FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2017年秋、金曜ドラマ『マチ工場のオンナ』

kage

2017/12/29 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★11月24日スタート 

NHK総合 毎週金曜 22:00~22:50

 マチ工場のオンナ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:諏訪貴子「町工場の娘」(日経BP社)
脚本:大島里美
演出:末永創/佐藤譲/小野見知
制作統括:吉永証

主題歌:新しい明日/松田聖子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠有元家
┣有元光(内山理名)
須藤家の一人娘。幼くして亡くなった兄の代わりに、父・泰造から男の子のように育てられた。同じ会社に勤めていた大と結婚後は、専業主婦として息子と3人で暮らす。

┣有元大(永井大)
光の夫。自動車部品メーカーに勤務している。明るい性格で人あたりが良く、家族思い。時々大胆な行動をとったりする。アウトドア派で釣りが好き。

┣有元 航太(山田 羽久利)
光と大の息子。


🏢ダイア精機㈱
┣花田純三(柳沢慎吾)
「ダリア精機」のベテラン職人。会社の創業時からのメンバー。人情派でおしゃべりな性格。

┣勝俣勉(竹中直人)
「ダリア精機」のベテラン職人。泰造、純三と会社を創業し、技術の腕は会社で随一。頑固で気難しい。妻・敏江には頭が上がらない。

┣打越 和哉 (忍成 修吾)
ダリア精機の経理担当社員。元は銀行員だった。クールで感情をあまり表に出さないが、内に情熱を秘めている。


💱愛知東西銀行
┣長谷川 隆史(村上 淳)
愛知東西銀行の銀行員。やや強面で、銀行マンらしからぬ雰囲気があるが、仕事に対してはきっちりしている。


🏠須藤家
┣須藤泰造(舘ひろし)
町工場「ダリア精機」の社長。 ワンマンだが、社員を家族のように大事にしている。娘・光を厳しくしつけた反動で、今は娘と疎遠な状態にある。競馬が趣味。

┣須藤百合子(市毛良枝)
泰造の妻。常に穏やかで、少し天然っぽいところも。会社の経営は泰造に任せ、自身は家族を優しく見守っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
内山理名がNHK初主演! 専業主婦が町工場の社長になるサバイバルヒューマンドラマ! 
愛知県の町工場を舞台に、32歳の専業主婦が経験ゼロの社長業に奮闘するサバイバルヒューマンドラマ。父親の急死で工場が倒産寸前となり、社長を継ぐことになる主人公・有元光を、NHK連続ドラマ初主演の内山理名が演じる。

光の家庭も危機に陥るなどさまざまな荒波を、主婦目線の現実処理能力と決断力で乗り越えていくストーリー。光の父・泰造を舘ひろしが演じるほか、光の夫・大を永井大、社長となった光に猛反発する古参社員役で竹中直人、柳沢慎吾らが共演。脚本は、大河ドラマ「花燃ゆ」、「四十九日のレシピ」(ともにNHK総合)を手掛けた大島里美が担当する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月17日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
専業主婦の有元光(内山理名)は、夫・大(永井大)と息子の3人暮らし。ある日、過労で倒れた父・泰造(舘ひろし)の様子を見に行くと、医師からがんで余命4日と告げられる。

幼くして亡くなった兄の代わりに、光を社長にしようと育ててきた泰造に反発し、専業主婦となった光。しかし、町工場を守ろうとする父の思いを知り、社長を継ぐと決意した矢先に、泰造が息絶える。
社長になると宣言する光だったが、頼るつもりでいた夫はアメリカに転勤になり、光をお飾り社長として見る幹部社員たちから猛反発に合うばかりか、取引先の銀行からも軽くあしらわれるなど、次々と試練がやってくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月‐日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/11/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
専業主婦の光(内山理名)は部品メーカーに勤める夫・大(永井大)、息子・航太(山田羽久利)と名古屋郊外で暮らしていた。ある日、光の父で町工場社長の泰造(舘ひろし)が倒れ、病院に駆け付けた光は医師から余命数日だと告げられる。母・百合子(市毛良枝)は泰造への告知を拒否。経理担当の打越(忍成修吾)は会社のために重要書類の在りかを聞き出すよう光に頼んでくる。光と泰造は工場経営を巡り、長い間仲たがいをしていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年11月27日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/12/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
光(内山理名)は泰造(舘ひろし)が残した町工場を継ぐべきか迷っていた。打越(忍成修吾)によると、会社の経営状況は悪く、一刻の猶予も許されないという。百合子(市毛良枝)や付き合いのある銀行員・長谷川(村上淳)は、大(永井大)の社長就任を期待していたが、その大に米国への異動話が持ち上がる。経営の再建策を模索する光だが、リストラしか方法が見つからない。そんな中、古株職人の勝俣(竹中直人)と純三(柳沢慎吾)が行動を起こす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月3日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/12/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
光(内山理名)がベテランの運転手・三枝(苅谷俊介)ら5人をリストラしたことで、会社は大騒ぎになる。勝俣(竹中直人)や純三(柳沢慎吾)は光のやり方に猛反発。光は、若い社員・一ノ瀬(吉村界人)たちのアイデアを生かして社内の改善を図ろうとするが、それがまた摩擦を生んでしまう。さらに、米国への異動が決まった大(永井大)とも擦れ違いの日々。そんな折、若手の職人・川口(渡辺佑太朗)のミスで、大量の不良品が出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月13日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/12/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
光(内山理名)は銀行員の長谷川(村上淳)に会社の再建計画を伝え、実現させることを約束する。だが、頼りとするベテラン職人の勝俣(竹中直人)が退職を申し出る。説得を試みる光だが、勝俣はかたくなに拒否。泰造(舘ひろし)を失った責任を感じていたのだった。一方、百合子(市毛良枝)が体調を崩し、大(永井大)の米国への異動の日も迫ってくる。そんなある日、光は泰造が生前やっていた、中学校での「ものづくり教室」を頼まれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月18日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/12/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
光(内山理名)が「ダリア精機」の社長となって3年。大(永井大)が米国から帰ってきた。勝俣(竹中直人)、純三(柳沢慎吾)らベテラン職人と若手職人の間にも連帯感が生まれ、会社は順調だ。光は設備の刷新を決意し、長谷川(村上淳)に4千万円の借り入れを相談するが、拒否される。その後、経理の打越(忍成修吾)からダリア精機の可能性を知らされた長谷川は、光の相談に乗るようになる。しかし、それが周囲の誤解を生んで…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月23日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/12/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
リーマンショックの波が瞬く間に押し寄せ、ダリア精機の受注は大幅に減少。大口客の名古屋オートモーティブから発注も断られ、ついに仕事がなくなる。社員に給与を払うために、光(内山理名)は空き倉庫を貸し出すレンタル業を始めるが、すでに焼け石に水。融資を進めた長谷川(村上淳)の立場も銀行内で悪化し、異動させられてしまう。大(永井大)との別居も続き、追い込まれた光は究極の選択を迫られる。このままでは社員の給与が払えなくなると危機感を持った光は、勝俣(竹中直人)・純三(柳沢慎吾)をはじめ全社員を集めて、今後のダリア精機の存続について話す決意を固める。土壇場で光が考えついた捨て身の作戦。その効果で、どこまで会社が持ちこたえられるのか?果たして、光と仲間たちに奇跡は起きるのか?(※2話連続放送)
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック