2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

2017年秋、土曜ドラマ24「フリンジマン~愛人の作り方教えます~」

kage

2017/11/18 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月7日スタート 

テレビ東京系 毎週土曜 24:20~24:50

 土曜ドラマ24「フリンジマン~愛人の作り方教えます~」

Arika注目1h不倫が題材の不謹慎ラブストーリー

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:青木U平「フリンジマン」(講談社)
脚本:根本ノンジ/守口悠介
監督:久万真路/二宮崇
プロデューサー:浅野太/松本拓/倉地雄大/伊藤太一

主題歌:bite the bullet/PassCode

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
井伏真澄(板尾創路)
満島の同僚。通称・愛人教授(ラマン・プロフェッサー)。22歳の頃に初めて愛人を作り、同時期に最高11人の愛人を囲っていたという、愛人作りのプロフェッショナル。自分のノウハウを実践させるため、田斉ら愛人同盟の面々に、不倫の道を指南する。普段は寡黙で、何を考えているのか分からないが、発言は極めて的確。

田斉治(大東駿介)
妻との関係がうまくいっていない、小心者のサラリーマン。井伏との出会いによって、愛人作りの第一歩を踏み出していく。他人から悪く思われることが嫌で、冤罪(えんざい)を極端に恐れている。

満島由紀夫(淵上泰史)
田斉と坂田の友人で、明るく元気なサラリーマン。出版社のデスクをしているが、残念なほどに空気を読むことができない。同僚である井伏を、田斉と坂田に紹介した。生粋の野球バカ。

坂田安吾(森田甘路)
田斉と満島の高校の同級生。あふれるほどの映画愛を持ち、レンタルDVD店でアルバイトをしている。3人の中では1人だけ独身だが、愛人同盟に参加する。

江戸川雷人(東幹久)
料理教室に通う爽やかな男。一見普通に見えるが、実の姿は“バズ・コック(毒針料理人)”の異名をとるやり手の男。井伏の最大のライバル。

北原謙三(村松利史)
田斉、満島、坂田ら愛人同盟が集まっている雀荘の店主。麻雀も打たずにくだらない話をしている3人を煙たがっているものの、その様子が気になって仕方がない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
かつてない新感覚の不倫ドラマが誕生!? 板尾創路が“愛人教授”役に挑戦! 
原作は「週刊ヤングマガジン」で連載していた青木U平のコミック。「愛人を作ってみたい」と願う3人の疲れた男たちに、愛人教授(ラマン・プロフェッサー)と呼ばれる愛人作りのプロが、厳しく指導し数々のミッションを与え、そのテクニックを伝授していく。
前代未聞の“愛人の作り方”ハウツードラマで、主人公の愛人教授こと井伏真澄を演じるのは、テレビ東京系ドラマ初主演の板尾創路。脚本は、「居酒屋ふじ」「銀と金」(共に同系)などで同枠を支えてきた根本ノンジと、「相棒」(テレビ朝日系)などのテレビドラマや舞台でも活躍する守口悠介が担当する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月7日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
高校時代の同級生である田斉治(大東駿介)、満島由紀夫(淵上泰史)、坂田安吾(森田甘路)の3人は、「愛人が欲しい!」と、たまり場にしている雀荘で夜な夜な叫んでいた。田斉や満島ら既婚者は、絶対に足を踏み入れてはいけないことだと分かってはいるが、枯れ果てた結婚生活はもはや限界が近づいていると主張するのだった。

そんな彼らに、愛人を作る方法を指南してくれるという男・井伏真澄(板尾創路)が現れた。満島の同僚である井伏は、22歳で初めて愛人を作り、同時期に最大11人の愛人と付き合ったことがあるという、通称・愛人教授(ラマン・プロフェッサー)と呼ばれる男だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月7日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/10/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
結婚生活に不満を抱く田斉(大東駿介)、満島(淵上泰史)、坂田(森田甘路)の3人には「愛人をつくる」という共通の夢がある。その夢をかなえるため、3人は満島の同僚・井伏(板尾創路)を呼び出す。実は井伏は「愛人教授(ラマン・プロフェッサー)」と呼ばれる愛人づくりの手だれだった。井伏は田斉たちに「愛人同盟」の結成を提案し、‘四つのおきて’を守るよう指示。そして厳しい指導の下、彼らに数々のミッションを与えていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月8日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/10/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
田斉(大東駿介)は部下・詠美(筧美和子)とタクシーに同乗し、家まで送ることに。満島(淵上泰史)、坂田(森田甘路)と共に諜報室から見守っていた井伏(板尾創路)は突然、ルートを変更をしろと言う。井伏の的確な指示により田斉は、詠美の家の前で一緒にタクシーを降りることに成功。ところが彼女の部屋の前に、こわもてのタツヤ(一ノ瀬ワタル)という男性が待ち構えていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月20日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/10/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
田斉(大東駿介)は詠美(筧美和子)から、元恋人を諦めさせるために恋人のふりをしてほしいと頼まれる。ところが、詠美と入ったレストランで、友人と食事を楽しむ妻・美知子(渡辺舞)が背後の席にいることに気付いた田斉。絶体絶命の危機を迎える中、井伏(板尾創路)から「今すぐ詠美にあだ名を付けてもらうように」とのメッセージが。危機を回避するための策だという。しかも井伏は、5分後に美知子を動かすと断言する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月23日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/10/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
詠美(筧美和子)との愛人関係を目指し、数々の危機を乗り越えてきた田斉(大東駿介)だが、美知子(渡辺舞)は夫に違和感を抱き始めていた。翌日、詠美は田斉に元恋人とは完全に終わったと告げる。田斉は慌てて井伏(板尾創路)に連絡し「本当のデートに誘う方法を教えてほしい」と懇願。井伏は仕事そっちのけで指南する。詠美をデートに誘った田斉は胸の高鳴りが止まらない。ところが坂田(森田甘路)は偶然、詠美の秘密に気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月31日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/11/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
とにかく愛人がほしい満島(淵上泰史)は、井伏(板尾創路)にレクチャーを懇願。満島には、既に2人の愛人候補がいた。2週間前に飲み会で知り合ったデパート店舗案内係のミエ(佐津川愛美)と、露出度の高いキャバクラ嬢・カオリ(岸明日香)だ。清純そうなミエを推す田斉(大東駿介)と安吾(森田甘路)に対し、井伏は店舗案内係がいかに手ごわいかを説いていく。そんな事実を知らない満島は、愛人候補たちとの距離を徐々に縮めていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月3日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/11/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
既婚であることを隠してミエ(佐津川愛美)とデートする満島(淵上泰史)。井伏(板尾創路)は今すぐ打ち明けるよう諭すが、満島は指示を無視する。数日後、井伏の招集で料亭に集まった満島たち「愛人同盟」の前に、井伏の愛人・美紗(安達祐実)が現れる。美紗は満島たちに「脈あり」の女性を見分ける方法をアドバイス。そのおかげで、満島は愛人候補のキャバクラ嬢・カオリ(岸明日香)を再びデートに誘うことに成功する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月17日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/11/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ミエ(佐津川愛美)とのやりとりに夢中の満島(淵上泰史)は再び朝10時からデートすることに。「愛人同盟」の力を借りずに愛人をつくると息巻く満島だが、結局は井伏(板尾創路)が田斉(大東駿介)に教えた手を使う。しかもことごとくうまくいかず、ミエは早々に帰ってしまう。焦る満島は思い切った行動を起こす。一方、マージャン店に江戸川(東幹久)という怪しげな男性が現れる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック