2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

2017年秋、ドラマ24「新宿セブン」

kage

2017/11/17 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月13日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 24:12~24:52

 ドラマ24「新宿セブン」

Arika注目1h鑑定士が真実を暴く ヒューマンミステリー

歓楽街・新宿歌舞伎町にある謎の質屋を舞台に描く、同名漫画をドラマ化。

あらゆる物の真実を暴く主人公の鑑定士には、連ドラ初主演の上田竜也。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:作:観月昴/画:奥道則「新宿セブン」(日本文芸社)
脚本:山田能龍/山岡潤平/和田清人/小寺和久
監督:藤井道人/植田泰史/佐藤源太/山内大典/淵上正人
プロデューサー:浅野太

主題歌:未完成のアンサー/上田竜也

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
七瀬質屋
┣買い取りから鑑定まで。

七瀬(上田竜也)…店主
歌舞伎町にある「七瀬質店」の店主。誰もが認める歌舞伎町の顔で、「“七つ屋”の七瀬」と呼ばれる天才鑑定士。幼少期にアジアを放浪し、さまざまな修羅場をくぐり抜けて鑑定眼を身に付けた謎多き人物でもある。“物”の鑑定はもちろん、“人”に関しても、偽物を認めず本物しか信じない。35歳。

大野健太(中村倫也)
ある出来事をきっかけに、七瀬の下で働くようになった鑑定士見習。極めて普通の人間だが、ざまざまな体験を通して成長していく。26歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コリアンバー「エメラルド」
┣カラオケスナックとクラブの中間の、雑多な飲み屋。

宝生エリカ(野波麻帆)
七瀬らが足しげく通うコリアンバー「エルドラド」のママ。町の事情通。35歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

水月華(大野いと)…謎の女
七瀬らの前に現れる、記憶喪失の謎の女性。質店に転がり込む。18歳。

新宿西署
歌舞伎町の警らを担う。

近藤昭人(田中哲司)
歌舞伎町を見回る、新宿西署犯罪対策課の刑事。マフィアの大物の逮捕を狙う刑事。目的のためなら手段を選ばない。45歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

餃子屋
┣七瀬行きつけの羽根つき餃子の店。

シノブ(夏木マリ)
七瀬らが常連として通う餃子店の店主。七瀬も頭が上がらない町の古参。64歳。

栞(家入レオ)
アルバイト。元気な看板娘。普段は従業員だが、裏の顔を持つ。22歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
KAT-TUN・上田竜也が、依頼人の悩みや事件を解決する天才鑑定士役で連ドラ初主演! 
KAT-TUNの上田竜也が、同名人気コミックを映像化するヒューマンミステリーで、連続ドラマ初主演。それに加え、主題歌もソロで担当する話題作に挑む。新宿歌舞伎町とアジアを舞台に、上田演じる質店の店主で抜群の鑑定眼を持つ主人公・七瀬が、物の真贋(しんがん)を見極めると同時に、依頼人の悩みや事件を解決していくさまを描く。

七瀬の周りの一癖も二癖もある登場人物には、中村倫也、大野いと、野波麻帆、田中哲司、夏木マリら魅力的なキャストが扮する。また、本格アクションシーンをふんだんに取り入れたスタイリッシュな画面構成と演出にも注目。海外ロケを敢行し、国内では描ききれないスケール感で、ストーリーが展開する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月12日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
東洋一の歓楽街と呼ばれ、怪しく危険に満ちた眠らない街・新宿歌舞伎町。この街で一目置かれる存在の「七瀬質店」店主・七瀬(上田竜也)は、抜群の鑑定眼で、持ち込まれた“物”のみならず、“人”の真贋も見抜く天才鑑定士だ。七瀬の店には、時計やバッグはもとより、拳銃、クスリ、臓器まで、あらゆる物が持ち込まれる。
“物”も“人”も、本物しか信じない七瀬は、持ち込まれた品物を鑑定し、依頼人の悩みをも解決していく。彼が、なぜこの街で質店を経営しているのか? そこには、歌舞伎町に潜む謎と、隠された理由があった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月12日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/10/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
東京・新宿の歌舞伎町にある質店「七瀬質屋」の店主・七瀬(上田竜也)は、‘新宿一の鑑定士’と呼ばれている。ある日、七瀬に鑑定の依頼が入る。ある出来事により鑑定士見習になった健太(中村倫也)と共に向かった先は、暴力団組長の愛人・明日香(片山萌美)のマンションだった。幹部の鮫島(駿河太郎)は彼女が組の金に手を付けたと話す。それ相当の金品がないか鑑定してほしいと言われた七瀬は、ある物から真実に気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月20日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/10/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ふらついた足取りで七瀬(上田竜也)の質店に現れた女性(大野いと)が、「私を査定してください」と言いながら、店内に倒れ込む。介抱しようとした健太(中村倫也)は、彼女の首から肩口に数滴の血痕があることに気付く。目覚めた彼女は記憶を失い、自分が誰なのか分からないという。七瀬はエリカ(野波麻帆)たちに探りを入れるが、情報は得られない。そんな中、七瀬は女性から「記憶が戻るまで置いてほしい」と懇願される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月21日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/10/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
華(大野いと)がエリカ(野波麻帆)のバーでホステスとして働きだした初日、キャバクラの伝説的経営者・福富(西岡徳馬)が来店。なぜか「ハナ」という名に反応し、華を一目で気に入る。華の様子を見に来た七瀬(上田竜也)は、ひょんなことから福富自身を鑑定することに。七瀬に「金はあるけど教養がない成金」と言われ怒りをあらわにする福富だが、その鑑定眼を認める。後日、七瀬の元に福富から出張鑑定の依頼が入る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月31日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/11/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
アイドル・李穂(矢作穂香)が七瀬(上田竜也)の質店を訪れ、ファンからのプレゼントの買い取りを依頼。李穂の大ファンの健太(中村倫也)は自分の贈り物も持ち込まれたことに動揺するが、彼女は余裕がない様子だ。帰途、李穂は背後に怪しい男の気配を感じ、タクシーで実家へ。実は彼女はアイドルをやめる決意をしていた。母の仏前で手を合わせた李穂は、父・隆(菊池均也)に報告するが「逃げているだけだ」と猛反対される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月3日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/11/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
七瀬(上田竜也)の店に常連の尾上(斎藤洋介)が来店。質店にはギャンブルで金を使い果たしては質入れする客も多い。尾上もその一人で、この日も古びた腕時計を預ける。七瀬はそれが価値のある物だと見抜く。数日後、腕時計を買い戻しに来た尾上だが、その日の夕方、車と衝突してしまう。七瀬らが病院に駆け付けると、尾上は昏睡(こんすい)状態だった。自殺説や当て逃げ説が浮上する中、七瀬は全く違うと見立てる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月17日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/11/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
健太(中村倫也)が店番をしていると、セーラー服の少女(川島鈴遥)が古い限定品のテディベアを預かってほしいとやって来る。タグには彼女の名前と思われる「三鷹渚」と書かれていた。3万円と査定した健太は名前を書いてもらおうとするが、少女は3万円とともに消えてしまう。店に戻ってきた七瀬(上田竜也)はテディベアから少女の様子が見えてこないことを不審に思い、名前とセーラー服を手掛かりに少女を捜そうとする。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック