
・いぬやしき/奥浩哉
・おそ松くん/赤塚不二夫
・銀魂/空知英秋
・3月のライオン/羽海野チカ




Arikaシネマ2014b5

ジャンル:ドラマ
 あゝ、荒野 前篇 【10月7日公開】
 あゝ、荒野 後篇 【10月21日公開】


2121年、人はまだ孤独なのかーー。

ネオンの荒野・新宿でもがきながらも心の空白を埋めようとする2人の男の絆と、

周りの人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な青春物語。


あゝ、荒野 (角川文庫)/鈴木 成一

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
60年代の新宿。家出してボクサーになった”バリカン”こと二木建二と、ライバル新宿新次との青春を軸に、セックス好きの曽根芳子ら多彩な人物で繰り広げられる、ネオンの荒野の人間模様。寺山唯一の長編小説。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1寺山修司唯一の長編小説。わけありの人たちが衝撃的!
寺山修司唯一の長編小説。1960年代の新宿。家出してきた”バリカン”こと健二と、少年院に入り人生の挫折を味わった新次は、裏通りのさびれたボクシング・ジムで運命の出会いを果たす。もがきながらもボクサーとして歩む二人と、彼らのまわりの多彩な人々で繰り広げられる、ネオンの荒野の人間模様。眼前に広がる荒野、尽き果てぬ孤独。バリカンと新次の友情ではなくライバルでもない、ボクサーの話。この時代の空気を強く含んだもので、戦前からの連続と断絶という戦後の二つの空気を感じた。様々な登場人物が出てくるなかで、ボクシングにとりくむ新次とバリカン。ニ人は殴り合いながら蹴り合いながら誰も介入できない微笑みを交わしていた。ただこれはスポーツに取り組む小説ではなく、スポーツをも人物をも取り込んだこの時代の小説。

孤独を超えて人と繋がり合う。愛するためには憎まなければならない。時々、はっとするような美しい文章が現れる。その美しい花を摘もうと思うんだけれど、その花は他の花と共に咲いてこそ美しい…というか。寺山修司にしかできない言葉の操り方が、物語を展開し人物を駆動させ、誰も知らない荒野の彼方へ読者を誘う。何より見事だなと感じたのはボクシングの描写。スピードと緊迫感が伝わってきます。ただ、所々に当時の流行の歌謡曲や女優、詩が織り交ぜてある点がなんとも寺山修司らしい。この鷲掴まれた言葉で付箋だらけになっているこの物語が、このラストが...........最高にロックな人であります。

著者、寺山修司はあとがきで 記している。 モダンジャズのように 大雑把なストーリーをつくり 登場人物にアドリブ(思うがままに動いてもらう)をした結果だそうだ。 面白い書き方だ。 本文には、多彩な音楽、また俳優が出てくる 。そこもまた楽しみ甲斐があると思った。ジャズの知識がないからどこらへんがジャズなのかさっぱりわからないけれど、筋らしいものもなく、ただ流れるように話が進んでくようなとこが、小説というよりも音楽的なのかもね。いつだったか、この人は「書きたい言葉のために物語を捏造する」と仰っていましたが、この太字がそうなのだろうか。いやはや圧倒されました。こんなにも胸熱な本だったとは。いたる所に荒野があった。苦戦。89発。最後の名前は?話し合いたい本です。これを映画化するのか( ̄  ̄)………( ̄ー ̄)楽しみ♪








■映画ストーリー〈前篇〉
2021年。少年院に入っていたことのある沢村新次(菅田将暉)は、昔の仲間でボクサーの山本裕二(山田裕貴)を恨んでいた。一方、吃音(きつおん)と赤面症に悩む二木建二(ヤン・イクチュン)は、あるとき新次と共に片目こと堀口(ユースケ・サンタマリア)からボクシングジムに誘われる。彼らは、それぞれの思いを胸にトレーニングに励み……。

★映画チェック★
歌人、映画監督などマルチな才能を発揮した劇作家・寺山修司の小説を映画化。時代設定を近未来に変更し、社会に見捨てられた2人の男がボクシングを通じて出会い、奇妙な友情を育んでいくさまを描く。少年院に入り挫折を味わった新次を『共喰い』などの菅田将暉、吃音(きつおん)と赤面症に苦しむバリカンを『息もできない』などのヤン・イクチュンが演じる。メガホンを取るのは、菅田が出演した『二重生活』の岸善幸。


■映画ストーリー〈後篇〉
プロデビュー戦を終えた後、トレーニングに打ち込む沢村新次(菅田将暉)と二木建二(ヤン・イクチュン)。因縁のある山本裕二(山田裕貴)との試合が決まって一層トレーニングに励む新次は、建二が自分の父親の死に関わっていたことを知る。一方の建二は図書館で出会った君塚京子(木村多江)に心惹(ひ)かれるが、孤独を消せずにいた。そんな自分を変えようと、彼は兄弟のような絆で結ばれてきた新次と決別することを心に誓う。

★映画チェック★
演劇実験室「天井棧敷」を設立した劇作家で歌人の寺山修司の小説を映画化した青春ドラマの後編。ボクシングを通じて絆を育んできた二人の男の姿を描く。『二重生活』などの岸善幸が監督を担当。主演を『セトウツミ』などの菅田将暉と『息もできない』などのヤン・イクチュンが務め、でんでん、木村多江、ユースケ・サンタマリアらが共演している。

■スタッフ
原作: 寺山修司
監督: 岸善幸
撮影: 夏海光造
脚本: 港岳彦/岸善幸
音楽: 岩代太郎
主題歌:BRAHMAN(NOFRAMES recordings/TOY’S FACTORY/TACTICS RECORDS)
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年10月21日
上映時間:2時間27分
製作・配給:スターサンズ
制作プロダクション:テレビマンユニオン

■キャスト(役柄:俳優)
沢村新次/新宿新次:菅田将暉
ニ木健二/バリカン健二:ヤン・イクチュン
曽根芳子:木下あかり
ニ木健夫:モロ師岡
宮本太一:高橋和也
西口恵子:今野杏南
山本浩二:山田裕貴
馬場:でんでん
君塚京子:木村多江
堀口:ユースケ・サンタマリア




ジャンル:学園/恋愛
  先生! 、、、好きになってもいいですか?  【10月28日公開】

先生と生徒の切ない純愛を描いた、「俺物語!!」などで知られる人気漫画家・河原和音の大ヒット少女コミック。

生田斗真&広瀬すず共演でついに実写映画化。


先生! 文庫版 コミック 全11巻完結セット (集英社文庫―コミック版)/河原 和音

¥価格不明
Amazon.co.jp

先生! 、、、好きになってもいいですか? 映画ノベライズ みらい文庫版 (集英社みらい文庫)/はのまきみ

¥価格不明
Amazon.co.jp

映画ノベライズ 先生! 、、、好きになってもいいですか? (集英社オレンジ文庫)/河原和音

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
島田響はごく平凡な高校二年生。ある日、親友の千草ちゃんから頼まれたラブレターを、間違えて世界史の教師・伊藤の下駄箱に入れてしまい、責任をとって取り戻すことに。この一件から、恋を知らなかった響の運命は動き出す。口ベタで、だけど生徒思いな伊藤に、響の心は初めての感情を覚えて…?

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 少し不器用でまだ恋を知らない高2・響と、
冷たそうにみえて生徒思いの伊藤先生の純愛の行方は… 

まだ恋を知らない響は高校2年生。ある出来事から、口ベタだけど生徒思いの世界史教師・伊藤の人柄に触れ、初めての感情を覚えて……!? 数年前に、3巻を読んだ記憶あり。映画化に伴い一気読み。この年齢になって読むと、二人の脇が甘いと思うところ多数。それでも、付き合う覚悟を決めてからの伊藤先生は、すごく魅力的に描かれていて、大人の男の魅力に何度もきゅんきゅんさせられた。教師で年上という立場だからこその苦悩も、この年になったから共感できた。真摯に向き合ってくれる伊藤先生に導かれ、成長していく響も丁寧に描かれていた。高校生、思春期ならではの学校生活の悩みだったり楽しさだったりがリアルだった所は良かったと思う。私も進路かかってる時期とき、こんな風にイライラしたりしたな。 一番最後の、約束しなくても会える場所みたいな言葉が素敵で印象に残った。




■映画ストーリー
恋愛に見向きもせず部活に熱中してきた高校生の島田響(広瀬すず)は、生徒思いな世界史の教師・伊藤貢作(生田斗真)に生まれて初めての恋をする。いちずな思いをぶつけるように告白する響だったが、伊藤は自らの気持ちに気付きながらも、教師という立場から相手にしない。不器用な二人の恋は……。

★映画チェック★
『高校デビュー』『俺物語!!』などの原作者としても知られる漫画家・河原和音のコミックを実写映画化。一見無愛想だが生徒思いな世界史の教師と、彼に生まれて初めての恋をする女子高生の不器用な恋愛模様を描く。生真面目な高校教師を生田斗真、弓道に夢中で恋に無縁だった女子高生を広瀬すずが演じ、初共演を果たす。『僕等がいた』シリーズで生田とタッグを組んだ三木孝浩がメガホンを取り、『心が叫びたがってるんだ。』などの岡田麿里が脚本を担当する。


■スタッフ
原作: 河原和音
監督: 三木孝浩
脚本: 岡田麿里
音楽: mio-sotido
エグゼクティブプロデューサー: 高橋雅美 / 平野隆
プロデューサー: 濱名一哉 / 幾野明子
共同プロデューサー: 田口生己 / 辻本珠子 / 山本礼二
撮影: 山田康介
照明: 木村匡博
美術: 花谷秀文
装飾: 西尾共未
録音: 矢野正人
音響効果: 伊藤瑞樹
編集: 伊藤潤一
スクリプター: 古保美友紀
VFXスーパーバイザー: 鎌田康介
ヘアメイク: 百瀬広美
スタイリスト: 望月恵
キャスティング: 田端利江
助監督: 猪腰弘之
制作担当: 相川真範
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年10月28日
上映時間:1時間53分
制作プロダクション:ドラゴンフライ エンタテインメント
製作:映画「先生!」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画

■キャスト(役柄:俳優)
伊藤貢作: 生田斗真
島田響: 広瀬すず
川合浩介: 竜星涼
千草恵: 森川葵
藤岡勇輔: 健太郎
関矢正人: 中村倫也
中島幸子: 比嘉愛未
島田遼子: 八木亜希子
羽柴晶一: 森本レオ




Arikaシネマ2014b4

 陸王/池井戸潤(著)


老舗の足袋製造会社が、会社の生き残りをかけて、靴の開発チームを立ち上げ奮闘する姿を描いた、熱い人間ドラマ!!

陸王/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「陸王」

■放送日:10月15日スタート 

TBS系 毎週日曜 21:00~21:54 


■原作/原案…原作:池井戸潤「陸王」(集英社)

■スタッフ
脚本:八津弘幸
演出:福澤克雄/田中健太
プロデューサー:伊與田英徳/飯田和孝/川嶋龍太郎

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
宮沢紘一 (役所広司)
老舗足袋業者「こはぜ屋」の4代目社長。先細る需要と資金繰りに悩む中で、足袋製造技術を生かした“裸足感覚”のランニングシューズ開発を決意する。

宮沢大地(山崎賢人)
紘一の長男。就職活動に失敗し、大学卒業後も就職活動をしながら、「こはぜ屋」の家業を手伝う。やがて、ランニングシューズの要となるソール部分の製造を任されることになる。


茂木裕人(竹内涼真)
実業団「ダイワ食品」の社会人陸上競技部員。学生時代は箱根駅伝を走った有力選手だったが、フォームに問題があり、国際マラソンで膝を痛めてしまう。

飯山晴之(寺尾聰)
「飯山産業」の元社長。「こはぜ屋」が開発を目指すランニングシューズの要となる、繭を原料に作られた素材「シルクレイ」の特許を持つ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介
役所広司主演で池井戸潤の最新作をドラマ化! 老舗足袋業者の企業再生ストーリー!  
----------------------------------------------------------------------------------------
池井戸潤の同名小説を原作に、老舗足袋業者が会社の存続を懸けて新規事業に挑む、企業再生ストーリー。足袋製造で培った技術を生かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ・陸王の開発に挑む「こはぜ屋」の4代目社長・宮沢紘一を役所広司が演じる。原作者の池井戸は「役者の皆さんの演技と、駅伝シーンなど、ドラマならではの演出を楽しみにしています」と期待しており、制作陣も細部までこだわり抜いた準備を進めるなど気合十分。山崎賢人、竹内涼真、寺尾聰らが共演するほか、演出は、池井戸の小説を原作にしたドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などを手掛けた福澤克雄が担当する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
≪原作内容紹介≫
埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、百年の歴史を有する老舗足袋業者だ。といっても、その実態は従業員二十名の零細企業で、業績はジリ貧。社長の宮沢は、銀行から融資を引き出すのにも苦労する日々を送っていた。そんなある日、宮沢はふとしたことから新たな事業計画を思いつく。長年培ってきた足袋業者のノウハウを生かしたランニングシューズを開発してはどうか。社内にプロジェクトチームを立ち上げ、開発に着手する宮沢。しかし、その前には様々な障壁が立ちはだかる。資金難、素材探し、困難を極めるソール(靴底)開発、大手シューズメーカーの妨害――。チームワーク、ものづくりへの情熱、そして仲間との熱い結びつきで難局に立ち向かっていく零細企業・こはぜ屋。はたして、彼らに未来はあるのか?

勝利を、信じろ――。
足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。

Arikaアイコン(小)1零細老舗の足袋屋が足袋の需要低迷、先細りを見越し、新規事業としてランニングシューズへの参入に挑む。テーマは再生だろうか。零細企業の資金繰りの大変さや選手として生き延びる辛さを描き、そして敵対する相手を上手く絡ませて紡ぐ物語。銀行が悪者にされるのもこの著者のお決まり事。読了後も清々しい!良い物語だった。絶対に最後は上手くいくんだから・・・そう思いながらも物語の展開に一喜一憂しながら読む。初めは本も分厚いし、読むのが大変そう!と思っていたが、そんな事は無く、引き込まれた。次の展開が気になり、ハラハラしながら、あっという間に読み終えた。物事が好転する根底となるものが人と人の絆、信頼関係というのがいいなぁ。人間関係が少々希薄な若い世代に読んでもらいたい。1人で着物を着れる様になった頃、いつかオーダーの足袋が欲しいなぁと思っていたことを思い出した。人と人の繋がり。縁。小さな事の重なりだけど、温かい仲間のいるこはぜ屋さんを応援したくなる。陸王の今後も気になる。素敵な本を読むことが出来て良かった!!



 今からあなたを脅迫します/藤石波矢(著)

出会うはずのない2人が様々な事件に巻き込まれ…

「善と悪」究極に相容れない2人がつむぎだす脅迫エンターテイメント!!


今からあなたを脅迫します (講談社タイガ)/藤石 波矢

¥価格不明
Amazon.co.jp

今からあなたを脅迫します 透明な殺人者 (講談社タイガ)/藤石 波矢

¥価格不明
Amazon.co.jp

今からあなたを脅迫します 白と黒の交差点 脅迫屋 (講談社タイガ)/藤石波矢

¥価格不明
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「今からあなたを脅迫します」

■放送日:10月15日スタート 

日本テレビ系 毎週日曜 22:30~23:25


■原作/原案…原作:藤石波矢「今からあなたを脅迫します」(講談社タイガ)

■スタッフ
脚本:渡部亮平/関えり香
演出:中島悟/狩山俊輔
プロデューサー:松本京子/難波利昭

主題歌:Let it snow!/DEAN FUJIOKA

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
千川完二(ディーン・フジオカ)
依頼を受けて人を脅迫する「脅迫屋」。調査能力と行動力に優れ、裏世界では評判が良い。一見爽やかなイケメンだが、ファッションセンスは微妙。普段はぐうたらなお調子者で、くだらないギャグが大好きだが、誰も相手にしてくれない。

金坂澪 (武井咲)
教育学部に通う大学生。少しの悪も見逃せず、困っている人は赤の他人でも放っておけない、変人級のお人よし。美人だが、これまで彼氏はいたことがない。アルバイトをしながら質素な暮らしをしているが、実は数千万円単位のお金を動かせる正真正銘のお嬢さま。

京田カオル(鈴木伸之)
澪の住むアパートに引っ越してくる好青年。澪とは会話が弾み、好感を抱かれる。

目黒 (三宅弘城)
千川の相棒。どんな鍵でも数秒のピッキングで開けてしまうすご腕の「盗み屋」。変装しての潜入調査が得意。いつもは口数が少なく優しい男。調子に乗りやすい千川を冷静にツッコみ、たしなめる。料理が趣味だが、味は微妙。

栃乙女(島崎遥香)
今どきのメークとネイルアートがトレードマークのハッカー。かつての彼氏に「バカで何も取りえがない」と言われたことに腹を立て、猛勉強してハッカーとなった。甘いお菓子が大好物で誘惑に弱いのが玉にきず。しっかり者の澪に懐いている。

轟雄之助(近藤正臣)
澪の祖父。澪との関係は悪く、家族だとは思われていない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介ディーン・フジオカと武井咲がダブル主演! “善悪”コンビがあらゆる事件と対峙する!  
----------------------------------------------------------------------------------------
藤石波矢の同名小説を原作に、民放連続ドラマ初主演となるディーン・フジオカと同局のドラマ出演は「戦力外捜査官」以来となる武井咲がダブル主演する“脅迫エンターテインメント”。人を脅すことで事件を解決する「脅迫屋」の千川完二にディーンが、究極のお人よしで善人の金坂澪に武井が扮し、ポップなクライムミステリーが描かれる。千川は、一見爽やかなイケメンだが、実はお調子者でぐうたらなダメ男。澪は少しの悪も見逃せない美人女子大学生と、相容れない究極の“善悪”コンビがさまざまな事件と対峙するさまが見どころ。また、脅迫屋の仲間として、三宅弘城と島崎遥香が共演する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
≪原作内容紹介≫
「今から君を脅迫する」。きっかけは一本の動画。「脅迫屋」と名乗るふざけた覆面男は、元カレを人質に取った、命が惜しければ身代金を払えという。ちょっと待って、私、恋人なんていたことないんですけど…!?誘拐事件から繋がる振り込め詐欺騒動に巻き込まれた私は、気づけばテロ事件の渦中へと追い込まれ―。人違いからはじまる、陽気で愉快な脅迫だらけの日々の幕が開く。

「今から君を脅迫する」。
突然、私に届いた一本の動画からはじまる、脅迫屋との波乱だらけの日々。
新星が贈る陽気なクライム・ミステリ。

Arikaアイコン(小)1「脅迫屋」から間違えて脅迫されたことから始まる非日常。ある日、ポストに宛名も差出人も書かれていない白い封筒が届く。 中にはメモリーカードと番号の書かれたメモ。 どうやら人違いの脅迫を受けていると知った澪だったが―――。 "脅迫屋"なる得体の知れない相手を前に、自ら事件に首を突っ込んで行く正義感の強い澪。 澪のあまりに真っ直ぐなところは、読んでいて眩しい。面白い題名だなーと思ったら、脅迫屋と偶然遭遇した女子大生のなんやかんやの脅迫屋との関わりの連作集という…ミステリ…ミステリになるのかこれ…なんだ…?(苦笑) 正しくありたい主人公と、犯罪者のはずだけど明るみに出てないしなんだか憎めないしの脅迫屋とその仲間たち。脅迫屋という設定が珍しく、一見コミカルなタッチだが、最後は結構シリアスで重い内容になったという印象。千川完二ならちょっと脅迫されてみたいかも。毒を以て毒を制す的なこの設定もわからなくもないけれど… いまひとつ何かが足りない感じがして、少しだけ残念な気がしました。映像でみるとまた違った面白さがあるだろうか……。


 コウノドリ/鈴ノ木ユウ(著)


コウノドリは優しい産婦人科医であり、かつ天才ピアニストでもある鴻鳥サクラを中心とした産婦人科の物語。

前作のドラマから2年後の姿を描きます。


コウノドリ(20) (モーニングコミックス)/鈴ノ木ユウ

¥価格不明
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「コウノドリ2」

■放送日:10月13日スタート 

TBS系 毎週金曜 22:00~22:54 


■原作/原案…原作:鈴ノ木ユウ「コウノドリ」(講談社)

■スタッフ
脚本:坪田文/矢島弘一/吉田康弘
演出:土井裕泰/山本剛義/加藤尚樹
プロデューサー:那須田淳/峠田浩

主題歌:奇蹟/Uru

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
ペルソナ総合医療センター
┣産科と新生児科、双方の医療体制が整っている総合医療センター。お母さんと赤ちゃんの命を預かる医師たちがそれぞれの立場で意見を交わし、日々奮闘している。

産婦人科
┣サクラや下屋、四宮ら、働いてるスタッフの結束力はバッチリ。

鴻鳥サクラ(綾野剛)
ペルソナ総合医療センターの産婦人科医。生まれてすぐに母を亡くし、乳児院と児童養護施設で育った。「生まれてきた全ての赤ちゃんに“おめでとう”と言いたい」と願う、愛情深い性格。天才ピアニスト・BABYという顔も持つ。37歳。

下屋加江(松岡茉優)
ペルソナ総合医療センターの産婦人科医。研修医を終えて専門医となり、サクラのように患者の立場に立って物事を考えられる医師を目指す。28歳。

四宮春樹(星野源)
ペルソナ総合医療センターの産婦人科医。優秀な腕を持ち、サクラとは同期。人情派のサクラに対して、理論派で冷徹だが、お互いに尊敬し合っている。患者に冷静に接する。父が体調不良。37歳。

小松留美子(吉田羊)
ペルソナ総合医療センターの助産師長。サクラを研修医のころに指導しており、「BABY」であることも知っている。助産師としてキャリアを積み、“次のステップ”を考え始める。45歳。


新生児科
┣産科と連携し新生児の治療にあたる。NICUなどの医療機器も充実。

白川領(坂口健太郎)
ペルソナ総合医療センターの新生児科の医師。下屋とは同期で、研修医をへて専門医となる。代々続く医師の家庭に育ち、実家の医院を継ぐことを望まれている。28歳。

今橋貴之(大森南朋)
ペルソナ総合医療センターの新生児科の部長。産婦人科も含めた周産期センター長も兼任する。愛想がなく、口数も少ないが、小児医療に熱い思いを抱く。45歳。

向井祥子(江口のりこ)
ペルソナ総合医療センターのメディカルソーシャルワーカー。医師と違う立場で患者の精神面をケア。37歳。

大澤政信(浅野和之)
ペルソナ総合医療センター院長。一見変な人だが、人材不足解消に奔走中。60歳。

加瀬宏(平山祐介)
ペルソナ総合医療センターの救命救急医。命と向き合いサクラと対立することも。41歳

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介
綾野剛が真摯に「命」と向き合う産婦人科医を演じるヒューマン医療ドラマの新シリーズ! 
----------------------------------------------------------------------------------------
鈴ノ木ユウの同名漫画を原作に、綾野剛が産婦人科医と天才ピアニスト・BABYの二つの顔を持つ主人公・鴻鳥サクラを演じて好評を博した、医療ドラマの新シリーズ。前作から1年半後のペルソナ総合医療センターを舞台に、産科医療という命が誕生する現場で、スタッフたちがチーム一丸となって奮闘する姿を描く。本作では「生まれること、そして生きること」をテーマに、生まれてくる赤ちゃんとその家族の出産後の未来、さらに、それに取り組む医療者たちの未来も見据えたエピソードを展開。松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋らも引き続き出演するほか、新たなメンバーも加わり、さらなる化学反応が起きることが期待される。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
≪原作内容紹介≫
出産は病気ではない。だから、患者も家族も安全だと思い込んでいる。毎年この産院で行われる2000件の出産で、約300件の出産は命の危険と隣り合わせだ。その小さな命が助かることもあれば、助からない時もある。100%安全などあり得ない。それが出産。年間100万人の命が誕生する現場から、産科医・鴻鳥サクラの物語。

≪累計部数100万部を超える人気コミック≫
産婦人科医を通して命の尊さを描く群像劇!

Arikaアイコン(小)1児童養護施設育ちという過去を持つ産科医でピアニスト。顰蹙なら申し訳ないけど、自ら望んで産まれてきたわけではないし、自分が生まれてきたことに罪悪感を覚えたこともあるし(原罪みたいな感覚)、すべての子が望まれて産まれた訳じゃなかろうし、妊娠の継続か中絶かの決断が正しかったと保証するものは無いかもしれない。生死に係わることは取り返しがつかないだけに、正しさを夢見ても不安が何度でもやってくる…、そういうものかもしれない。たとえ祝福をされなくても生命は幸運の躍りなのかもしれない。産科医の話だから生まれるまでのドラマだけど、生まれた後も地獄だからねー。妊娠、出産の様々なケースが取り上げられていた。通常の出産ができるのって本当に有難い事なんですね。笑えるシーンもあり、涙ボロボロになる話しもあり…夢中で読みました。面白い。もし妊娠中とかに読んでたら…どうなんだろう?勉強にはなるけど、不安にもなりそうかな。でも、男性、特に妊婦の旦那さんには是非読んで貰いたいと思える内容!ドラマも始まるんですね。綾野剛さんイメージぴったりです。 学校や家庭では一切教えない知識だから、残念だけどマンガからドラマ化の方が、啓蒙になって一番良いんだろうね。


 重要参考人探偵/絹田村子(著)

「犯人は…俺じゃない!」その男、容疑者にして名探偵!?

モデルの3人組が華麗に事件を解決する本格コメディーミステリー!!


重要参考人探偵(1) (フラワーコミックスα)/小学館

¥価格不明
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「重要参考人探偵」

■放送日:10月20日スタート 

テレビ朝日系 毎週金曜 23:15~24:15 


■原作/原案…原作:絹田村子「重要参考人探偵」(小学館/月刊フラワーズ)

■スタッフ
脚本:黒岩勉
演出:塚本連平/宝来忠昭/小松隆志
プロデューサー:横地郁英/神田エミイ亜希子/浅井千瑞/本郷達也

主題歌:赤い果実/Kis-My-Ft2

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
弥木圭(玉森裕太)
モデル。なぜかよく死体に遭遇し、“第一発見者”となってしまう不幸体質。気が付くと重要参考人として警察から嫌疑をかけられており、逮捕の危機と背中合わせ。人生最大のピンチが連続する日々を送っている。逮捕寸前になると驚異的な集中力を発揮。事件関係者の心情をくみ取り、真犯人の動機などをズバリと言い当てる。

周防斎(小山慶一郎)
圭のモデル仲間。世界的に有名な門閥・周防グループの御曹司。父親からグループ企業で帝王学を学ぶよう求められたが、自分の力を試したいとモデルを続けている。名探偵を自称する推理マニアで、ミステリー小説で得た知識をもとに推理を披露。いつも軽いノリで推理をしているが、実は圭のことを心から心配している。

早乙女果林(新木優子)
警視庁捜査一課の刑事。圭とは以前に付き合っていた。臨場した殺人事件現場には、なぜかいつも“第一発見者”として圭の姿があり、元カレと元カノの微妙な空気をかもし出しながらも、いつの間にか事件を解決するために、一緒に奔走することになる。

シモン藤馬(古川雄輝)
圭のモデル仲間。隙あらば手当たり次第に女の子をナンパする女好き。純粋に女性と仲良くしたい、助けてあげたいという気持ちのため、下心はない。現場に居合わせた女性たちから重要な情報を得てくる聞き込み上手で、意外と頼もしい存在。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介
Kis-My-Ft2・玉森裕太が事件の重要参考人に!? 仲間と力を合わせて難事件の謎に挑む! 
----------------------------------------------------------------------------------------
絹田村子の同名漫画を原作にした、コメディータッチの本格推理ドラマ。なぜか殺人事件の現場に居合わせ、死体の第一発見者となる主人公・弥木圭(まねきけい)をKis-My-Ft2の玉森裕太が演じる。圭と共に事件の謎に挑むモデル仲間役で、NEWSの小山慶一郎と古川雄輝が共演。毎度事件に遭遇し“重要参考人”となる圭の無実の罪を晴らすために推理を繰り広げる骨太なミステリー要素と、イケメン3人が災難に見舞われるエンターテインメント性が絶妙に融合し、華麗に事件を解決するさまが見どころとなる。原作にはない、オリジナルのヒロインも登場。脚本は「謎解きはディナーのあとで」(フジテレビ系)などで知られる黒岩勉が担当する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
≪原作内容紹介≫
弥木 圭(まねき けい)は、なぜか死体を見つけてしまう体質(?)の男性モデル。そのせいで、しばしば犯人だと疑われ、事件の重要参考人になってしまう。自らの容疑を晴らすため、推理オタクの周防斎(すおう いつき)、ナンパ好きのシモン・藤馬の2人のモデル仲間とともに、圭は今日も難事件に立ち向かう! 第1巻は全5話、4つの事件を収録。

常に死体の第一発見者になってる
主人公(モデル)とモデル仲間二人の1話読みきり型ミステリー

Arikaアイコン(小)1常に遺体の第一発見者となる圭は小さな事務所のモデル。モデル友達でミステリマニアの斎(いつき)と、女の子大好きなシモンの3人が事件に巻き込まれて行く。コナンとかと比べるとトリックは既視感が強いのけど、これはシモンが人をたらして聞き込みをし、斎が助手役で圭が探偵役という青年3人のワチャワチャした様子を楽しむ漫画だと思う。ミステリー漫画はたしかに多い。金田一やコナンとか。今回は名探偵ではなく第一発見者。違った視点から楽しめた。そんなに肩肘張らずに読める作品。お決まりパターンが逆に癒されるかな。確かにドラマ向き。でももうちょい話も頑張ってほしい!



Arikaシネマ2014b3

ジャンル:アクション
 いぬやしき/奥浩哉

定年を間近に迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎と高校生・獅子神皓。

二人はある日をきっかけに人間を遥かに超越する力を手に入れることに。

強大な力を手に入れた2人が、いま、それぞれの想いで動き出す――。


いぬやしき(1) (イブニングコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

いぬやしき(2) (イブニングコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

いぬやしき(3) (イブニングコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

いぬやしき(4) (イブニングコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

いぬやしき(5) (イブニングコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

いぬやしき(6) (イブニングコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

いぬやしき(7)【電子限定おまけ付き】 (イブニングコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

いぬやしき(8) (イブニングコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

いぬやしき(9)【電子特典付き】 (イブニングコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

いぬやしき(10) (イブニングコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:いぬやしき

最速放送日:2017年10月12日(木)~(フジテレビ)

■キャスト
小日向文世、村上虹郎、本郷奏多、上坂すみれ、諸星すみれ

■スタッフ・制作会社
原作:奥浩哉(講談社「イブニング」連載)、総監督:さとうけいいち、監督:籔田修平、シリーズ構成・脚本:瀬古浩司、キャラクターデザイン:恩田尚之、音楽:池頼広 、制作会社:MAPPA

■主題歌
【OP】MAN WITH A MISSION「My Hero」
【ED】クアイフ「愛を教えてくれた君へ」

≪あらすじ・作品解説≫
老年を迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は、会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、 ある日突然、医者からガンの宣告を受けて自暴自棄になる。 そんな時、とある事故をきっかけに、彼はスーパーヒーローとなる大いなる力を手に入れることに。 一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓は、手に入れた力を己が思うがままに行使し始めていた。 人間の本質は善なのか、それとも悪なのか…? 強大な力を手に入れた2人が、いま、それぞれの想いで動き出す――。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1アイデンティティは、心と体のどちらに宿るのか!?
大ヒットSFアクション「GANTZ」の作者・奥浩哉さんが「イブニング」(講談社)で連載中のマンガ。冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎と、高校生・獅子神皓の2人を主人公に、「もしある日突然、強大な力を手に入れたら──?」というテーマを“善”と“悪”の両軸から描く。地球外生命体のミスで亡くなられた2名を取り敢えず直したが、善と悪方向へ。獅子神は既に取り返しが付かなくなっていたが、改心しようとしてもやはり罪は消えないから日常には戻れない。主人公の男性は還暦間近のサラリーマン。家族から馬鹿にされ、疎まれつつも、その家族を愛して日々を過ごしている。そんな主人公が不慮の事故にあう。一晩気を失い、気が付いてみると、外見はそのままだが中身が機械になってしまっていた。体を失ったことで生きる意味を見失いかけるが、同時に清く正しく生きたいという自分のポリシーを無くしていないことにも気が付く。自らのアイデンティティは、心と体のどちらに宿るのか、考えさせられる悲しさと不安がつのる漫画でした。寄生獣や亜人みたいな話 展開を想像して……が想像と少し違った。決して気持ちのいい読み物では無かったが、たぶんこの先読み進めると、「人間とは何か」という大テーマが表れる事となると思う。世の無常さや虚しさが胸に染みる。お父さんが公園で号泣した場面ほんとに悲しかったからその後の展開はかなりスカッとした。絵がとても繊細で、迫力もあります。どんな世界が広がるのか気になるけど、読み進めるのは少しトラウマが残りそう…( ˘•ω•˘ )。



ジャンル:コメディ
 おそ松くん/赤塚不二夫

赤塚不二夫生誕80周年を記念して制作・放送されたTVアニメ「おそ松さん」。

第2期では、6つ子がさらにパワーアップして帰ってきます!


おそ松くん (1) (竹書房文庫)/赤塚 不二夫

¥価格不明
Amazon.co.jp

おそ松さん公式アンソロジー 6つ子オールスターズ!/おそ松さん製作委員会

¥価格不明
Amazon.co.jp

おそ松さん ~番外編再び~ (集英社みらい文庫)/小倉 帆真

¥価格不明
Amazon.co.jp

おそ松さん公式アンソロジーコミック 【呑んだくれ】 (MFC)/著者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:おそ松さん(第2期)

最速放送日:2017年10月2日(月)25:35~(テレビ東京)

■キャスト
櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由、遠藤綾、鈴村健一、國立幸、上田燿司、飛田展男、斎藤桃子

■スタッフ・制作会社
原作:『おそ松くん』 赤塚不二夫/「週刊少年サンデー」(1962年~1969年)他で連載、監督:藤田陽一、シリーズ構成・脚本:松原秀、キャラクターデザイン:浅野直之 、制作会社:ぴえろ

■主題歌
【OP】A応P「君氏危うくも近うよれ」
【ED】ROOTS66 Party with 松野家6兄弟「レッツゴー!ムッツゴー!~6色の虹~」

≪あらすじ・作品解説≫
故・赤塚不二夫さんが「週刊少年サンデー」で1962年に発表し、爆発的な大ヒットとったギャグマンガ「おそ松くん」をベースに、6つ子たちが大人になった未来を描く人気アニメの続編。攻めに攻めたギャグやパロディ、6つ子の多彩な個性描写、人気男性声優の起用などが話題になり、2015~2016年にかけて放送されて以来、現在も多岐に渡る商品化はもちろん、コンビニやJRAなどとの大型コラボ、更にはゲームアプリや舞台化など多彩に展開中。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1人情ギャグで一世を風靡した『おそ松くん』!
イヤミ、チビ太などの名脇役も懐かしき昭和のペーソス溢れた名作

六つ子というワンアイディアから離陸して次第にチビ他、イヤミなど脇役が活躍しだす、これぞ赤塚マンガといったドタバタギャグ。赤塚キャラは読むと実に痛快で、ある種突き放したような感覚に逆に癒されるというか、スカッと気が晴れる思いがする。時代を反映した懐かしさもある。が、悪役が悪い事をする理由を説明的に語りだすような近年の漫画の中にあるとむしろインパクトが増している描写も少なくない。世代を超えて読めるエッジのきいた名作。アニメは故・赤塚不二夫さんの生誕80周年を記念して制作されるオリジナル。大ヒットマンガ「おそ松くん」をベースに、6つ子たちが大人になった姿を描く。監督は「銀魂」の藤田陽一さん、アニメーション制作はstudioぴえろ。6つ子は櫻井孝宏さん、中村悠一さん、神谷浩史さん、福山潤さん、小野大輔さん、入野自由さん、遠藤綾さんという衝撃的豪華キャストでお送りするアニメ2期。1期の際は軽いおそ松さんロス。2週に渡る最終回スペシャルが物議をかもしたが、原作がこれだから仕方ないって感じです。赤塚先生永遠に!6巻まで読んだけれど、巻末に載ってる芸能人の解説も色んな視点があって面白かった。


ジャンル:コメディ
 銀魂/空知英秋

少年ジャンプで人気連載中の「銀魂」。

原作マンガの中から今まで放送していない短編ギャグを『銀魂 ポロリ篇』として新作アニメ化!!


銀魂―ぎんたま― 69 (ジャンプコミックス)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:銀魂「ポロリ篇」

最速放送日:2017年10月1日(日)26:05~(テレビ東京)

■キャスト
杉田智和、阪口大助、釘宮理恵、高橋美佳子、千葉進歩、中井和哉、鈴村健一、太田哲治、若本規夫、石田彰、ゆきのさつき、くじら、杉本ゆう、立木文彦、小林ゆう、三木眞一郎、藤原啓治、坂口候一

■スタッフ・制作会社
原作:空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)、監修:藤田陽一、監督:宮脇千鶴、キャラクターデザイン・総作画監督:竹内進二、デザインワークス:中村ユミ、美術監督:間庭奈美/福島孝喜、色彩設計:歌川律子、撮影監督:寺本友紀、CG監督:鈴木知美、編集:佐々木紘美、音楽:Audio Highs、音響監修:小林克良、音響監督:高松信司

■ 主題歌
【OP】『VS(ヴァーサス)』BLUE ENCOUNT(ブルーエンカウント)
【ED】『反抗声明(ハンコウセイメイ)』あゆみくりかまき

≪あらすじ・作品解説≫
天人(宇宙人)が来襲して、突如価値観が変わってしまった町、江戸。宇宙人、高層ビル、バイクに電車などなど何でもありの世界で、変わらない“魂”を持った最後のサムライがいた。男の名は坂田銀時。通称、万事屋・銀さん。いい加減で無鉄砲。おまけに極度の甘党。でも決めるところはさりげなく決めたりして…。笑えて、泣けて、心温まる、銀さんとその仲間たち…。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1泥水親子お帰りィィィ!!!ぴらこもおかえり!!!
69巻では次郎長と平子が再登場していて、次郎長のキャラがいい意味で?(笑)崩壊しててごくごく普通の銀魂キャラ化していますwまさか四天王篇のかっこいい次郎長がまさか娘に甘々なただの親バカ父さんにになってて、ジロチョンピラリンって呼び合ってるの可愛すぎ…w四天王篇の時は目が死んでたけどこの巻では目にハイライトが入るようになってエラいことになってますwジロチョンが親バカになる気持ちもわかる(笑)個人的にはもっと早い段階から再登場して普通の日常回で銀さんとジロチョン達との絡みをみたかったな…。ヘドロの過去と本来の性格(笑)花咲いてからのギャップがすごい(笑)ツッキーと次郎長はかっこ良すぎて泣いたなぁ。そして、ここにきて屁怒絽さんがやっぱり最強(最恐)だなんて誰が想像できたんだよ…すごい…すごいよ…。新八とパンデモニウムさんとか、山崎の髪型の変遷は面白すぎてめちゃくちゃ腹筋にきた。銀魂の長篇のなかで四天王篇が一番好きなので次郎長と平子のやりとりみてるとなかなか感慨深かったです。相変わらずの安定のクオリティ。やっぱり面白い。69巻では辰羅族との戦闘がメインですが、一人ひとりの戦闘シーンを丁寧に描いているのでダレることなくさくさく読めました。



ジャンル:ドラマ
 3月のライオン/羽海野チカ

幼いころに家族を失って以来、

心を閉ざしている17歳のプロ棋士・零が、成長していく姿を描いた人気マンガのアニメ化第2期!!


3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)/白泉社

¥価格不明
Amazon.co.jp

3月のライオン 交わる奇跡と軌跡 (英和MOOK)/英和出版社

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:3月のライオン 第2シリーズ

最速放送日:<2017年10月14日(土)23:00~(NHK総合テレビ)

■キャスト
河西健吾、茅野愛衣、花澤香菜、久野美咲、岡本信彦、井上麻里奈、細谷佳正、三木眞一郎、杉田智和、木村昴、千葉繁、大川透、櫻井孝宏、石田彰、玄田哲章、阪口大助、中村悠一、東地宏樹、大塚明夫、岩田光央、大塚芳忠、悠木碧、西明日香

■スタッフ・制作会社
原作:羽海野チカ(白泉社 ヤングアニマル連載)、監督:新房昭之、キャラクターデザイン:杉山延寛、美術設定:名倉靖博、美術監督:田村せいき、音響監督:亀山俊樹、音楽:橋本由香利 、制作会社:シャフト

■主題歌
【OP】YUKI「フラッグを立てろ」
【ED】Brian the Sun「カフネ」

≪あらすじ・作品解説≫
羽海野チカさんが「ヤングアニマル」(白泉社)で連載中のマンガを原作としたTVアニメの第2シリーズ。前作は2016年10月~2017年3月に放送され、東京の下町に暮らす孤独な高校生プロ棋士・桐山零と彼を取り巻く人々との交流を描き、幅広い層に好評を博した。監督は新房昭之さん、キャラクターデザインは杉山延寛さん、アニメーション制作はシャフト。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1数々の賞に輝いた将棋漫画!
少年が喪ったもの。得たもの。そして奪ったもの。彼を救った人々の物語

幼いころに事故で家族を亡くした高校生プロ棋士・桐山零が、下町に住む川本家3姉妹との交流や強敵たちとの対局を通じて心を開いていく様子を描いた再生の物語。二階堂くんがとても可愛かったです。零くんとの関係性もほのぼのしますし、あんだけ強引じゃないと、零くんの心は掴めないのかもなーと思いました。孤独に喘ぐ主人公・零の姿はひどく寂しげで痛々しく見える。そんな彼の世界に一筋の明るさをもたらした川本家の人々。家族のように温かい雰囲気にホッと心安らぎますが、彼女達にも奥底に寂しさの影が窺える。それでもどこか優しい空気がそこにあり、惹き付けられるお話。 「零」という漢字の意味を調べてみると、マンガの中では、何もない、空っぽだと言われてたけど0からのスタート、これから多くのことを積み重ねてほしいという願いを込めてつけられるということを知って素敵だなと思いました。生きるために将棋を選んだこと、プロになっても孤独と戦い続ける零くんが温かい人たちに触れて幸せになってくれればいいなと思う。 みんないろいろ抱えていて、それでも元気に生きているのが、読んでて心が苦しくもあるけど、一方で救われる気もしてなんだか、不思議でした。絵柄こそふんわりとしているものの、それに反しパンチの効いたストーリーはずっしりと重苦しくグイッと胸に突き刺さる。香子はもちろんのこと、川本三姉妹パートにすら漂っているねっとりとした陰湿さが実に男臭いものであり、その意味で青年漫画。心に傷を持つ少年。彼がであった新しい家族。少年が喪ったもの。得たもの。そして奪ったもの。彼を救った人々。二海堂くんの暑苦しく(文字通り暑くて苦しそう)も、負けたくない!という気迫、気合いが「勝負」を感じさせる。零と3姉妹の穏やかで賑やかな、どこか懐かしい雰囲気が溢れるこの空気、この時間が心地いい。零の将棋は彼の生きる術であり、これからどんな道を歩いて行くのだろうか…。 あとアニメが隅々まで原作通りだったことに改めて驚きとアニメ制作陣の原作への愛を感じた。

関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック