2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

2017年秋、月曜ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』

kage

2017/11/20 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★10月23日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜 21:00~21:54

 民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~

Arika注目1h新米ママ議員が社会問題に鋭く切り込む!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:黒沢久子
演出:金井紘/石井祐介
プロデューサー:草ヶ谷大輔

主題歌:LIFE/AAA

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐藤智子(篠原涼子)
40代、高校中退、資格なしの1児の母。バイト先で知り合った夫と結婚し、パートで働き家計を助けるも、ある出来事から職場をクビに。市議会議員の高額報酬と市区町村議員の高い当選確率を知り、“高額報酬=家族の幸せ”を求めて市議会議員に立候補する。

藤堂誠(高橋一生)
代々続く政治家一家の次男で、市政のプリンス。智子と選挙戦で議席を争うライバルとなる。政治家になることへの反発はあったが、敷かれたレールの上から外れることができず葛藤を抱えて育ち、誰も知らない裏の顔を持つようになる。

犬崎和久(古田新太)
一癖も二癖もある市議会のドン。長年市議会議員を務め、議会や経済界に太いパイプを持つ存在。自らはリーダーにはならず、陰で人をコントロールするタイプで、最大会派の犬崎派を形成している。智子の存在は眼中になかったが、次第に考えが変わっていく。

河原田晶子(余貴美子)
市長。クリーンなイメージと、アメリカ仕込みのディベートのうまさ、洗練された魅力で圧倒的な人気を誇る。犬崎との対決姿勢を打ち出し、あらゆる利権の撲滅に乗り出す。

平田和美(石田ゆり子)
智子のママ友。一流大学を卒業し新聞社の政治部記者になったが、育児休暇後、事務職へ配属された。子どもが同じ保育園に通う縁で仲良くなった智子が、市議会議員に立候補すると聞き、智子の行動力と求心力を見るうちに応援するようになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
篠原涼子が主婦の市議会議員に!? 女性目線で悪を斬る痛快市政エンターテインメント! 
篠原涼子が、自身初の月9主演を務める“市政エンターテインメント”。40代、高校中退、資格なしの1児の母・佐藤智子が新米市議会議員となり、市政にはびこる悪や社会問題を、素人目線・女性目線でぶった斬っていく。

智子のライバルとなるエリート新人市議・藤堂誠に扮するのは、「カルテット」(TBS系)、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」などで人気急上昇中の高橋一生。元新聞記者で智子のママ友・平田和美役の石田ゆり子のほか、古田新太、余貴美子らが脇を固める。脚本は、連続ドラマ化され話題となった、「東京女子図鑑」(Amazon プライム・ビデオ)の黒沢久子が務める。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月23日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
夫と、保育園に通う子どもの3人で暮らす、ごく平凡な主婦・佐藤智子(篠原涼子)は、両親が失踪し高校を中退した後、苦労しながらも真面目に生きてきた。パートで家計を助ける智子だったが、猪突猛進の性格が災いして、職場をクビになってしまう。
40代、高校中退、資格なしで職が見つかるのかと意気消沈する智子だったが、ある時ワイドショーで取り上げていた市議会議員の汚職事件が気になり調べて目にしたのは、市議会議員の高額報酬。さらに、市区町村議員の当選確率は80%超だと知る。そこで智子は、“高額報酬=家族の幸せ”を求めて市議会議員に立候補する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月23日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/10/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「あおば市」に住む智子(篠原涼子)と夫・公平(田中圭)、保育園児の駿平(鳥越壮真)は手狭な団地暮らし。猪突猛進型の智子と人の良い公平は、ある日揃って職を失った。そんな折、市議会議員が高額報酬で、しかも議員になれる確率が正社員として採用されるよりも高いと知った智子は、目前に迫った選挙に立候補することに。既に現職の磯部(笹野高史)、政治家一族の誠(高橋一生)、元アイドルの未亜(前田敦子)らが選挙戦を繰り広げる中、新聞社に勤務するママ友の和美(石田ゆり子)がなぜか智子の応援を買って出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月29日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/10/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
初登庁し、本会議に出席した智子(篠原涼子)は、市長・河原田(余貴美子)の施政方針演説中に居眠りする前田(大澄賢也)を注意。その動画がインターネットにアップされ、前田は笑い者になる。前田は‘市議会のドン’と呼ばれる犬崎(古田新太)派の幹部。新人議員で、犬崎の存在を知らないのは智子だけだった。早速、犬崎に呼び出された智子は、自分の勘違いだったと本会議で謝罪するよう迫られ、犬崎派に入れば安泰だと告げられる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月31日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/11/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
智子(篠原涼子)は市役所に来た老女・富子(梅沢昌代)から元隣人・一馬(渋谷謙人)の冤罪を晴らしてくれと頼まれる。事件は深夜、不審な男が子どもを連れていたとの通報があり、一馬の家で小学生のかのん(白鳥玉季)が発見されたというもの。一馬は誘拐の事実を認めていた。智子は誠(高橋一生)と再び富子に会い、かのんにも話を聞こうとするが、母の裕子(安藤玉恵)に拒絶される。さらに、拘置所の一馬に面会するが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月3日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/11/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
遼(千葉雄大)の実家は商店街の電器店だったが、量販店の進出により夜逃げをした過去がある。シャッター商店街の復活を公約にした遼は、閉店状態のとんかつ店の克枝(鷲尾真知子)らから、店は畳んで年金で暮らすと聞かされる。一方、園田(斎藤司)は「子どもを見てもらえる人がいない」と母親たちから泣きつかれていた。2人の話を聞いた智子(篠原涼子)は、子どもたちの面倒を克枝たちに見てもらえないとかと提案する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月17日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/11/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
智子(篠原涼子)に‘汚職まみれの人がいる’との告発文が届いた。資料は自宅に送るという。誠(高橋一生)、未亜(前田敦子)、遼(千葉雄大)と待機する中、届いたのは児童会館建設の業者選定に関する、「牧村建設」名義の見積書2枚だった。同社社長は市長・河原田(余貴美子)の後援会長で、市長が便宜を図った疑いが浮上する。直後、智子が軽はずみに「汚職は児童会館建設みたい」とツイートしたことから、大騒動に発展する。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック