2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

2017年秋、日曜ドラマ『陸王』

kage

2017/12/24 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月15日スタート 

TBS系 毎週日曜 21:00~21:54

 陸王

Arika注目1h池井戸潤が描く企業再生物語
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:池井戸潤「陸王」(集英社)
脚本:八津弘幸
演出:福澤克雄/田中健太
プロデューサー:伊與田英徳/飯田和孝/川嶋龍太郎

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
宮沢紘一 (役所広司)
老舗足袋業者「こはぜ屋」の4代目社長。先細る需要と資金繰りに悩む中で、足袋製造技術を生かした“裸足感覚”のランニングシューズ開発を決意する。

宮沢大地(山崎賢人)
紘一の長男。就職活動に失敗し、大学卒業後も就職活動をしながら、「こはぜ屋」の家業を手伝う。やがて、ランニングシューズの要となるソール部分の製造を任されることになる。


茂木裕人(竹内涼真)
実業団「ダイワ食品」の社会人陸上競技部員。学生時代は箱根駅伝を走った有力選手だったが、フォームに問題があり、国際マラソンで膝を痛めてしまう。

飯山晴之(寺尾聰)
「飯山産業」の元社長。「こはぜ屋」が開発を目指すランニングシューズの要となる、繭を原料に作られた素材「シルクレイ」の特許を持つ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
役所広司主演で池井戸潤の最新作をドラマ化! 老舗足袋業者の企業再生ストーリー! 
池井戸潤の同名小説を原作に、老舗足袋業者が会社の存続を懸けて新規事業に挑む、企業再生ストーリー。足袋製造で培った技術を生かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ・陸王の開発に挑む「こはぜ屋」の4代目社長・宮沢紘一を役所広司が演じる。

原作者の池井戸は「役者の皆さんの演技と、駅伝シーンなど、ドラマならではの演出を楽しみにしています」と期待しており、制作陣も細部までこだわり抜いた準備を進めるなど気合十分。

山崎賢人、竹内涼真、寺尾聰らが共演するほか、演出は、池井戸の小説を原作にしたドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などを手掛けた福澤克雄が担当する。



----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月15日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
埼玉県行田市にある老舗の足袋業者「こはぜ屋」の4代目社長・宮沢紘一(役所広司)は、足袋の需要が年々先細っていく中、資金繰りに悩んでいた。危機感を持った宮沢は、足袋製造で培った技術を生かし、“裸足感覚”を追求したランニングシューズの開発に乗り出すことを決意する。

しかしそれは、従業員20人余りの地方の零細企業にとって、新製品を開発するための資金や人材もない中で、世界的なスポーツブランドと競争することになる苦難の道のりだった。
何度もくじけそうになる宮沢だが、そのたびに家族、従業員、取引先、銀行の担当者が、そして知り合いを通じた新たな人脈が彼を救う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月15日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/10/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
埼玉・行田市の老舗足袋業者「こはぜ屋」の4代目社長・宮沢(役所広司)は、先細るばかりの足袋の需要から資金繰りに苦慮する日々。就職活動の傍ら家業を手伝う長男・大地(山崎賢人)との折り合いも悪く、悩みが尽きない。ある日、宮沢は銀行の担当者・坂本(風間俊介)の提案で、新規事業への参入を考え始める。そして足袋製造技術を生かすことができる‘はだし感覚’を追求したランニングシューズの開発にたどり着く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月23日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/10/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
宮沢(役所広司)たちは新たなランニングシューズを「陸王」と名付け、開発に着手。シューズに使う新しいソールの素材候補から、繭を特殊加工した新素材「シルクレイ」に目を付ける。だが開発会社は既に倒産し、特許を持つ元社長・飯山(寺尾聰)も行方知れずになっていた。そんな中、宮沢は坂本(風間俊介)の協力で飯山の居場所を発見。飯山との交渉に臨むが、年間5千万円という高額の特許使用料を要求されてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年10月31日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/11/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
飯山(寺尾聰)が「陸王」の開発チームに加わり、宮沢(役所広司)たちは本格的なソール作りを開始。飯山の開発アシスタントを大地(山崎賢人)が担当することになる。一方、けがに苦しむ実業団「ダイワ食品陸上部」の茂木(竹内涼真)は、陸王のサンプルを履いて練習を行い、わずかに手応えを感じていた。ところが、シューズを提供する米国メーカー「アトランティス」の日本支社営業部長・小原(ピエール瀧)は、茂木に不快感を示す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月3日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/11/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
飯山(寺尾聰)や大地(山崎賢人)の努力が実を結び、ランニングシューズのソールに使う新素材が完成。次の作業は、最も重要なソールの試作品開発だ。宮沢(役所広司)は茂木(竹内涼真)の足型を取ろうとするが、チームから許可が降りず、頭を抱える。一方、茂木も会社から今後の進退について選択を迫られていた。そんな中、「アトランティス」ではシューフィッター・村野(市川右團次)と、小原(ピエール瀧)の対立が激しさを増す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月17日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/11/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
宮沢(役所広司)は村野(市川右團次)と協力し、茂木(竹内涼真)のサポート契約を取り付ける。次にランニングシューズのアッパー素材の改良に取り掛かるが、こはぜ屋の資金繰りが危機的状況に。そこで宮沢はソール用の「シルクレイ」を本業の足袋作りに生かし、新しい地下足袋の開発も並行して進める計画を立てる。そんな折、縫製課の古株・冨久子(正司照枝)が過労により倒れてしまう。さらに、飯山(寺尾聰)が何者かに襲われる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月20日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/11/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「陸王」を履いた茂木(竹内涼真)が公式レース復帰戦となる「ニューイヤー駅伝」に登場。応援に駆け付けた宮沢(役所広司)や大地(山崎賢人)らこはぜ屋の面々は感無量だ。第6区のスタートを切った茂木は力強い走りを披露。同区間を先に走り出したライバルで、アトランティスの「R2」を履く毛塚(佐野岳)に迫っていく。一方、小原(ピエール瀧)はこはぜ屋にアッパー素材を提供する織物会社の社長・橘(木村祐一)に接触していて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月27日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/12/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
小原(ピエール瀧)の妨害工作で、陸王のアッパー素材を提供する織物会社との取引が白紙になった。陸王を諦めるつもりがないこはぜ屋では、新たな素材を探す役目を大地(山崎賢人)が担当。宮沢(役所広司)はランナー向けの雑誌に陸王の広告を出そうと考える。その矢先、ソール素材「シルクレイ」を製造する機械が故障。機械を一から造るには1億円が必要で宮沢は途方に暮れる。一方、飯山(寺尾聰)にある企業の人間が接触する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月8日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/12/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
投資会社に転職した坂本(風間俊介)が、宮沢(役所広司)にこはぜ屋の売却を提案。宮沢は「会社を手放すつもりはない」と激怒する。一方、飯山(寺尾聰)は買収を狙う企業に見当がついたが、事態を静観。同じ頃、茂木(竹内涼真)は「陸王」がもう手に入らないことや、陸上部が存続の危機にあることを知り、追い詰められていた。監督・城戸(音尾琢真)の言葉を受け止めた宮沢は、社員を集め、駅伝大会に出場しようと切り出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月13日更新】
■ あらすじ(第9話  2017/12/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
宮沢(役所広司)は「フェリックス」社長・御園(松岡修造)が示す買収条件に気持ちが揺らいでいた。ところが、こはぜ屋一同は買収に猛反発。あけみ(阿川佐和子)ら女性工員は宮沢が考え直すまでは「残業を一切しない」と仕事を滞らせる。そんな中、御園の誘いで釣りに出掛けた宮沢は、何度も挫折を味わったという彼の半生を意外な思いで聞く。一方、茂木(竹内涼真)は「新生R2」で1万メートルの試合に出場することを決める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月18日更新】
■ あらすじ(第10話  2017/12/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
フェリックスとのこはぜ屋買収話を断った宮沢(役所広司)らは、シルクレイに興味を持ってくれそうな企業を見つけては、売り込みをしていた。一方、茂木(竹内涼真)に「陸王」を履いてもらおうと、ダイワ食品陸上部を訪れる大地(山崎賢人)と村野(市川右團次)。しかし、大会を控える茂木を迷わせたくないと監督から断られてしまう。そんな折、就職活動中の大地がずっと希望していた会社からの書類が届く。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック