2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

(2017年メディアミックス作品)10月28日に映画公開される原作&コミック

kage

2017/10/28 (Sat)

とり

2017年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(10月28日全国公開)

10月28日(土)公開
・彼女がその名を知らない鳥たち
・先生! 、、、好きになってもいいですか?
・ポンチョに夜明けの風はらませて
・ヤマノススメ おもいでプレゼント


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






ジャンル:恋愛
  彼女がその名を知らない鳥たち  【10月28日公開】

彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
八年前に別れた黒崎を忘れられない十和子は、淋しさから十五歳上の男・陣治と暮らし始める。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治。彼を激しく嫌悪しながらも離れられない十和子。そんな二人の暮らしを刑事の訪問が脅かす。「黒崎が行方不明だ」と知らされた十和子は、陣治が黒崎を殺したのではないかと疑い始めるが…。衝撃の長編ミステリ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 不純な純愛と嫌悪感。
でも読み続けずにはいられないという沼田まほかるの世界。 

私の好きな沼田まほかるの世界は期待通りの暗く重い闇の世界。心も身体も壊れる様な愛の後に、埋め合わせをするように他の男といる。顔も声も愛し方も、何もかもが違う。愛せない、むしろ、憎しみに近い。そうやって空いた心を、身体を、何かで塞ぐために、また他の男を貪る。この愛は醜い。酷い。苦しい。なのに何故にこんなにも切なく、脳裏に焼き付くのか…?そんなに嫌なら別れればいいのに我儘女の愚痴ばかり。やあ、辟易するほどの後ろ向き人生。陣治の深すぎる愛。そんな世界を覗いてる私がいます。最初は嫌なもの見たさで読んでいたんだけど、最後には陣治と十和子を思って涙が出た。「楽しかったなあ、十和子。ほんまに楽しかった。この生活いつ壊れてしまうんか思うさかい、いろいろなことあってもあんだけ楽しかったんや」深い愛を感じる。沼田まほかるの、人間観察の能力と、圧倒的な文章に中盤から激しく惹きこまれていった。美しい話ではないんだろう。人間の愚かな、泥の様な愛。最後の一頁の胸が詰まる思い。記憶に残る作品を読ませてもらった気分です。




■映画ストーリー
15歳年上の佐野陣治(阿部サダヲ)と共に生活している北原十和子(蒼井優)は、下品で地位も金もない佐野をさげすみながらも、彼の稼ぎに依存し自堕落に過ごしていた。ある日、彼女は8年前に別れ、いまだに思いを断ち切れない黒崎に似た妻子持ちの男と出会い、彼との情事に溺れていく。そんな折、北原は刑事から黒崎の失踪を知らされ、佐野がその件に関係しているのではないかと不安を抱き……。

★映画チェック★
「九月が永遠に続けば」「ユリゴコロ」などの沼田まほかるの人気小説を実写映画化。同居する相手の稼ぎに依存しながらも彼を嫌い、家庭のある別の男性とも関係を持つ身勝手な女と、彼女に執着するさえない中年男の関係を軸に、究極の愛とは何かを問い掛ける。メガホンを取るのは、『凶悪』などの白石和彌。クセの強い二人を、『アズミ・ハルコは行方不明』などの蒼井優と『殿、利息でござる!』などの阿部サダヲが演じる。


■スタッフ
原作: 沼田まほかる
監督: 白石和彌
脚本: 浅野妙子
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年10月28日 (新宿バルト9ほか)
上映時間:2時間3分
制作:C&I
配給:クロックワークス

■キャスト(役柄:俳優)
北原十和子: 蒼井優
佐野陣治: 阿部サダヲ
水島真: 松坂桃李
國枝カヨ: 村川絵梨
酒田: 赤堀雅秋
野々山美鈴: 赤澤ムック
國枝: 中嶋しゅう
黒崎俊一: 竹野内豊





ジャンル:学園/恋愛
  先生! 、、、好きになってもいいですか?  【10月28日公開】

先生! 文庫版 コミック 全11巻完結セット (集英社文庫―コミック版)/河原 和音

¥価格不明
Amazon.co.jp

先生! 、、、好きになってもいいですか? 映画ノベライズ みらい文庫版 (集英社みらい文庫)/はのまきみ

¥価格不明
Amazon.co.jp

映画ノベライズ 先生! 、、、好きになってもいいですか? (集英社オレンジ文庫)/河原和音

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
島田響はごく平凡な高校二年生。ある日、親友の千草ちゃんから頼まれたラブレターを、間違えて世界史の教師・伊藤の下駄箱に入れてしまい、責任をとって取り戻すことに。この一件から、恋を知らなかった響の運命は動き出す。口ベタで、だけど生徒思いな伊藤に、響の心は初めての感情を覚えて…?

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 少し不器用でまだ恋を知らない高2・響と、
冷たそうにみえて生徒思いの伊藤先生の純愛の行方は… 

まだ恋を知らない響は高校2年生。ある出来事から、口ベタだけど生徒思いの世界史教師・伊藤の人柄に触れ、初めての感情を覚えて……!? 数年前に、3巻を読んだ記憶あり。映画化に伴い一気読み。この年齢になって読むと、二人の脇が甘いと思うところ多数。それでも、付き合う覚悟を決めてからの伊藤先生は、すごく魅力的に描かれていて、大人の男の魅力に何度もきゅんきゅんさせられた。教師で年上という立場だからこその苦悩も、この年になったから共感できた。真摯に向き合ってくれる伊藤先生に導かれ、成長していく響も丁寧に描かれていた。高校生、思春期ならではの学校生活の悩みだったり楽しさだったりがリアルだった所は良かったと思う。私も進路かかってる時期とき、こんな風にイライラしたりしたな。 一番最後の、約束しなくても会える場所みたいな言葉が素敵で印象に残った。




■映画ストーリー
恋愛に見向きもせず部活に熱中してきた高校生の島田響(広瀬すず)は、生徒思いな世界史の教師・伊藤貢作(生田斗真)に生まれて初めての恋をする。いちずな思いをぶつけるように告白する響だったが、伊藤は自らの気持ちに気付きながらも、教師という立場から相手にしない。不器用な二人の恋は……。

★映画チェック★
『高校デビュー』『俺物語!!』などの原作者としても知られる漫画家・河原和音のコミックを実写映画化。一見無愛想だが生徒思いな世界史の教師と、彼に生まれて初めての恋をする女子高生の不器用な恋愛模様を描く。生真面目な高校教師を生田斗真、弓道に夢中で恋に無縁だった女子高生を広瀬すずが演じ、初共演を果たす。『僕等がいた』シリーズで生田とタッグを組んだ三木孝浩がメガホンを取り、『心が叫びたがってるんだ。』などの岡田麿里が脚本を担当する。


■スタッフ
原作: 河原和音
監督: 三木孝浩
脚本: 岡田麿里
音楽: mio-sotido
エグゼクティブプロデューサー: 高橋雅美 / 平野隆
プロデューサー: 濱名一哉 / 幾野明子
共同プロデューサー: 田口生己 / 辻本珠子 / 山本礼二
撮影: 山田康介
照明: 木村匡博
美術: 花谷秀文
装飾: 西尾共未
録音: 矢野正人
音響効果: 伊藤瑞樹
編集: 伊藤潤一
スクリプター: 古保美友紀
VFXスーパーバイザー: 鎌田康介
ヘアメイク: 百瀬広美
スタイリスト: 望月恵
キャスティング: 田端利江
助監督: 猪腰弘之
制作担当: 相川真範
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年10月28日
上映時間:1時間53分
制作プロダクション:ドラゴンフライ エンタテインメント
製作:映画「先生!」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画

■キャスト(役柄:俳優)
伊藤貢作: 生田斗真
島田響: 広瀬すず
川合浩介: 竜星涼
千草恵: 森川葵
藤岡勇輔: 健太郎
関矢正人: 中村倫也
中島幸子: 比嘉愛未
島田遼子: 八木亜希子
羽柴晶一: 森本レオ





ジャンル:旅
 ポンチョに夜明けの風はらませて   【10月28日公開】

ポンチョに夜明けの風はらませて (祥伝社文庫)/祥伝社

¥価格不明
Amazon.co.jp

ポンチョに夜明けの風はらませて/祥伝社

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
ないものねだりの又八、座右の銘マニアのジン、天ぷら屋の心優しい跡取りジャンボ。幼馴染の三人は高校卒業後、別々の道を進む。―俺らこのまま終わっちゃっていいのかよ!?失敗し続けた“高校デビュー”のラストチャンス、少年たちはオンボロ車に乗って“奇跡”探しの旅に出る!卒業前の三十九時間、新宿から瀬戸内海の小島まで青春の衝動で突っ走るロードノベル。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1卒業式まで残り39時間。
新宿から瀬戸内海の小島まで、情熱を胸に男子高校生は旅に出る。

幼馴染みの僕たちは、もうすぐ高校を卒業する。華々しい高校デビューを企むも敗れ続けた3年間。このまま適当に終わっちゃっていいのかよ?人生最高の別れを迎えるために、僕らはサンダーボルト号に乗り込んだ!!「俺たちの青春には何が足りない。奇跡だよ」。卒業式まで39時間、情熱を胸に男子高校生は旅に出る。アホなことに一生懸命で、いつだって全力疾走な3人の少年が贈る笑いと元気、ときどき涙の青春ロードノベル。バカバカしさが面白い。ロードムービー形式で、新宿から岡山迄過去の追想を織り交ぜた、高校最後の男子の夢的展開。馬鹿じゃん!と笑いながら、でも可愛いなぁコイツ等と頭グリグリと撫でたくなる(笑)。卒業式までには帰るから!と始まった無茶苦茶な旅。旅の途中出会があって背景があって、さぁ卒業式に間に合うか!?序盤まではグイグイ引き込まられましたが、名古屋辺りからごちゃごちゃな展開にペースダウン。前半の勢いが途中で失速して話がくどくなったのが惜しい。続編ありそうな終わり方。




■映画ストーリー
将来への希望を持つことができず、毎日をやり過ごしている又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)の男子高校生三人組。仲間の中田(染谷将太)と共に卒業式を乗っ取ってライブを強行しようと計画する彼らだったが、ふと高校生最後の旅に出ようと思い立つ。ジャンボの父親の車に乗って飛び出した三人は、行く先々でクセありワケありの人々と出会い、さまざまな出来事を体験しながら、それぞれ自分の生き方を見いだす。やがて、中田が待つ卒業式に間に合うように車を飛ばしていくが……。

★映画チェック★
「ひゃくはち」「イノセント・デイズ」などで知られる早見和真の小説を実写化した青春ロードムービー。毎日を何となく過ごしていた高校生たちが、あてのない旅をしながらそれぞれの生き方を見いだす。『HOMESICK』などの廣原暁が監督を務める。『南瓜とマヨネーズ』などの太賀、『ひゃくはち』などの中村蒼、テレビドラマ「ブスと野獣」などの矢本悠馬、『さよなら歌舞伎町』などの染谷将太、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』などの佐津川愛美らが出演。

■スタッフ
原作: 早見和真
監督・脚本: 廣原暁
脚本: 大浦光太
主題歌: 忘れらんねえよ
音楽: 渡邊崇 / 青木健
製作: 間宮登良松 / 竹内力 / 村田嘉邦 / 福嶋更一郎 / 宮前泰志
企画・プロデュース: 永井拓郎
エグゼクティブプロデューサー: 加藤和夫
プロデューサー: 岡田真 / 成瀬保則 / 中島裕作
撮影: 下川龍一
照明: 明星知
録音: 鈴木昭彦
美術: 秋元博
装飾: 鎌田雅宏
スタイリスト: 星野和美
ヘアメイク: 清水美穂 / 柿原由佳
編集: 石井沙貴
VFXスーパーバイザー: 小関一智
助監督: 高明
制作担当: 植田知弘
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年10月28日 (新宿武蔵野館ほか)
上映時間:1時間30分
特別協力:東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻
製作:『ポンチョに夜明けの風はらませて』製作委員会
企画・制作:RIKIプロジェクト
配給:ショウゲート

■キャスト(役柄:俳優)
又八: 太賀
ジン: 中村蒼
ジャンボ: 矢本悠馬
中田: 染谷将太
愛: 佐津川愛美
マリア: 阿部純子
八兵衛: 佐藤二朗
尚美: 西田尚美

(声の出演)
DJジャミラ: 角田晃広





ジャンル:アニメ作品
  ヤマノススメ おもいでプレゼント  【10月28日公開】

ヤマノススメ 1 (アース・スターコミックス)/アース・スター エンターテイメント

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
インドア趣味で高所恐怖症の主人公・あおいと、 山が大好きで常に人を振り回す・ひなた。 幼馴染の二人は、 幼いころ一緒に見た山頂の朝日をもう一度見る為に、 登山に挑戦することに。 登山を通じてできた仲間に助けられながら、あの時見た山頂を目指す…。

ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK)/ネコ・パブリッシング

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
“ヤマノススメ"の聖地巡礼&さんぽ登山入門BOOK

【ヤマノススメの舞台 飯能市聖地巡礼】
舞台となった飯能市をぶらり聖地巡礼しよう。作中に登場するあの洋菓子店やあのシーン、そしてあの場所も、飯能名物情報も掲載!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1キャラクターの可愛らしさと登山蘊蓄のバランスが非常に良い作品。  
山に登りたくなるお話。女子力高めで内気なアウトドアとは無縁な"あおい"が、幼馴染の"ひなた"と再会したことで不安ながらアウトドアを始める漫画です。絵のかわいらしさに反して、なかなか実用的。コラム欄も充実していて、この人にしか描けない漫画でたまらない。思い出の山に登る回もあって、今まで以上に友人関係が素敵に描かれている。また、脇役にもスポットが当たり、それぞれのキャラが深まっている。ロケハンで富士山に登った山本裕介監督は、作中のあおいと同じところで挫折し、登頂を断念したそうだ。その無念と悔しさが“富士登山編”のシビアな描写とリアルな演出を生んだのだろう。 『ヤマノススメ』というタイトルではありながらも、登山の楽しさだけでなく、登山の過酷さによる挫折まで描いたのは誠実だったと思う。




■映画ストーリー
あおいの部屋で、天覧山、高尾山、三ツ峠などこれまで登った山での記念写真を見ていたあおいとひなた。ひなたがふと部屋にあった宝箱を開けると、そこには手作りのアクセサリーが入っていた。それを見たひなたは、あおいと過ごした幼なかったころのある日を思い出す。

★映画チェック★
インドア派の女の子がアウトドアに目覚める姿を描いたテレビアニメのOVA。主人公のあおいが幼なじみのひなたら仲間と登った山の思い出や、あおいとひなたの幼少期のエピソードが映し出される。監督は本シリーズのほかテレビアニメ「ケロロ軍曹」などを手掛けてきた山本裕介、アニメーション制作はテレビアニメ「IS <インフィニット・ストラトス>」シリーズなどのエイトビットが担当する。ボイスキャストは井口裕香、阿澄佳奈、日笠陽子、小倉唯。

■スタッフ
原作: しろ
監督・音響演出・シリーズ構成: 山本裕介
脚本: ふでやすかずゆき
キャラクターデザイン・総作画監督: 松尾祐輔
作画監督: 嶋田和晃
美術監督: 田尻健一
美術設定: 藤井一志
色彩設計: 藤木由香里
撮影監督: 田村紗絵
編集: 内田恵
音響効果: 出雲範子
音楽: Tom-H@ck / yamazo
主題歌: あおい/ひなた
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年10月28日 (イオンシネマ)
上映時間:28分
アニメーション制作:エイトビット
製作:『ヤマノススメ おもいでプレゼント』製作委員会

■キャスト(役柄:声の出演)
あおい: 井口裕香
ひなた: 阿澄佳奈
かえで: 日笠陽子
ここな: 小倉唯



関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック