2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

2017年秋、土曜ドラマ『さくらの親子丼』

kage

2017/11/18 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月7日スタート 

フジテレビ系 毎週土曜 23:40~24:35

 さくらの親子丼

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:清水有生
演出:阿部雄一/木内健人
プロデューサー:市野直親/遠山圭介/浦井孝行/村山太郎

主題歌:涙の種、幸せの花/Hilcrhyme

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
九十九さくら(真矢ミキ)
古本屋「九十九堂」の店主。結婚し1男1女に恵まれたが、長男が17歳の時に、ある少女が起こした事件に巻き込まれて死亡。その後、離婚しシングルマザーとなった。少女の裁判を経て「空腹こそが非行のもと」と考えるようになり、行き場をなくしておなかをすかせている人を見ると放っておけず、親子丼を食べさせるように。純粋で真っすぐな性格。趣味は競馬。

二宮あざみ(吉本実憂)
家出中の17歳の少女。幼い頃に親類の家に引き取られたが、愛された実感のないまま育ち、15歳で家出。親子丼の味とさくらの包容力に引かれ、さくらのアパートに住み着く。本当の母親のように接してくれるさくらに、心を開いていく。

九十九恭子(本仮屋ユイカ)
さくらの娘。16年前、兄が巻き込まれた事件で心に深い傷を負ったが、それを乗り越え、現在はフリーライターとして活躍。実家を出て一人暮らしをしている。

中西俊太(塚田僚一)
さくらのもとに親子丼用の鶏肉と卵を配達する精肉店の店員。かつて関東一帯を制圧した暴走族の元リーダー。小さい時から九十九堂に出入りし、殺されたさくらの長男とは幼なじみ。さくらにも頭が上がらない。また、さくらの良き理解者で、九十九堂に出入りする人たちの町での様子を報告している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
真矢ミキが空腹と心を満たす古本屋店主に。感情ゆさぶる社会派ヒューマンドラマ! 
NHK連続テレビ小説 「あぐり」「すずらん」、「3年B組金八先生」第7・第8シリーズ(TBS系)などを手掛けた脚本家・清水有生が、子どもや社会的弱者に降りかかってくるさまざまな現代日本の問題を描く、オリジナルの社会派人情ドラマ。一切事情を詮索せずに、温かい親子丼を食べさせる主人公のもとに、行き場をなくした人たちや、社会からはみ出した人たちが集い、彼らの事情が浮き彫りになっていく。

古本屋を営む主人公の九十九さくらを演じるのは、民放連続ドラマ主演は5年ぶりとなる真矢ミキ。物語の重要な鍵を握る家出少女・二宮あざみを吉本美憂、さくらの娘・恭子を本仮屋ユイカが演じる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月7日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
東京・大田区にある古本屋「九十九堂」の奥に、「たまりば」と呼ばれる一室がある。さまざまな事情を抱えた行き場のない人たちがやって来ると、店主の九十九さくら(真矢ミキ)は、黙って親子丼を作って出してくれる。
その親子丼で空腹が満たされた人々が、少しずつ自分のことを話し始めると、ある時は笑顔で励まし、ある時は共に涙を流しながら聞くさくら。「泣きたい時は泣けばいい。落とした涙の粒だけ幸せの花が咲くんだから」。それがさくらの口癖だ。今日もまた1人、2人と、現代社会からはみ出してしまいそうな人が、九十九堂を訪れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月7日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/10/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
古書店主・さくら(真矢ミキ)は店に‘たまりば’という一室をつくり、行き場のない人々に無料で親子丼を提供している。腹を空かしてやって来た家出少女・あざみ(吉本実憂)はさくらが差し出した親子丼の味に感動し、反抗的な態度を取りながらも店に通うようになる。ある時、あざみが赤ん坊の頃に母親に殺されそうになったという過去を話す。止めに入った高校生が殺されたという話を聞いたさくらは、ぼうぜんとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月8日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/10/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
さくら(真矢ミキ)の店に元常連・風花(浅川梨奈)が3歳の娘を連れてやって来た。シングルマザーの風花は、今の交際相手と一緒に暮らすつもりだと幸せそうに話す。だが、あざみ(吉本実憂)はその話に違和感を覚え、さくらも風花の親子丼の食べ方が気になる。そんな中、さくらは亡き息子の親友だった俊太(塚田僚一)に、16年前に息子を殺害した少女があざみの母親だと話す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月20日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/10/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
さくら(真矢ミキ)の娘で雑誌編集者の恭子(本仮屋ユイカ)は、少女による暴力事件を取材していた。事件の加害者は、あざみ(吉本実憂)の友人・リエ(柳美稀)。さくらの店であざみを見掛けた恭子は、リエの連絡先を問い詰める。そんなある日、店に3人の小学生が来て、担任教師・由希(大西礼芳)に腕や脚をつねられたと、さくらに青あざを見せる。そこへ由希が現れ、児童らを強引に連れ帰る。実は、由希はある問題を抱えていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月23日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/10/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
さくら(真矢ミキ)の店に由希(大西礼芳)の母・峰子(森口瑤子)がやって来る。「たまりば」にいる人たちを怪しむ峰子は、由希も店を訪れていると聞き、不快感をあらわにする。一方、リエ(柳美稀)は自分が起こしたリンチ事件の被害者がいまだに寝たきりだと知る。苦しむリエにあざみ(吉本実憂)は、自分の母親が人を殺したと明かす。そんな中、さくらの元に警察から、摘発した風俗店関係者の中に由希がいるとの連絡が入る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月31日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/11/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
自分の発言がもとでさくら(真矢ミキ)が亡き悠平の部屋を片付けたことに落ち込む恭子(本仮屋ユイカ)。俊太(塚田僚一)は恭子を慰める中で、あざみ(吉本実憂)が悠平を殺害した加害者の娘だと話してしまう。憤る恭子に、さくらは「あざみは悠平が命を懸けて守った命」だと言い、強く口止めする。ところが、あざみがそのやりとりを聞いてしまう。泣き崩れるあざみはさくらの元に帰りづらくなり、リエ(柳美稀)ら不良仲間のところへ行く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月3日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/11/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
さくら(真矢ミキ)は自分との因縁を知ったあざみ(吉本実憂)への接し方が分からず、避けるように。そんな時、実家へ戻った恭子(本仮屋ユイカ)がさくらの態度を「母さんらしくない」といさめる。一方、あざみは俊太(塚田僚一)が働く精肉店でのアルバイトを始める。ある日、さくらの店に日頃出入りする剛志(柾木玲弥)がスーツ姿で現れた。剛志がこれからすることを察したさくらは、「あんたに食べさせる親子丼はない」と突き放す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月17日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/11/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
さくら(真矢ミキ)の店に直晃(沖門和玖)という少年が親子丼を食べに来た。実は直晃は引きこもり状態で、母親の美春(中島ひろ子)に暴力を振るっていた。手に負えない美春は、強引に直晃を自立支援施設に入れる。その施設を偶然取材した恭子(本仮屋ユイカ)は、厳しい訓練に耐える直晃を目にする。数日後、さくらの店に直晃が再びやって来る。親子丼を食べた後、帰りたがらない様子の直晃だが、さくらはそれに気付かない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック