2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

2017年秋、金曜ドラマ『BS時代劇 赤ひげ』

kage

2017/11/17 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★11月3日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週金曜 20:00~20:43

 BS時代劇 赤ひげ

Arika注目1h山本周五郎の不滅の名作を船越英一郎主演で描くヒューマンドラマ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:山本周五郎「赤ひげ診療譚」
脚本:尾崎将也/川崎いづみ
演出:深川栄洋/後藤孝太郎/皆川智之
制作統括:井上竜太/内藤愼介/土屋勝裕

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
新出去定(船越英一郎)
江戸・小石川養生所の責任者である医師。薬品の影響で、ひげが赤茶色に見えることから“赤ひげ”と呼ばれる。武骨で、時に大声でわめき散らし、かんしゃくをぶつけたりもするが、その内には優しさを秘めている。貧しい者には無料で治療を行い、金持ちには薬料を高額で売りつけ、時に幕府権力を巧みに使うなど、清濁併せ持つ市井のヒーロー。

保本登(中村蒼)
長崎でオランダ医学を学び、江戸へ戻ってきた青年医師。遊学中に婚約者に駆け落ちされた上、幕府のお目見え医になる約束も反故にされ養生所で働くことに。当初は不本意に思うが、赤ひげの医療に対する姿勢に影響を受け、貧困の病人と接することで、医師としてすべきことを見いだし成長していく。

森半太夫(古舘佑太郎)
父親の反対を押し切って医者となった青年。柔軟性に欠けるところもあるが、心酔している赤ひげの教えに忠実に生きる努力家。

津川玄三(前田公輝)
面倒くさがりでうわさ話好き。冷めているようで、実は病人をいたわりたいという優しい面もある。人生経験が豊富で、何かもめごとがあると、うまく立ち回る。

お杉(大後寿々花)
伊勢屋の娘。気うつ症の入所患者・おゆみの世話をしている。りんとしたたたずまいや笑顔が、周りに明るさを与えている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
数々の名優が演じた山本周五郎原作の「赤ひげ」を船越英一郎が熱演!! 
江戸・小石川養生所を舞台に、武骨で謎めいた医師と青年医師との交流、そして貧しい患者や市井の人たちの姿を描いた山本周五郎の不朽の名作を、新たなキャストで描く感動時代劇。

患者に医術を施すだけでなく、彼らの抱える事情にも踏み込み献身的に面倒を見る、小石川養生所の責任者・新出去定、通称・赤ひげを演じるのは船越英一郎。その赤ひげに反発しながらも、患者たちのさまざまな姿に接することで、医師として生きるべき道を見いだしていく青年・保本登役に中村蒼が扮し、患者の死にざま、生きざまを通して、人間が成長していく姿を描く。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
3年間長崎でオランダ医学を学んだ青年医師・保本登(中村蒼) は、江戸に戻って祝言を上げるはずが、許婚に駆け落ちされてしまう。幕府のお目見え医になる約束も反故にされ失意の保本は、貧困者のための医療所「小石川養生所」で働くことに。ところが、医長の“赤ひげ”こと新出去定(船越英一郎) は、医者らしからぬ傲慢な態度で、初日から保本は不快感を覚える。
そんな中、小石川養生所の座敷牢に、2人の男を殺したおゆみ(宮澤美保) という気うつ症の患者が閉じ込められていることを知った保本は、興味を持ち近づくが、ある夜、おゆみが脱走する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月1日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/11/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
3年間オランダ医学を学び、江戸に戻った保本(中村蒼)は、祝言を挙げ幕府のお目見え医になるはずだったが、いいなずけに駆け落ちされてしまう。失意の中、「赤ひげ」こと新出(船越英一郎)が医長を務める貧困者のための医療所・小石川養生所で働き始めるも、新出の医者らしからぬ態度に反発。そんな中、保本は養生所の座敷牢(ろう)に2人の男性を殺した気うつ症の患者・おゆみ(宮澤美保)が閉じ込められていることを知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月7日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/11/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
余命いくばくもない素性不明の老人(山本學)が養生所に運び込まれた。同じ頃、長屋に住むおくに(田畑智子)が、盗みを働いた亭主を更生させようと奉行所に訴え、逆に収監されていた。おくにの子らはおくにの父親を捜して、教えられた宿泊先に向かうが、宿の主人・金兵衛(村松利史)はそのような人物はいないと一蹴。そこに出くわした赤ひげ(船越英一郎)と保本(中村蒼)は、養生所にいる老人がおくにの父親だと確信する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月17日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/11/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
長屋の裏から、かなり昔のものと思われる若い女性の骨が出てくる。一方、労咳(ろうがい)を患う佐八(鶴見辰吾)は、誰に頼まれずとも長屋の修理などを行い、周囲から仏様のような人と言われていた。赤ひげ(船越英一郎)は、なぜか保本(中村蒼)と森(古舘佑太郎)に佐八の治療を任せる。だが、佐八は病気を治そうとはしない。いよいよという時、佐八は保本と森を前に、亡き女房・おなか(宮本真希)との昔話を語り始める。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック