2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

2017年秋、ドラマ25「セトウツミ」

kage

2017/11/17 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月13日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 24:52~25:23

 ドラマ25「セトウツミ」

Arika注目1hまったりしゃべるだけの一風変わった青春ドラマ

映画版もヒットした此元和津也原作の同名漫画が、今度はドラマ化。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:此元和津也「セトウツミ」(秋田書店)
脚本:宮崎大
監督:瀬田なつき/坂下雄一郎/杉田満
プロデューサー:大和健太郎/小林史憲/泉英次/宮崎大

エンディング:We are the light/miwa

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
内海想(高杉真宙)…塾通いの高校生
寡黙でクールな高校2年生。友達が少なく、部活にも入っていないため、塾に行くまでの時間を河原で過ごしている。17歳。

瀬戸小吉(葉山奨之)…元サッカー部
明るく社交的な性格の高校2年生。先輩とのいざこざでサッカー部を退部し、暇を持て余していたところ、河原で内海と出会う。17歳。

樫村一期 (清原果耶)
瀬戸と内海の同級生。黒髪美人で実家は寺。学園のマドンナで瀬戸から好かれているが、内海のことが好き。17歳。

田中真二(森永悠希)
瀬戸と内海の同級生。左右対称の名前とセンター分けの髪形から、「公平そう」という理由で2 人の対決の審判を務める。

ハツ美(片山友希)
瀬戸に告白する高校1年生。瀬戸の前だと緊張してうまくしゃべれず、内海越しに話しかける。それ以外の相手に対しては、饒舌かつ毒舌。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
高杉真宙×葉山奨之がダブル主演。男子高校生が“しゃべるだけ”の青春ドラマ! 
男子高校生2人が放課後の河原でまったりしゃべるだけなのに、その練りに練られたユニークな会話の面白さから大人気の「別冊少年チャンピオン」連載中の同名コミックを連続ドラマ化。

2016年に公開されスマッシュヒットとなった映画版も記憶に新しいが、今回キャストを一新し、クールな内海想を高杉真宙、お調子者の瀬戸小吉を葉山奨之という今注目の若手俳優2人が、ダブル主演で演じる。原作コミックでの最新エピソードを盛り込み、原作で人気のキャラクターが多数登場するのも見どころ。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月12日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
友達が少なくクールな高校2年生・内海想(高杉真宙)は、塾に行くまでの時間を、河原でぼんやり過ごすのが日課。ある日、そこへサッカー部を退部して暇を持て余していた、同じく高校2年生の瀬戸小吉(葉山奨之)が現れる。

寡黙な内海とお調子者の瀬戸。性格は正反対だが“暇つぶし”という利害関係が一致した2人は、放課後いつもの河原で、ダラダラとしゃべるだけの時間を過ごすこととなる。そんな2人の前に、彼らの同級生や、思いを寄せる女子高生、謎のバルーンアーティストなどが現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月12日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/10/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
クールな内海想(高杉真宙)とお調子者の瀬戸小吉(葉山奨之)が、放課後に河川敷でひたすらしゃべる。‘左右対称’な男・田中真二(森永悠希)も登場する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月20日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/10/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
瀬戸(葉山奨之)が、内海(高杉真宙)に「樫村一期(清原果耶)をメロメロにする方法を教えてほしい」と相談。内海は‘アメとムチ’を使った攻略法を伝授する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月21日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/10/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
瀬戸(葉山奨之)のファンで不思議ちゃん女子のハツ美(片山友希)と、樫村(清原果耶)が河川敷で鉢合わせ。すると、ハツ美が樫村にいきなり説教を始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月31日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/11/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
瀬戸(葉山奨之)と内海(高杉真宙)が‘ババ抜き’対決。トランプのババで野球部の馬場(田中偉登)を思い出す瀬戸に対して、深読みしすぎる内海も勝負に出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月3日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/11/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ゴリラに似ている木沢先生(原西孝幸)が河原へ。授業をさぼった瀬戸(葉山奨之)は補習を。そして蒲生(高橋里恩)と「靴飛ばしチキンレース合戦」も行う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月17日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/11/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
瀬戸(葉山奨之)と内海(高杉真宙)に馬場(田中偉登)や田中(森永悠希)が加わり、河川敷で草野球を行う。さまざまな思惑が渦巻く中、衝撃の結末を迎える。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック