2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

(2017年メディアミックス作品)11月11日に映画公開される原作&コミック

kage

2017/11/11 (Sat)

とり

2017年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(11月1日全国公開)

11月11日(土)公開
・南瓜とマヨネーズ
・劇場版 はいからさんが通る 前編  紅緒、花の17歳
・一礼して、キス
・ご注文はうさぎですか??~Dear My Sister~


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






ジャンル:恋愛
 南瓜とマヨネーズ   【11月11日公開】

南瓜とマヨネーズ 分冊版(1) (FEEL COMICS)/祥伝社

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
わたしたちのこのありふれた平凡は本当はとてもこわれやすくてなくさないことは奇跡。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1魚喃キリコの真骨頂。
人を狂わせる恋愛、振り回されながらもたどり着くやさしさ

想いを断ち切れない主人公が同棲している男性との間の何とも言えない空気感が繊細な魚喃キリコさんの描写によって描かれています。一瞬燃え上がる炎のような恋よりもずっと素敵なものだってことを、教えてくれる、思い出させてくれる、そんな作品。このどうしようもない、どこにもいけない、でもその場にもいれないような閉塞感。そうしたものと穏やかな日常が静かに繋がりあってること。私はこういう恋愛をしてきたわけでもないけれど、それでも主人公ツチダの揺れ動きに共鳴するようでした。彼女の描く絵は、台詞を語るよりもずっと多くの気持ちや狭間何ある何とも言えない、どうしようもない心模様を伝えてくるのです。いろいろ振り回されながらも大切なものは何かと問い続ける。そして、本当のやさしさに気づくのです。私は何とも切ない気持ちで涙を流してしまいました。どうしてもこんなに切なく、胸を締め付けるのでしょう。魚喃キリコさんの作品にはいつもこころが揺り動かされるのです。




■映画ストーリー
一緒に住んでいるミュージシャン志望の恋人の夢をかなえるため、ツチダ(臼田あさ美)がキャバクラで働き生活を支えている一方、曲が書けないせいいち(太賀)は仕事もせず自堕落に過ごしていた。しかし、ツチダがキャバクラの客(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知った彼は改心して働きだす。一方、今も好きな元恋人ハギオ(オダギリジョー)と再会したツチダは、彼との関係にのめり込み……。

★映画チェック★
「strawberry shortcakes」などで知られる魚喃キリコのコミックを、『ローリング』などの冨永昌敬監督が実写映画化。ミュージシャンを夢見る恋人と、奔放で女たらしの元恋人との間で揺れる女心を描く。ヒロインを『ランブリングハート』などの臼田あさ美、彼女が支える無職の恋人を『走れ、絶望に追いつかれない速さで』などの太賀、昔の恋人を『血と骨』などのオダギリジョーが演じる。そのほか『葛城事件』などの若葉竜也、ベテラン光石研らが出演。

■スタッフ
監督・脚本: 冨永昌敬
原作: 魚喃キリコ
プロデューサー: 甲斐真樹
アソシエイトプロデューサー: 佐藤公美
協力プロデューサー: 津田智
撮影: 月永雄太
録音: 山本タカアキ
美術: 仲前智治
音楽監修・劇中歌制作: やくしまるえつこ
スタイリスト: 加藤將
ヘアメイク: 小濱雄作
助監督: 原田健太郎
制作担当: 中村哲也
編集・仕上担当: 田巻源太
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年11月11日 (新宿武蔵野館ほか)
上映時間:1時間33分
製作:『南瓜とマヨネーズ』製作委員会
制作プロダクション:スタイルジャム
配給:S・D・P

■キャスト(役柄:俳優)
ツチダ: 臼田あさ美
せいいち: 太賀
田中: 浅香航大
寺尾: 若葉竜也
川内: 大友律
可奈子: 清水くるみ
尚美: 岡田サリオ
安原: 光石研
ハギオ: オダギリジョー






ジャンル:アニメ作品/恋愛
 劇場版 はいからさんが通る 前編  紅緒、花の17歳   【11月11日公開】

はいからさんが通る(1) (講談社漫画文庫)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
名作少女漫画をノベライズ! 時は大正時代。花村紅緒は17歳。縫い物や料理は苦手だけれど、剣道の腕がじまん! ある日ぐうぜん出会った、伊集院少尉が、自分のいいなずけだと知り、おどろく紅緒。最初は反発したものの、やさしくおおらかな少尉の人柄に、しだいにひかれていく。ところが、紅緒がおこした騒動がもとで、少尉は、戦争が行われているシベリアに送られてしまうことに……。運命の恋のゆくえは……?

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1大正漫画の横綱。
大正時代を舞台とした漫画といったらコレ!?

ハイカラ紅緒が繰り広げる恋の大パノラマ!突然現れた婚約者・伊集院少尉に、紅緒のハ-トは一直線。しかし、ジャジャ馬・紅緒の大暴れが原因で、彼は戦場へ。波乱万丈の恋の行方は? 紅緒がまっすぐで芯が強くて、コメディでめちゃくちゃ笑えるのに根っこはちゃんと少女漫画で…少尉~ッ!「ぼくがえらんだあなただから あなたのうけた運命をぼくもいっしょに生きていくんです」は名言。 気障だ…しかし少尉になら言われたい!!1巻では紅緒と少尉が出会うところからロシア出征まで。昭和ギャグ多めで「?」なところも出てくるけどテンポ良く進む。衣装が可愛い。花もいっぱい背負ってる。話の展開が早くてサクサク読んでしまう。 これは名作だと思います。




■映画ストーリー
大正時代。女学校に通う17歳の花村紅緒は、裁縫や家事が苦手な一方、剣道はめっぽう強くじゃじゃ馬で、父親を心配させてばかりいた。親友の北小路環と学園生活を謳歌(おうか)する中、伊集院忍という華族の父とドイツ人の母を持つ陸軍少尉と出会う。その後紅緒は、彼が祖父母の時代から決められていた婚約者であることを知る。恋人も結婚相手も自分で選びたいと思っていた紅緒は、愛のない結婚はしたくないと反発し騒動を起こす。

★映画チェック★
テレビアニメ・実写化もされた大和和紀のコミックを映画化した劇場版アニメ。大正時代を舞台に、元気な女学生とイケメンで人気の高い陸軍少尉の恋の行方を追う。監督は『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』シリーズなどの古橋一浩。ボイスキャストに早見沙織、宮野真守、梶裕貴をはじめ、瀬戸麻沙美、櫻井孝宏、中井和哉らが結集している。

■スタッフ
原作: 大和和紀
監督・脚本: 古橋一浩
キャラクターデザイン: 西位輝実
サブキャラクターデザイン・総作画監督: 小池智史
背景デザイン・美術監督: 秋山健太郎
色彩設計: 辻田邦夫
撮影監督: 荻原猛夫
音響監督: 若林和弘
音楽: 大島ミチル
主題歌: 早見沙織
主題歌作詞・作曲: 竹内まりや
主題歌編曲: 増田武史
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年11月11日
上映時間:1時間37分
配給:ワーナー・ブラザース映画
アニメーション制作:日本アニメーション
製作:劇場版「はいからさんが通る」製作委員会

■キャスト(役柄:声の出演)
花村紅緒: 早見沙織
伊集院忍: 宮野真守
藤枝蘭丸: 梶裕貴
北小路環: 瀬戸麻沙美
青江冬星: 櫻井孝宏
鬼島森吾: 中井和哉





ジャンル:恋愛
 一礼して、キス   【11月11日公開】

一礼して、キス(1)【期間限定 無料お試し版】 (フラワーコミックス)/小学館

¥価格不明
Amazon.co.jp

一礼して、キス (小学館ジュニア文庫)/小学館

¥価格不明
Amazon.co.jp

一礼して、キス (小学館文庫)/小学館

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
受験を控えた岸本杏は、弓道部部長の座を超イケメンな後輩・三神曜太に譲ることにした。三神は学校中の女子を虜にする容姿を持ち、その上弓道ではインターハイへいくほどの実力者。そんな三神から一途に想われていたことを知った杏は戸惑うものの、自分の全てをぶつけて愛してしまう不器用な三神を、気付けば杏も好きになっていて…。加賀やっこ作、累計100万部突破の大人気恋愛コミックスを完全ノベライズ!互いに好きなのに素直になれない、史上最高の偏愛・ラブストーリー!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1弓道いいなあ。
何処に行けばこんなクールビューティのDKに逢えると言うのか…?

恋を知らずに、相手を傷つけるほど愛してしまう曜太。愛を痛いほど感じて、相手に応えてしまう杏。不器用な曜太の杏への想いは、胴着男子のイケメンたちの登場で、さらに大混乱!?互いに好きなのに素直になれない、史上最高の偏愛ラブストーリー!独特の感性が光る作品です。病んでるような色気を持つヒーローから目が離せません。弓道経験のある人からすると弓道については不満のある内容みたいですが、それでも少女恋愛漫画にしてはきちんと弓道要素を絡めたストーリーにしてあるように感じます。たいていの少女漫画って登場人物は帰宅部ばかりか、ヒーローが真剣に部活してるとこをヒロインが見て「頑張ってるんだ…」ってきゅんとして終わり、程度の扱いが多いから(笑)。イケメンで弓道ってもう言うことなし!笑 話の展開は案外早くて私的にはもう少し杏の心情とかを焦らしながらも丁寧に描いて欲しい気持ちもあったけど、とにかく三神がイケメンだから許す。弓を放つシーンがとても気遣って描いているのがわかる。神妙で気高い一瞬。




■映画ストーリー
中学生のときから6年間弓道に打ち込んできた高校3年生の岸本杏(池田エライザ)は、弓道部の部長として夏の大会に挑んだが、不本意な結果に終わってしまう。一方、ろくに練習もせずに入部当初から才能を発揮してきた後輩の三神曜太(中尾暢樹)が優勝を飾る。杏は引退を決意して三神に部長を引き継ごうとすると、彼は予想外のことを言ってきて……。

★映画チェック★
加賀やっこの少女漫画を実写映画化した青春ラブストーリー。高校の弓道部を舞台に、3年生の先輩女子に恋をした後輩男子がいちずに思いを寄せる姿を描く。恋愛のドキドキ感や躍動的な弓道シーンを表現したのは、『ReLIFE リライフ』などの古澤健監督。人気モデルの池田エライザがヒロインの岸本杏、『動物戦隊ジュウオウジャー』シリーズなどの中尾暢樹がヒロインに恋する後輩の三神曜太を演じる。

■スタッフ
監督: 古澤健
脚本: 浅野晋康
原作: 加賀やっこ
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年11月11日
上映時間:1時間39分
制作:ポリゴンマジック
配給:東急レクリエーション
製作:「一礼して、キス」製作委員会

■キャスト(役柄:俳優)
池田エライザ
中尾暢樹





ジャンル:アニメ作品/ほのぼの
 ご注文はうさぎですか??~Dear My Sister~   【11月11日公開】

ご注文はうさぎですか? 1巻 (まんがタイムKRコミックス)/Koi

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
「♪うっさぎ~うっさぎ~」と無邪気に、喫茶ラビットハウスにやってきたココア。実は、そこが彼女が住み込むことになっていた喫茶店で…。お店で出会う女の子たちも、クールでちっちゃいチノ、軍人気質なリゼ、おっとり和風な千夜、気品あふれる庶民派シャロと全方位からかわいさと笑い が炸裂!「ほっこり」と「にっこり」と「もふもふ」をあなたに☆

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1こころぴょんぴょん♪♪
読んでいるといつの間にか微笑んでいる作品 

舞台は石畳とレンガの街。繊細なタッチで描かれるカフェの日常はマイペースで賑やかな主人公・ココアを筆頭にゆるふわさ。学校生活にお泊り会、水着回など日常系のポイントを押さえつつ、短いエピソードの中にも意外と丁寧に起承転結が織り込まれていている。しっかりしたオチのある萌え四コマ。キャラの描き分けもしっかりしており、見分けがつかないなんて事にはならない。派手に笑いはないが、ほんのり笑顔で楽しめる程度の起承転結の結、オチが弱過ぎず、強過ぎずがこの作品にはしっかりとそれがある。時折放たれるドライなツッコミや妙にシュールな後味を残すオチなどもあり、秀作ゆるふわに終わらないところもポイント高しです。



■映画ストーリー
喫茶ラビットハウスに下宿するココアは、店の一人娘チノと姉妹のように親しくなる。ラビットハウスでの2度目の夏、ココアは旅行かばんを持って駅のホームに立っていた。チノのもとには友人のマヤやメグも遊びにきてくれるが、チノはココアがいない毎日を寂しく過ごしていた。ある日、チノはみんなで花火大会に行くことを提案しようとするのだが……。

★映画チェック★
喫茶店に下宿するヒロインと仲間たちの日常をつづる、Koiによる4コマ漫画を映像化したテレビアニメの劇場版。うさぎの看板が目印の喫茶店に下宿するココアのいない日々を過ごす喫茶店の娘チノや仲間たちの姿を描く。監督は本シリーズのほか、テレビアニメ「魔法少女育成計画」などを手掛けた橋本裕之。キャラクターの声を佐倉綾音、水瀬いのり、種田梨沙らが担当する。

■スタッフ
原作・原案・脚本: Koi
監督・原案・脚本: 橋本裕之
キャラクターデザイン: 奥田陽介
副監督: かおり
美術監督: 平柳悟
撮影監督: 峰岸健太郎
色彩設計: 佐藤美由紀
編集: 高橋歩
音楽: 川田瑠夏
音響監督: 明田川仁
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年11月11日
アニメーション制作:production doA

■キャスト(役柄:声の出演)
ココア: 佐倉綾音
チノ: 水瀬いのり
リゼ: 種田梨沙
千夜: 佐藤聡美
シャロ: 内田真礼
マヤ: 徳井青空
メグ: 村川梨衣
青山ブルーマウンテン: 早見沙織
ティッピー: 清川元夢
チノの父: 速水奨
モカ: 茅野愛衣



関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック