2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

2017年秋、火曜ドラマ『監獄のお姫さま』

kage

2017/11/21 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★10月17日スタート 

TBS系 毎週火曜 22:00~22:54

 監獄のお姫さま

Arika注目1h宮藤官九郎脚本で小泉今日子が16年ぶりTBS主演

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:宮藤官九郎
演出:金子文紀
プロデューサー:金子文紀/宮崎真佐子

主題歌:Showtime/安室奈美恵

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
馬場カヨ(小泉今日子)
元服役囚。完璧主義のキャリアウーマンで1児の母だったが、不倫を棚に上げ、モラルハラスメントを繰り返す年下の夫を突発的に刺してしまい、人生設計が狂う。殺人未遂で懲役5年の実刑を受ける。

若井ふたば(満島ひかり)
刑務官。父は刑事、母は元検事という家庭で育ち、犯罪を憎む。再犯防止を目的とした職業訓練にも熱心で、カヨら服役囚をスパルタ教育する。次第に彼女たちに情が湧き、しのぶの冤罪にも気付き、誘拐計画に手を貸してしまう。

板橋吾郎(伊勢谷友介)
出世欲と野心の塊のような大企業のイケメン社長。実は愛人を殺した殺人犯で、カヨら5人の女たちの誘拐計画のターゲットになる。

江戸川しのぶ(夏帆)
服役囚。メーカー「エドミルク」の社長令嬢だったが、当時副社長だった板橋に愛人を殺害した罪をなすりつけられて、懲役12年の判決が下る。

大門洋子(坂井真紀)
元服役囚。信用金庫に勤務する勤勉で地味な女性だったが、応援する若手俳優の追っかけのために、横領と詐欺に手を染めて収監される。

足立明美(森下愛子)
元服役囚。暴力団の組長夫人だったが、夫の覚せい剤密輸の罪をかぶって服役する。夫は離婚届を提出し、愛人と再婚してしまう。

勝田千夏(菅野美穂)
元服役囚。カリスマ主婦としてテレビ出演していたが、所得隠しと脱税、インサイダー取引で実刑判決を受ける。刑務所内の出来事をネットで配信して、年間数億円を稼ぎ出し、カリスマ女囚と呼ばれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
小泉今日子主演・宮藤官九郎脚本で描く“おばちゃん犯罪エンターテインメント”! 
宮藤官九郎が脚本を手掛け、小泉今日子がTBSドラマで16年ぶりに主演を務める、いまだかつてないクライムエンターテインメント。小泉と宮藤のタッグは、2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」以来となる。

女子刑務所で出会った生きることに不器用な人間たちの切なさや悲しさを、笑えて泣ける人間ドラマとして描く女たちの群像劇で、人と人との絆や友情、生きる意味を問い掛ける。共演は、満島ひかり、夏帆、坂井真紀、森下愛子、菅野美穂と豪華面々が顔をそろえるほか、民放連続ドラマ初出演となる伊勢谷友介が、彼女たちの復讐のターゲットとなるイケメン社長役を演じる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月16日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
元服役囚の馬場カヨ(小泉今日子)、勝田千夏(菅野美穂)、大門洋子(坂井真紀)、足立明美(森下愛子)、そして刑務官の若井ふたば(満島ひかり)は、大企業の社長・板橋吾郎(伊勢谷友介)を誘拐計画のターゲットにする。
女子刑務所で出会った5人は、無実の殺人罪で収監されたままの江戸川しのぶ(夏帆)のために、彼女を陥れた板橋に復讐を果たそうとしていた。しかし、次々とハプニングが起こり、思い通りに計画が進まない。そのたびにパニックに陥いる5人だったが、何とか軌道修正しようと奮闘する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月16日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/10/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
2017年、クリスマスイブの朝。カヨ(小泉今日子)、ふたば(満島ひかり)、洋子(坂井真紀)、明美(森下愛子)、千夏(菅野美穂)の5人は、5年前から素性を隠して秘密裏に進めていた計画を実行に移す。それは、大企業の社長・板橋(伊勢谷友介)を誘拐し、過去のある事件の罪を認めさせること。手始めに、5人は板橋の息子・勇介(前田虎徹)の誘拐に着手することに。ところが、さまざまなハプニングが起こり、計画は思い通りに進まない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月23日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/10/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
2011年秋。女子刑務所に収監されたカヨ(小泉今日子)は、刑務官・中谷(BOB)やふたば(満島ひかり)たちから所内での生活について簡単な説明を受ける。洋裁工場に配属されたカヨは、脱税で捕まった尊敬する経済評論家・千夏(菅野美穂)をはじめ、洋子(坂井真紀)、明美(森下愛子)らと知り合う。同じ頃、カヨの周辺に不穏な空気が流れ始める。2017年。吾郎(伊勢谷友介)の誘拐に成功したカヨたちは、困惑する吾郎に理由の説明を試みる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月29日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/10/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
2012年初春。カヨ(小泉今日子)たちが働く刑務所の洋裁工場に、新規の受刑者・しのぶ(夏帆)が配属される。しのぶは大企業の社長令嬢だが、婚約者・吾郎(伊勢谷友介)の愛人を人に頼んで殺害した罪で12年の実刑判決を受けていた。刑務所内での注目度も高く、カヨはしのぶを気遣いながら交流を深める。一方、2017年。吾郎はカヨたちがしのぶの収監されている刑務所出身だと気付き、自分は被害者だと言い訳を始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月31日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/11/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
2012年6月。しのぶ(夏帆)がひそかに妊娠していることを知ってしまったカヨ(小泉今日子)は、日一日と大きくなるしのぶの腹を見て、居ても立ってもいられない。だが、しのぶから誰にも言わないでほしいと頼まれたこともあり、なんとかふたば(満島ひかり)に察してもらおうとする。2017年。ふたばの号令の下、吾郎(伊勢谷友介)を縛り上げたカヨたちは、勇介(前田虎徹)の母親が誰なのか、本当のことを言うよう迫っていて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月13日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/11/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
2017年。吾郎(伊勢谷友介)はカヨ(小泉今日子)たちの狙いが、しのぶ(夏帆)が犯人として服役中の殺人教唆事件の再審請求であることを知る。だが、決定的な証拠はなく再審が難しい状況に変わりはない。2012年。出産を終えたしのぶが生まれたばかりの子どもを連れて刑務所に帰ってきた。しのぶは刑務官に呼び出され、子どもを刑務所で育てるべきか議論する。そして、ふたば(満島ひかり)の後押しもあり、所内での子育てが始まる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月17日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/11/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
2017年。「エドミルク本社」では、刑事・池畑(米村亮太朗)がふたば(満島ひかり)の経歴を知り、彼女が誘拐事件に関わっている可能性を推理。吾郎(伊勢谷友介)の妻・晴海(乙葉)に、ふたばへ連絡するよう指示する。晴海から電話を受けたふたばは、事件に巻き込まれたと偽り、一度会社へ戻ることにする。2014年。勇介を奪われたしのぶ(夏帆)から笑顔が消えた。一方、勇介の姿を週刊誌の記事で見たカヨ(小泉今日子)たちは…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック