2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

2017年秋、火曜ドラマ『明日の約束』

kage

2017/12/19 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★10月17日スタート 

フジテレビ系 毎週火曜 21:00~21:54

 明日の約束

Arika注目1h井上真央が男子生徒の不可解な死の謎を解明

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:古家和尚
演出:土方政人/小林義則
プロデューサー:河西秀幸/山崎淳子

主題歌:Reboot/東方神起

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
藍沢日向(井上真央)
椿が丘高校に勤務するスクールカウンセラー。勤勉で前向きな性格。感情の起伏が激しくヒステリックな“毒親”である母親に育てられた過去から、スクールカウンセラーを志した。その生い立ちのせいで、自分に自信が持てず、他人の顔色をうかがってしまう傾向があった。恋人の和彦とは、3年間交際している。

吉岡真紀子(仲間由紀恵)
謎の死を遂げた1年B組の生徒・圭吾の母親。地元の名士の家に生まれ育ったが、夫との結婚生活に不満があり、一人息子の圭吾を溺愛する。

霧島直樹(及川光博)
椿が丘高校1年B組担任の数学教師。学年主任で、生徒や保護者からの信頼も厚い。日向と共に圭吾の死の真相究明に向けた行動をとる。

本庄和彦(工藤阿須加)
日向の恋人。穏やかな性格で、日向を支える。ブライダル会社勤務。11年前に事故死した兄は、生前家庭内暴力で家族を悩ませていたが、両親が兄を愛していたことに納得がいかない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
井上真央、2年ぶり連続ドラマ主演でトラウマを抱えるスクールカウンセラーに! 
高校のスクールカウンセラーが、ある生徒の死の謎を究明する中で、いじめ、毒親、非行などの難題と人の心の闇に対峙しながらも、生きる意味や親子のかたちを探っていくヒューマン・ミステリー。

井上真央が、主人公のスクールカウンセラー・藍沢日向役でNHK大河ドラマ「花燃ゆ」以来約2年ぶりの連続ドラマ主演を務め、仲間由紀恵、及川光博、工藤阿須加らが共演者として名を連ねる。脚本を担当するのは、「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」「任侠ヘルパー」の古家和尚、演出は「謎解きはディナーのあとで」「ゴーストライター」の土方政人と、「アンフェア」(全て同系)の小林義則が担当する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月16日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
椿が丘高校のスクールカウンセラー・藍沢日向(井上真央)は、「親でもない、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人」として、学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに生活をささげていた。ある日、気にかけていた不登校の男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)から、「好きです」と告白される。しかし、その翌日、彼は不可解な死を遂げてしまう。

果たして、誰が彼を死なせたのか。原因究明に動く日向の前に立ちはだかるのは、陰湿ないじめ、日向の母親と同じ“毒親”の真紀子(仲間由紀恵)による圭吾への過干渉、圭吾自身の非行歴と不穏な交友関係だった。しかし、日向は持ち前の前向きな性格を武器に、あらゆる問題に向き合っていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月16日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/10/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
日向(井上真央)は椿が丘高校に勤めるスクールカウンセラー。問題を抱える生徒たちに寄り添おうと日々頑張っているが、自身は過干渉の‘毒親’尚子(手塚理美)のことを誰にも相談できずにいる。ある日、日向は不登校の生徒・圭吾(遠藤健慎)を心配し、担任の霧島(及川光博)と家庭を訪問。圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)は息子が学校でいじめられていると訴え、不信感を隠さない。だが、日向は真紀子と圭吾の関係に疑問を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月‐日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/10/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
圭吾(遠藤健慎)が自宅で自殺し、遺体で発見された。日向(井上真央)と霧島(及川光博)は彼の家に駆け付けるが、圭吾の父・吉岡(近江谷太朗)に追い帰される。一方、真紀子(仲間由紀恵)はショック状態で「学校に殺された」とつぶやく。圭吾の死に校内が騒然となる中、昨夜、彼に好きだと告白された日向は、すぐ断ったことを気に病む。そんな折、日向は圭吾の同級生・那美(井頭愛海)から彼がクラスでいじめられていたと聞く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月29日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/10/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
日向(井上真央)は希美香(山口まゆ)から、バスケットボール部の大翔(金子大地)と勝(渡邉剣)が圭吾(遠藤健慎)について何か知っている様子だと聞くが、顧問の辻(神尾佑)は部員の面談に乗り気でない。翌朝、テレビ番組の取材を受けた真紀子(仲間由紀恵)が、圭吾の自殺が部活動でのいじめが原因だと告白する姿が放送される。番組では学校の対応も問題視され、これをきっかけに学校側が悪者として世間から非難を浴び始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月31日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/11/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
母・尚子(手塚理美)との幼い頃からの確執を恋人の本庄(工藤阿須加)に打ち明けようとした矢先、日向(井上真央)の元に霧島(及川光博)から、辻(神尾佑)が何者かに襲われ重傷を負ったという連絡が入る。一方、バスケットボール部のマネジャー・希美香(山口まゆ)は、今までにも増して部活動に熱意を傾ける主将・大翔(金子大地)の態度に危うさを感じていた。そんな中、大翔が部員に暴力を振るう動画がニュースサイトで公開される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月13日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/11/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
日向(井上真央)は大翔(金子大地)から圭吾(遠藤健慎)を無視し始めた理由を聞き、圭吾の変化に真紀子(仲間由紀恵)の関与を疑う。だが、霧島(及川光博)らに確証がないと言われる。そんな折、本庄(工藤阿須加)から求婚された日向は、尚子(手塚理美)の動向が気になりつつも承諾する。生徒たちが大翔の暴力動画を撮った犯人捜しを始める中、日向と霧島は中学時代、真紀子が‘モンスターペアレント’で嫌われていたと勝(渡邉剣)から聞く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月17日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/11/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
学校の相談室で真紀子(仲間由紀恵)と対面した日向(井上真央)は、圭吾(遠藤健慎)が家出した日に彼と話した内容を問われるが、圭吾のプライバシーだと言って断る。真紀子はさらに圭吾の死について責め立て、訴える用意はできていると告げる。そんな中、辻(神尾佑)に続いて大翔(金子大地)が襲われた。病院に駆け付けた日向は、目撃した希美香(山口まゆ)から犯人が背の高い女だと聞く。日向は改めて過去のことについて調べ始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月20日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/11/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
澄(佐久間由衣)のことで悩む日向(井上真央)は、霧島(及川光博)と麻子(馬渕英里何)に対応を相談。霧島は警察に事情を話すべきだと言う。一方、希美香(山口まゆ)は圭吾(遠藤健慎)の妹・英美里(竹内愛紗)の援助交際を知り、日向に告げる。その際、日向は大翔(金子大地)の動画を流出させたのが霧島か自分だと生徒の間で疑われていると知る。流出させる理由がないと否定する霧島。日向は、圭吾から告白されたことを霧島に明かす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月3日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/12/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
本庄(工藤阿須加)の突然の暴力に声もない日向(井上真央)。彼の部屋を出た日向は帰宅する気にもなれず、偶然会った霧島(及川光博)に付き添われて学校へ。そこへ、香澄(佐久間由衣)から電話が入る。日向と霧島は近くにいるという香澄を捜すが見つからない。一方、真紀子(仲間由紀恵)は、圭吾の携帯電話に届いた「僕はお母さんのせいで死にました」という‘ケイゴ’からのメッセージにがくぜん。英美里(竹内愛紗)はその姿を見て…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月10日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/12/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
圭吾(遠藤健慎)への盗聴行為が露見し、世間の攻撃が真紀子(仲間由紀恵)に向かう中、日向(井上真央)は朱里(立野沙紀)経由で香澄(佐久間由衣)から託されたパソコンを手に霧島(及川光博)と向き合う。香澄は残る復讐相手として霧島を狙っていた。日向の追及に、霧島は圭吾の孤立の原因をつくったと認める。一方、日向と本庄(工藤阿須加)との関係にはさらなる変化が。自分の未来を考える日向は尚子(手塚理美)に思いを伝えようとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月14日更新】
■ あらすじ(第9話  2017/12/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
吉岡家を訪れた日向(井上真央)は、真紀子(仲間由紀恵)が圭吾(遠藤健慎)の部屋で不穏な動きをしていることに気付く。圭吾が人生の全てだったと言い、圭吾の自殺は自分のせいなのかと嘆く真紀子。そんな真紀子に、日向は自分と母・尚子(手塚理美)との関係を明かす。学校では、教師も生徒もそれぞれ新しい道を歩き出そうとしていた。そんな中、日向は本庄(工藤阿須加)との会話をきっかけに改めて尚子と向き合うことを考える。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック