FC2ブログ
2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

2017年秋、連続ドラマW『石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~』

kage

2017/12/24 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★11月5日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 22:00~23:00

 連続ドラマW 石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~

Arika注目1h清武英利が’01年に発覚した「外務省機密費許取欺事故」を綴った衝撃作

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:清武英利「石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの」(講談社)
脚本:戸田山雅司
監督:若松節朗/村谷嘉則
プロデューサー:岡野真紀子/永井麗子

主題歌:Let it shine/moumoon

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
木崎睦人 (佐藤浩市)
警視庁捜査二課に所属する、無骨な刑事。国家の聖域とされる外務省の犯罪に切り込んでいくが、かつて内閣府に対する捜査情報が漏れてつぶされた経験があるため、上司すら信用しない。斎見とは、捜査四課時代に合同捜査を共にした経験がある。

斎見晃明(江口洋介)
警視庁捜査二課の情報係係長。外務省という巨大な敵を標的にしている木崎に気付き、ぶつかりながらも共に捜査を進めていく。上昇志向が強い。

真瀬和則(北村一輝)
外務省のノンキャリア。首脳陣の海外訪問や国際サミットなど、莫大な経費を取り仕切るやり手で、外務省機密費詐取事件のキーマン。

東田将之(萩原聖人)
キャリア刑事の捜査二課課長。二課の面々をフォローしながら、国家の聖域である外務省に挑むために奔走する。年上の部下からは「ぼっちゃん」と呼ばれ、慕われている。

矢倉かすみ(飯豊まりえ)
所轄署から捜査二課に抜てきされた駆け出しの巡査長。二課のベテラン刑事たちに囲まれながらも奮闘し、事件に肉迫していく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
佐藤浩市×江口洋介×「しんがり」スタッフで、清武英利のノンフィクションをドラマ化! 
2001年に発覚し政官界を揺るがした「外務省機密費詐取事件」の真相と、警視庁捜査二課に属する“石つぶて”たちの奮闘を描いた清武英利のノンフィクションを、「連続ドラマW しんがり~山一證券 最後の聖戦~」のスタッフが再集結し、ドラマ化する。

前代未聞の大事件を掘り起こし、組織にあらがいながらも捜査にまい進する捜査二課の刑事・木崎睦人を演じるのは、2011年の「陽はまた昇る」(テレビ朝日系)以来、6年ぶりの連ドラ主演となる佐藤浩市。木崎と相反しながらも、共に捜査を進めていく木崎の上司・斎見晃明に江口洋介が扮する。そのほか、北村一輝、萩原聖人、飯豊まりえら多彩なキャストが共演する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁捜査二課の情報係係長に斎見晃明(江口洋介)が着任する。情報係には、捜査四課時代に斎見と合同捜査を共にした偏屈な刑事・木崎睦人(佐藤浩市)がいた。木崎は、省庁の中で最も聖域とされる“外務省”のノンキャリア職員に、贈収賄容疑があることをつかみ、興奮を隠せないでいた。しかし、かつて内閣府に対する捜査情報が漏れ、政治的な圧力でつぶされた経験があるため、上司にすら捜査情報の共有を拒んでいた。
斎見は、木崎が外務省という巨大な敵に向かっていると気付き、単独捜査の無謀さを説く。そんな中、外務省への疑惑は、やがて政官界を揺るがす大事件に発展していく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月1日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/11/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁捜査二課情報係の係長に斎見(江口洋介)が着任。同係には、かつて四課に所属し、斎見と合同捜査を共にした偏屈な刑事・木崎(佐藤浩市)がいた。木崎はある日、情報収集のため足しげく通う元国会議員の事務所で、外務省のノンキャリア職員に贈収賄容疑があると知る。折しも九州沖縄サミットの開催が決まり、外務省に法外な予算が付く時期。省庁の中でも最も聖域とされる外務省への疑惑に、木崎は興奮を隠せない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月7日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/11/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
木崎(佐藤浩市)は、課内でも情報の保秘を徹底。情報源である菱岡(笹野高史)の会社の経理伝票や帳簿を精査し、政府要人が海外を訪問する際に支援業務を行う部署の室長・真瀬(北村一輝)がターゲットだと確信する。そして、霞が関周辺の銀行を片っ端から調べ、真瀬の口座を捜す。一方、斎見(江口洋介)は、部下の矢倉(飯豊まりえ)から、木崎が追う人物についての情報を得る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月17日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/11/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
木崎(佐藤浩市)はついに、真瀬(北村一輝)の隠し口座を発見。定期預金の残高が1億7千万円、普通預金でも3年間に4億円もの金が動いていると知り奮い立つ。報告を受けた東田(萩原聖人)は、斎見(江口洋介)と協力するよう勧めるが、木崎は聞く耳を持たない。一方、斎見も同じ口座にたどり着き、真瀬が担当の窓口係・麻里江(石崎なつみ)に400万円を渡していると気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月20日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/11/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
2000年7月、九州・沖縄サミットが開幕。木崎(佐藤浩市)は、真瀬(北村一輝)についての情報を上げたにもかかわらず、第四知能犯二係による捜査に進展がないのを不審に思う。一方、斎見(江口洋介)の自宅にはこの件を嗅ぎ付けた記者が訪れる。嫌な予感に襲われた木崎は、二係が上層部の圧力であえて捜査に着手しない‘塩漬け’を決め込んだと知り、資料を強引に取り戻す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月27日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/12/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
斎見(江口洋介)、木崎(佐藤浩市)による任意聴取に対し、真瀬(北村一輝)は定期預金の1億円は父親の遺産で、小分けにして入金したと証言。大金の動きを追及すると、総理や要人の海外訪問に同行した際は、クレジットカードでの精算が大半なので、前払いの経費を個人の口座に入れていたと供述する。突破口が見つからず、斎見がいら立つ中、木崎は話の内容に矛盾を見いだす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月9日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/12/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
真瀬(北村一輝)は‘しゃべったら殺される金’という言葉を最後に黙秘してしまう。その直後、斎見(江口洋介)と木崎(佐藤浩市)は東田(萩原聖人)から、それが機密費かもしれないと聞かされ、息をのむ。そして、真瀬の背後に大物がいると直感する。一方、真瀬の取り調べを受け、外務省も動き出していた。そんな中、斎見は真瀬が外交機密費を着服した動かぬ証拠を見つけ、本人の口から真実を語らせようと、一同を鼓舞する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月13日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/12/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
マスコミに追われ疲弊した真瀬(北村一輝)を囲い込む木崎(佐藤浩市)。捜査二課は、この事件は予定外に生じた外遊経費の不足分を、真瀬が官邸の官房報償費から受け取り、私的流用していたのだと踏んでいた。しかし、おびえ切った真瀬の様子を見て、木崎はこの事件にはさらなる裏があるのではないかと感じ始める。相手が国ともなれば、捜査の糸口は真瀬にはかせるしかない。木崎は真瀬の隠れ場所に足しげく通うが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月18日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/12/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
真瀬(北村一輝)はついにすべての真実を告白。上納された外交機密費のカラクリも明らかになる。さらに、官邸は、絶対に不可能だと思われた総理官邸の捜査への協力要請に応じ、証拠書類の開示を行なうと連絡してくる。しかし、国友(矢島健一)から呼び出された木崎(佐藤浩市)たちは、捜査を進めるに当たり、とんでもない条件を突き付けられる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック