FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(2017年メディアミックス作品)10月「日曜日にアニメ化」された原作&コミック

kage

2017/10/08 (Sun)

とり

2017年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 (2017・秋)10月・日曜日にアニメ化された原作&コミック

2017年10月1日(日)
・お見合い相手は教え子、強気な、問題児。/虎井シグマ
・銀魂/空知英秋

2017年10月8日(日)
・妹さえいればいい。/原作:平坂読/キャラクター原案:カントク
・クジラの子らは砂上に歌う/梅田阿比
・干物妹!うまるちゃん/サンカクヘッド

放送前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






2017年10月1日更新
ジャンル:恋愛
 お見合い相手は教え子、強気な、問題児。/虎井シグマ

お見合い相手は教え子、強気な、問題児。 (Clair TL comics)/星雲社

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:お見合い相手は教え子、強気な、問題児。

最速放送日:2017年10月1日(日)25:00~(TOKYO MX)

※地上波版を無料配信 
※大人向け完全版を「ComicFesta アニメZone」限定で配信


■キャスト
本泉莉奈、白井悠介、新垣樽助 【完全版CV.】青井美海、古河徹人、櫻井真人

■スタッフ・制作会社
原作:虎井シグマ、監督:みうらさぶろう、シリーズ構成・脚本:みうらさぶろう、キャラクターデザイン・総作画監督:びんめ、美術監督:片野坂悟一、色彩設計:小松さくら、撮影監督・編集:堀川和人、音響監督:えのもとたかひろ、音響制作:スタジオマウス 、制作会社:セブン

≪あらすじ・作品解説≫
「女教師とその生徒…だけど、婚約中!?」 菜乃は生徒に慕われる人気教師。 しかし、男子生徒である宗二にだけはいつも手を焼いていた。 そんなある日、知り合いの紹介でお見合いをする事に。 奥手ゆえに最初は不安だらけの菜乃だったが、 次第に打ち解け、お見合い相手と良いムードになる。 しかし、その相手とは…まさかの変装した宗二だった! お見合いの話をきっぱり断るも、それを機に所かまわず攻めてくる宗二。 真面目な教師、菜乃は宗二の愛を振り切れるの…?

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1真面目な教師、菜乃は宗二の禁断の愛を振り切れるの…?
虎井シグマさんによる電子コミック累計ダウンロード数350万超の人気ティーンズラブコミック。生徒に慕われる人気教師の菜乃が心惹かれ一夜を共にしたお見合い相手が実は正体を偽っていた教え子で問題児の久我宗二だった事から始まる恋。先生と生徒という王道的なお話なれど…「一途な問題児」久我宗二と「奥手な教師」斉川菜乃の歳の差恋愛を描く物語。年下なのに超強気な宗二に対し、菜乃は最初は戸惑いつつも徐々に惹かれていく…。年下の宗二が一途にぐいぐい攻めながらも菜乃に対し見せる優しさや独占欲が可愛い。色々突っ込み所は多々あれどついつい読み進めてしまう。2巻では、菜乃は先生という立場であることから、宗二にはもっと同年代の子との未来もあるのじゃないかと悩んだり、宗二は兄の宗一郎と菜乃がお似合いに見えて気が気じゃない様子。宗二が菜乃のことを想いすぎて嫉妬するところが可愛いです。そして、宗一郎が凄く弟思いでいい人で好きでした。自分も菜乃のこと好きなくせに、菜乃と宗二を思って身を引いたところとか大人ですね。大人の男性で自分には出来ない振る舞いを見せる兄の宗一郎と比べ自らの幼さを自覚し焼き餅をやいたりヤキモキする宗二が可愛らしく…そんな彼に一途に思われ教師であるけれど恋する女性として素直に反応してしまう菜乃も見てて可愛い。生徒である久我くんも先生のことを真っ直ぐ想っていてキュンときました。



ジャンル:コメディ
 銀魂/空知英秋

銀魂―ぎんたま― 69 (ジャンプコミックス)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:銀魂「ポロリ篇」

最速放送日:2017年10月1日(日)26:05~(テレビ東京)

■キャスト
杉田智和、阪口大助、釘宮理恵、高橋美佳子、千葉進歩、中井和哉、鈴村健一、太田哲治、若本規夫、石田彰、ゆきのさつき、くじら、杉本ゆう、立木文彦、小林ゆう、三木眞一郎、藤原啓治、坂口候一

■スタッフ・制作会社
原作:空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)、監修:藤田陽一、監督:宮脇千鶴、キャラクターデザイン・総作画監督:竹内進二、デザインワークス:中村ユミ、美術監督:間庭奈美/福島孝喜、色彩設計:歌川律子、撮影監督:寺本友紀、CG監督:鈴木知美、編集:佐々木紘美、音楽:Audio Highs、音響監修:小林克良、音響監督:高松信司

■ 主題歌
【OP】『VS(ヴァーサス)』BLUE ENCOUNT(ブルーエンカウント)
【ED】『反抗声明(ハンコウセイメイ)』あゆみくりかまき

≪あらすじ・作品解説≫
天人(宇宙人)が来襲して、突如価値観が変わってしまった町、江戸。宇宙人、高層ビル、バイクに電車などなど何でもありの世界で、変わらない“魂”を持った最後のサムライがいた。男の名は坂田銀時。通称、万事屋・銀さん。いい加減で無鉄砲。おまけに極度の甘党。でも決めるところはさりげなく決めたりして…。笑えて、泣けて、心温まる、銀さんとその仲間たち…。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1泥水親子お帰りィィィ!!!ぴらこもおかえり!!!
69巻では次郎長と平子が再登場していて、次郎長のキャラがいい意味で?(笑)崩壊しててごくごく普通の銀魂キャラ化していますwまさか四天王篇のかっこいい次郎長がまさか娘に甘々なただの親バカ父さんにになってて、ジロチョンピラリンって呼び合ってるの可愛すぎ…w四天王篇の時は目が死んでたけどこの巻では目にハイライトが入るようになってエラいことになってますwジロチョンが親バカになる気持ちもわかる(笑)個人的にはもっと早い段階から再登場して普通の日常回で銀さんとジロチョン達との絡みをみたかったな…。ヘドロの過去と本来の性格(笑)花咲いてからのギャップがすごい(笑)ツッキーと次郎長はかっこ良すぎて泣いたなぁ。そして、ここにきて屁怒絽さんがやっぱり最強(最恐)だなんて誰が想像できたんだよ…すごい…すごいよ…。新八とパンデモニウムさんとか、山崎の髪型の変遷は面白すぎてめちゃくちゃ腹筋にきた。銀魂の長篇のなかで四天王篇が一番好きなので次郎長と平子のやりとりみてるとなかなか感慨深かったです。相変わらずの安定のクオリティ。やっぱり面白い。69巻では辰羅族との戦闘がメインですが、一人ひとりの戦闘シーンを丁寧に描いているのでダレることなくさくさく読めました。




2017年10月8日更新
ジャンル:ラブコメ
 妹さえいればいい。/原作:平坂読/キャラクター原案:カントク

妹さえいればいい。@comic(1)【期間限定 無料お試し版】 (サンデーGXコミックス)/小学館

¥価格不明
Amazon.co.jp

妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)/小学館

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:妹さえいればいい。

最速放送日:2017年10月8日(日)22:30~(TOKYO MX)

■キャスト
小林裕介、山本希望、金元寿子、加隈亜衣、日野聡、鳥海浩輔、代永翼、沼倉愛美、藤田茜

■スタッフ・制作会社
原作:平坂読(小学館「ガガガ文庫」刊)/キャラクター原案:カントク、監督:大沼心、シリーズディレクター:玉村仁、シリーズ構成・脚本:平坂読、キャラクターデザイン・総作画監督:木野下澄江、メインアニメータ―:青木慎平、プロップデザイン:泉美紗子、美術監督:坂上裕文、色彩設計:平井麻実、撮影監督:臼田睦、編集:REAL-T、音響監督:土屋雅紀、音楽:菊谷知樹、音楽制作:ランティス 、制作会社:SILVER LINK

■主題歌
【OP】ChouCho「明日の君さえいればいい。」
【ED】結城アイラ「どんな星空よりも、どんな思い出よりも」

≪あらすじ・作品解説≫
妹バカの小説家・羽島伊月の周囲には、いつも個性的な連中が集まっている。愛も才能もヘビー級、残念系美少女のハイエンド・可児那由多。 恋に悩み友情に悩み夢に悩む青春三冠王・白川京。鬼畜税金セーバー・大野アシュリー。天才イラストレーター・ぷりけつ。 それぞれ迷いや悩みを抱えながらもゲームをやったり旅行に行ったり仕事をしたり賑やかな毎日を繰り広げる伊月たち。 そんな彼らを温かく見守る完璧超人の弟・千尋には、大きな秘密があって―。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1妹キチガイな小説家が主人公のコメディ!
妹バカの小説家の周囲には、いつも個性的な連中が集まっている!

“はがない”の平坂読さん原作のライトノベル。妹バカの小説家である主人公・羽島伊月の周囲には、愛も才能もヘビー級、残念系美少女のハイエンド・可児那由多や、恋に悩み友情に悩み夢に悩む青春三冠王・白川京、鬼畜税金セーバー・大野アシュリー、天才イラストレーター・ぷりけつといった、個性的な連中が集まっている。それぞれ迷いや悩みを抱えながらもにぎやかな毎日を繰り広げる伊月たちと、そんな彼らを温かく見守る大きな秘密を抱えた完璧超人の弟・千尋の物語を描く青春ラブコメ。昼から酒飲んだり、ボードゲームしたり、TRPGしたり思い付きで旅行行ったりと現実にはあり得ない感じだってのはわかってるけど、小説家が羨ましくなる。、酒の話多いけど、基本的な読者対象は中高生だろうに大丈夫なのか?と笑ってしまった。キャラは千尋かなーまぁ案定というところ。!ラストは予想通りって感じかな。アシュリーとのやり取りがイチオシ!? パロディや業界ネタ、下ネタといったありとあらゆるギャグを織り交ぜて、ラノベ作家たちのありそうで、まあありえないんだろうなという日常を面白おかしく描いている。カントク先生のイラストはやはり素晴らしいし、掌編を繋いで進んでいく感じの物語構成は非常に読みやすい。まだキャラクター紹介的な側面が強い1巻でもこの出来なので、恋愛とか伊月の新作についてとか色々と物語が展開していくであろう次巻以降にはなおのこと期待できそう。



ジャンル:ファンタジー
 クジラの子らは砂上に歌う/梅田阿比

クジラの子らは砂上に歌う 1【期間限定 無料お試し版】 (ボニータ・コミックス)/秋田書店

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:クジラの子らは砂上に歌う

最速放送日:2017年10月8日(日)23:00~(TOKYO MX)

■キャスト
花江夏樹、石見舞菜香、梅原裕一郎、島﨑信長、小松未可子、山下大輝、神谷浩史

■スタッフ・制作会社
原作:梅田阿比(秋田書店「月刊ミステリーボニータ」連載)、監督:イシグロキョウヘイ、シリーズ構成:横手美智子、キャラクターデザイン:飯塚晴子、美術監督:水谷利春、色彩設計:石田美由紀、撮影監督:大河内喜夫、編集:後藤正浩、音響監督:明田川仁、音楽:堤博明 、制作会社:J.C.STAFF

■主題歌
【OP】RIRIKO「その未来へ」
【ED】rionos「ハシタイロ」

≪あらすじ・作品解説≫
砂がすべてを覆い尽くす世界。 砂の海を漂う巨大な漂泊船“泥クジラ”で暮らす民の多くは 念能力“サイミア”を操る、 短命の少年少女たちだった。 「外の世界を知らず、泥クジラの上で短い一生を終える」 みんなと同じように、そう思っていた記録係の少年・チャクロは、 ある日突然漂着した廃墟船の中で、 一人の少女に出会う――。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1この世界観に一気に惹き込まれた。
ナウシカ感ある恐るべき濃密な少女マンガファンタジー!

梅田阿比さんが「月刊ミステリーボニータ」(秋田書店)で連載中のマンガ。砂がすべてを覆い尽くす世界を舞台に、海の上を漂う巨大な漂泊船“泥クジラ”で暮らす記録係の少年チャクロの姿を繊細なタッチで描くファンタジー作品。物語は始まったばかりという感じで、最初の平穏な日々から、急激な(残酷な?)展開がまだまだ続きそう。漫画のなかに世界が創造されているところが好きです。異世界ファンタジーなのに異世界ファンタジーではないと言うか、ひとつの世界として在るように感じます。ストーリー的には謎がありすぎでまだまだ序盤過ぎる。最後の20ページくらいでいい意味で裏切られた!最後の襲撃は衝撃だった!呆気にとられて、気持ちがついていかなかった!泥クジラの外はどんな世界なのか、泥クジラに来襲した殺戮の天使は一体何者なのか。リコスが泥クジラの住人を罪人と呼ぶのはなぜか。隠されたことがたくさんあるから、続きが気になって仕方ない。あとがきが、物語にロマンを添える感じが、たまりません。原作は、2016年春に舞台化されたほか「このマンガがすごい!2015」オンナ編第10位、「次にくるマンガ大賞」にノミネートされるなど各方面で話題に。




ジャンル:コメディ
 干物妹!うまるちゃん/サンカクヘッド

干物妹!うまるちゃん 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

干物妹!うまるちゃん 8 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:干物妹!うまるちゃんR

最速放送日:2017年10月8日(日)23:00~(AT-X)

■キャスト
田中あいみ、野島健児、影山灯、白石晴香、古川由利奈、安元洋貴、柿原徹也、小清水亜美

■スタッフ・制作会社
原作:サンカクヘッド(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)、監督:太田雅彦、シリーズ構成:あおしまたかし、キャラクターデザイン:髙野綾、色彩設計:真壁源太、美術監督:三宅昌和、撮影監督:桒野貴文、編集:小野寺絵美、音響監督:えびなやすのり、音楽:三澤康広、音響制作:神南スタジオ 、制作会社:動画工房

≪あらすじ・作品解説≫
外では、誰もがうらやむ才色兼備の「美妹」が、家に帰れば、誰も知らないグータラ三昧の「干物妹」に…!? グータラを極めた干物妹・うまるが、コーラとポテイトを片手に、漫画やゲーム、アニメ、ネットサーフィン…、一緒に暮らす兄・タイヘイを横目に、欲望の赴くままに突き進む! クラスメイトの海老名、きりえ、シルフィンとの絆も深まり、うまるの日常はますますにぎやかにっ!!!

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1みんな! だらだらしよう、休みなら!
サンカクヘッドさんが「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中のマンガ。家の外では才色兼備で非の打ちどころのない女子高生だが、家ではゲームやマンガに囲まれながらグータラに過ごす"干物妹"こと土間うまると、世話焼きの兄・タイヘイを中心にした日常系コメディ。実際にうまるみたいな生活をしたら太ったり肌が荒れたりしそうだがなんで変わらず美人のままなのか。しかも自分が美人だということを分かっていてそれでお兄ちゃんに言うことをきかせようとしてくるけど、それでもやっぱりお兄ちゃん大好き。お兄ちゃんはUFOキャッチャーがうまかったり勉強ができたり、性格的な面以外ではうまると似てる部分があると思う。お兄ちゃんもお兄ちゃんでうまるに厳しく接しようとするも最後は甘やかしちゃったり……何だかんだいい兄妹です。 あと海老名ちゃんは結構隠れファンが多そうな気がする。海老名ちゃんは結構隠れファンが多そうな気がする。海老名ちゃんは最初から癒し系で可愛いです。 アニメは2015年7~9月に放送された第1期により主要なスタッフはそのままに2期の放映が決定なんですが、これが予想以上に危険なシロモノで……! 可憐系美少女とへんてこマスコット、一度で二度美味しいとはまさにこのことかで!しかも、深夜枠にコーラ&ポテイトが欲しくなってしまう(笑)園児みたいなお家の中バージョンのうまるちゃんが可愛い…けど、お兄ちゃんが就寝してる横で、カタカタゲームやり続けるのはやめてあげて(゚ω゚)
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック