2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

2017年秋、木曜ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』

kage

2017/11/23 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★10月12日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 21:00~21:54

 ドクターX~外科医・大門未知子~

Arika注目1h”黒い巨塔”再び! 美知子が医療界にメスを入れる

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:林誠人/寺田敏雄/香坂隆史
演出:田村直己/松田秀知
プロデューサー:内山聖子/大江達樹/都築歩/霜田一寿/池田禎子

主題歌:Force -Orchestra Ver.-/ユニゾン/Superfly

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠神原名医紹介所
神原晶(岸部一徳)…所長
未知子が所属する「神原名医紹介所」の所長。未知子が「師匠」と慕う存在。かつて医師免許をはく奪されたことがあるなど、謎多き人物。大学病院の内情にも詳しい。趣味はマージャン。70歳。

大門未知子(米倉涼子)…外科医
「神原名医紹介所」に所属し、医局に属さずさまざまな病院を渡り歩くフリーランスの外科医。報酬は桁違いに高いが、外科医としての腕は超一流。患者や手術以外のことには無頓着で、誰に対しても物怖じせず言いたいことを言うため、医局の面々とは折り合いが悪い。41歳。

城之内博美(内田有紀)…麻酔科医
「神原名医紹介所」に所属するフリーランスの麻酔科医。シングルマザー。かつては帝都医科大学付属第三病院に勤務していたが、未知子と出会いフリーに転身した。完全切除が不可能な局所進行膵がんを患い、一度は死を覚悟したが、未知子の手術により命を救われた。38歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東帝大学病院・本院
┣国内最高峰の大学病院だったが医療ミスや派閥争いで評判がガタ落ちに。新医院長が”患者ファースト”を掲げ院内改革を進めている。

志村まどか(大地真央)…新院長
東帝大学病院の女性院長。オペの腕は一流で、コネにも人脈にも頼らず、実力一本で現在の地位まで上り詰めた。院長就任後は“患者ファースト”を第一に掲げて医療改革を推し進め、実力のある医者なら肩書きは関係ないと明言し、未知子を雇う。

海老名敬(遠藤憲一)…外科副部長
東帝大学病院の外科副部長。出世欲が強く、権力者たちにひたすら尽くす、卓越した「御意」力を持つ。未知子ともたびたび対立するが、真摯(しんし)に病気と向き合う未知子に共感し、策略を台無しにしてしまうことも多々ある、憎めない存在。54歳。

鳥井高(段田安則)…外科副部長
研究と論文を愛するが手術は下手。野心を失っていたが、再び出世争いに。53歳。

原守(鈴木浩介)…外科医
美知子に協力したため転勤。後に東帝大学病院へ。ストレスを抱えがち。43歳。

森本光(田中圭)…外科医
美知子に憧れて海外に留学。帰国後は地方で、地方医療の現状を目撃。35歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東帝大学病院・知床分院
┣本院で不祥事を起こした蛭間が勤務。

蛭間重勝(西田敏行)…院長
東帝大学病院・知床分院の院長。表向きは温和な性格だが、逆らう者はバッサリと切り捨てる冷血漢。未知子に対して積年の恨みを抱いている。医療界のトップに君臨するのが夢。知床分院に左遷されて一度は隠居を決意するが、筋金入りの権力欲は捨てきれない様子。66歳。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
米倉涼子演じる天才外科医が医療界に鋭いメスを入れる! 大人気ドラマの第5シリーズ! 
米倉涼子演じる孤高の天才外科医・大門未知子が、金と欲にまみれた医療界に鋭いメスを入れる、人気ドラマの第5シリーズ。米倉は「とにかく楽しみにしていてください。私、失敗しないので(笑)」と未知子の決めぜりふを交えて力強く宣言している。
ドラマの舞台となるのは、初の女性院長誕生を機に、新たな権力争いが渦巻く東帝大学病院。新院長の志村まどかを、米倉と初共演の大地真央が演じるほか、内田有紀や岸部一徳、遠藤憲一、西田敏行ら常連メンバーが再集結するのはもちろん、第1シリーズで新米外科医を演じた田中圭と、野心家の外科部長を演じた段田安則も5年ぶりに参戦。未知子と再会してどのような顔を見せるのかにも期待が高まる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月12日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
東帝大学病院で汚い院内政治を操ってきた蛭間重勝(西田敏行)の失脚から1年。新たな時代が幕を開け、“患者ファースト”を掲げる初の女性院長が誕生。クリーンな医局を取り戻すべく大改革を進めることになる。
しかし、病院に巣食う権力者たちは、自分たちのうま味を求めて、絶対的権力と縦社会で統制された“真っ黒な巨塔”を復活させようと暗躍し始める。

そんな大転換期を迎えた東帝大学病院に、再び派遣された大門未知子(米倉涼子)。一度は都落ちした蛭間も怪しい動きを見せる中、未知子は薄汚れた組織と真っ向から渡り合っていく。 

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月12日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/10/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
フリーの外科医・未知子(米倉涼子)は旅先で応急処置を施したバス運転手・車田(松澤一之)の再手術のため、転院先の「東帝大学病院」に乗り込む。同院では蛭間(西田敏行)に代わり、まどか(大地真央)が新院長に就任したばかり。‘患者ファースト’を掲げ病院を改革中のまどかは、未知子の腕を見込んで雇用契約を交わす。ところが彼女は、車田の手術は手術支援ロボットの遠隔操作を利用して、米国の名医に任せるという。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月15日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/10/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
新米外科医の西山(永山絢斗)や伊東(野村周平)ら4人は、未知子(米倉涼子)の影響を受け、院長回診をすっぽかしたり定時帰宅したりとやりたい放題。海老名(遠藤憲一)らは扱いに手を焼く。そんな中、息子を心配して蛭間(西田敏行)に賄賂を届けに来た伊東の母親・不二子(中田喜子)が院内で倒れる。「進行胆のうがん肉腫」と診断された不二子の根治には難手術が必要。蛭間は伊東を執刀医に指名するが、不二子は手術を拒否する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月20日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/10/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
未知子(米倉涼子)は大学の付属幼稚園に出張するが、そこで園長の三鴨(平田満)が倒れた。検査をした未知子は手術を勧める。しかし、三鴨は外科副部長・猪又(陣内孝則)の患者だった。猪又は、肺腺がんの三鴨の腫瘍を化学療法で小さくしてから手術をするというが、治療を始めて半年たっても腫瘍は小さくなっていないらしい。三鴨はセカンドオピニオンを希望するが、他の病院で診察を断られ、名医紹介所を訪ねてくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月29日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/11/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
森本(田中圭)が婚活パーティーで知り合った婚約者・四織が倒れた。彼女は肝臓がんを患っており、手術をしなければ余命3カ月と診断される。そんな中、四織が「日本医師倶楽部」会長・内神田(草刈正雄)の娘と分かり、蛭間(西田敏行)らは大慌て。外科副部長3人が担当する万全の態勢で臨むことになる。未知子(米倉涼子)も執刀医に名乗りを上げるが、森本が語った偽の経歴を信じた四織は、彼の手術以外は受けないと言い出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月7日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/11/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
人工知能(AI)の将棋ロボットと対局中に倒れた若手天才棋士・五反田が搬送されてくる。診断がつけられない鳥井(段田安則)は、最先端のAI診断システム「ヒポクラテス」に診断を委ねることに。一方、五反田は意識を取り戻した後、再戦のため強引に退院しようとするが、脚に力が入らず病院へ逆戻りする。検査結果を見た未知子(米倉涼子)はヒポクラテスの診断に同意できないが、その未知子にも病名が分からない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月13日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/11/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
猪又(陣内孝則)の手術で麻酔を担当した博美(内田有紀)は、手術失敗の責任を押し付けられ病院への出入りを禁止される。ささいなことで未知子(米倉涼子)と博美の関係もぎくしゃくし、未知子は手術で博美とは組まないと宣言。そんな中、妻・敦子(松金よね子)の見舞いに来た中華料理店店主・良夫(平泉成)の膵臓(すいぞう)に腫瘍が見つかる。未知子は夫婦共に手術するつもりだが、良夫の手術を猪又に横取りされてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月17日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/11/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
原(鈴木浩介)のロシア赴任時代の恋人・ナナーシャ(シャーロット・ケイト・フォックス)が突然、病院を訪ねてくる。彼女の出現で、内神田(草刈正雄)の妻・小百合(戸田菜穂)のいとこ・萌々香(小飯塚貴世江)と原との間で進んでいた縁談も駄目になりそうだ。やがて、超一流の外科医であるナナーシャが米国で医療ミスを犯していたと判明。手術の報告書を読んだ未知子(米倉涼子)は、彼女が脳腫瘍を患っていると気付く。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック