2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

2017年秋、木曜ドラマ『ブラックリベンジ』

kage

2017/11/23 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★10月5日スタート 

日本テレビ系 毎週木曜 23:59~24:54

 ブラックリベンジ

Arika注目1h登場人物全員が”ゲス”!? 敏腕記者の恐怖のリベンジ
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:佐藤友治
演出:大谷太郎
プロデューサー:柿本幸一/田中壽一/福田浩之/尾上貴洋

主題歌:闇に咲く花 ~The Catastrophe~/SING LIKE TALKING feat.サラ・オレイン

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
今宮沙織(木村多江)
人気週刊誌「週刊星流」の契約ライター。新人ながら数々のスキャンダルをスクープしている。5年前、政治家である夫の圭吾と、おなかの中の第1子と共に幸せに暮らしていたが、「週刊星流」に圭吾の金銭トラブルと愛人スキャンダルを報じられ、圭吾は自殺。流産してしまう。

福島勲(佐藤二朗)
「週刊星流」の編集長。温厚で部下からの信頼も厚く、慕われている。仕事熱心で雑誌の売り上げを伸ばすことを第一に考えている。「読者が今見たいもの」と感じれば、どんなスキャンダルもちゅうちょなく掲載する。

天満龍二(平山浩行)
正義感あふれる「週刊星流」編集部デスク。しっかり者で仕事熱心な編集部のエース的な存在。圭吾のスキャンダルを掲載した張本人だが、ねつ造の真相は知らない。沙織にいち早く違和感を持ち、情報屋を雇って素性を調べさせる。後に沙織から5年前の真相を打ち明けられ、ある選択を迫られることになる。

高槻裕也(堀井新太)
圭吾の元秘書。圭吾を尊敬しており、良きパートナーとして支えていた。圭吾の自殺後は、政界を引退し投資家となって成功を収め、バーを経営している。沙織の気持ちをくんで陰ながら助けていくが、復讐に駆られる沙織を見て、復讐をやめさせたいと思うようになる。

寺田圭吾(高橋光臣)
沙織の亡き夫。5年前、将来を嘱望されながら、身に覚えのないスキャンダルが報じられ、自ら命を絶った政治家で、死の直前に自分を陥れた3人の人物について告白する動画を残す。沙織も知らなかった圭吾の秘密が、次第に明らかになっていく。

城田純一(DAIGO)
天満に雇われ、沙織の身辺を探る腕利きの情報屋。沙織の正体に迫り、脅かす不気味な存在となっていく。

糸賀朱里(鈴木砂羽)
精神科医。沙織の妹・綾子の紹介で沙織の担当医として精神のケアを行う。沙織も心を開いており、自らの悩みを吐露するが、実際は沙織の復讐心を洗脳に近いほど過度にあおっている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
木村多江が“復讐の鬼”に! スキャンダルがテーマのジェットコースターストーリー! 
かつて、自殺によって夫を失った主人公が、スキャンダルをでっち上げ、夫を陥れた人間を追い詰めていく痛快な復讐劇。“復讐の鬼”と化す週刊誌の契約ライター・今宮沙織を、民放連続ドラマでは初主演となる木村多江が演じる。

元「週刊文春」のエース記者として知られるジャーナリスト・中村竜太郎が本作を監修。不倫議員、ハニートラップ、罵倒音声など、実際に世間を騒がせたスキャンダルのエッセンスを取り入れ、人間の本性を赤裸々に描く。

劇中では、スクープ獲得のために記者が駆使する驚くべきテクニックが披露されるなど、スキャンダルの裏側も分かる内容。佐藤二朗、平山浩行、堀井新太、鈴木砂羽ら個性的な俳優陣が脇を固める。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月7日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
世間を揺るがす特大ネタが評判で、売り上げを伸ばす週刊誌「週刊星流」。その編集部で契約ライターとして働く今宮沙織(木村多江)は、スキャンダルに強烈な執念を持ち、周囲がひるむような場所にも平気で潜入して数々のスキャンダルをスクープする冷徹な記者だ。

実は、沙織の夫は、将来有望な政治家だったが、でっち上げられたスキャンダルを苦に自殺していた。沙織は、夫が遺言として残した、ゲス不倫政治家、ハニートラップでのし上がったアイドル、悪徳女社長の3人を相手にスキャンダルのネタを見つけ出し、世にさらして社会的に抹殺しようと奮闘する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月1日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/10/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
人気週刊誌「週刊星流」の契約ライター・沙織(木村多江)は、星流で働き始めてまだ3カ月だがスクープ記事を連発。しかし、その情報源は編集長の福島(佐藤二朗)にも決して明かさず、取材もいつも単独行動だ。アイドルの熱愛をスクープした沙織は、続いて人気政治家・塚本(神尾佑)の愛人問題を取材すると言い出す。実は、塚本のスキャンダルを暴いて失脚させるのが、偽名を使って星流に入った沙織の目的の一つだった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月7日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/10/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
沙織(木村多江)は、青年実業家・有島(永岡佑)との結婚を発表したばかりの人気女優・サユミ(芹那)の取材に着手。夫・圭吾(高橋光臣)を死に追い込んだ偽の不倫ベッド写真で、顔を隠して一緒に写っていた女が無名時代のサユミだったのだ。一方、デスクの天満(平山浩行)は今回も沙織に芦原(岡野真也)を同行させ、さらに便利屋の城田(DAIGO)にその素性を調べさせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月17日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/10/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
沙織(木村多江)は、夫の不正献金疑惑をでっち上げたインターネット通販会社の社長・南條(横山めぐみ)の取材を開始。同じ頃、沙織の前に城田(DAIGO)が現れる。沙織の秘密を突き止めた城田は、ある取引を持ち掛けてくる。一方、沙織の復讐を手伝う高槻(堀井新太)の店には天満(平山浩行)がやって来た。一刻も早く南條への復讐を終わらせたい沙織は、彼女の部屋に出入りする若いモデル・隼也(大和孔太)に接触する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月20日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/10/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
沙織(木村多江)は、南條(横山めぐみ)に復讐するつもりが逆にわなにはめられ、違法取材の証拠写真を撮られてしまう。心配した高槻(堀井新太)は復讐をやめるよう説得するが、沙織は聞く耳を持たない。沙織が復讐に固執する理由を探るため、高槻はカウンセラーの朱里(鈴木砂羽)と会う。一方、沙織は自分の正体を突き止め金を要求してきた城田(DAIGO)が、妹の綾子(中村映里子)親子にも接触したと知り、焦りを募らせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月31日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/11/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
夫・圭吾(高橋光臣)を死に追い込んだ記事を捏造(ねつぞう)した黒幕が編集長の福島(佐藤二朗)だったと判明。沙織(木村多江)は、福島を新たな復讐の標的に定める。一方、沙織を脅迫していた城田(DAIGO)が転落死した。城田の残した資料で沙織の正体を知った天満(平山浩行)は、彼女が城田を殺したのではないかと疑う。天満に問い詰められた沙織は、彼が5年前に福島の指示で書いた圭吾の記事が捏造だったことを告げる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月3日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/11/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「星流」最新号に掲載されるはずだった福島(佐藤二朗)を告発する記事が握りつぶされた。代わりに掲載されたのは、沙織(木村多江)の妹・綾子(中村映里子)と圭吾(高橋光臣)の愛人関係を暴露するスキャンダル記事。記事を差し替えたのは、沙織たちの計画に気付いていた福島本人だった。沙織は、捏造(ねつぞう)記事で再び圭吾をおとしめた福島を許せない。しかし、記事の内容は事実だという福島は、証拠の動画を沙織に見せる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月13日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/11/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
妹の綾子(中村映里子)と亡夫・圭吾(高橋光臣)の不倫を知った沙織(木村多江)は、朱里(鈴木砂羽)の元に身を寄せ、抜け殻のような日々を送っていた。綾子は記事を読んだ周囲の人々から好奇の目を向けられ、いたたまれない。追い打ちをかけるように「星流」の記者がつきまとい、何も知らない息子の悠斗(佐藤令旺)からは「ふりんって何」と問われた綾子は、胸が締め付けられる。同じ頃、朱里は沙織に内緒で福島(佐藤二朗)と会う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月17日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/11/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
福島(佐藤二朗)に先手を打たれ、復讐が果たせない沙織(木村多江)は、ひと思いにナイフで殺してしまおうと機会をうかがう。そんな沙織を心配して芦原(岡野真也)が自宅を訪ねてきた。芦原は、自分のことなど忘れ好きな道に進めと話す沙織の変化に戸惑う。天満(平山浩行)も沙織にはもう関わるなと忠告。それでも1人で捏造(ねつぞう)の証拠を捜す芦原は、福島が資料の保管場所として利用しているトランクルームを突き止める。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック